× Q 翻訳訳語辞典
common   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ありきたりの
   
a common criminal: ありきたりの犯罪者 フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 7
ありふれた
   
be pretty common: ごくありふれたものだ フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 427
a fairly common floor pattern of various-sized squares: いろんなサイズで見受けられるごくありふれたタイルの柄 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 326
いかにもありがちな
   
a common failing: いかにもありがちな勘ちがい ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 145
ごくありきたりの
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
ただの
   
the common onion: ただのタマネギ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 414
つまらぬ
   
common cold: つまらぬ風邪 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 93
ふつう
   
be a matter of society, forgivable and common: 社会ではふつうであり、許されることだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
ふつうに
   
as is the common practice: ふつうに行われていることであるが 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 105
ゆきわたっている
   
<例文なし> 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 40
よく
   
in those days, it was common practice for sb to do: その時分は(人が)よく〜したものだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 186

   
bear a common cold: 風邪位なら我慢する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 57
何でもない
   
be common knowledge to sb: (人に)何でもない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
何の変哲もない
   
anyone suffering from the common cold: 何の変哲もない風邪の患者 ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 167
既設の
   
great common network: 既設の主要水路 ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 28
共通の
   
share the common dream: あの共通の夢をもっている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 279
sb and sb both struggle to find some common base: (人と)(人が)おたがいに、共通の話題を見つけるためにずいぶん苦労しなくてはならない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 412
rest on common foundations: 共通の地盤を持っている 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 120
共有財産
   
manage global commons: 地球の共有財産を管理する ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 10
習慣
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 101
常識的
   
rules of common civility: 常識的な礼儀 トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p.
人並みに
   
common decency: 人並みに体裁をかまう気持ち クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 25
尋常な
   
a perfectly common ...: ごく尋常な〜 キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 130
世間的な
   
common boundary: 世間的な境界 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49
多い
   
be more common occurrence: ずっと多いことだ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 10
珍しくない
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 87
珍しくもない
   
be a common sight to sb: (人には)いまさら珍しくもない光景だ オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 133
通常の
   
But at that moment, what weighed most heavily with him was common humanity: けれども、いまこのとき、なによりも重く彼にのしかかっているのは、通常の人間的感情だった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 182
通俗的な
   
as common as you can get: 通俗的な 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 53
通用の
   
high-spirited horseplay common to young men: 若者に通用の陽気な騒ぎ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 117
日常茶飯事
   
become common: 〜は日常茶飯事になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 154
特有の
   
stink common to patients: 病人特有の口臭 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
味気ない
   
sb’s maxims of common arithmetic: 味気ない数学をお得意の金言まじりで説明してのける〜先生の講義 シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 95

