× Q 翻訳訳語辞典
more   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜に近い
   
it’s more mine than the Germans: ドイツ人にくらべれば俺の土地に近い メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 70

あと
   
only need one more sth: あとひと〜で事は足りるのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 523
months more to go: あと何か月もあるのに クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 224
あまり
   
more than a decade: 十年あまり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 48
あらためて
   
be more certain than ever that ...: 〜と、あらためてそう確信する マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 544
あんまり
   
must try to be more sober: あんまり逆上ちゃいけない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 39
いくぶん
   
speak more gently: いくぶん和らいだ口ぶりになる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 181
いくらか
   
hammering a rather hared pillow into a more comfortable shape: いささか固めの枕を叩いていくらか楽な形にする セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 130
いささか
   
on a more prosaic level: いささか平凡ながら アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 36
いちだんと
   
the wind rises more quickly: 風がいちだんと吹きつのる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 126
cap the moment with a remark still more immodest: さらにいちだんと不謹慎な言葉を上乗せする セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 197
いっそう
   
get more involved in work: いっそう仕事に打ち込む クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 237
feel more encouraged in one’s work: しごとにいっそうはげみがつく 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 145
feel more comfortable: いっそう安心するからだった ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 65
いつもより
   
more attractive: いつもより魅力的 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 100
いまひとたびの
   
why not one more crusade?: いまひとたびの十字軍といくか クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 460
いまより
   
more restraining order: いまより厳しい命令 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 117
いまよりもずっと
   
more authentic life: いまよりもずっとほんものの人生 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
いや
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 134
いよいよ
   
more mystified than ever: いよいよ当惑気味に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 447
But it was falling quickly, glowing more brightly by the sound:: だが、音からするといよいよ明るさをましながら急速に落下してきた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 439
be the more insolent: いよいよ増長する ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 316
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 298
いよいよ増す
   
become more seriously: いよいよ真剣味を増す クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 21
いわば
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 58
おおいに
   
feel more satisfied: おおいに満足を味わう ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 108
おかわり
   
shove out one’s plate for more: おかわりの皿をさしだす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 161
More sth,: (物の)おかわりをどうぞ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 240
more coffee: コーヒーのおかわり ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 509
かなり
   
weigh more than is good for sb: (人の)体重は適正数値をかなり上まわっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 331
somebody who is one of the more hostile forces in sb’s childhood: 少年時代の(人に)とってかなり敵対的な人間 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 298
くだくだしく
   
I don’t want to say more: くだくだしく説明致しません スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
ぐっと
   
turn a corner rather more quickly than usual: ぐっと足早に角を曲がる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 34
more modest: ぐっとささやかな デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 15
feel more positive: ぐっと前向きの気持で レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 179
けっこう
   
call sb by the more friendly “...”: けっこう親しげに「〜」と呼ぶ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 59
この先
   
not sure one want to hear more: この先を聞きたいのかどうか、わからない フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 75
すぎる
   
be more than weird: 珍しすぎる 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 28
ずっと
   
it seem more rational that way: そのほうがずっと道理にかなっていると思われている ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 98
become more mature since ...: 〜した頃から見るとずっと成人する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
be more common occurrence: ずっと多いことだ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 10
それを上回る
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 256
それ以上に
   
more often one have seen it fail: それ以上に失敗するのも見ていた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
more important: それ以上に価値がある ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 323
それ以上余計な
   
know that to make any more noise would be death: それ以上余計なことを言っては命がないと悟る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 427
ぞくぞく
   
more people press in to do: ぞくぞくつめかける客たち マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 81
たくさん
   
make more money than sb: (人)よりたくさんもらっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
どちらかというと
   
more sb’s taste: どちらかというと〜の好み トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 58
なお
   
saw ... twice more: 〜をなお二度見た 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 184
ならず
   
more than once: 一度ならず クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 464
have happened to one more than once before: 過去に一度ならず経験していた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
はっきりした
   
there is even more evidence that ...: 〜であることを示すもっとはっきりした証拠もある フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 24
ばかり
   
be more thought of than sb: (人)ばかりちやほやされる E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 78
ひときわ丁寧に
   
cover ... with more cake makeup: 〜に、ひときわ丁寧にパフをはたく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 154
ひとしお
   
even more meticulously than usual: いつもよりひとしお念入りに 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 9
ほかに
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 20
ほかにも
   
there are lots more spiders: 蜘蛛はほかにもたくさんいる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 35
まして
   
