× Q 翻訳訳語辞典
going   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いまにも
   
be going to do ...: いまにも〜するんじゃないか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 106

戦況
   
the going is not very good right: 戦況が思わしくない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 55

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the going rate: 相場
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 222
nice going: でかしたぞ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 294
get going: 頼んだぞ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 176
When the going gets tough, the tough get going: 辛いときこそ、実力発揮
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
when the going’s good, I want to do what I can: 出来るときにしとかないとね
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 214
the comings and goings of sb: (人の)ゆきかい
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 212
don’t have much going for one in the way of ...: 〜はあまり得意じゃない
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 158
be going to put up with sb: (人の)ことを我慢せざるをえない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
be going to have ...: 〜がはじまるのか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
be going to get to do ...: 〜しなければ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
aren’t you going to do ...?: 〜する気はないのかね?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
all going to and fro: 道行く人々
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 157
a man of unadvertised goings and comings: ひそかに各地に出没する人間だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 185
What was baseball going to do about it?: それに向かって野球はどう対応すべきなのだろう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 210
how’s the team going to accept sb: チームは受け入れ状態にあるの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 274
Anyone who doesn't know you is not going to be as accommodating: きみを知らない人間だったらそんな簡単には金を貸してくれないよ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 264
everything is going according to plan: 思い通りにことが運んでいる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 85
If you're going to act, you'd better act quickly: 手を打つなら打ったほうがいいだろう
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 64
fully register what is actually going on: 事態を把握する
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 47
be going to be acutely valuable, pretty soon: まもなくたいへんな価値をもつ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 113
be afraid that sb is going to ...: 〜しまいかと気が気でない
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 114
after such a very strong hint that she ought to be going: ここまであからさまに行っちまえと仄めかされた以上
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 123
be going to feel better afterwards: 話してしまえば気が楽になる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 332
think maybe it is going to be again: もういっぺんもとにもどるかな、と思わないでもない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
all those investments going wrong: 投資という投資は片っ端から駄目になる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 35
this is not going well at all: これはただではすみそうにない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 512
have no idea at all what is going on: 事態がどういうことか判らない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 10
be going to be all right: うまくいくぞ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
be going to be all right: 快方に向かっている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 143
be going to be all over there: 〜がうようよやって来る
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 62
have almost never varied the dates of one’s coming and going: 来る日も帰る日も、めったなことで予定を狂わせない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 56
And he was not going to give it up: とはいうものの、ブライアンは秘密を秘密のままにしておくつもりはなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
Anonymity on that particular day was going to be easy: この日は人目につかないようにするのはいとも容易だった
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 264
real answers to real-life situations sb is going to face: 経験にもとづいた生の声
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 164
for sb there is a certain pleasure in the anticipation of what sb is going to see: これから起ると思うと、なんとなく心のときめきをおぼえる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 44
be not going to drink any more coffee: コーヒーはもうやめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
really don’t think anyone is going to rob the bank: 銀行に押し入るような輩もいないような気がするんですけど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
anything to get a confrontation going: ご対面のきっかけさえつかめるなら
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 359
Yes, he's going into business anyway so he can quit graduate school anytime: ええ、どうせ商売するのやさかい、大学院なんて、いつやめても、よろしいんですて・・・
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 181
be going to die anyway: どうせ死ぬ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 119
He's not going to help us anyway,: どっちにしたって役立たずのくせに
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 148
I'm going to have Western District start shaking them down anyway: 一応西署にいって、浮浪者を片っ端から洗わせましょう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 535
be going ape: 気でもふれたように昂奮しはじめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
with the arms talks going on: 軍縮交渉のさなかに
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 386
be not going to stick around: 長くはいない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 397
be just going to lie around and be sinful: ずっと寝っころがってバチあたりな一日を過ごす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
be going to have sb arrested: (人を)しよっぴいてくれと頼む
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 40
things are going to be difficult enough as it is: 事態はただでさえ難しくなってきている
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 99
as far as going higher: 上へいけばいくほど
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
it is going to be sb’s ass: (人が)後悔の臍をかむことになる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 72
But let's just assume it was going up: ただ前後の状況を考えあわせてみて、エレベーターは上昇しているはずだと私が便宜的に決めただけの話である
