× Q 翻訳訳語辞典
woman   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おかみさん
   
a woman in her fifties: 五十年配のおかみさん 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 212
おばさん
   
a fat woman: デブのおばさん トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 94
お嬢さん
   
young woman: 若いお嬢さん ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 267
かあちゃん
   
sb’s woman: (人の)かあちゃん カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 196

異性
   
seek the love in a woman: 異性と抱き合う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
乙女
   
a woman both good and pure: 心正しく純潔な乙女 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 113
   
have to take on one the cares of woman at once: 同時に家の仕事もやってゆかなくてはならない E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 55
   
be married to XX women: XX人の妻を持つ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 261
細君
   
It appears that women usually outlive their husbands: 大抵世間じゃ旦那が先で、細君が後へ残るのが当たり前のようになっているね 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 90
   
women of every caste: 女という女 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
woman past forty: 四十過ぎの女 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
woman of the world: 世間を知っている女 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
this simple, somehow stolid woman: この単純な、むしろ無神経な女 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 116
the milling crowd of men and women: 男や女で、芋を洗うみたいにごったがえす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 78
the famous, beautiful, unhappy woman: この不幸な、非常に有名な、美しい女 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 117
that bad, bad woman: あんなにいやないやな女 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
tales of women: 女の話 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17
small woman with pale complexions: 骨の細い色白の女 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
possess a woman: 女をわがものにする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
one of the better compliments a man can give a woman: 男が女に返す何よりの賛辞 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 496
not a woman who cries out easily or often: めったなことで声をあげるような女ではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
married woman: 亭主持ちの女 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 429
live with a woman who ...: 〜するような女と一所になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 223
like all woman one is inclined to do: 女だけに〜する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 103
know how to get on a woman’s good side: 女のあしらいがうまい 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 206
it is that evil, evil woman: 不幸を配達するあの性悪女 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
I really don’t like seeing sb push women around: 女をいじめるなんて、見ていて我慢ができない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
I do not abase myself before women: 女にそんなみっともないまねができるか クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 485
how women think: 女の心理 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 385
have skill with women: 女扱いがうまい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 303
have many women: 女がたくさんいる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 150
have a thing for women: (人は)なかなかの女たらしだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
go around injuring women: 女を苛む クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 5
get something of a name for one’s prowess with young woman: 女に対する凄腕として評判をとる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 249
even the haughtiest woman: どんな矜り高い女にも 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
doubt a woman would understand: 女にはわからないと思う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 39
bubbling of a woman: 女の譫言 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 36
be seeing three women: 女が三人もいる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
be not so warm as a woman is: 女のぬくもりはない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 414
be amazed to hear a woman make such a good sense: 女のこんな理路整然たる話しぶりに驚く 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
a woman with expensive tastes: 金のかかる女 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 46
a woman who has taken his fancy: 男が心を寄せた女 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 136
a woman soon to leave one’s life behind: もうすぐこの世に別れを告げる女 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 16
a woman in a man’s world: 男の世界にまぎれこんだ女 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
a bitter and ravaged woman: 見る影もなく打ちのめされ絞りとられたひとりの女 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 24
女の
   
typical, a woman whining: 女の洩らしがちな託ちごと 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 74
女の子
   
Specifically, you and J and this woman you don't know: 具体的に言うと、君とジェイと、君の知らない一人の女の子だ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 132
be with a different woman every night: 毎晩のように違う女の子と寝る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
a young blond woman named ...: 〜という名前のブロンドの女の子 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 407
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 150
女の人
   
there’s another woman: 彼、つきあってる女の人、いるらしいの 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 49
女の腹
   
climb off a woman: 女の腹からおりる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 432
女らしさ
   
be the consummate woman: 女らしさの極地にいる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 39
女客
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 66
女人
   
a tall beautiful woman: 丈高き美しい女人 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 40
女性
   
