× Q 翻訳訳語辞典
put   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あげている
   
put up six points: 六点をあげている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
あずけてる
   
put your life in my hands: あたしに命をあずけてる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 547
あてがう
   
put one’s thumbs in one’s ears: 両耳に親指をあてがう ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 18
put a pillow for sb: (人に)枕をあてがう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 433
あてる
   
put one’s hands to one’s waist: 両手を腰にあてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
put one’s hand on sb’s forehead: (人の)おでこに手をあてる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 319
put one’s hand against ...: 〜に手をあてる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 126
put one’s finger down on ...: 〜に指先をあてる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 88
put a pillow behind sb’s back: (人の)背中に枕をあてる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 319
あらわす
   
put one’s feelings into words: 自分の感情を言葉にあらわす ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 394
いいから
   
just put sb on the phone: いいから(人を)出すんだ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 172
いう
   
as the coppers put it: 警官流にいえば トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
as sb put it: (人が)いっているように フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 65
おく
   
put sth delicately out of reach: さりげなく〜を手のとどかないところにおく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 118
put down one’s knife and fork with a clatter: ナイフとフォークをカチャリと音立てておく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 181
put ... in a little sideways: ちょっと斜めにして〜をおく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 115
do not know where to put oneself: わが身のおきどころを知らない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 11
おさめる
   
put sth in its place: もとの棚におさめる サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 120
おさらばする
   
put the whole bloody mess behind one: これまでのどうしようもない生活にきっぱりおさらばする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 124
かける
   
put one’s fingers around ...: 自分の手を〜に手をかける サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 26
put one’s arm around sb’s shoulders: (人の)肩に手をかける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 45
put on a apron: エプロンをかける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
put a tape of ... on the stereo: ステレオに〜のテープをかける フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 134
かさねる
   
put sth on top of ...: 〜の上に〜をかさねる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
くっつける
   
put sth to ...: (物を)〜にくっつける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 351
くわえる
   
put sth in one’s mouth: 口にくわえる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 178
さげる
   
put a pistol on one’s hip: 腰にピストルをさげる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
さしのべる
   
put out one’s hand: 手をさしのべる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
さしむける
   
put A onto B: BのところにAをさしむける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
さす
   
put sb’s letter in the letter rack: 状差しへ(人の)手紙をさす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 144
さらす
   
put ... over on the public: 〜を世間様の眼にさらす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 250
しまう
   
put sth in one’s pocket: (ものを)ポケットにしまう ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 222
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 278
しめす
   
the people who have put their faith in one: 信頼をしめしてくれている人たち トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
つかむ
   
put one’s feelings on the matter into just such clear definition: こうはっきり自分の気持をつかむ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 402
つきたてる
   
put a knife in sb’s heart: (人の)心臓にナイフをつきたてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
つきだす
   
put one’s face right in sb’s: (人の)顔すれすれに顔をつきだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
つく
   
put both hands on the table: 両手を卓につく マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 208
put both hands down on ...: 〜に両手をつく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
つける
   
put sth on one’s person: 〜を肌につける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 350
put on one’s family pearls: 家伝の真珠のネックレスをつける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 15
put a price on ...: 〜に値段をつける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
つっこむ
   
let sb put sb’s face in one’s sweets: あそこに(人の)顔をつっこませる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 199
とりつける
   
put some clever boxes on sth: 〜にちょっとした装置をとりつける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 56
put a sink: 洗面台をとりつける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 338
なげる
   
put ... to oneself: 自分自身に〜をなげる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 344
なる
   
put yourself in my place: わたしの身にもなってくれ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 239
put pressure on political figures: 政治家にはプレッシャーになる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 149
ねじこむ
   
put the money in sb’s pocket: 金を(人の)ポケットにねじこむ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 165
のせる
   
put something small and cold: 何か小さなひんやりしたものをのせる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 37
はさむ
   
put in: 口をはさむ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
はめる
   
put one’s ring back on: 指輪をまた指にはめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 65
ふさぐ
   
put ... over sth: (物を)〜でふさぐ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 351
ふるう
   
put an ax to ...: 〜に斧をふるう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 25
まわす
   
put one’s arm around sb’s waist: (人の)腰に腕をまわす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 188
put one’s arm around sb’s shoulders: (人の)肩に腕をまわす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 67
もたらす
   
put to death so many: かくも多くの死をもたらす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 48
もちだす
   
put ... quite differently, in fact: だいぶちがう説明をもちだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 282
もどす
   
put the place back together: 原状にもどす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
やすませる
   
put sb in the spare room: (人を)客用の寝室でやすませる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 337

