× Q 翻訳訳語辞典
name   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜という名の
   
there is a living breathing human named ...: 〜という名の男が実在している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 119
〜と呼ぶ
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 295
〜を口にする
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 402

なまえ
   
dotted lines reserved for names and address: 名前と住所を書くための点線を引いた空欄 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207

ネーム
   
cover name: コードネーム クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388

決め手
   
name of the game: 勝負の決め手 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 74
件名
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 133
言う
   
name ...: 〜を言ってみなよ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 63
言葉
   
call sb the foulest names one can muster: 習い覚えた思い切り汚い言葉で(人を)罵る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 194
call sb a few choice names: いくつかの不適切な言葉で(人を)罵る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 221
呼び名
   
name for what sb do: (人の)仕事の呼び名 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
a name that sticks, that fits, that convinces: 理にかない、ぴたりとはまった納得させられる呼び名 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 97
呼ぶ
   
nothing you could really name: どう呼ぶべきかわからない何か トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
固有名詞
   
gravely noted down each name she mentioned: ポリーが固有名詞をもちだすたびその名前を重々しくノートにかきとめていた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 62
口でいいあわらす
   
be not too large to name: 口でいいあらわせないほど大きくはない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
識別する
   
name what one is seeing: いま目にしているものを識別する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 107
   
come out with a good name: まっとうな身で社会に戻る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 391
題名
   
the name of the book: 本の題名 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 38
be not named: 題名がない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 121
定義する
   
sth hard to name: 定義しがたい〜 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 257
吐く
   
give sb the name of ...: 〜ってえ名前を吐く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
表現
   
the names one throw at sb: (人が)(人を)あざける表現 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 261
表札
   
The name was below the peephole: 表札は、覗き穴の下についていた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 357
評判
   
get something of a name for one’s prowess with young woman: 女に対する凄腕として評判をとる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 249
本名
   
sb’s name: 本名 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 20
   
use sb’s name: (人の)名を騙る 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 124
the peculiarity of the name: その名の奇妙なひびき トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
shout sb’s name out: 必死に(人の)名を呼ぶ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 128
say sb’s name: (人の)名を呼ぶ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 150
say one’s name: 名を名乗る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 338
refer to sb by name: (人の)名を出す ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 463
more sth than you can name: 〜と名のつくことすべて フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 73
match the name with a guy who ...: (〜された)男の名であることに気づく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 338
in the name of sth: 〜の名のもと デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 306
in the name of justice: 正義の名のもとに 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 32
in the name of decency: 品性の名において スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
in name only: 名ばかりで 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 164
heard one’s name mentioned: (人の)名を呼ぶ声が聞こえた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 229
have the same name: 同一の名を冠せられる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
give one’s name: 〜と名乗る ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 20
give one’s name: 名を名のる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
give a false name: 偽名を使用する ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 20
do under one of sb’s names: 偽名のひとつを使って〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 134
check the man’s name against a list one have brought along: 捕虜の名を持参のリストで照合する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 17
call one’s name out deliriously: うわごとのように(人の)名を叫ぶ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
bend down again to read off the name: もう一度かがんで認識票の名を読みとる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 17
be replete with the names of martyrs: 〜には殉教者の名がおびただしい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 408
be about to use sb’s name: 相手の名を口にしかける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 203
名づける
   
name sb for ...: 〜にちなんで名づける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 30
名義
   
in the name of sb: (人の)名義まで借りて トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
名札
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
名指しで非難する
   
be personally named: 名指しで非難される トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
名乗り
   
place one’s name in the hat: 名乗りを上げる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 480
名乗る
   
any bookstore worth the name: いやしくも古本屋を名乗る者なら ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 120
名声
   
cash in on sb’s name: (人の)名声にすがる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 331
名前
   
without referring to sb by name: (人の)名前は出さず プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 335
where the name comes from: 名前の由来 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
whatever sb’s name is: 名前は何でもいいが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 329
the name is country-horrible: どうしようもなく田舎くさい名前 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
the dumbest name for a horse: こんなばかばかしい馬の名前 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
tell sb one will take the name: 〜の名前を教えてくれと頼む トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
take the names: 名前を読む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 285
take names: 名前を控える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 305
such an exotic variety of name: かくもヴァラエティに富むエキゾチックな名前 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 293
share bossy’s name: 牛と同じ名前を持つ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 57
sb whose name one will never know: 名前を知る手だてもない(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
sb ever mention anyone named ...?: 〜って名前、(人から)聞いたことは? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
recognize sb--if not by sight, by name: (人の)ことを顔は知らないかもしれないが名前は知っている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 230
preserve the family’s name: 一家の名前に傷がつなかないようにする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 215
patiently list all these names: その名前を丹念にリストアップする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 229
offer a couple of names for reference: こちらに問い合わせてみて下さいと言ってふたつばかり名前をあげる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 285
name sb ... in the honor of ...: 〜の名前を取って(人の)名前を〜にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 141
mouth sb’s name: (人の)名前を口にする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 311
make a name for oneself: せっせと名前を売る グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 21
live up to one’s name: 名前に恥じない生き方をする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 50
leave one’s name and address: 自分の名前と住所をいう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
keep sb’s name out of it: (人の)名前を出さない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 195
I mustn’t tell you her real name: ほんとの名前は教えるわけにいかないんだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 181
have to give up sb’s name: (人の)名前を出さないわけにはいかない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 310
have super name: 名前だけは大層なものだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 392
greet sb by name: 名前を呼びかけて挨拶する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
give sb a name: 名前を教える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
give sb a doctor’s name: 専門医の名前を教える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
give A B’s name: AにBの名前を教える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
get the same names inside out: おなじ名前を逆さにして名のってる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
do not have sb’s name: (人の)名前もわからない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
come up with the particular name for sb: (人の)ために妙な名前を選ぶ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 140
be hasty with sb’s name: 性急に(人の)名前を出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
be familiar with sb’s name: 〜という名前に心あたりがある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 18
as one’s name suggests: その名前から察しがつくように 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 105
address sb by name: 名前で呼びかける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
a rather interesting name: なかなかおもしろい名前だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
a pretty good name: なかなかいい名前 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 272
... is one’s name: 名前は〜と言う フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 137
名前をつける
   
