× 翻訳訳語辞典
 翻訳訳語辞典 Quiz
翻訳訳語辞典で、次の訳語をもつ英単語は何でしょうか?(基本1000語に入るような単語1語です。カタカナの訳語は除いてあります。*例文、†出典)
解答→ break       Next
break   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あふれ出す
   
swell to one’s eyes, and break like waves: たちまち目の中は涙でいっぱいになり、大波のようにあふれ出す ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 50
いいこと
   
give sb a break: いいことを教える デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 94
いきなり〜する
   
break into a run across the snow: いきなり駆け出し、雪原を横切っていく ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 36
いとぐち
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 265
がっくりとくずおれる
   
break like a bowstring breaking: 弓の弦が切れたようにがっくりとくずおれる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 156
さえぎる
   
break the force: 風圧をさえぎる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 25
break into a ‘... murmur: 〜と話をさえぎる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 242
さす
   
pale light breaking through the curtains: カーテンごしにさしてきた薄明かり ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
たもとをわかつ
   
break with Roosevelt in the New Deal over financial questions: ニューディール政策、とくに財政金融政策をめぐってルーズベルトと袂を分かつ ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 40
たわめる
   
break the wire: 針金をたわめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
だす
   
break into abusive language against sb: (人を)罵りだす 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 66
ちょっとした気晴らし
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 227
ちょん切る
   
break oneself into small strips: 短い帯のような形にちょん切れている オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 164
つまらねえこと
   
That was a break see?: つまらねえことをやっちまったわけだ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 83
とぎれる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
break off: (人の)言葉がとぎれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
とつぜんする
   
break into ...: とつぜん〜する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
はねる
   
after the committee break: 委員会がはねたあと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
ひきさく
   
break sth down: ひきさく アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 96
ひきはなす
   
break sb of …: (人を)〜からひきはなす アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 32
ひる
   
break wind: 屁をひる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 22
ふりほどく
   
break sb’s eye contact: もつれそうな視線をふりほどく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 257
ぷつりと切れる
   
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 212
へし折る
   
will break sb’s neck: 〜の首根っこをへし折ってやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 412
I’ll break your arm: 腕をへし折ってくれるぞ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 34
break ...: 〜をへし折る マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 480
ほぐす
   
break the tension: 緊張をほぐす デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 130
ほとばしりでる
   
a bitter laugh of mockery breaks from the lips of younger man: 年若い男の脣から痛烈な嘲笑がほとばしりでる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 222

引き取る
   
you can break off if you want: もう引き取られたい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 534
引き裂く
   
break one’s heart: (人の)ハートを引き裂く デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 9
嘘になる
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 138
洩れる
   
a cry of pain breaks from one’s lips: 苦悩の叫びが(人の)脣から洩れる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 146
押込みをはたらく
   
break in anyplace: 手あたりしだい押込みをはたらく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
温情
   
ask for a break: 温情を乞う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 452
壊す
   
break ... originally: 〜の原型を根こそぎ壊す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 11
割り込む
   
another voice breaks in: もうひとつの声が割り込む ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 151
気分転換
   
it is a nice break from ... to be here ...: 〜からこの〜へきたのは、なによりも気分転換になる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 15
起きる
   
that case breaks: あの事件が起きる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 434
逆襲
   
make a break: 逆襲に転じる バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 221
休み
   
lunch break: 昼休み 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 123
休憩時間
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
区切る
   
break off: 区切る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
計算する
   
break down on a nighty-by-night basis: ひと晩あたりの〜数で計算すると タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 215
訣別すること
   
break with ...: 〜と訣別すること ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 14
公にする
   
break in a newspaper or a magazine: 新聞や雑誌で公にする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 36
骨休め
   
take a break: 骨休めする カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 8
幸運
   
catch one’s only break of ...: 〜はじめての幸運だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
轟く
   
a flash of lightning and a tremendous crack of thunder break: 稲光が閃き、すさまじい雷鳴が轟く セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 85
砕く
   
break one’s nose: (人の)鼻を砕く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 257
参ってしまう
   
You could break Oliver,: オリヴァー、きみはいまに参ってしまうぞ、 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 67
持っていく
   
break the story: 話を持っていく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
失恋
   
do not seem to have taken the break too badly: 失恋でひどい痛手を受けたようには見えない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 146
遮る
   
break ...: 〜を遮る 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 71
手を切る
   
resist breaking with sb: 手を切るのを我慢し続ける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 285
傷つける
   
break one’s heart: 人の心を傷つける フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 37
進む
   
break up: 進む ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 487
寸断される
   
break oneself into small strips: 短く寸断されている O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 230
清算
   
make a clean break of ...: 〜はきれいに清算する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 140
切り出す
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 371
絶ち切る
   
break the endless chain of society’s loathsome taboos: 世間のいやらしい禁止の無限につづく鎖を絶ち切る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 57
絶ゆる
   
last Louis but one of the line that is never to break: 永劫絶ゆることなき現王統の先々代 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 213
相容れないやり方
   
a complete break with the tradition of ...: 〜の伝統とは、まったく相容れないやり方だ カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 100
打ちのめす
   
break sb: (人を)打ちのめす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 29
打ち砕く
   
break sb’s heart: (人の)心を打ち砕く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 65
怠ける
   
a stomach decides it can take a break from vermiculating: 腸が蠕動を怠ける 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 24
台なしにする
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
脱けだす
   
break from one’s intense movelessness: 無我の不動の姿勢から脱けだす ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 77
断ち切る
   
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 201
break one’s connection with ...: 〜への執着を断ち切る 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 65
知らせる
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 23
中休みとなる
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 307
跳ぶ
   
break to the right: 右へ跳ぶ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 58
展開
   
that was a tough break: まずい展開になってしまった ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 212
踏み込む
   
break into ...: 〜に踏み込む ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 133
突きやぶる
   
break the layers into which sb have sunk: (人が)沈んでいた眠りの層を突きやぶる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 5
突破口
   
This may be just the break we're looking for: 案外、こっちの期待していた突破口になるかもしれない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 175
get the first break: 最初の突破口を開く ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 151
破る
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
break a very awkward silence: 気まずい沈黙を破る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 17
這入る
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
反逆
   
the biggest break from sb: 最大の(人への)反逆 ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 334
反故にする
   
break the commitment to sb: (人との)約束を反故にする マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 220
浮かべる
   
break into a cheerful grin: 陽気な笑みを浮かべる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 51
分かれてしまう
   
break in two: ふたつに分かれてしまう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 195
変える
   
without breaking stride: 歩調を変えることなく コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 51
break things loose: 局面を変える クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 430
変化する
   
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 377
崩す
   
break down: 身を崩す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
崩れる
   
the peace breaks: 平穏があっさりと崩れ去る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
無視する
   
break all that many traffic laws: 交通法規を片っ端から無視する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 461
滅入る
   
sb’s heart breaks: どうしようもなく滅入る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 103
揺り動かす
   
do not break the mood: その空気を揺り動かさない 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 29
裏切る
   
break faith with sb: (人の)信頼を裏切る デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 18
離脱する
   
break oneself off from the conventions of one’s parents: 両親たちの送っているこちこちの生活から離脱する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 406
和らげる
   
break the tension somewhat: いくぶん緊張を和らげる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 18
Tweet