× Q 翻訳訳語辞典
same   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ああ
   
it is never quite the same: ああはいかない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
あいかわらず
   
the same ventilator: 換気装置もあいかわらず ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 391
あのおなじみの
   
Shame and anguish, the same venomous mix, rose in him once more: 恥と痛み、あのおなじみの有毒なミックスがまたしても心の中に湧き起こった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92
いつもどおりの
   
the same awful mess: いつもどおりの混乱 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 297
いつもの
   
That's your same stubborn confidence: 兄さんの、いつもの、きつい自信や 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 205
always taking the same route: いつもの道を通って 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 80
always at the same time: いつもの時間に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
いつも変らぬ
   
in the same wearisome round of stereotyped habit: きまりきった習慣のいつも変らぬ冗漫な繰り返しのなかで ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
おなじ
   
you could say the same of me: それをいうならわたしだっておなじだが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70
the same sort of ...: おなじたぐいの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
the same kind of ...: おなじたぐいの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
play the same game on sb: (人に)おなじ手を使う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 278
inasmuch as sth be otherwise the same: それがなければどの(物)もおなじ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
have the same expression: おなじ表情をうかべている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
go through the same routine: おなじ経過をくりかえす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
get the same names inside out: おなじ名前を逆さにして名のってる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
end up choosing the same thing: おなじものを選ぶ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
always make the same mistake: いつもおなじ過ちを繰り返す トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
おなじような
   
pull the same stunt: おなじようなことをやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
かえない
   
the same determined smile: 決然たる笑顔だけはかえない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 114
かわらない
   
the same prison emptiness: 刑務所のような殺風景もかわらない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 113
きまっている
   
be always the same: 〜はきまっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 391
くずさず
   
with the same studied dullness: ものうい調子をくずさずに ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 453
ここみたいに
   
don’t have to live by the same rules: ここみたいにあれこれ規則を押しつけられることもない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 235
この
   
that’s the same refrain I’ve heard ever since ...: 〜から、やたらにこのせりふばかり聞く 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 75
pursue the same policy: この政策を踏襲する 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 5
すなわち
   
the motive and the opportunity are the same: 動機はすなわち機会だ ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 274
そう
   
say the same: そう言っている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 82
and sb be gonna do the same: あなたもそうよね タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 26
そういったたぐいの
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 16
そっくり
   
do the same thing: 〜にそっくりのことを演じる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 72
その
   
the same two Mormon boys: その二人のモルモン教徒の少年たち ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 408
the same evening: その晩 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 164
the same day: その日のうちに 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 126
every month on the same day: 例月その日になると 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
そのまま
   
same faces and talk and atmosphere: 雰囲気も話し声も人々の顔つきもそのまま 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 5
ちょうどその
   
at the same period in one’s life: ちょうどその年ごろに トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 146
なおも
   
with the same studied casualness: なおもさりげなさをよそおって ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 180
ひとつ
   
sleep under the same roof: ひとつ屋根の下に眠る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 418
ひとつの
   
spend a whole year in the same school: ひとつの学校に一学年留まる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 170
ほかならぬこの
   
the same qualities of character: ほかならぬこの性格 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 86
また
   
the same inevitable collapse: またかならずくずれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 150
またしても
   
feel the same rise of difficult emotion: あの耐えがたい思いがまたしても高まる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
やはり
   
in the same stunned tone: やはり衝撃の抜けぬ声で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 449
in the same diminished tone: やはり抑えた口調で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 236
わけへだてなく
   
bestow on all of them the same gentle charity: どの人にもわけへだてなく優しい思いやりをかける アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 10