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the Town Common: 広場
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
the Town Common: 町議会
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
Our Common Future: 地球の未来を守るために
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
in common purpose: 心をひとつに合わせて
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 91
have a lot in common: 話が合う
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 34
find common ground: 一致点を見出す
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 422
common sense: 当たり前の論理
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 315
common people: 一般人
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 188
common people: 国民
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 192
common good: 世の利益
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 114
common enough name: ありふれた名前
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 221
be very common: ごくふつうである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 227
be far more common than you realize: 案外多い
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 52
be common enough: よくあることだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 130
be common: 巷間に出回っている枚数が多い
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 425
a matter of common agreement: 総意
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 99
will find the threads that tie people together, a common register: そこにあるその(人々の)雰囲気で語る
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
what sb is saying is really common sense: ごくごく当り前のことを言っている
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 66
we do not have a thing in common: ぼくたちには何の共通点もない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 382
was common practice in feudal times: 封建時代の昔にはあったことだ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 222
turn common sense into common practice: 当り前のことを当り前にできる
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 67
these common rough people, with their coarse faces and brutal gestures: がさつな顔つきと野卑な身振りのこの俗悪な連中
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 123
the turmoil so common in the families of the successful: 成功者にありがちな家庭の不幸
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 74
the most common visitors in ...: 住民以外に〜をおとずれる連中の顔ぶれ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
the common run of one’s profession: あの職業の連中
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467
plunk down one’s dough to buy AA’s common shares: AAの株に投資する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
ordinary, common or garden: そんじょそこいらにあるような
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 359
most bad decisions have in common: まずい決断というのはたいがいそうだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 72
like a common eavesdropper: いかにも盗み聞き然とした格好で
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 268
keep a common beat: 調子をあわせる
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 25
it is common to call people by ..., rather than by ...: 〜よりも〜で呼びあうことの方が多い
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 58
it is common knowledge that ...: 〜を誰も知っている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 139
it is common ground that ...: 双方で確認されたのは〜ということである
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 20
issue from hidden dens to the common centre: ここかしこの隠れ家から(人を)目がけて攻めかけて来る
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 10
in the common way: ありきたりの
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 22
in common with ...: 〜するたび
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
have something in common: 共通点がある
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 311
have common ground with sb: (人と)考えを同じくする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 61
have arrived at the frontiers of common sense: 判断の限界のぎりぎりのところまで行き着く
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 198
have almost nothing in common with ...: 〜にはほど遠い
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 52
have a lot in common: 似た者同士だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 87
giving away one’s life to the ignorant, the common and the vulgar: 無智俗悪な人間どもに自分の命を投げだす
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 39
feel one have something in common with sb: (人に)親しみを抱いている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 187
either in scientific terms or in terms of common logic: 物理学的にも常識から云っても
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 154
display greater common sense than sb: (人より)事理をわきまえる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 198
common sense says that ...: 正論からすれば
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 60
common knowledge that ...: 〜という、誰でも知っているようなこと
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 186
common in young girls of one’s age: 少女らしく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 39
common enough among ...: 〜の間ではありきたり
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 51
become damn common for years: 〜がしょっちゅう起こる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 247
be common knowledge among ...: 〜の知るところとなる
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 26
be common in one’s childhood: 子供の頃から見馴れた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 159
be as common as cheese: ごくありふれたものだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 95
be a great deal in common between A and B: AとBとは、相通ずる節がある
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 19
be a common usually harmless occurrence: 日常茶飯事で、普通は別に害があるわけではない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 61
be a common phenomenon: 毎度のこと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 57
be a common occurrence: しょっちゅうだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 133
almost as if by common consent: 言い合わせたように
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 23
abominate the common herd: 凡俗の群れには鼻もひっかけない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 230
a very common ...: ありきたりの〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 73
without even attempting to find a common language to exchange a few broken words in: なにかお互いにわかる片言を話そうという気も起らず
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 176
These beatings of the babies became common my brother Frank recalls: 子供たちを叩くことは日常茶飯事になった、と兄のフランクは回想する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 154
betray a lack of common sense: 非常識だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 211
How could I have any common ground with Ollie North's boss?: イラン・コントラ事件の立役者、オリヴァー・ノース中佐の後見人と、どうして私が考えを同じくしなくてはならないだろうか?
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 61
common detention cell: 雑居房
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 350
common knowledge:周知
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 87
in the interchange of the first few common-places: 二言三言、これはもう型どおりの挨拶があったあと
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 270
common sense:見識
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 146
where’s your common sense, man?: ずいぶん常識はずれじゃないの
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 138
have a lot of common sense: 常識のかたまり
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 117
common-or-garden:ただの
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 37
by any common-sense standard: 常識的に考えたなら
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 187
by common consent: 例によって
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 41
have a common denominator: 共通の根っこを持つ
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 313
common denominators: 共通項
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 8
die of a sort of creeping common sense: 卑屈な常識のとりこ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 65
can figure out the answers from sb’s general education and sb’s common sense: 一般教養と常識の範囲で問題が解ける
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 85
This is common sense to economists but rank heresy to environmentalists: これは経済側から見ればあたりまえの論理なのだが、環境保護を叫ぶ人々から見ればとんでもない論理ということになる
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 315
the increasingly common perspective of ...: 〜観は漸く一般に浸透しつつある
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 170
indomitable common sense: 抑えきれない常識
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 24
Later, during our few visits, we both struggled to find some common base: 後日、何度か面会には行ったのだが、僕らはおたがいに、共通の話題を見つけるためにずいぶん苦労しなくてはならなかった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 412
enter the common lexicon: 珍しい言葉ではなくなる
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 7
be of the most common and vulgar: ごくありふれた俗っぽいもの
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 64
the most common is ...: その最たるものは〜
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 92
common peasants: 平民たち
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 111
He waved his hand airily to include the other Common Market nationalities: 彼はヨーロッパ共同市場の国々を残らずひっくるめる思い入れで大きく腕をふりまわした
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 239
Common Market nationalities: ヨーロッパ共同市場の国々
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 239
ツイート