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
the fucking key keep going astray: キーは入ってくれない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
be not going to make it as a great athlete: すぐれたスポーツ選手になれない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 180
be really going to attack: 本気で攻撃をかける
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 255
be going away: しばらく留守にする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 105
be going badly awry: すっかり外れてしまう
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 31
be going to have a baby: 赤ちゃんができる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 34
are you going to back sb?: (人の)後ろ楯になろうというのか
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 15
there is going to be something bad coming down about ...: ただじゃすみそうにない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 309
I’m going to tell your mother just how bad you behave: そんなお行儀の悪い恰好をして、ママに言いつけますよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 64
be going to bag sb: 〜をしょっぴくときがきた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
this is not one battle sb be going to win: これはとてもかなわない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 151
be going to be a part of baseball history: 野球史の一部を担うことになる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 201
be really going to be in serious trouble: 本当にエライことになる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 103
be not going to move: 行動を起こす意思はない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 76
be going to be a linebacker someday: (人が)そのうちにラインバッカーになる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
be coming and going: しょっちゅう出たり入ったりする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
except on the side of the sun going to bed: もっともお日さまの沈む側だけは別だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 304
be thinking of going to bed: そろそろ眠りに就こう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 279
one’s students before going home: 帰りじたくをはじめた生徒
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
begin going over some of the notes: ノートを、ぽつぽつ見直しはじめる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 334
begin going in to ... every day: 〜へ通うようになる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 129
fear that one’s legs are going to give way beneath one: 自分がその場に坐りこんでしまうのではないかと思う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 211
Besides, she's going to Pontocho next spring: それに、ちいちゃんは来年の春から、先斗町へいかはんのどす
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 209
I’m going to offer you the best deal of your life: 生涯最高の超特価でご奉仕しますよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 170
things are going to get better: 景気がだんだん回復していく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 49
be going to get better: 病気が治る
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 293
be going beyond the beyonds: やっちゃいかんことの最たるもんだ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 355
here was a dead cert going to die on the big name they’d built for him: 奴らが祭り上げた優勝候補は今ここに消え去ろうというのだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 53
be going to get that bitch: あのアマ、痛い目にあわせてやる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
have Rod Stewart going full blast: ロッド・スチュアートをがんがん鳴らす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 290
He boasted he was going to take matters into his own hands: 俺の出方次第でどうにでもなるんだ、と吹いていたらしい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 330
all the top brass is going to be on parade: 軍のお歴々が残らず出席する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 340
I'm not going to have those guys saying we broke the chain of evidence: おれたちが一連の証拠物件を台なしにした、なんて連中にいわせはしないからな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
be going to break down: 精神的に参る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 218
AA would be at liberty to observe BB going about BB’s business: AAにBBの仕事ぶりを見せてやることになる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 22
be going to be murderously busy: 殺人的にあわただしくなる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 206
But western Germany is going to buy whatever has to be bought: それでも西ドイツは、必要なら金を出すだろう
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 130
But it makes me wonder what we're going to find next: それにしても、今度はなにがとび出すことかと思う
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 290
I know, boy--but we're going to fool her: わかってるのよ。でもね、あいつの眼をくらましてやんなきゃならないんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
be going bye-bye: 〜はバイバイ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 255
be going bye-bye: 〜はポシャる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 255
I’m going to have to call ...: 〜に通告するぞ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
you’re going to take care of sb: この人の面倒を見てもらいたい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 546
be going to be very, very careful: 真剣だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 218
Certainly I'm not going to pay your ridiculous fees!: いっとくが、おまえさんたちのばかげた手数料なんざ払わんぞ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 110
be not going to take any chances with ...: 〜を危険にさらしたくない
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 131
be not going to take a chance on anything happening to sb: (人を)危険にさらしたくない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 324
be going to change: そうじゃなくなってく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 217
check on how the construction is going: 工事の進み具合を見にゆく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 82
have one’s cigarette going: 煙草に火をつける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 188
we are just going around in circles: これではいつまでたっても堂々めぐりだ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 431
rub one’s knees to get one’s circulation going: うずく膝を撫でさすって機嫌をとってやる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 566
"With my heart going like a complete steam engine," as he later claimed: 「おれの心臓はまるで蒸気機関のようだった」と、あとで彼は述懐している
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445pause