× Q 翻訳訳語辞典
form   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜書
   
a confinement release form: 釈放許可書 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 370

かたち
   
forms in the wallpaper: 壁紙の中のかたち ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 268
absolutely forbid any form of ...: 〜を、どんなかたちにせよ禁止する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 404
きざす
   
annoyance is beginning to form in one’s mind: 頭の中に懸念がきざす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 436
きざまれる
   
a tuck forms: しわがきざまれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 236
こしらえる
   
form the symbolic rock: 儀式の岩をこしらえる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 71
form a flow chart of sth: 〜の工程表をこしらえる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 138
わかる
   
begin to form: なんとなくわかってくる オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 50
わく
   
idea is forming in sb’s mind: 考えが頭の中にわいてくる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 35

フォルム
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233

快調
   
not on form: あまり快調じゃない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 177
教育
   
fail in attempting to form sb: (人の)教育に失敗する 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 186
   
one’s mouth form in a small perfect o: 口は完全なOの字の形 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
形成する
   
form the core of the crew: チームの核を形成する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 172
結ぶ
   
form any friendship with sb: 交際らしい交際を(人と)結ぶ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
言いまわし
   
even the mildest forms: いかに穏やかな言いまわしとはいえ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 406
作る
   
mix with A to form B: Aと一緒になってBを作る フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 115
姿
   
bulkish form of sb: でぶっとした(人の)姿 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 361
   
a pink form: ピンクの紙 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 312
書式
   
a long form of small type and boxes: 小さな字といくつもの空欄のある細長い書式 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 314
書類
   
fill out one’s forms: 書類に書き込みを始める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 446
fill out forms: 書類に記入する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
植えつける
   
be formed by the same causes, the same evil: 同じような動機や悪の種を植えつけられている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 523
身体
   
wasted form: やせおとろえていた身体 グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 217
   
be no form of revenge: 厭がらせとして体をなさない 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 274
隊形をととのえる
   
form up to starboard: 隊形をととのえて右舷にせまる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 461
   
slumped form: ぐったりしている男 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 184
定跡
   
have no form to sth: 定跡にない 志賀直哉著 マクレラン訳 『暗夜行路』(A Dark Night's Passing ) p. 345
馬のこれまでの成績
   
study the form: 馬のこれまでの成績を調べる フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 160
表情
   
fantastic forms deprived of one’s usual severity: 夢幻的に、きびしさを消しさった表情 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 159
浮びあがらせる
   
form the building in outlines: 建物の輪郭を浮びあがらせる フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 157
立てる
   