異なるところがない
   
our future world would be the same as our past: 未来は過去と異なるところがない ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 91
一つ
   
be born of the same mother: 一つ腹から生まれる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 193
一つの
   
be an inseparable part of the same downward spiral: わかちがたく結びついて一つの悪循環を生み出すことになる ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 5
一貫性
   
story stays the same: 供述一貫性がある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 387
一緒
   
all the same: どれだって一緒 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
一緒に
   
一緒の
   
sb and sb hardly ever do at the same time: (人と)(人が)一緒の時間に〜することなんて、まずない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 398
一様に
   
share the same sense of ...: 一様に〜感を味わう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 263
共通している
   
suffer through the same stages of parenthood together: 親の立場で頭を痛める問題はどの段階でもほぼ共通している フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 121
共通な
   
繰り返す
   
make the same comment about ...: 〜ついて〜な言葉を繰り返す メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 213
決まった
   
it is swept at the same time: 決まった時間に掃き清められる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 95
決めて
   
do sth at the same time every day: 毎日時間を決めて〜する 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 78
似たような
   
as if one haven’t suggested the same thing: 似たような口をきいたことなどおくびにも出さない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
似たり寄ったり
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 98
終日かわらぬ
   
the same grey gloom: 終日かわらぬ灰色の薄闇 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
昔どおりの
   
be no longer the same man: 昔どおりの(人)ではない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 427
前と同じような
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 19
相も変わらぬ
   
same loose-lipped smile: 相も変わらぬしまりのない微笑 ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 112
相変わらずの
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 222
揃って
   
Gentlemen, the truth is that the four of us are in the same bloody mess: みなさん、われわれ四人は揃ってひどい窮地に追いこまれたというのが事の真相です ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 94
代わりばえがしない
   
holding much of the same type of guests: 招待客の顔ぶれはいつもあまり代わりばえがしない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 109
   
members of the same sex: 同性同士 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 135
derive originally from the same root: 本来同根である 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 148
同じ
   
the same is true for all ...: 〜はどこもみな同じである フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 48
sb’s kids were the same ages: 同じ年頃の子供を持つ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 121
right in the same damn breath: その同じ口の下から サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 194
have participated in this same moment: これと同じ瞬間に立ち会ったことがある 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 146
go through pretty much the same procedure: ほとんど同じ手つづきをくりかえす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
get the same treatment: 同じ目にあう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 368
do the same: 同じ姿勢をとる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 111
buy one’s goddam dogs from the same litter: 同じ犬屋で(盲導犬を)買う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
be in the same spot: 同じ身の上なんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 542
be in the exact same attitude: まったく同じ姿勢で プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 121
同じような
   
say ... in much the same spirit that ...: 〜と同じようなレベルで言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 90
同一
   
same individual: 同一人物 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 186
判で捺したように変わりばえしない
   
everything the same every day: 毎日が判で捺したように変わりばえしない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 15
変りはない
   
変わらぬ
   
go on in the same low, confidential tone: さっきと変わらぬ自信に満ちた低い声で(人は)つづける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 241
変わりがない
   
be much the same as sb’s own: (人と)そう変わりがない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 8
例の
   
the same night registrar: 例の女子職員 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
the same line: 例の一行 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 183