握らせる
   
put liquor in sb’s hand: その手に酒を握らせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
移す
   
put everything: 全部移す デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 52
concrete actions to put sth into practice: 実行に移すための具体的な行動 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 15
飲ませる
   
put liquor into sb: (人に)酒を飲ませる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
隠す
   
put ... in ...: 〜を(場所に)隠す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 368
延期
   
it means putting sb off: これで〜との約束は延期だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
押さえる
   
put one’s hand to one’s temple: こめかみを押さえる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 257
押しあてる
   
put sth firmly against ... for a moment: 〜をつかのま〜につよく押しあてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
解釈
   
be putting ... the wrong way: (人の)解釈はまちがいだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
活ける
   
the flowers are put: 花が活けられる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 167
気にする
   
put an amazing amount of stock in one’s physical appearance: 案外と外見を気にするものだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
詰める
   
put sth in ...: 〜に詰める タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 64
現す
   
put thoughts into words: 自分の考えを言葉で現す アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 112
言い表わす
   
put sth: 言い表わす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 345
言う
   
to put it briefly: 一言で言えば 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 12
to put it another way: 簡単に言ってしまえば〜ということになる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 59
simply put: ありていに言えば ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 141
put it: 言う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 97
言葉
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 48
後回しにする
   
put off sth: 〜を後回しにする ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 68
差し込む
   
put sth into one’s pocket: (物を)懐に差し込む 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 137
散らせる
   
old Mother Nature put the leaves: 母なる自然は木の葉を散らせる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 115
使う
   
put sb to do: (人を)使って〜する レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 168
put all one’s money into ...: 有り金残らず〜に使う フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 96
捨てる
   
quietly put sth down the trash chute: こっそりごみバケツに捨ててしまう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 209
収める
   
put the key in one’s pocket: 鍵をポケットに収める ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 184
put sth exactly into ...: 〜の部分にすっぽり収める プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 279
出す
   
put sb on the line: (人を)出してくれないか クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
put one’s papers in: 辞表を出す クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 506
one put one’s hand on sb first: 先に手を出したのは(人)だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 303
be put fore sb: 食事に出される ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 653
書く
   
put thoughts on paper: 考えを紙に書く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
焼べる
   
put some more logs on the fire: 暖炉に薪を焼べ足す メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 288
乗せる
   
put sb in a taxi: (人を)タクシーに乗せる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
据える
   
the table has been put in ...: 食卓が(場所に)据えられてある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
設ける
   
put listening post out: 聴取哨を設ける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 286
送る
   
put sb behind bars: (人を)刑務所に送る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 137
打つ
   
put to rest sb’s concerns about sth: (人の)心配に終止符を打つ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 254
置く
   
put the phone back where it belonged: がしゃんと受話器を置く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 253
注ぐ
   
put some water in ...: ひたひたに水を注ぐ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 180
注す
   
追いやる
   
put sb: (誰かを)追いやる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 81
添える
   
put a timid hand on ...: おずおずと〜に手を添える ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 57
貼りつける
   
be putting sth up on ...: 〜を〜に貼りつけている最中 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
貼る
   
put sth on ...: 〜を貼ってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
賭けている
   
put up sth on ...: (物を)〜に賭けている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 244
賭ける
   
be putting one’s career on the line: これに自分のキャリアを賭けている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 458
be not a matter sb would put money on: 〜か、金を賭けるほどの確信は(人)にはない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
A put up sth against B’s sth: Aは自分の(物)を賭けて、Bは(物を)かける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 240
投げ込む
   
put sth in one’s pocket: 袂の中へ(物を)投げ込む 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 141
突きさす
   
put a needle into ...: 針を〜に突きさす 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 16
突っ込む
   
put one’s hands in one’s waistband again: またしても両手を腰のバンドに突っ込む ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 157
入る
   
unintentionally put strength into the arm: 手に思わず力が入る 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 57
入れる
   
put sb’s hand into the pocket and rummage: ポケットに手を入れて中を探る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 107
put one’s shoes on: 足を入れる ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 109
忍ばせておく
   
put sb in the bush: 茂みに(人を)忍ばせておく ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 175
配置する
   
put sth: (物を)配置する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 113
put a security man down in front of ...: 警備の人間を一名(場所の)正面に配置する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 330
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 52
葺く
   
put roofs on new houses: 新築の家の屋根を葺く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 77
放る
   
put a series of “What if?” questions: いわゆる“たられば" 質問の矢をつづけざまに放る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 306
放っておく
   
put away wet: ズブ濡れのまま放っておく デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 24
並べる
   
put words to the page: 言葉を並べる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
埋める
   
put the head under it’s wing: 羽交に頭を埋める スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 83
   
I don‘t know what you’ve put me up to here.: 私をどんな目に会わせようというのかね。 カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 193
話に乗る
   
put it succinctly: 憮然としながらも話に乗る ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 53
ツイート