× Q 翻訳訳語辞典
least   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜だけは
   
at least a pretty friendly guy: 愛想だけはなかなかいい サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 43

いささか
   
at least slightly: いささかなりとも 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 101
いささかも
   
show the least surprise at ...: 〜にいささかもおどろきの色を見せない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 476
いちばん〜でない
   
be least inclined to ...: 〜にいちばん乗り気でない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 411
これっぽっちの
   
do not carry the least conviction: これっぽっちの信憑性もない ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 166
これっぽっちも
   
not be in the least disconcerted: これっぽっちもうろたえない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
せめて
   
why not at least do ?: せめて〜すればよさそうなものだがな クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 580
せめてもの
   
the least gesture of gratitude one can offer sb: 〜へのせめてもの礼のつもりだ 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 89
だけ
   
at least leave sb free to find escape in death: 死の道だけを(人の)ために開けて置く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
ちょっとでも
   
be in the least aggressive toward ...: 〜に対してちょっとでも強気に出る アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 155
ちょっとの
   
least sudden noise set sb all in a quiver: ちょっとの物音にも震え上る E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 63
どだい何も
   
be not the least suited: どだい何も似合わない 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 96
ほどの
   
you should at least have the guts to do ...: あんた、〜するほどのガッツもないわけ? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 133
もっとも
   
be one of the least popular: もっとも嫌われている人間のひとりだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 218
わずかなものだ
   
His contribution was least in the substance: 彼の貢献なんぞ、実際にはわずかなものです アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 12

何をおいても
   
never let anything prevent one from at least doing: 何をおいても〜だけはする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
皆目
   
have not the least idea about ...: 〜について、皆目見当もつかない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 151
些細な
   
be moved by the least show of affection: ひどく些細な愛情に感動する 辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 38
最悪
   
least promising: 将来の見通しは最悪 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 256
全然
   
least expect sth: 全然〜を予想しない オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 59