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the same amount: 同額の
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 27
the same ...: 〜も以前のまま
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 110
the same: なんら変わりはない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
same old walls: 見厭きた壁
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
same old stuff: 相変わらず
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 103
same old face: 見なれた顔
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 307
look the same: 昔とちっともかわらない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 88
just the same: しかし
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
just the same: それと同時に
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
in the same motion: 同時だ
in effect same day: 即日実施
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 144
do the same: それにならう
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 195
do the same: 同じ道をたどる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 129
come from the same district as oneself: 同郷だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 13
be exactly the same: そっくり
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 192
be almost the same as: 瓜ふたつ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 47
at the same time, one does: 〜もする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 166
at the same time: そのころ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 18
at the same time: その分
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 192
at the same time: ついでに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 463
at the same time: 一方
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 19
at the same time: 一方で
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 24
around the same time: その頃
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 36
all the same: けれども
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 25
all the same: しかしまあ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 68
all the same: そうしたハンディを克服して
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 201
all the same: そうはいっても、もちろん
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 137
all the same: それでいながら
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 17
all the same: それでもやっぱり
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 33
all the same: それにしても
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 74
all the same: それは別問題としても
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 39
all the same: でもねえ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 206
all the same: とにかく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 298
all the same: とはいうものの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
all the same: どういうつもりか
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 63
all the same: 何はともあれ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 159
all the same: --
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 68
... may all be the same: 〜は〜だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 186
yet ..., just the same: しかしそういいながらも
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 337
would never be the same: ずいぶん様変わりするだろう
would have suggested the same thing oneself: 言われなくてもそうしたことであろう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 151
would have got the same result in almost any library: どこの図書館でも似たやうなものだつたらう
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 26
we talk the same language: ぼくらは同好の士じゃないか
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 39
want the same sth: (物事を)引き続き維持したい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 97
vacant, but at the same time: ポカンとしている癖に
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 16
try the same idea: この手を使う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 171
travel the same road: 二の舞を踏む
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 198
the truth would come out just the same: どうせ真相は話すことになるんなら、今の方がと思いまして……
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 319
the same way sb do ...: (〜する人)よろしく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 58
the same thing which always happens in ...: 〜につきものの事件
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 141
the same place I used to like to do: 僕もその辺で〜するのが好きだった
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 184
the same old story: 昨日と同じ今日
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 119
the same kind of place as the one where ...: 〜しているような(場所)で
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 27
the same kind of ...: 似たような〜
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 184
the same go for sb: (人に)話しても結果は同じ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
the anguish is there just the same under the surface: その底にはやはり悲鳴が流れている
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 66
that same god-awful speed: 例によっておっそろしいスピード
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 314
that’s the same as ~ing: それじゃあ〜したのと同じだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 20
talk in a voice that is loud and muttery at the same time: ぶつぶついってるだけなんだけど、それがふしぎに大声なのね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
talk about ... as if they are all the same: ひとまとめに〜と言う
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 181
surely sb can not be the same one who ...: (人は)〜とはまったく別人である
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
stay exactly the same: いっさい変えない
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 89
stand in the same place: 一箇所にじっと佇む
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 432
speak with sb the same day: その日のうちに(人と)話をする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 508
seemed to be of the same opinion: そんな事を話していた
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 155
seem pretty much the same: 変化らしい変化は見受けられない
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 223
see much of the same horrible stuff that goes on in all prisons: 全国どこの刑務所でも見受けられるおぞましい光景を目撃する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 396
sb’s behavior is the same as it has been on similar occasions: (人が)とった態度は、毎度おなじみのものだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 164
same thing where the ladies are concerned: 婦人に関しては〜とまあいい勝負だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 27
same sb (that) ...: 〜とおりの(人)
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 167
same music one have heard: さきほどの曲
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 138
same goes for ...: 〜のこともまた然り
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 58
same as everyone else: 人なみってことよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
repeat the same seemingly pointless procedure over and over again: そんな無意味なようなことを繰返す
