× Q 翻訳訳語辞典
myself   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おれ
   
consider a part of myself: おれの片破れと思う 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 99
この目
   
see for myself: この目でつきとめる ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 70

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

see myself out: 勝手においとまする
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 354
now me, myself: しかしおれにいわせればだな
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 223
if I do say so myself: 私が言うのもなんだが
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 86
get myself a deal: 自分で勝手に思いこむ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 222
can be myself completely: 百%存在を許されている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 81
be going to ticket sb myself: この手で切符を切る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
I do not abase myself before women: 女にそんなみっともないまねができるか
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 485
I must admit I’ve surprised even myself: われながら呆れている
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 258
amuse myself with sth: (物に)ひどく興味を覚える
Arriving this afternoon, I steadied myself as ever, for the worst: だから今日の午後、委員会から呼び出しをうけたとき、いつものことながら最悪の事態を覚悟して出頭したのだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 13
that’s what I ask myself: わたしには疑問だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 128
I just defended myself when I was attacked: ふりかかる火の粉をはらったまでだ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 191
I find how I have betrayed myself: われながらばか正直なところを見られたと気づく
but I’m by myself: なにしろ私ひとりなもんで
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 163
I can carry sth by myself: わたし、自分でもちますから
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 60
I’ll take care of this myself: この始末、おれの手でつけてやる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 357
a casual observer like myself: 私のような素人
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 76
I hope that I have made myself clear?: この説明、すっかり頭にはいったかい
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 35
feel at a complete loss what to do with myself: 自分をもてあましている
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 83
not that I am in the least conventional myself: もっとも私にしても礼儀正しい男だというわけでもない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 134
dare me to declare myself: 意思をはっきりしろと迫る
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 70
I am not deluding myself over this: これは幻想ではない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 67
I am flattened to devote myself to your orders: 仰せかしこまってございます。喜んで、そのように取計らいいたしますでございます
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 207
But I distinctly saw the man open the door with a key myself: でも、ぼくは、あの男が自分で鍵を開けているところをはっきり見たんですよ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 48
I found myself walking by a ditch: ぼくはいつの間にか掘りばたを歩いていた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 102
if I do say so myself ...: こういってよければ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
be a great deal too far off to trouble myself about sb: こんなに遠く引離されちゃあ、とても面倒みきれやしない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 25
find myself whispering too: こちらもつい声を押し殺している
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 70
what I fix for myself: 俺の手料理
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 496
They gave me frequent warning to start applying myself: 勉強しろという注意はちょいちょい受けてたんだけどね
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 9
I have to get myself back into shape: 早く体調を整えなきゃ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 268
get myself invited again: もう一度招待されるように仕向ける
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 77
Are you telling me to go to that graveyard by myself: 一人で姨捨山へ行けと仰言るんですね
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 282
I can't handle this hotel all by myself: おれ、このホテルは、ひとりじゃ切りまわせない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 28
"I do not abase myself before women!" the doctor hissed: 「女にそんなみっともないまねができるか」医師は声をうわずらせた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 485
I make myself at home: 気楽にさせてもらっている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 58
just give me an opportunity to prove myself: とにかくぼくにやらせてみてよ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 243
I know how hard it has grown for me to support life in myself: なるほど、これまでこそ生きて行くのが、どんなに苦しいことだったかわかってるがな
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 70
Meanwhile, I haven't had a decent meal myself in forty-eight hours: それをいうなら、こっちだってこの四十八時間、まともな食事は一度もしていないんだぞ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 333
It's my nature to keep myself occupied: 仕事を枝葉から枝葉へ殖やすのは、わしの生れつきの性分じゃ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 34
quite obviously I had done ... myself: 当然、自分の手で〜したものに違いない
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 200
Being rather careless myself Sensei's tidiness often attracted my attention: 無頓着な私には、先生のそういう特色が折々著しく眼に留まった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
don’t put me in ... by myself: 〜でひとりにさせないでえ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 68
After a moment Chieko pulled away and I partially raised myself: やがて千枝子が体を引くと、私も半ば身を起した
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 154
That's what I ask myself sir, but perhaps you people know the answer: わたしには疑問なのですが、あなたがたにはわかるんじゃありませんか
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 128
there is no sense in such a person as myself doing: 私のようなものが〜しては済まない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
Well, I didn't have a positive identification until I saw the body myself: 死体を自分の目で見るまでは、確実な身元確認ができなかった
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 18
promise myself: 自分に言いきかせる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 52
I suppose I should not to be saying this myself but ...: 自分でいうのもなんだが
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 78
I will say this for myself: 自分のためにいっておくと
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
I found myself saying from the back of the gondola: ゴンドラの後部座席から、わたしは思わず声をかけていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 27
I saw it once myself and there isn't more beautiful old festival anywhere: 私も一度拝見したが、あんな美しい古雅なお祭りはない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 21
I defended myself stuffily: 私はもったいぶって自己弁護した
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 124
I want you to myself: お付き合いしてもらう
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 515