× Q 翻訳訳語辞典
utterly   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜しきった
   
utterly exhausted: 疲労しきった 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 120

あきらかに
   
a voice which is utterly furious: あきらかに怒りを含んだ声 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
あまり
   
caught utterly by surprise: 驚愕のあまり アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 149
いかにも
   
the sounds are utterly feminine: いかにも女らしい声だ 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 170
かけらも
   
utterly without humor or irony: 〜にユーモアや皮肉がかけらもない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 34
be utterly empty of guile: 策略のかけらもない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 297
だんぜん
   
an utterly fantastic character: だんぜんけたはずれの男 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 30
つくづく
   
feel utterly lost: つくづく、落ちぶれたと思う 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 32
つぐづく
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 353
とうてい
   
a degree utterly unbearable: とうていがまんのならない段階 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 167
とおす
   
be utterly unwilling to part with sth: (〜を)採らせることを拒みとおす アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 10
どうしても、もう、とても
   
as if it were utterly impossible to go on living: どうしても、もう、とても、生きておられないような 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 56
どうしようもなく
   
an utterly helpless feeling: どうしようもなく絶望的な気分 バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 243
どんなに
   
be confident that one look utterly bewildered: 自分がどんなに呆然自失して見えるかという自信がある 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
はたと
   
the wind dies utterly: 風ははたと絶える スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 70
はなから
   
lie simply because the concept of telling the truth is utterly alien to sb: ほんとうのことを話すという意識など初手からなくて嘘をつく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 194
ひどく
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 187
みじんも
   
how utterly devoid of ... sb really is: 実にみじんも〜というものがないのです 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 39

極度の
   
the utterly self-impressed: 極度の自信家 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
隈なく
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 159
根こそぎ
   
be utterly crushed: 根こそぎ抹殺される 辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 76
情けないほど
   
be utterly fucking helpless: 情けないほど無力だ バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 106
心から
   
be utterly delighted with ...: 〜を心からよろこんだ アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 198
心底
   
ask in an utterly puzzled tone: 心底困惑した口ぶりで訊く ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 14
真向から
   
be utterly opposed to ...: 〜に真向から反対する 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 15
絶対に
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 292
全く
   
it amazes me how utterly different things can look: すごい、全く、違って見えるなんて 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 166

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

utterly utilitarian: 実用一点ばりの
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 253
utterly crazy: 正気の沙汰とは思えないような心の動き
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
repeat utterly mystified: なんのことかさっぱりという顔できき返す
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 35
fascinate sb utterly: (人を)魅し去る
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 15
be utterly routed: 追いまくられる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 89
be utterly invulnerable: 何物にも揺るがぬ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
be utterly destroyed: こなごなになる
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 92
be utterly crushed: 打ちひしがれる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 119
be utterly astonished: 寝耳に水だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 395
what sb feel is simpler, an emotion whose hue is utterly primary: (人が)おぼえる感情とは、もっと単純な、原始の叫びにつきうごかされるものだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
utterly raw energy of the streets: なにかめったやたらと荒々しいエネルギーに満ちた雑踏
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 59
utterly different from ...: 〜とは似ても似つかない
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 55
there is something sb have utterly failed to do: 何かをせずにしまった
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 35
lie there utterly quiescent: 身動きひとつしない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 248
laugh until one is utterly exhausted: くつくつと飽きるまで笑う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 248
everything is most sincerely awesome and utterly radical: どこをどう叩いてみても、青信号はこわくなるほどならんでいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
but for some utterly inexplicable reason: まったくもって場違いながらも
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 19
be utterly unimpressed with sth: (物事には)何の関心も示さない
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 77
be utterly unable to account for sth: (物事に)ついてひと言の申しひらきもできない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 17
be utterly in control of sb: (人を)自分の思うようにできる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 343
be locked and utterly without give: 鍵がかかっており、びくともしない
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 55
be entirely and utterly monogamous: 一夫一婦主義をかたくなに守り通している
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 89
breeze have now utterly failed: いまは風がまったく止んでいる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 110
leave those experience utterly to chance: まったくの運まかせにする危険をおかしている
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 54
utterly concentrated: 一心不乱に
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 124
feel utterly depressed: がっくりと肩を落とす
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 226
She had a way with facts which could be utterly disarming: 彼女はまったく無防備ともとれるやり方で事実を扱う
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 292
one’s desire to do utterly dissipates: 〜しようとする意欲がすっかり消える
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 57
Emotion, gravity, earnestness--these were utterly alien to the Kapok Kid: 感動、沈痛、真剣--これらはカポック・キッドには、まったく無縁のものだったのだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 445
feel so utterly forlorn: とても心細くたよりない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 92
leave those experience utterly to chance at one’s peril: まったくの運まかせにする危険をおかしている
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 54
be utterly lost: まったく途方にくれている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
utterly oblivious of sb: (人の)存在をまったく無視している
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 79
utterly shocked, I ...: すっかり度を失った私は
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 21
It was an utterly natural, unobtrusive slimming: 彼女のやせ方はとても自然でもの静かに見えた
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 37
all vitality gone, utterly exhausted: 精も根も涸れ果てた、疲労しきった
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 120
be utterly whipped: ヘタばった
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 44
ツイート