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 117
repeat the same mumbled phrases: 徒におろおろと繰返す
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 400
put sb on the same footing: (人を)対等にあつかう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
pull in the same direction: 一致団結する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 26
pretend to be sth the same as ever: 表面は前とかわらず〜としてふるまう
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 301
play sb along all the same: ここは相手に合わせることにする
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 110
persist in the same determined tone: 心きめた調子でたたみかける
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 360
one was never the same after one met sb: (人と)会ったのが運の尽きだった
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 433
one never had the same mastery as sb: (人)のうまさは(人)の比ではない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 325
one is not the same old one: (人に)かっての面影はなかった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 254
nothing will ever be the same: 取り返しのつかないことになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 480
not think the same as normal people: その辺にうろうろしている凡人には思いもよらないことを考えるにちがいない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
no longer the same man, now: 前とは違って
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 52
never look the same a second time: 何度来てもはじめてのような気がする
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 474
might be persuaded to do ... just the same: 〜してあげてもかまわないと思ってる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
mentally one still feel the same sense of urgency: 気ばかりあせっている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 291
look the same as ever: まったく変わりのない表情だ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 145
look about the same age as sb: (人と)同じ年格好だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 95
live in the same house with sb: 一つ屋根の下で生活をともにする
like the same music: 音楽の趣味がよく合う
life can never be quite the same again as it was in those olden days: もとのような生活には戻れない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 295
it was never the same between us afterward: そのあとはなんとなくぎくしゃくしてしまう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 112
it is the same old story: よくあるパターンだ
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 206
it is the same as ...: 結果的には〜になってしまう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 310
it is in the same way that ...: ちょうどそんな具合に〜する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 199
it’s the same old question: いぜん謎は謎のままだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 277
introspective, talkative, and depressed all at the same time: 内省的なのにおしゃべりで、しかもそれと同時にふさぎこんでいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
in the same way as long before: 昔のままに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 136
in the same sort of way ...: ちょうど〜ように
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 49
in the same diffident style: 気弱そうな口調をかえずに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 220
in the same breath: 言葉を切らずに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 255
in much the same way: 似たような手口で
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 8
in more ore less the same way: 同工異曲の
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 18
if it is all the same to you: よかったら
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 41
if it’s all the same to sb: さしつかえなければ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 96
hold to the same opinion: 意見をかえない
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 298
have been having the same old argument: いつものはなしを蒸し返している
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 10
have always had exactly the same appreciation of good food: ずっと以前から嗜好品がまったくおんなじだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 234
groan and laugh at the same time: うなり声と笑い声とを同時に放つ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 170
gratefully do the same: よろこび勇んでそれに倣う
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 199
go up ... to have it out with sb just the same: (人と)はっきりさせようと思って出かけていったことは出かけていった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
fund ... just the same: それでも〜だと思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
from the same motive: simple fear: 恐怖という感情のしわざだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
flow round and round in the same spot: 絶えずその一角を飛ぶ
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 12
find that no two trees have leaves of exactly the same color: 葉の色が一々違っている
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 70
fell so bad and so good at the same time: これほどの悲しみと、これほどの嬉しさを同時に味わう
feel light and heave at the same time: 軽いようでだるいようで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 114
feel guilty and pissed at the same time: うしろめたさと腹立たしさが頭のなかでごっちゃになる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 145
feel exactly the same way: そっくりな気持ちをいだく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 58
express the same opinion: 同感だと言う
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 96
everything is the same: すべてそっくりだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
everyone is the same deep down: 人間なんてこんなものさ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 212
during the long period of time that one live in the same house: 長く(人と)一所にいるうちに
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 223
don’t make ... the same as redemption: 〜といって〜が救済になるというものではない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 287
do sth just the same: とにかく(事を)してしまう
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 82
circulate those descriptions all the same: 一応は自転車の形状を手配する
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 145
by the same token: それだけでなく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 340
but all the same: それにしても
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 20
begin to smile and cry at the same time: 微笑もうとしてそのまま泣き出す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 113
be troubled all the same: それで(人の)胸の痛みが癒されるというわけでもない
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 26
be the same thing: 別のものではない
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 192
be the same sort of thing: 〜でもべつに差し支えない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 66
be the same person of few hours earlier: 最前の(人)である
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 41
be stupid and intelligent at the same time: 愚鈍と怜悧をあわせ備えている
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 28
be roughly the same age as sb: (人と)似た年配だ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 137
be overjoyed all the same: 急に有頂天になる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 312
