× Q 翻訳訳語辞典
character   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
顔つき
   
downtown Portland changes its character: ダウンタウンは顔つきをがらりと変える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 197
気性
   
a lady of such obvious strength of character: この気性 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 166
局面
   
alter the whole character of the Russian war: ソ連戦線の全局面を変える マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 89
   
the printed characters that sb’s eyes see: (人の)眼の中に入る活字 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 178
the characters seem blurred: 字がかすんでよく見えない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 114
字画
   
the characters so neatly written along the ruled lines: 几帳面に枠の中にはめられた字画 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
   
show the innocent and childish side to one’s character: 極めて淡白な小供らしい心を見せる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 63
人格
   
character disorder: 人格異常 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
a mark of character: 人格のあらわれ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
人間
   
draw characters: 人間を描く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 146
be worthless characters: 詰まらん人間だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
人柄
   
out of character: 人柄にそぐわない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 47
性格
   
with that fatal flaw in one’s character: あの性格がわざわいして デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 416
quality of one’s character: 性格のよさ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 305
in line with sb’s character: その性格を考えあわせると トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
have too much character: そういうことのできる性格じゃない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 268
assay one’s character: 性格を分析する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
正体
   
find sb an enigmatic character: (人の)正体は依然として謎に包まれている アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 122
存在感
   
a voice with character: 存在感のある声 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 256
   
a character for sb: (人)向きの男 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 34
品格
   
our characters are safe here: ここにいるかぎり、わしらの品格が傷つく恐れはない デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 7
   
out of character: 柄ではない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 340
   
be of great character: 多少、癖のある メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 226
名物
   
<例文なし> ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 94
連中
   
characters like sb: こういう連中 ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 174

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the basis of sb’s character: 根
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 68
strength of character: 芯の強さ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 100
sb’s real character: (人の)人間的魅力
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 241
one’s characters: 作中人物
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 11
one’s character: 風貌
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 225
a man of character: 人格者
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 97
a character reference: 素行調査
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 279
wonder if there aren’t something of ... in one’s character: どうもいささか〜の気があるな、と自問する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 106
with a rapidity of transition very foreign to sb’s usual character: いつもの(人)とは似ても似つかぬ気の変りかたを見せて
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 50
what a ... this character is: まったく〜みたいな野郎だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
the whole character of ... changes: 〜がなにもかもがらりと変わる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 383
the elaborate character of the frame has made the picture extremely bulky: 額縁が凝っているために、絵がひどくかさばる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 181
take on quite a lot of character: 風格がある
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 39
seem to have a somewhat difficult streak to one’s character: ちょっと気むずかしそうだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 114
sb character on ...: (人が)演じる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
sb’s sterling character for the truth: 真実を尊ぶ正義感
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 102
sb’s face is full of character: 一癖ある面がまえだ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 110
sb’s character and appearance: (人の)人となり
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 21
reflect upon one’s own character: わが身をふりかえる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 223
make sb quite a recognized character in ...: (場所)でもちょっと顔の売れた男になる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 197
look like well-bred ladies of firm character and strong religious conviction: 品がよく、しかも気丈に、かたい信仰をもっているらしい婦人たちだ
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 92
essentially bachelor in character: 気持ちは独身のまま
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 181
be written in a curious formal hand with large characters: すべて大文字で書かれた妙にあらたまった印象の筆跡で
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 42
be out of character: (人)らしくもない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 171
be much too tough and awkward a character for sb to take on: 強く手ごわそうだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 454
be a real character: ちょつとおもしろい奴だ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 30
an utterly fantastic character: だんぜんけたはずれの男
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 30
act clean out of character: まるで(その人)らしからぬ行動をする
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77
a woman of strong character: 意志の強い婦人
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 55
a man of character: しっかりした人物
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 140
a local character by the name of Jimmy Rose: ジミー・ローズという名の名物爺さん
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 73
His teammates admired Keller's strength of character: チームメイトたちはケラーの芯の強さに一目おいていた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 100
affectionate character: 温情的性格
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 304
sb’s favorite character of all time: 昔からすきだった(人)
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 128
assess sb’s character: 性格を読む
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 101
be of bad character: 人物がいかがわしい
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 342
a character based on Dean Rusk: ディーン・ラスクをモデルにした人物
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 71
This subtle kind of bashfulness gave a special character to their marriage: この種の羞恥こそかれら夫婦の特質をなすものだった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 323
have a nose for brilliance and character: 才気と人物に確かな鑑識眼をもっている
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 184
consider the character of sb: (人の)人格をよく読む
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 188
depend on character: 人格がものを言う
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 188
sb’s character is developed: (人の)性格ができあがる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 344
have developed one’s character: 人格ができ上がった
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 121
seem to be tagged as a dissolute character: 札つきの不良らしい
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 97
be drawn with a clever economy of line capturing pose and character: 簡潔な線で顔の輪郭や性格を見事に捕らえている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 239
an estimate of one’s character: 人物評
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 19
extraordinary character: 一風かわった性格
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 79
fictional character: 作中人物
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 85
the flaws in one’s character: アラ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 33
fragile character: 傷つきやすい性格
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 66
be a splendid judge of character: 人物を見させたら右に出る者はいない
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 184
mercilessly nail a person’s character: 他人の辛辣な批評をする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 135
a character who personified that tendency: このような傾向を地で行く人物
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 82
player-character:俳優にして作中人物なる人間
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 59
anyone who puts on those ponderous airs of a man of character: 人格者みたいにもったいぶってるひと
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 97
the same qualities of character: ほかならぬこの性格
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 86
reveal qualities of one’s character: 自分の内実をかいま見せる
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 193
Mark Simm's estimate of his character still rankled rather: マーク・シムズが彼の性格について下した評価がまだ心にわだかまっている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 143
really naturally a character resembling sb is fused: いかにも自然に(人)らしい性格がにじみ出ている
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 17
reeking of the shady character: うさん臭い日陰者の気配
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 116
one’s character is in high repute: (人の)人格上の評判はまことに高い
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 383
rocklike character: 巌のように一徹な性格
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
show weakness of character: 性格的弱さのあらわれ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 358
a tough, stubborn character: 強情で負けず嫌い
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 14
the energy of sb’s character succumbs: 生来の気力も挫ける
throw the aging character actor: 老性格俳優はまごつく
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 72
ツイート