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

today, at least: 今日ばかりは
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 61
the least thing: ちらっとひとこと
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 90
not least of all: とくに
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 424
least of all ...: 〜よりも
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 106
but at least: 矢張り
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 75
at the very least: せめて
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63
at the very least: ともかく
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 13
at the very least: 一応
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
at least today: 今日はまあ
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 216
at least that: ほかのことはさて措くとしてもだ
at least temporarily: 一応
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 40
at least for the moment: ひとまず
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 254
at least ...: 〜がせめてもの慰めである
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 117
at least ...: 〜はしている
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 436
at least ...: くらいは
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 190
at least: 〜だけは
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 9
at least: 〜だけはたしかだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 96
at least: 〜だろうと何だろうと
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 259
at least: 〜とは云わぬまでも
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 346
at least: 〜にだけは
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 7
at least: 〜にはちがいない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 88
at least: 〜よりは
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
at least: いやでも
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 304
at least: おそらくは
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 8
at least: さはさりながら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
at least: しかし、なんといったって
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 49
at least: すくなくとも
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
at least: ずっと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
at least: せめて
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 229
at least: せめてそれくらい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 7
at least: せめてもの
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 66
at least: そうすれば
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 79
at least: それにしても
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 305
at least: たしかに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 100
at least: だけは
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 25
at least: とにかく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 228
at least: とにもかくにも
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 81
at least: とはいうものの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
at least: とはいえ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 48
at least: ともあれ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安晦日蕎麦』(Master Assassin ) p. 235
at least: ともかく
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 148
at least: とりあえず
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
at least: どんな〜でも
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 142
at least: なにはなくとも
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 42
at least: なるべく
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 164
at least: は
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 109
at least: よくわからないけれど
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 204
at least: わけても
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 383
at least: 何はともあれ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 166
at least: 結構
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 189
at least: 最低
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 341
at least: 多少
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 146
would not take the least notice: 知らん顔している
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 76
without the least sign of realizing what is really happening: これが本当はどういうことか一向にわかっていない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 86
will know at least one person in ...: (場所)で一人ぼっちにならずにすむ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 558
where one least expect sth: まったくとんでもないところ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 183
what one least expect: 思いがけないところ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 109
to say the very least: それだけじゃすまない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 289
to say the least: 控えめにいっても
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
to say the least: 少なくとも
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 61
this is the least I can do: これでせいいっぱいこらえているのだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 102
think at least you will be giving me a hand to finish ...: 〜をすませるまでは、きみが手伝ってくれると思っている
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 233
the path of least resistance: ことなかれ主義の道
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
the least of ...: とるにたらない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 26
the least likely suspect perhaps: 嫌疑は一番薄い方だろう
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 248
the least interesting morning during the week: 一週間でいちばん味気ない午前中
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 33
that tale, at least finds a certain echo: この話だけはかなりの反響を呼ぶ
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 6
that is the least of sb’s worries: それどころではない
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 191
that is the least of it: それどころじゃない
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 555
sth is the least interesting wagers of all: 〜を賭けるなんて、いちばんつまらない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
seemed, to sb at least to create an air of purity and solemnity: 心なしか尊く清らかに見えた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 39
sb know ... at least ...: 〜ということぐらい(人にも)わかる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
pay not the least attention to ...: 〜も耳に入らぬようだ
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 61
ought to at least give it a try: まずは小手調べだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 111
or at least I imagine ...: おそらく〜だろうと私は思う
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
one, at least feels that ...: 当人は〜と解釈する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 192
one could at least expect no carelessness: こんなうかつなことなんかできた義理あいじゃない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 164
on the surface at least: 外側から見れば
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 263
now at least five years in one’s grave: (人が)他界してから、もう五年以上になる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
not the least self-conscious: 気後れしているような様子はみじんもなく
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 106
not that it did the least good in the way of prevention: だからといって犯罪防止に役立ったわけでは毫もない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 96
not that I am in the least conventional myself: もっとも私にしても礼儀正しい男だというわけでもない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 134
not making the least effort to do: がむしゃらに〜しない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
not least of all by ...: わけても〜がいちばん〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 102
not in the least: とんでもない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 25
not in the least: 一向〜ない
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 99
not in the least: 一向に〜しない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 105
not in the least: 全然〜ない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 237
nor does it soothe sb in the least to ...: そこへもってきて
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 24
no one, least of all sb, can do: 〜するのは、誰にとっても、とりわけ(人には)不可能である
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 158
never feel the least bit drowsy: 睡気はさっぱりやってこない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 253
may at least tell sb that much: それくらい教えてくれたっていいでしょ?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 257
look for the least dangerous-looking outcrop: 少しでも危険でなさそうな岩場を捜す
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 120
leave oneself with at least one route of escape: 少なくとも一つの退路を用意しておく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 170
least of all ...: なによりも〜ではない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 76
least likely to arouse suspicion: 絶対に相手の疑惑をかきたてるおそれのない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 109
last but not least: 最後にだいじなことをひとつ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 318