be of the same blood: 血がつながっている
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 20
be not the same as ...: 〜と軌を一にするものではない
be not quite the same as ...: 〜とはわけが違う
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 133
be never the same man after ... happened: 〜によってすっかり人が変わってしまう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 43
be never the same man: 別人になる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 42
be much the same: 〜がまた〜だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 219
be in the same room as sb: (人の)前に出る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 137
be from the same part of the country as sb: (人と)同郷だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 22
be from the same part of the country: 同郷の縁故がある
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 186
be exactly the same as ...: 〜とそっくりおんなじ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 310
be almost the same as ...: 〜とほとんど変わらない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 132
bat and bowl at the same time: 守ると見せて打つ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 140
at the same time sb do ...: (人が)〜したまさにそのとき
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 316
at the same time doing: そのあいだ〜する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 173
at the same time as ...: 〜を兼ねて
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 196
at the same time: 〜しながら
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 25
at the same time: 〜でありながら同時に
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
at the same time: いっせいに
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 177
at the same time: かといって
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 321
at the same time: その一方で
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 287
at the same time: それでいて
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 21
at the same time: とりも直さず
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 45
at the same time: また〜にも
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 79
at about the same time as ...: 〜と前後して
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 27
arrive at about the same time as sb: (人と)前後して着く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
apologize to sb and thank sb in the same breath: 詫びと礼を一緒に言う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
and at the same time: 〜がてらに
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 188
always with the same tall river-banks frowning over sb’s head: 両岸はいあかわらず頭をこす高さの土手がそそり立っている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 96
always the same with you people: きさまの言うことは、決っている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 209
almost exactly the same as ...: 〜とどっこいどっこいだ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 190
all the same ...: いずれにせよ、
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 253
add in the same breath: 一息に言う
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 66
AA and BB do not have to be the same thing: AAとBBとはだいぶちがうことらしい
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 191
..., but at the same time ...: 〜が、〜をも〜
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 25
..., at the same time doing: 〜するとともに〜していく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 476
about the same time: ほぼおなじころに
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 115
That's absolutely the same as recognizing the victory of Moscow II, isn't it?: それじゃまるで、モスクワ2号の勝をみとめたのと同じことじゃないですか
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 20
you humans are actually doing very much the same sort of thing: あなたがたもやはり我々のように行っていると思いますがね
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 17
operate in much the same addictive way as hard drugs: 麻薬に似た作用をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 221
address another in the very same words of flattery as one have used to sb: (人に)いっていたのと同じおべっかを、よその男にいう
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 94
adopt the same posture: その恰好をとる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 12
same age: 同じ年恰好
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 225
same ages: 同じ年頃
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 395
with the same air: みな、〜という態度で
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 334
all the same: 〜であることに変りない
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 223
always take the same route: 路はきまっていて、〜というコースだ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 31
Political analysis leads to the same conclusion: 政治的に考えても、やはり同じ結論にたどりつく
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 114
and at the same time ...: さりとてまた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 184
react with the same anxieties ...: 〜とおなじ懸念を見せる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 317
sputter an apology and an introduction to sb at the same time: 謝罪と(人の)紹介をもつれる舌で同時にやる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 100
Apparently, she now shared some of the same thoughts Stern had had earlier: スターンが前に考えていたのとおなじことを考えているのだろう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 53
simply carry through the same attitude: 頑なな態度を一切崩さない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 221
the same personage in authority: 頭らしい男
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 122
with the same backgrounds: おなじ状況で
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 209
reply in the same bantering tone: 〜も気が軽くなって言う
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 197
basically they are just the same: それも結局はエゴイズムから出てきていることだ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 205
be basically the same: 根本は同じだ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 84
on the same basis as ...: 〜と同じ条件で
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 212
say in the same enthusiastic tone as before: またさっきと同じ気をよくした調子でいう
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 143
belong to the same bright crowd: 同じ派手な連中の仲間だ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 69
it’s about the blessed same to sb: (人)には、どっちにしたって同じようなもんだ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 207
And bookies do the same thing: ノミ屋もおなじことをやるんだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 204
in the same breath: その同じ口から
サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 15
in the same breath as ...: 〜と一緒くたに
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 250
can feel a warm revival of the same emotions that ...: 〜の心情が熱っぽく蘇ってくるのを感じる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 183
carry the same message: 同じ答えが返ってくるばかりだ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 211wisecrack
ツイート