be more adj than before: 前にもまして〜 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 95
ますます
   
be more mystified than ever by sb’s talk: (人の)話が益々解らなくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 38
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 49
また
   
we don’t need any more delays: また手間どるわけにはいかない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 278
more sirens rise in the air: サイレンの音がまた鳴りひびく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 330
more conference: また相談 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 319
knock down some more things: いくつか下に払い落とす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 203
about sth I will give sb more information: 〜については、またお知らせする 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 18
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 204
またしても
   
survive one more trial: またしても試練に耐える クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 450
more memos from ... about ...: またしても〜から〜についてのメモ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 202
またまた
   
more evasions: またまた言い逃れを マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 79
まだ
   
a few more hours: まだ数時間は マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 258
まだしも
   
make more sense: まだしも筋が通る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 185
まだまだ
   
there is more work to be done: やることはまだまだあるのよ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 57
there is a lot more of ...: まだまだ〜がうんとある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 43
むしろ
   
more worthy of praise than criticism: 非難されるよりも、むしろ賛美されて然るべきもの 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 141
be more like ... than ...: 〜よりむしろ〜に似た所がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 192
be more befitting Kyoto: むしろ京都らしい 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 228
もう
   
we’re not going to make any more mistakes: もうヘマはしないぞ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 273
もう少し
   
more technically: もう少し正確にいうと プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 258
もっと
   
there was more to this: これにはもっと何かある デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 162
steal more: もっと手に入れようと不正をはたらく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
show sb more of Washington: もっとワシントンを案内する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
seem eager to find out more about ...: 〜についてもっと知りたい様子だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
more to the point: こちらのほうがもっと重要なのだが トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
more informal: もっと大ざっぱ ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 67
can not hurt sb more if ...: 〜よりも、もっとひどい傷つけ方をする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
もっともっと
   
need more sth: 〜はもっともっとなくてはいけない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 115
もっと重要な意味がある
   
be more than ...: 〜よりももっと重要な意味がある ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
もっと多い
   
even more: いや、もっと多いかもしれませんね プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
よくよく
   
look at sth more closely: よくよく見てみる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
よけい
   
all the more: よけい 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 27
よっぽどいい
   
there be more to A than B: AのほうがBよりもよっぽどいい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
よほど
   
mean much more than sth: 〜よりよほどものをいう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77
be more optimistic than sb: (人より)よほど楽観的だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125

  以上
   
more than most: これ以上はないというほど ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 30
more so than one had expected: (人が)思った以上だった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 82
be more than XX years old now: XX年以上も前に買ったものだ 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 13
be caused by nothing more sinister than excessive love: 愛情過多という以上のなんらまがまがしいものが原因ではない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 488
以上に
   
be more serviceable than one’s appearance suggested: 見てくれ以上にはける代物だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 395
以上のこと
   
require more than ...: 〜したりする以上のことを要求している ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 10
以上のもの
   
there is more to sb than sb lets on: 人に見せている外面以上のものがある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 222
強い
   
have more will-power than sb: (人)より強い決心を持っている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 198
向上させる
   
in the interests of being more efficient and competitive: 効率性と競争力を向上させるために ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 14
少し
   
more at ease: 少し落ち着いて 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 150
少しは
   
be more of a man now: それで少しは大人になれた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 450
尚更
   
be all the more unsettling: 尚更、心もとない 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 9
   
more than ten years at sea: 十数年の航海歴 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 20
精々
   
with no more consequences than ...: 精々〜が関の山 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 89
前よりは
   
proceed, rather more tentatively, with the rest of one’s theory: それでも前よりは試験的に、自説の残りを書き進める セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 172
前よりも
   
more often: 前よりも頻繁に トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 351
増す
   
be growing more and more fond of sb: (人に)対しての恋愛の度を増して行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 175
増加
   
signal sb for more revolutions: (人に)スクリューの回転数増加を命じる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 151
足す
   
put some more logs on the fire: 暖炉に薪を焼べ足す メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 288
多い
   
make more dough than sb: (人)より収入が多い トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70
大きく
   
increasingly demand more of the pie: (人の)要求するパイの切れがどんどん大きくなっていく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
大なり
   
more or less: 大なり小なり クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 120
超す
   
sth have been in use there for ... years or more: 〜には〜年を超す歴史がある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 38
特別に
   
probably more permissible than any of the few other permissible things: 数少ない許しうるものの中でも、特別に許しうるものだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 52
   
more than four decades later: それから四十余年 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
Tweet