the woman behind the counter: レジにいた女性 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
the affinity of women for each other: 女性同士の連帯の輪 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
have a hard time going without a woman’s intimacy: 女性との深い関係なしで長い期間暮らすのは、(人)には辛いことだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 393
entire race of women: 全女性族 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
an untrained woman with several children: 何人も子供を抱えた職業訓練を受けていない女性 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 360
a woman of mixed parentage: 混血の女性 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 10
a superior woman: 非凡の女性 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 104
女性客
   
enjoy the looks of a few unattached women: 連れのない女性客の視線が向けられる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 411
少女
   
the incident with the underage woman: 法定年齢に達しない少女との事件 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
   
be not always a hopeful woman: (人は)希望とは縁の薄い人だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
a woman of some understanding: 心得のある人 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 171
婦人
   
one simple woman: 慎しい一人の婦人 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 264
married woman: 既婚婦人 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 247
a nice but strange old woman: 悪い人ではないみたいだが風変わりな老婦人 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 109
婦人物
   
a woman’s nylon stocking: 婦人物のストッキング ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 251
   
that much younger woman: あの若い娘 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 114
a woman of significant standing: 名家の娘 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 225

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

young woman: 女の子
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 261
young Mormon women: モルモン教徒の娘
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 99
the young woman: 娘
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 414
old woman: ばあさん
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 163
old woman: 婆さん
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 125
old woman: 老婆
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 321
middle-aged woman: おばさん
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 231
men and women: 人間
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 261
handsome woman: 美人
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 161
beautiful woman: べっぴんさん
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 193
you’re being an old woman: あまりうるさいことをいうな
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 146
the woman running the shop: おかみさん
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 96
the chances are that sb will feel like a new woman: もしかしたら別人に生まれ変わっているかもしれないし
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
prattle like an old woman: おばあさんにみたいにつまらない話をする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 528
one’s imaginary men and women: 架空の人々
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 98
live off some woman: ヒモ同然の暮しをする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 206
it’s not easy to find a woman who is willing to be a sailor’s wife: 船乗りのところなんか、なかなか来手がないですよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 38
it’s more of a woman thing: 男にはわからない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 294
I don’t know what it is I do to women: ぼくはどうして女にもてないのかな
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 159
house of a single woman: 一人暮らしの小さい家
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 40
be regarded in one’s town as an unusually attractive woman: 田舎町には珍しいほどの色っぽい美人だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 66
as on the men and women who cultivate it: そこに働いている農民たち同様
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 202
an older woman one’d lusted after: 思春期に性欲を覚えた年上の人
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
an affair with a married woman: 人妻との恋愛
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 30
a slender, refined woman of considerable beauty: 細おもてのなかなか洗練された美人
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 91
woman’s work: 女には女の仕事がある
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 235
a woman about one’s own age: 自分と年齢があまり違わない女性
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 364
accidentally trample on the foot of a young woman: うっかり少女の運動靴を踏む
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 32
Actually, it was a woman: ちなみにあの晩の衛兵は女性でした
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 315
a woman no longer afraid of what people say behind her back: 誰にもうしろ指をさされない場所を獲得した女
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 132
be the neatest woman alive: (人)くらいきれい好きの人っていない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 69
be seen alone with a woman: ふたりきりでいるところを人に見られる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 133
a man always finds it hard to realize that he may have finally lost a woman’s love: 男というものは、女から愛想をつかされることはないといい気になっているものだ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 158
make amorous overtures to every woman on the estate: ここに仕えている女たちを片っぱしからせっせと口説いて回る
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 58
an ancestral woman: 大昔の女性
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 88
a drab woman seen from any angle: どう見てもさえない女
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 77
angular, hard-faced woman: 怖い顔の骨張った女
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 110
get oneself another woman: ほかに女ができた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 196
companion of another woman: 新しい女性の相手
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
is there another woman in the world like sb: この世に(人の)ような女性がふたりといるだろうか
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 51
