× Q 翻訳訳語辞典
else   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あと
   
sb and I and somebody else: (人と)僕とあと一人誰か カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 174
あとは
   
take care of everything else: あとは(人が)引き受ける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 215
かわりの
   
find anybody else: かわりの人間を見つける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 506
さもなければ
   
How else could we get away with abusing a full colonel?: さもなければ、いやしくも大佐が准尉ごときに痛めつけられて黙っているはずはない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 256
その場の
   
everybody else as well: その場のだれしも ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 477
それがなければ
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
それとは別の
   
say something else: それとは別のことを告げる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 34
ては
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 122
ほか
   
go somewhere else: ほかへ移る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 130
ほかに
   
want to say something else: ほかにひとこと、口にしたいことがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 233
seek to determine who else is present: ほかにだれがいるのか確認する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 233
not knowing what else to say: ほかにいいようがなかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
ほかにも
   
God knows what else: ほかにもどれだけあることやら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 522
ほかの
   
talk about something else: もうその話はやめて、ほかのことを話す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188
somebody else: ほかの人間 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 163
do something else for a living: ほかの職業につく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 179
be even more interested in doing than anything else: ほかのどんなことよりも〜で頭がいっぱいだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 523
   
someone else is doing: 〜する者もいる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
よそ
   
dine with sb and not with anyone else: 晩餐をよそで食わずに(人の)食卓で済ます 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84

他に
   
do not have anyplace else special to go: どこといって他に行くとこもない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 238
   
something else: 別物 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 580
別な
   
give way to something else: 何かもっと別なものに姿を変える カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 164
別の
   
see something else: べつの面が見える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 277
order something else: 別のものを頼む 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 77

