× 翻訳訳語辞典
 翻訳訳語辞典 Quiz
翻訳訳語辞典で、次の訳語をもつ英単語は何でしょうか?(基本1000語に入るような単語1語です。カタカナの訳語は除いてあります。*例文、†出典)
解答→ touch       Next
touch   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いただく
   
none of your not touching of ... and sticking to bread: てめえはいただきません、パンだけで結構でなんて、くだらねえことは言いっこなしだぜ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 289
うかぶ
   
suspicion of her hardly touches sb: 彼女に対する嫌疑はほとんどうかばない レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 252
おとずれる
   
sorrow touches sb’s life: (人に)悲しみがおとずれる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 412
かきみだす
   
touch anyone’s heart: きく人の心をかきみだす 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 31
かすかに
   
smile with a touch of malice: かすかに悪意のこもったほほえみを浮かべる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 353
かすめる
   
touch a system: システムをかすめる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 166
the soun touches the tops of the still trees: 陽光がパッと梢の頂をかすめる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 228
こらしめる
   
touch the scoundrel: 悪いやつをこらしめる ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 115
さそいだす
   
touch ...: 〜をさそいだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 412
さわる
   
touch sth with ungloved hands: 〜を素手でさわる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 523
reach under the table and touch sb’s hand: テーブルの下に手をやって(人の)手にさわる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 311
しみて来る
   
sth touch sb’s heart: (物が)(人の)心にしみて来る 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 6
すりつける
   
stand there almost touching sb’s shoulder: 肩をすりつけんばかりにして立っている 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 19
せい
   
touch of ...: 〜のせい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 255
そっと触れる
   
She reached shyly across the table and touched his hand: マートルは恥ずかしげな様子でテーブルごしに手をのばし、彼の手にそっと触れた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
ちょっと
   
get a touch of the what’s-its: ちょっとあれなんだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 99
つながる
   
be in immediate touch with ...: 〜にそのままつながる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 223
なでる
   
one’s hands console sth with a couple of touches: (物を)手で二、三度ずつなでる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
なめる
   
touch one’s lips with one’s tongue: 舌の先で唇を軽くなめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 69
ひきかけ
   
a touch of the flu: 風邪のひきかけ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 201
ひっかける
   
touch one here and there with one’s icy fingers: 氷のような爪をあっちこっちにひっかける オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 165
ひどく傷つける
   
one’s pride is touched besides: それに自尊心もひどく傷つけられる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 127
ふれあい
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 124
まとわりつく
   
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 50

握る
   
to touch heavily would be to arrest the pattern and freeze the movement: 固く手を握ったりすれば動きが鈍る リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 98
押さえる
   
touch the pressure points: ツボを押さえる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 218
干渉する
   
touch sb: (人に)干渉する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 94
感激する
   
I’m touched: 感激です スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 58
感触
   
loathsome touch: むかむかする感触 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
just enough that sb can feel one’s touch: ただ(人に)感触が伝わる程度に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 104
It was amazing how warm her touch was, even under a hot afternoon sun: 午後の暑い日ざしの下でさえ、その感触の温かさにはびっくりした クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 29
感心する
   
sth touches sb: (人は)〜にかんしんする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 234
感動する
   
be touched by ...: 〜と知って感動する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 59
起きる
   
for anything which touches sb nearly: 身近で起きること全てに セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 172
強く胸を打つ
   
be touched: 強く胸を打たれる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 59
胸にしみる
   
touch sb: (人の)胸にしみる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 172
交流
   
have kept in touch: 交流を続ける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 377
荒らす
   
nothing appears to have been touched: 荒らされた形跡はない フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 393
合わせる
   
touch glasses: グラスを合わせる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 154
思わす胸をつかれる
   
Touched, Polly replied: 思わす胸をつかれ、ポリーも答えた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 278
指に触れる
   
指を触れる
   
first touching: 最初のうちは指を触れているだけ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
取り組む
   
touch the accounting system: 計算システムにとりくむ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 16
手が〜にあたる
   
literally touch each wall when you stretch: 伸びをすれば手が壁にあたる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
手さぐり
   
by touch: 手さぐりで マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 164
手つき
   
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 140
手をあてる
   
touch one’s forehead: 額に手をあてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
touch one’s chest: 胸に手をあてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
手をかける
   
touching sb on the shoulder: (人の)肩に手をかける ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 203
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 113
手をつける
   
touch the principal: 元金に手をつける デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 166
手をやる
   
touch the bill of the cap: 帽子のひさしに手をやる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 333
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 363
手を出す
   
touch then: さあ、手を出しな ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 82
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 441
手を触れる
   
be afraid to touch sb: 手を触れるのをためらう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 130
小突く
   
touch one’s arm: (人の)肘を小突く 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 131
触れている
   
be in touch with ...: 〜の一端に触れている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 25
触れる
   
never touch sth: (物に)指一本触れてはいません クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 110
触れ合う
   
keep busy and stay in touch with people: 身体を忙しく動かし、人々と触れ合う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 345
心を打つ
   
touch the worldly lady more deeply than sb knew: 思ったより以上に洗練された女の心を打つ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 110
be touching: 心を打つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 313
be somehow touching: 何かしら心を打つものがある オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 214
心を動かす
   
be touched: 心を動かされる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
心を搏つ
   
touch sb more deeply than one know: (人が)思った以上に(人の)心を搏つ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 110
心持ち
   
a touch more respectful: 心持ち見直す ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 192
身近
   
feel sb most in touch: 一番身近に感じられる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 364
接触
   
was just staying in touch: 接触を絶やさなかっただけ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
染める
   
be touched by what he was: 彼の人格に染まる オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 26
走らせる
   
touch one’s fingers to every part of sb’s face: (人の)顔じゅうに指を走らせる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 378
打つ
   
touch sb’s heart: 胸を打たれる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 312
達する
   
touch excellence in one’s doing sth: 真剣に(物事をし)、卓越した境地に達する バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 26
動かす
   
the human kindness and charity of sb touch sb’s heart: (人の)やさしさに動かされる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 38
突く
   
touch sb on the breast: 相手の胸を突く ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 222
髪をなでる
   
touch sb: (人の)髪をなでる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
撫でる
   
a feathery spooky feeling like being touched by a moth: 蛾の翅に撫でられたようなぞっとする感じ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 292
揺する
   
be touching sb’s shoulder: (人の)肩を揺すっている フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 107
連絡
   
say one will be in touch: あらためてまた連絡すると言う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 295
out of touch: 連絡を断つ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 404
keep in touch: 連絡を絶やさない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 64
get in touch: (人に)連絡する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 304
Tweet