to have a young woman’s face appear at a window: 若い娘の顔が窓からぬっと現われ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 258
a woman of around forty: 40前後の女
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 112
that attractive, vibrant woman: あのきびきびした生気あふれる女性
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 398
attractive, sparkling woman: 美しく、溌剌としている(人)
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 17
found the woman overwhelmingly attractive: 唖然とするほどいい女だった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 217
an average-looking woman: 取りたてて美人というわけでもなかった女性
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 56
babbling of a woman stricken with the heat: 暑さに汐垂れた女の譫言
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 36
the back of the pregnant woman’s mind: 産婦の心の根底
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 97
a woman one have never seen before: 見覚えのない女性
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 16
the woman belonged in Marat’s bath: 女はマラーの浴槽がぴったり
ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 193
a woman of a better class: もう少しどうかした婦人
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 45
six body-women wait on his wife: 彼の妻には六人の侍女がかしずいている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 189
be a brave woman: しっかりしている
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 148
be a brave woman: 気丈な女だ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 281
like a woman experience a total neural breakdown: 神経系統全体がどうにかなってしまった女のように
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
bring a mysterious woman into the situation: そこに新しく一人の女を付加する
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 191
broad woman: 大柄な女
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 167
the worthy woman bustles off: まめまめしい婦人はそそくさと出て行く
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 50
"She's fine, just fine," said the woman calmly: 「とても元気にしてるわ」と、女が落ちついて答えた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 75
start a one-woman campaign: たった一人で立ち上がる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 180
care for the woman at all: 別にその女に夢中ってわけじゃない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 317
But the woman was certainly far too beautiful for comfort: しかしなにぶんにも唐橋は美貌でもありすぎた
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 56
jeopardize one’s chances with this woman: この女をものにする機会を邪魔される
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 538
a woman of strong character: 意志の強い婦人
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 55
the woman in charge: 小母さん
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 20
woman chaser: 女狂い
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 71
a terrible woman chaser: 女ぐせが悪い
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 85
be chronologically a creditably old woman: 年齢から言えばれっきとした老人である
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 13
Clearly, she was a woman who knew the effective force of mystery: 言うまでもなく、彼女は謎というものの効果を承知していた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 120
never have observed a woman’s body so closely: 生まれてはじめて女の体をこんなに詳さに眺めた
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 10
woman-on-the-go composedness: 仕事に生きる女性の冷静さ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
For a woman nothing could be more contemptible: たしかに、女にとって、これほどの侮蔑はそうざらにはあるまい
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 168
a curious woman: 風変りな女
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 72
a cute woman: 色っぽい女
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 40
be a very decidedly woman’s: 女らしさに溢れている
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 76
the deprived and rejected heroic woman: 棄てられ拒否されながらもなお毅然と生きつづける女
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 156
no woman of sb’s description is wanted for anything: 何の罪にせよ、手配中の女性に(人は)該当しない
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 46
for detecting when an average-looking woman senses herself entering a new phase of attractiveness: 取りたてて美人というわけでもなかった女性が、あるとき突然きれいになったと見抜くことにかけては、
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 56
determined young woman: 肚を決めた若い娘
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 270
get the difference from another woman: 別な女がそこのところを補ってくれる
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 236
A wide woman came to the door, saw me, and waved, then disappeared: がっちりした女が戸口にあらわれ、わたしを見て手を振ってからひっこんだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 92
the woman a disappointment: さわる気も起こらないような女
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 386
look like a woman who is in quite a lot of discomfort: すごくつらそうな顔をしている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 324
discrepancy between real woman and womanhood: 女性像と現実の女との落差
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 28
a very distorting woman: すさまじい女
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 411
be distracted by a striking woman: 目のさめるような美人に心を惹かれる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 164
This was a very disturbed woman who needed help, and she wasn't getting it: アン・キャンベルは大きな悩みをもち、助けが必要であったにもかかわらず、それが得られなかった
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 227
Somehow, he made this dour young woman comfortable: どういうわけか、スターンがこの内向的な娘をくつろがせてしまたようだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 299
God looks on the heart, not a poor woman’s dress: 神様は心を見なさるんだ、見てくれじゃなくてね
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 27
a dripping young woman: 水を滴らせている若い女
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 86
a dull-looking woman: 気のきかなさそうな女
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
dwarf woman: ちんちくりんの女
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 230
toy with a dying woman: 棺桶に片足を突っ込んだ人を冗談の種にする
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 59you
ツイート