× Q 翻訳訳語辞典
what   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜のは
   
what surprised one most of all: なによりも(人を)はっとさせたのは クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20

いかに
   
discover what a weakness sb has for ...: 〜に(人が)いかに弱いか、見抜く 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 46
   
what: え? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
What--: え? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
ええ
   
"What?" I exclaimed, letting a fork full of fried noodles drop onto my plate: 「ええ?!」と、私は思わずいったん持ちあげた焼きソーメンのたっぷりからまったフォークを皿の上に投げだしてしまった 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 24
ええっ
   
What?: ええっ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 340
What?: ええっ? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 341
かぎりの
   
offer sb what comfort they can: できるかぎりの慰めを与えようとする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
こと
   
what one suspect: 推測できること クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 103
what one know: 判明していること クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 103
that’s what the word is: そういうことなんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
さすがに〜
   
what an eye one has: さすがに目が高い メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 110
じゃないか
   
Everyone's allowed a bit of leg-sliding these days, what: きょう日だれだって、多少の脱線は許されようじゃないか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 376
そいつあ〜だ
   
what a surprise: そいつあ驚きだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
ところ
   
what sb want: 望むところ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 266
ところは
   
what one’s instincts tell one: (人の)勘がつげるところは クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 184
どう
   
what was it like for sb: (人)にとってはどうだったのだろう? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
what is the situation?: どうでしょう 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 38
what did you make of that?: あれをどう思いました? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
what about ...: 〜ならどうなんだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 126
be not sure what one is going to do: どうするか決めてない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
どういう
   
what does one want sb for: どういう罪状により(人を)引き渡せといってるのか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 285
what brings you here: 今日はまたどういう風の吹きまわし クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 127
どういう事態が
   
what lies in store for you: どういう事態が諸君を待ちうけているか マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 88
どうした
   
so what: それがどうした ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 331
どうする
   
what if ...: 〜ときはどうする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 80
どうだっていうの
   
so what: だからどうだっていうの? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 163
どうなって
   
what’s wrong with sb?: (人は)どうなってしまったのだろう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
どれだけ
   
God knows what else: ほかにもどれだけあることやら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 522
どんな
   
what sb looked like: どんな風体をしていたか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 240
what kinda matter?: どんなことだ? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 190
what happens: どんな目にあったか タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 124
what ... do you need?: どんな〜を用意したらいいですか 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 129
どんなに
   
no matter what awful things you learn: どんなに驚くようなことをきかされても クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 171
なかなか〜ね
   
What a lovely place: なかなか素敵なお店ね 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 53
なぜ
   
what had ever made one think that ...: なぜ自分は〜などとかりそめにも思ったりしたのだろう? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 303
なに
   
wonder what sb is up to: いまからなにをしにいこうというのか、ただいぶかるばかりだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 147
before one realizes what is happening: なにがなにやらわからないうちに レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 68
なにか
   
what do I get if ...: 〜したら、なにかもらえるわけ? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 54
なんて
   
what kind of name is that?: なんて名前なんだ、これは トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 211
what a helpful fellow sb is: なんて親切なんだろう、この(人) クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
なんてこった
   
What!: なんてこった! タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 116
なんの
   
what have we gained?: いったいわれわれに、なんの利益があったでしょう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 124
なんのこと
   
what do you mean?: なんのことです クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 310
   
what: は? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
はん
   
What?: はん? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 124
へええ?
   
What?: へへえ? 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 200
まさにそう
   
it is what I would have done if I had done ...: もしわたしが〜なら、まさにそうしただろう フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 27
まったく
   
what a shitty day: まったくいやな日だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 249

イメージ
   
what one thinks of as America: (人が)アメリカとして考えるイメージ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153

  
   
what happened?: 何でまた 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 27
what do you want for breakfast?: 朝食は何にする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 47
what did sb do supposedly: (人が)何をしたというんだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 111
what’s what: 何がどうなんだ? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 259
what’s up?: 何があったのか? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 190
what’s this: 何ですか、これ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
何か
   
what: 何か用でも? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 186
a friend of sb or what: (人の)知り合いか何か カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 149
何だ
   
now what: 今度は何だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 231
何だい
   
what is A except B: AなんてBでなくて何だい ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 30
何とまあ
   
what a ...!: 何とまあ〜 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 142
何の話
   
what did he want?: 何の話だったんだ? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
何事
   
I wonder what this was all about: 何事があったんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 186
仕事
   
one know exactly what one is doing: 心得た者の仕事だな クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 559
事実
   
what sb have learned: 〜が入手した事実 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 59
取るに足らない
   
what were a extra people compared to ... ?: 〜なら多少の混雑など、取るに足らないではないか メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 205
出来事
   
what is taking place onstage: 舞台で起こっている出来事 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 165
所以
   
discover just what it was that made the Japanese what they are: 日本人の日本人たる所以を明らかにする 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 5
全く〜だ
   
What a great man: まったく大した人物だ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 274
代物
   
what sb confidingly calls AA: 気のおけぬ相手にはAAと呼ぶ代物 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 36
Tweet