× Q 翻訳訳語辞典
amazing   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あきれたやつ
   
Amazing: あきれたやつ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 22
あきれるほどだ
   
it is amazing how easily a threat to it intimidates: それへの威嚇にはいかに簡単に屈するかはあきれるほどだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 542
あっと驚く
   
amazing videotape: あっと驚くビデオ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
あら、そう
   
Amazing: あら、そう ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 150
おかしく思う
   
it is amazing ...: どうして〜なのか、おかしく思う 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 137
おどろく
   
be sufficiently amazing: おどろくべきことである クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 184
おどろくべき
   
see an amazing thing: おどろくべき光景が展開されている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
すごい
   
be pretty amazing: けっこうすごい 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 164
amazing huh?: すごいなあ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 53
amazing people: すごい人 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 99
amazing object: すごいもの 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 110
Amazing: すごいのね 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 115
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 114
すごいね
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 142
ただ驚嘆のほかはない
   
なかなか素敵な
   
an amazing girl: なかなか素敵な女の子 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 219
めざましい
   
a most amazing advance: このようなめざましい進歩 アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 344

唖然とする
   
Amazing as that seemed: われながら唖然とするが、 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 131
唖然とするばかりの
   
be capable of amazing bursts of sweetness: とつじょ唖然とするばかりの愛くるしさを見せる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 102
唖然とするほど
   
an amazing brilliance: 唖然とするほどまばゆい世界 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 334
案外と
   
put an amazing amount of stock in one’s physical appearance: 案外と外見を気にするものだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
奥が深い
   
sth be amazing: 〜というのは奥が深い フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 234
驚き桃の木
   
fucking amazing: 驚き桃の木クソの木 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
驚くべき
   
make such amazing light-weights: ライトウェート級で驚くべき技を見せる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 37
驚くほど
   
with amazing vividness: 驚くほど鮮やかに 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 36
驚異的な
   
an amazing man: 驚異的な人物 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 26
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 23
驚嘆
   
all the more amazing: ただただ驚嘆のほかはない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 165
細工は流々だ
   
Amazing: 細工は流々さ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 122
思いもかけない
   
give an amazing explanation: 思いもかけない逃げ口上を見出した 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 73
珍しい
   
It was amazing for my wife had had no children: 女房には子供がなかったんで、珍しかったんですな 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 72
非常な
   
amazing silence: 非常な静けさ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 461
呆れたもんだ
   
Amazing!: 呆れたもんだ・・ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 104

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with amazing alacrity: あれよあれよというまに
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 15
that’s amazing: たいしたもんだね
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 78
amazing isn’t it: すごいものでしょう
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 132
amazing monument: 地上の驚異
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 41
be the most amazing person: 〜にはまったくいいところがある
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 95
be an amazing thing: 〜はこわい
adjust one’s mental attitude to amazing piece of news: 驚くべきニュースのショックからたちなおる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 13
be nothing short of amazing: 〜にはびっくりする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
amazing proof of sb’s dream’s deep meaning: (人の)夢占の裏附
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 120
sb’s dexterity is amazing: 驚くべき技巧
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 72
That obstinate fellow says some amazing things: あのへんくつが、えらいこと言うた
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 76
have amazing recall: 驚くべき記憶力を備えている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 140
soar back up an amazing height to ...: 〜めがけてびっくりするほどの高さにまで跳ねかえる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 26
It was amazing how warm her touch was, even under a hot afternoon sun: 午後の暑い日ざしの下でさえ、その感触の温かさにはびっくりした
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 29
ツイート