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

why else ...?: でなければ〜はずがない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 77
why else: そうでもなければ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
what else: もちろんですよ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 408
someplace else: ほかのところ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 64
someone else: 他人
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
someone else: 別人
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 268
say something else: もっと何か気のきいたことを言う
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 52
say something else: 何かそれ以上のことを言う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 90
nothing else: それだけ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 247
nothing else: それだけのことだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 496
like anyone else: 人並に
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 18
like all else: これも
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
if nothing else: すくなくとも
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
if nothing else: なにはともあれ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 155
if nothing else: ほかのことはさておき
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 99
if nothing else: 最悪の場合でも
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 109
everyone else: 居合わせた一同
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 52
do or else: 〜しないとだめ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 432
be something else: 〜とは趣をことにする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 53
be something else: なかなかのもんだ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 94
be something else: やっぱりちがう
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 186
be something else: 本当に大した人
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 191
with no one else: たったひとりでは
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 18
when visiting someone else’s house: よその家で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 44
whatever else you could say about sb, ...: なんと言っても〜
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 17
what sb saw sth drove everything else slap out of one’s mind for a moment or two: 〜を眼にしたとたん、(人の)頭のなかは一瞬からっぽになってしまった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
what else was new?: これはいつものことだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 253
what else could I do?: 本当に弱っちゃったよ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 218
tried to think what else to say: (人に)それ以上の何が言えるのか、よくわからなかった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 403
they speak of nothing else: とにかく話はそのことばかりで持ち切りでさ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 309
there is something else at work in sb’s reasoning: (人の)頭にはなにか別の思惑がある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 137
there is something else ..., either: 〜はもうひとつある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
there is more art done with sth than with anything else: 〜で描かれた絵を越えるものはない
the way ... is something else: 〜というのは、やはり新しい経験だ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 58
speak of little else here: たいした用じゃない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 264
someone else would have to cut the meat on one’s plate: 自分じゃ肉も切れないほど手が腫れちまった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 298
someone else got it: 駄目になつた
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 155
so that no one else would see: 他人の眼が触れないように
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 168
seem to know everyone else in the Arab world: アラブ世界のだれかれを知っているらしい
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 32
same as everyone else: 人なみってことよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
prey on sb more than anything else: (人は)すさまじく責めさいなまれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
pretend to be someone else: 他人になりすます
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 109
possess if nothing else: それだけは忘れたことのない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 312
ought to have let someone else handle it: 人にやらせればいい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 196
one, no less than anyone else is ...: 〜であり、その点では人後に落ちない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 226
one’s feelings are as sensitive as anyone else’s: (人の)感受性は全然人に負けてない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
on top of everything else: あげくの果てに
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 270
nothing else too unpleasant can happen: どうしようもなく不愉快なできごとはもう打ち止めだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
nothing else in the world counts for anything: 〜の他には何ひとつ目に入らない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 240
nobody else must hear about it: 他人に知られては拙い
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 236
move somewhere else to sit: 場所を移動する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 271
more than anything else: 命に代えて
make someone else’s choices: 人のことに口出しする
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 414
listen to everyone else first, think the matter over: まわりの意見が出揃ったところでゆっくり考える
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
just take it somewhere else: もういいかげんに帰っとくれ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
it is something else: 話が違っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 573
if nothing else one value one’s ability to judge other people: ひとを見る目だけは、育ててきた
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 165
if nothing else ...: 〜しかならないが〜する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
if all else fails: どうしても見つからない場合は
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 84
I can’t think of anything else: さて、これでよろしいかな
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 97
haven’t thought about anything else since ...: あのことがずっと気になっている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 289
have to say preempted everything else: なにをさしおいても話さなければならない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 232
have never placed a bet anywhere else: どこへ出かけようがギャンブルとは無縁だった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
get to ... ahead of everybody else: 〜で他社を制しなければならず
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
everybody else ..., me ...: 人が〜するときに、私だけは〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 105
even forgetting everything else: たとえほかのことがなかったとしても
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 101
do something else with one’s hands: 何かしら手を動かしている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
do not have anything else to do: これといってすることもない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 235
develop that something else is going on: またちがう局面が出てくる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
cause more trouble than anything else: 一番面倒が起るのは〜の問題だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 73
by post, how else: 郵便に決まってるでしょう
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 38
belong to someone else: ほかの人のもの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
before sb can say anything else: (人に)話をつづける暇を与えない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
be too much a symbol to be understood as anything else: (人)にとってはシンボルとしてしか理解できないほどのものなのだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 266
be like nothing else in sb’s life up to now: 生まれてこのかた味わったことのない気持ちだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 409
be better at doing than anyone else: 〜をうまく〜することにかけて(人の)右に出る者はない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 182
be always somewhere else: 捕らえようとしてもするりと逃げてしまうような感じ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 74
as much as anything else: なにはともあれ
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 106
as is sb and everyone else: それは(人)ほか、だれしもがおなじだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 458
as bad as anything else: とびきり抜け作の
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 267
all at once nothing else on ...: 〜にまさる〜はありえない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
above all else: わけても
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 123
chief mourner in the absence of anyone else: 仮の喪主
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 151
in addition to everything else: 特筆すべきは
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 415
long after everyone else has left: みんながとうにひきあげてからも
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
Everyone else agreed, but Eguchi thought differently: 居合わせた一同もそんなとこだろうと言いあったが、江口はそうではないと思った
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 52
cross the finish line ahead of everyone else: 二位以下ぶっちぎりでゴールにとびこむ
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 135
meticulous in all else: 何事につけ極めて用意周到である
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 19
And his feelings are as sensitive as anyone else's: それに、あいつの感受性は全然人に負けてないんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
anybody else except ...: 〜以外の人間だったら
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 35
no matter what anyone else says: 世間がなんと言おうと
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 61
without noting anything else of interest: ほかには別に目をひくようなものはない
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
without noting anything else of interest: めぼしいものは見あたらない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
without noting anything else of interest: 目についたのはこのくらいのものだ
look more like a fish than anything else: どう見たってお魚だ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 81
look more like a fish than anything else: どこから見ても魚みたい
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 87
don’t claim to be anything else: それ以上の何者でもない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 165
someone else apparently do ...: 〜する人間はいるものだ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 49
ask softly, not wanting anyone else to hear: 皆にわからぬように声をかける
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 69
bae:before anyone else
辞遊人辞書
be strong enough to beat anyone else at ...: 〜をさせたら敵うものはない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 48
be becoming as crazy as everybody else in this damn family: このとんでもない家族の中で、(人)まで頭のたがが外れかけている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 387
He believed he had something else: ほかになにかあったはずです
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
give sb something else to bitch about: (人に)いちゃもんの材料をくれてやる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 351
blame somebody else: 他の(人に)責任をかぶせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
be a bloody sight more than anybody else has: だれも持ってないようなばんとしたやつだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 174
boss everyone else: 先頭に立つ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 137
But what did everyone else do?: が、それはともかく、ほかの村人たちはどうしているのだろうか?
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 16
keep changing into something else: 間断なく移ろい、とりとめなく変化していく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 114
I found an Orlando Gleason, but nothing else close: オーランド・グリーソンというのがひとりいたが、そのほかには似た名前すらない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 310
no one else come close: ほかの者は足元にも及ばない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 36
someone else’s clothing: 他人からの借り着
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 16
come into anybody else’s possession: 他人の手に渡る
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 241
be in the company of someone else: (人の)ところにもだれか人がきている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
be ..., comparable to nothing else: 〜でしかない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 128
there is something else we need to consider urgently: 一刻を争う事態がある
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 458
do something else constructive: なにか実のある仕事をする
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 80
like a puppet under somebody else’s control: なにか操られた人形のように
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 112
Nobody else counts: ほかの人たちのことはかまわないで
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 110
Who else would that crazy old rip have left it to?: そうでなければ、あの変り者の年増の役立たずに、だれが金を出すというのだ?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 54
Who else would be so cuckoo?: そんな滅茶苦茶なやつがほかにいるかい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
a cut above everybody else: だれよりも一段上にいる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 182
be as doubtful as everything else: 他の全てのことに劣らず、期待は持てそうにない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 115
Dumb, as bad as anything else: とびきりの抜け作の悪党だ、
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 267
something else which sb would find of equal or perhaps even greater interest: 〜と同じくらい、いやあれよりももっと興味をそそる品物
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
a man who resembles somebody else in every respect: (人と)生き写しの男
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 181
ツイート