× Q 翻訳訳語辞典
gone   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いかれた
   
a bit gone in the head: ちょっと頭のいかれた フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 423
とだえる
   
with the wind almost gone: 風はほとんどとだえ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 169
もう〜はない
   
the dreaming lethargy of the voice was gone: もうあの夢見るようなものうい声の調子はなかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 297

姿はない
   
be definitely gone: 〜の姿はどこにもない フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 391
消え去る
   
the USSR is gone: ソ連という国は地上から消え去った サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 25
消え失せる
   
be gone in a flash: またたくまに消え失せる ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 180
落ちる
   
finally the sun is gone: やがて日が落ちる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 36

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

gone: それもこれも無になった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 316
gone: もうとりこわされてしまった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
be long gone: もう影も形もない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 96
be gone: うしなわれている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
be gone: けしとぶ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 353
be gone: 帰っていった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
be gone: 見あたらない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 299
be gone: 長くつづかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
the headaches are gone: 頭痛がひく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
it’s gone too far to just put the money back: 簡単に返せない額なんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
have gone two weeks at least: 留守にしてから少なくとも二週間はたっている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
be dead and gone: くたばっちまう
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 206
nothing have actually gone wrong: 実際には何も不都合はない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
after sb is gone: (人が)が引き揚げるのを待って
all the stages have been gone through: あれこれといろんな段階をとおりすぎる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 55
the wine has all gone: ワインがきれいに片づく
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 68
be all gone: ほんとうにカッカしている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304
be all impatience to be gone: じっとしておられない
be all impatience to be gone: とてもじっとしてはおられぬ
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 42
be all impatience to be gone: どうにもじっとしていられない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 44
be all gone: どこへやら
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 32
one’s wife living alone after one had gone: (人)だけがいなくなった後の妻
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
have gone flying across America: アメリカ全土を飛びまわった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 319
something seemed to have gone amiss: どうしたのか
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 39
sb’s ammunition is gone: (人の)弾がつきる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 39
be farther gone than anyone of sb: (人の)なかで(人が)いちばん酔っぱらっている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 366
appear and then have gone: 姿を見せたかと思うとすぐいなくなってる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 163
all one’s feelings of articulateness had gone: 率直に思いの丈を話そうという決意は消し飛んでしまった
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 217
wouldn’t have gone unnoticed as a boy: たとえ子供といえども、(人が)(場所で)人目を惹かないはずがない
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 54
be gone awhile: なかなかもどってこない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
it was a good time gone bad: 楽しみの度がすぎた
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 206
had only gone forty degrees before the mechanism froze: 四十度かたむいたところで動かなくなる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 490
have gone on before, to prepare sb: 一足先に帰って、前もって(人に)知らせている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 186
be gone before ... have done: 〜したとき、もうその姿はない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 375
be gone beyond the beyonds: 越えてはならないところを越えた
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 284
gone to seed a bit: ちと焼きがまわったか
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 228
bloody little man’s gone missing: あのちび、雲隠れだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 131
with both masts gone: 両のマストが折れ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 372
have gone off one by one to college: ひとりまたひとりと大学へ巣立っていった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 319
more months, to the number of twelve, had come and gone: それから一年の歳月が流れ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 232
controls are gone: コントロール不能
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 13
have gone a couple of rounds: (人の)喧嘩が第三ラウンドあたりに達している
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 245
the crowds have all gone home: みんな家に帰ってだれもいない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 238
with a head of shocked whitish hair that stands erect like a dandelion gone to seed: 髪がタンポポの綿毛のようにおっ立って
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 193
the way one’s day have gone so far: 今日一日のなりゆきから考える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
stir any emotional reminiscence of days gone by: 懐旧の情をそそる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 463
one’s face has gone dead pale: 顔は死人のように真っ青
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
be gone dead again sb: (人の)ことを、ひどく悪く思っとる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 227
the deal had not gone through: その話は流れてしまった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 122
sb, whose eyes have gone in the general direction: いままで法廷全体をながめわたしていた(人)
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
be a long way gone over in one direction of time: 歴史のかなたに遠ざかった
gone to a plainness and discontented fat: 容色も衰え、欲求不満からぶくぶく肥っている
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 165
be gone pure mad with the drink: 飲みすぎて狂った
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 354
one’s efforts have not gone beyond ...: 〜を一歩も出るものではない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 141
have gone pretty far in the emotional pathway: 精神的にも、ずいぶん奥の深い体験をした
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 118
Never before had such an enterprise gone quite so well for me: わたしにしてみれば、こんなにむずかしい仕事を無事やりおおせたのは生まれてはじめてだ
have not entirely gone: 一部には残っている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
everything has gone wrong: あれこれやったが結局うまくゆかない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 161
I examined her while you two were gone: あなたたちが留守のあいだに診察したの
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 94
Then the realization faded and was gone: と、わかりかけたことがすーっとうすれ、消えてしまった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 249
I don’t suppose sb’s experience has gone very far: (人の)経験がそれほど豊かだとは思わない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 190
have gone too far: これは調子にのりすぎだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 167
have gone too far: 出すぎた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 176
have gone far enough: ちょっとやりすぎる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
be too far gone to do: すっかりまいっていたので、〜する力もない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 201
be far gone: 焼きがまわっている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 167
be gone fast: 足早にそこを出る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 40
find sth gone: (物が)あとかたもない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 398
the flowers are all gone: 花が一つも見えない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 39
It is fortunate that she will have enough to live on after I am gone: 私がいなくなっても妻に衣食住の心配がないのは仕合せです
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
Further, the German knew that the Ulysses's radar was gone: そしてもうひとつ、敵はユリシーズのレーダーがなくなったことを知っている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 351
the valet come and gone: 家令が来て、やがてまたさがって行く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 226
zip, one is gone: もうあっと言う間にどこかにすっ飛んでいく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 582
be long gone: とっくの昔になくなっている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 201
Tonight I'll pack, tomorrow I'll be gone: 今晩荷づくりをして、明日にはひきあげるよ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 186
quit and be gone: 仕事を辞めて、どこかに行く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 561
be long gone from ... now: 〜から姿を消してすでに久しい
I’m sorry sb’s gone: 〜が死んだのは悲しいことだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 446
be gone for a while: ちょっと出かける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 251
sb’s money have gone to do ...: 〜する資金は(人から)出ている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 103
After she had gone he stared into his cup, worried and suddenly tired: 彼女が出勤したあと、しばらくカップの底を見つめて、とつおいつ頭を悩まし、そしてとつぜん疲れを感じた
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 301
be gone: 消えてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
five million gone: 五百万ドルの消失
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
be supposed to have gone so smoothly: 順調に進むはずだったのに
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 543
winter has come and gone: 冬が来て尽きる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 273
while sb be gone: 留守のあいだに
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 94
be gone much of the time: ほとんどいつも家を留守にする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
ツイート