name sb for Mommy: お母さんの名前をもらってつける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 50
名前を出す
   
name sb as the inventor: 発明者として(人の)名前を出す カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 29
名誉
   
clear sb’s name: (人の)名誉を挽回する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 49
blacken sb’s name: (人の)名誉を傷つける ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 227
命名
   
do sb the service of naming: 命名式までおこなう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 123
用語
   
forbidding name: いかめしい用語 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 14

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you name it: その他もろもろ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 73
you name it: なんでも好きなもの
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 75
you name it: 日常茶飯事だ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 174
the name of the sore or business one connected with: 屋号
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 58
the formal name: 学名
real name: 本名
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 261
pet name: 愛称
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
named ...: 〜なる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 44
name me a price: 呼び値
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
Mamma’s family name: ママの実家の姓
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 348
last name unknown: ラスト・ネーム・アンノウン(姓は不明)
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
in the name of your God: 頼むから
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 239
in God’s name: いったい全体
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 159
in another name: 偽名で
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 76
give one’s name: 名前を名乗る
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 142
false name: 変名
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 313
change one’s name: 改名する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 264
call sb names: (人)への悪態をわめきたてる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 298
call sb names: (人を)口汚く罵る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 459
call sb’s names: (人を)罵る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 390
be named after: 〜の名を冠する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 29
AA whatever-her-name-was: AAなんとかさん
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 83
will not tell you momma’s first name when it comes to ...: 〜についちゃあ(人は)口が腐ってもいおうとはせん
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
what in the name of the devil!: どうしたんだ!
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 219
what in the name of God’s the use of being so tight?: 何でそんなにケチなのよ?
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 56
What in Christ’s name are you doing?: 何してんだい
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 87
use one’s actual factual name: 本名を名のる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
truth’s my middle name: 正直が取柄なんだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 220
those are the name thrown out: 噂されていた連中だよ
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 35
the name of the game is ...: 重要なのは〜ことです
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 40
the name of sth for you is ...: (物)というものは、おまえの〜なのだぞ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 27
the name is no doubt familiar to sb: うわさは(人も)もちろん聞いているだろう
the name is no doubt familiar to sb: 噂は、もちろん(人も)聞き知っているであろう
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 20
the guy who won is named ...: 腕前を見せたのは〜だ
that’s the name of the game: こうなるしかない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 172
some providence one cannot name: どういう恵みによってか
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 134
seem ready to call sb names and even to strike sb: 罵声を浴びせて、打擲の一つも加えたげだ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 46
sb’s name seems to crop up everywhere: (人の)ことがあちこちで評判になっている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 466
ruin sb’s good name: (人の)信用は失われる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 213
proceed to call sb terrible names: (人を)ここぞとばかりに口汚く罵る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 314
only in name for it: 名ばかりの
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 154
one of the most famous names in ... world: 〜業界では何本かの指にはいる著名人
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
nod rather than use sb’s name: 黙って(人に)会釈する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
name sb ... after ...: (人に)〜と同じ名前をつける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 291
my name is AA: AAと申します
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 120
my name is ...: 〜と呼んでくれ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 226
mention one’s name with highest praise: (人に)惜しみない称讃を送っている
make name for oneself: 著名になる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
longing one can give no name or object to: わけのない懐かしさ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 173
live under another name: 偽名を使って暮らす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 429
listen who’s naming it: あなたの口からそんな言葉をきくとはね
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 295
in the name of ...: 〜に名を借りて
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 124
I don’t know what in God’s name is going on: まったくいったい全体何がどうなってるんだい
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 159
huge file of names and faces: 厖大な写真入り人名録
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
how in the name of the great Sardanapalus: 一体全体、どうして
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 260
how in God’s name are the two of them suppose to ...: おいおい、たったふたりで〜するつもりなのか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
how in God’s name: 一体全体どうやって
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 530
have a name to carve: 築きあげねばならない名声がある
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 51
hang a few names on sb: (人に)向かっていくつか悪態をつく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 253
give ... a bad name: 〜の名折れです
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 196
finally give sth a name: 〜にはっきり命名する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 70
