× Q 翻訳訳語辞典
dangerous   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おだやかじゃない
   
be dangerous: おだやかじゃない ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 299
やばい
   
but thought it would probably be dangerous to ask: 口にだしてたずねるのはやばい感じだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 26
わが身を危険にさらす
   
dangerous fool: わが身を危険にさらす馬鹿者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 298

スリル
   
feel dangerous: スリルを味わう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32

悪い
   
a dangerous man to play games of that sort with: そんな芝居を打つのには悪い相手 ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 190
一種近寄り難い
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 217
穏やかならぬ
   
in a dangerous mood: 穏やかならぬ様子で セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 84
危険
   
regard sb as even dangerous: 危険視さえする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49
become really dangerous: 骨の髄まで危険だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 501
be your truly dangerous people: とことん危険だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 501
危険きわまりない
   
dangerous man: 危険きわまりない人物 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 449
危険で
   
see something that is dangerous and mean in sb’s eyes: (人の)目に、危険で悪質なものが巣くっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 367
become dangerous and scary: 危険で剣呑なものになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 199
危険な
   
the most dangerous technical issue of the actual assault: 襲撃場面での技術的にいちばん危険なところ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
something that’s made sb even more dangerous than sb should be: なにかを経験したばかりに(人は)必要以上に危険な存在になってしまったのだろう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
do some dangerous stuff: 危険なこともする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
be in a dangerous plight: 危険なはめにおちいっている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 321
危険な匂い
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 149
危険を伴う
   
Pulling back into traffic was dangerous: 車の流れにもどるのには危険をともなった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
凶悪
   
be genuinely dangerous: 根っから凶悪だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 209
凶暴
   
likely to be dangerous: 凶暴性あり カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 46
凶暴な
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 23
近寄り難い
   
become a secret angry, dangerous man: なにか秘密でも隠したみたいに、妙におこったような、近寄り難い人間になる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 63
物騒
   
Dangerous, but certifiable: 物騒だな、病院送りだね バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 199
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 92
物騒な
   
dangerous talk: 物騒な話 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 99
命がけの
   
dangerous crime: 命がけの犯罪 クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 11
乱暴な
   
dangerous drivers: 運転が乱暴である メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 105
冷酷な
   
look dangerous: 冷酷な表情をしている ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 284

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

somehow dangerous: どこか危険な匂いをただよわせている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
seem exceedingly dangerous: いかにもあぶなっかしげである
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 47
dismally dangerous: 危険がいっぱい
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 44
be dangerous: 手ごわい
池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 133
a dangerous fellow: 強敵
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 298
these whispered scandals only increase sb’s strange and dangerous charm: これほどひとが囁きあう悪評もかえって(人の)不思議な魔力をいやがうえにも増すばかりだった
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 208
that sounds dangerous to me: 穏やかじゃありませんね
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 272
someone with dangerous will: はらはらするくらい意志の強い子
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 35
live in dangerous times: 昨今はぶっそうだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 471
it is dangerous to be too confident about all this: 油断はならない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 31
I am a dangerous man to fall foul of: 私を敵にまわすとただではすまないぞ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 221
a milling dangerous chaos: 大混乱をきたしてごった返している
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 131
alive with a dangerous insaneness: 危険な狂気に包まれている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
Even the private-life angle is a dangerous one, here: 私生活的側面さえ、ここでは危険です
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 66
embark on a most dangerous course: よりにもよって危険な進路をえらぶ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 151
dangerous-looking suspension bridge: あやうい釣り橋
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 171
look for the least dangerous-looking outcrop: 少しでも危険でなさそうな岩場を捜す
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 120
a very dangerous doctrine: 危險この上ない邪説
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 56
dangerous edge: 危険な雰囲気
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 205
At your age, however, every excitement is dangerous: しかし、君の年齢では、感動はすべて危険です
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 119
be extremely dangerous: 危険このうえもない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 255
one’s dangerous glittering gaze: 危険な目のかがやき
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 14
be highly dangerous: 危険をきわめるものである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 135
the job was more than ordinarily difficult--it was highly dangerous: 作業は通常の困難をこえ、危険をきわめるものだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 135
one’s dangerous glittering gaze never leave sb: 危険な目のかがやきは、たえまなく(人へ)向けられている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 14
outrageously dangerous awning: 危険きわまるひさし
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 104
be overawed by sb’s tone and the dangerous flash of sb’s eyes: (人の)言い方と危険な目のひらめきを見たらおそれをなさずにはいられない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 138
dangerous points of colour: 危険な色の斑点
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 76
see oneself at once in a difficult and dangerous position: いまや困難で危険な事態におちいっていることは確かだ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 36
become a secret, angry, dangerous man: なにか秘密でも隠したみたいに、妙におこったような、近寄り難い人間になる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 63
it is a sometimes-dangerous place: 治安はそんなによくない
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 111
And they become really dangerous: そういった連中は骨の髄まで危険なんだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 501
be too dangerous: 危険が大きい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 484
It was tricky and dangerous which wasn't unusual: 状況はむずかしく、危険だったが、それはいまにはじまったことではない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 481
Yet here was Keiki, unabashedly saying such dangerous things to him: それほどに危険な思想を、言葉を、いま慶喜は、ぬけぬけと自分に語っている
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 193
undoubtedly dangerous sth: どう見ても危なっかしい〜
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 220
But it would be dangerous yes: だがあぶない。たしかにあぶない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
ツイート