it is so big it would have taken four children at least to link arms around it: 子供が4人くらい手をつながなければ廻れないような老樹なのだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 207
it is at least true that ...: 〜だけはたしかだ
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 115
including at least ...: 〜をはじめとして
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
if somebody at least listens: 耳をすまして聞くだけでも聞いてくれる人がいれば
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 268
I appreciate sb the most when I see sb the least: (人に)できるだけお会いしたくないんだよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
here is something to be thankful for, at least: 不幸中の幸いだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 274
haven’t the least doubt who did it: 犯人の目星、ちゃんとついてるの
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 132
have to have at least ...: やはり〜ぐらいはいただかないと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
have taken the greatest advantage of the least amount of time: この僅少な時間を最大に利用する
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 169
have not the least intention of doing: 〜するつもりもさらさらない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 104
have ever been subjected to the least sth: いささかでも、〜を経て来る
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 5
have at least one ...: 〜のひとつやふたつは必ずある
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 218
for the time being at least: とりあえず
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 167
for at least a while: しばらくの間でも
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 304
extract the least sensation of warmth: 暖かさのまねごとを引出す
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 25
every least particle of her sth: あらんかぎりの集中力
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 261
don’t have the least idea ...: 〜かさっぱりわからない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 193
do not shift in the least: ぴくりとも動かない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 90
do not mind in the least: 全然かまわない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 79
do not find sth the least bit remarkable: ちっとも特別なことだとは思っていない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 25
do not do in the least: 〜しようなどという気持ちはさらさらない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 418
can make it at least as far as the living room: 居間までならだいじょうぶ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
can at least be sure that ...: いずれにせよ、〜ことはたしかだ
池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 130
be the least of sb’s worries: 〜はまだよい
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 462
be the least of sb’s concerns: 〜のことなんてどうでもよくなる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 112
be now at least eighty: 八十歳を越えている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 59
be not in the least afraid of men: 男にたいしてなんの羞恥もない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 72
be not in the least ...: 〜どころではない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 385
be disappointing to say the least of it: ごく控え目にいっても(人の)期待を裏切るものだ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 80
be at least thirty: 三十ぐらいは
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 105
at the very least: いずれにしろ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 144
at least be the accepted explanation: いちおう納得のゆく解釈だ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 149
at least until fairly recently: 比較的最近まで
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
at least two dozen Derbys: 二ダース以上のレース
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 265
at least that I saw: 今わかっているかぎりでは
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 293
at least sb doesn’t try to tell one ...: 〜といわないだけまだマシだな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
at least one claims to do: 少なくとも本人は〜と言っている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 150
at least once or twice: 少なくとも一度は
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 54
at least on the surface: 表面だけは
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
at least not until sb do ...: とりあえず、(人が)〜するのを待たなくちゃならない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
at least I’m fairly certain it is: たしかそうだったような気がする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 208
at least for sb’s sake: (人に)かぎって
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 227
at least for now: とりあえず、今のところは
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 446
at least AA and BB were concerned: AAにせよBBにせよ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 136
a couple of times at least: 二度くらいは
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 109
be not the least bit abashed: いっこうに動じるけしきもない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 80
be of least account: とるにたりない存在
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 67
He actually may have headed things off, at least for a while: じつをいうとピートだって、すくなくともしばらくのあいだは、事態がおだやかにおさまる方向へもっていこうとしてたんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 338
the least adventurous: いちばん無難な
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 143
be, at least agonizingly aware of the easy money in the vicinity: 簡単にできる金儲けの口がここに転がってることを、知ることだけは身にしみて知っている
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 58
without the least apparent compunction or repentance: すこしの後悔の色もなく
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 144
At least nobody could complain about my appearance: それはともかく、誰ひとり私の風体に文句をつける者はいなかった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 10
no one in this house has the least appreiciation or interest in cooking: 料理にまるで理解も関心もない一家
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 128
at least ascertain one thing beyond the shadow of a doubt ...: 〜が判ったのが唯一の収穫と言える
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 195
or at least to get sb brought to tried: いや、せめては裁判にかけてほしいものと
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
catch at least a whiff of ...: 少なくとも、〜から、何かを嗅ぎ取る
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 318
there is at least concern: 少なくとも気遣いが存在するものだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 18
demand duration and continuity of relationship, at least of marriage: 少なくとも結婚に関する限り、それが恒久的なものであることを望む
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 75
At least she had not kept the baby out of spite or defiance: とはいうものの、子どもを手もとに残したのは腹いせのためではなかったし、世間を見返してやろうと考えたためでもなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
can’t dislike sb in the least: 少しも(人を)恨むことはない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 38
deny oneself the least diversion: 寸暇も許さない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 203
can not have the least effect on anybody: 何にも害はない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 189
that is, at least the end of that: それでともかくそのことは片づく
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 285
the least exciting ... in the universe: 世界で一番退屈な〜
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 326
What a pity to find yourself exposed by what you least expected: しかし、さぞかし口惜しかっただろうなあ、思いがけないところからぼろを出しちゃってさ・・
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 109
have the least adj. flavor: 少しでも〜の匂いのする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 165
fool no one, least of all oneself: 冗談や遊びでそんなことをいうわけではない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 165
be at least partly genuine: 一理ないわけではない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 341
have gone two weeks at least: 留守にしてから少なくとも二週間はたっている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
at least be able to guess: 当推量でもいい
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 135
But it has at least the saving grace of antiquity to excuse it: でも、とにかく古いというとりえがあるんで面目はあるというものでしょう
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 148
without the least hesitation: 間髪を入れない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 195
without the least idea that ...: 〜つもりは全然なくってね
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 127
without the least idea that ...: 〜のはちっとも気づかない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 135
That had been a solid structure indeed, at least until fairly recently: 事実この販売店は、比較的最近まで家計の堅固な柱となっていたのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
at least owe sb sth: (〜しても)文句はあるまい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 108
the least prolific letter writer: 筆無精
サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 13
like the prospect of that least of all: そういう気分が、なんともやりきれない
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 412
ツイート