feel embarrassed in the presence of something she can’t name something unaccountably sacred: 何かは知れぬ神聖なものに対する得体のしれないきまり悪さが生れる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 144
draw anything you ask, just name it: 注文を出せばどんなものでも描いてくれる
claim parental naming rights: 名付け親になる権利をもっている、と主張する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 186
change one’s name to ... as a tribute to sb: (人に)因んで〜と改名する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 116
can use a few names: ちょっとコネがある
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 254
call sb the worst names: (人の)ことを汚い言葉で罵る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 109
call sb savage names: (人を)ののしる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 361
call sb every foul name one can think of: (人に)思いつくかぎりの悪態をぶつける
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 13
call sb a rude name: (人の)悪口をいう
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 37
be named after sb: (人の)名が冠せられている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
ask sb by name: (人を)名指しで呼ぶ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 279
a wife in name only: 肉体的に夫の妻を失格した
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 225
a man whose name sb do not know: 見ず知らずの男
a magazine named after ...: 〜の名を冠した雑誌
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 150
A is the formal name of B: Bは学名をAと言う
a creature for which there may be no name: なんとも名づけようのない生き物
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
a bargain be struck in the name of ...: 話し合い、〜を試みることで歩み寄る
I suppose his name actually constitutes a melody, then: すると彼の名前はちゃんと旋律になるわけか
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 95
address sb by sb’s name: 名まえを呼びかけてくる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 149
address each other by name: 名前で呼び合う
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 201
adopt a name: 名前を使いはじめる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 15
villainous cab driver with the all-consonant last name: いかにもそれらしいラストネームをもった悪党のタクシー運転手
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 25
"My name is Sedgwick," he announced in a donnish voice: 「セジウィックと申します」と、彼はきちょうめんに名乗った
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 120
another name: 別名
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 478
a company whose name anyone would recognize: 世間の人がみな名前を知っている一流会社
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 168
as the name implies:その名のとおり
辞遊人辞書
the tests are barely under way and already there is a name: 検査が始ってもいないうちから、すでに名がついている
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 141
bear sb’s name: (人の)名前が記された
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 13
be still hesitating for the name of a town beginning with H: ウのつく町の名を思いだそうとあせっている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 127
Belatedly I recognized her name: 遅ればせながら、私はその名前に思い当たった
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 137
the name does not ring a bell: そんな名に覚えはない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 414
bellow one’s name: (人の)名を大声で呼ぶ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
here was a dead cert going to die on the big name they’d built for him: 奴らが祭り上げた優勝候補は今ここに消え去ろうというのだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 53
I blanked and couldn't remember her name: 私は虚をつかれて、彼女の名前を思い出すことができなかった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 20
bookish name: ちょっと凝った読み方をする名前
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 87
bore sb’s name: (人の)名前がある
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 49
The boy looked uncomfortable, but he called the cashier's name: 青年はとまどっていたが、主任の名前を呼んだ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 87
brand-name:商標登録された
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
bring up the name: (人の)名をもちだす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
the name brings immediate recall: その名前が(人の)心にすばやく作用して記憶をよみがへらせる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 125
have missed the chance to say one’s name: 自分の名を言いそびれてしまう
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 136
a local character by the name of Jimmy Rose: ジミー・ローズという名の名物爺さん
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 73
rack up Infomode charges in another name: インフォモードを偽名で呼び出す
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 76
numerous legends cluster about her name: あの婦人の名にはおびただしい伝説がまつわりついている
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 141
common enough name: ありふれた名前
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 221
nod condescendingly at the mention of one’s name: 自分の名前が口にされると慇懃にうなずいてみせる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 227
His name suddenly became a contender in the wrong category!: 王貞治の名前は急転直下、もうひとつの分野で王座を争うものになってしまった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 169
The name had attached itself to him curiously: ひょんなことからそう呼ばれるようになった
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 87
decorate one’s name: 快くサインしてやる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 117
"What in the name of God's the use of being so tight?" she demanded: 「何でそんなにケチなのよ?」女はいいつのった
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 56
be dignified under the name of ...: 〜とえらそうな名称で呼ばれる
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 7
disguise oneself under sb’s name: (人の)名前をかたる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 50
Not to mention dog tags and the name on her uniform: 認識票と軍服に名前があるだろう
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 18
let sb’s name drop: 不用意に(人の)名前を口にする
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 174
Reading Cherry's name hurt and now caused a curious embarrassment as well: チェリーの名前を見ると胸が痛み、妙なとまどいもおぼえた
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 398
the phenomenon was given a more euphemistic name: この症状にもっと遠まわしな病名が与えられていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 52
everybody suggest a name: めいめい一つずつ名前を出す
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 150
exclaim, trying to place the name: その名前の意味を考えながら、大声をあげる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 15
flatter by the name of sth: (物と)称する
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 116
ツイート