form theories: 推論を立てる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 246

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

true to form: 当然というかさすがというか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 35
take form: 兆してくる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 202
some form of ...: 一種の〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
report form: 報告書
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
form sb: 人となりをつくる
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 45
form a theory: すじ道が立つ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 10
for form’s sake: 形式的に
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 61
be fully formed: 完成された
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 121
bad form: はしたない態度
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 52
a form of ...: 一種の〜
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 43
yet unnamed form of ...: まだ名前のない〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
write a few minor things as a form of amusement: ちょっとした遊び半分の書きものをする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 349
with self-conscious grace and fine form: 自分でもそれと解る程鮮やかな裾さばきで
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 48
their forms under the sheets: シーツの下でからみあっているふたりの肢体
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
the usual form for written explanations: 始末書の形式
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 160
the angle formed by ...: 〜が直角にまじわる部分のふところ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
that so often puts sb off from forming suitable attachments: その結果(人が)家族に対して愛情をもてなくなることがよくある
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 211
take the form of a regular diary: 日記の体裁をそなえる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 28
take the form of ...: 〜をなぞる
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 183
such talk is bad form: そんな言い方は礼儀にもとる
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 54
stories in semi-serial form: 連作ふうの話
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 260
some sort of release form for minors: 子供の引渡証のようなもの
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 151
some form of personal ID: 身元を証明するもの
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 92
smile, one’s lips forming easy, relaxed upward curve: ほほえむと、唇の両端が軽くあがって気のおけない感じになる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 81
serve as a form of pseudo-gravity: 一種の人工重力の役をしている
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 79
remain unaltered in one’s outward form: 一見したところ少しも外観に変化がない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 104
practice a unique form of ...: 〜するのに何とも不思議な風習がある
one’s mouth makes several motions before one can form words: 言葉がなかなか出てこない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 306
one’s lips begin to form some word: かすかに唇が動いたかと思うと、何かものを言うつもりらしい
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 78
more or less in the form of ...: 〜のふうに
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 66
more cutesiness in the form of porcelain birds: さらにあざとく可愛らしい陶器の鳥
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 193
monstrous forms of self-torture and self-denial: 見るに耐えぬ、自己虐待と自己否定
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 193
make white bubbles form: 白いあぶくが立つ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 14
know the form exactly: いかにも堂に入っている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 243
just the way bubbles form at the surface of boiling water: 湯玉が上がってくるように
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
it is bad form to do: 〜するのはあまり恰好よくない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 366
in one form or another: 大なり少なり
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
impression is forming that ...: 〜ような気がしてくる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 96
I’d be in great form if ...: 〜なら最高なんだけど
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 380
he himself, a spectator, haven’t been feeling in top form: 観衆のひとりとして、彼自身の気持がも一つ盛り上がってこない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 156
have had this dream more than once, in various forms: この夢を再三にわたって、いろんなヴァリエーションで見た
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 15
form theories about ...: 〜について想像をたくましくする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 47
form a single line before ...: 〜の前に一列に並ぶ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 226
form a shortlist of two: 候補者を二人ににしぼる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 33
form a proscenium about sth: 〜をとりまく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
form a firm resolution: ほぞを固める
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 87
form a clear view of ...: 〜をよく知っておく
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 257
even in this meager, glimmering form: たとえかすかな明滅する光であろうと
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
die of an advanced form of peritonitis: 腹膜炎をこじらせて死ぬ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 116
could see sb’s form doing: (人は)〜しようとするところだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 365
can not command that tone and form of language: そういう口調が出てこない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 157
can’t stand war in any form: 戦争ぎらひだ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 12
begin to take form in sb’s mind: 〜がやっと(人にも)のみこめてくる
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 13
begin to form a reply, then stop: 何かを言おうとしたが、途中で言葉を失ってしまう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 481
be so clearly a slight form of good breeding: 明らかに、ただ育ちのよさがさせた一片の儀礼というだけのこと
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 216
be not able to form any exact estimate of ...: 〜については厳密には割り出しかねる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 135
be mostly a matter of form: 義理一遍の訪問に終る事が多い
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 39
be most delicately formed: かぼそくできている
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 42
be in top form: 大いに張り切る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 320
be given form and moment in printer’s ink: 活字になって恭しく印刷されている
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 143
be beginning to assume the form of ...: 〜に固まりつつある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 50
avoid danger in any form: 危険という危険を避けて通る
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
appear in revised form in ...: 加筆されて〜の中に収められている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 593
another line converges to form a circle: めぐりめぐってつながっている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 89
an image gradually form in one’s mind: 映像が知らず知らずに浮かびあがってくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 153
an epidemic of a particularly virulent form of Spanish influenza: 猖獗を極めた悪質のスペイン風邪
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 15
act as a form of ...: 一種の〜に似た作用を示す
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 59
a form of harassment: 早い話、嫌がらせだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 391
a form of ...: 一種の〜といえるもの
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 24
an admirable form: すばらしい姿
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 15
I suppose that in one form or another it always was like that,: 大なり少なり、前からそうだったといっていい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
form a small amphitheater: 小さな円形劇場に変える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
assume such a slight form: ささやかな形をとる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 28
An awesome thought took form in Isao's mind: 彼に恐れ多い空想が生れた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 279
little houses set back form the road: 道路から奥まったところにこぢんまりとした家が建つ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 24
form one’s point of view, one couldn’t have come at a better time: 〜にとって、いちばんいい時間だった
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 116
withdraw one’s bloodstained hands form ...: 〜から血にまみれた手を離す
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 233
blurred form: おぼろな人影
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 393
return form the city: 市中から帰る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 79
coalesce to form a crystal: 結晶体になる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 353
normally so concerned with the human form as a whole: 姿態を重視した希臘神話のなかで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 141
the confounded form: 厄介きわまる書式
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 129
squeeze resources form between the cracks: 何ごとにつけおこぼれに甘んじて、存分に知恵を働かせる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 209
a significant departure from form: かなり型やぶり
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 296
entered the detested form of sb: 忌むべき(人が)出現した
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 79
in the form of letter E: ヨの字型に
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 14
Eating, after all, was not a form of sexual intercourse: 食事は、どう見ても性交の一形態ではない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 185
every form of human misconduct: 人間のありとあらゆる形の悪徳
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 117
repeat the exact form of ...: 〜の形をそのまま繰り返す
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 141
Finally, its voice, uncertain and hesitant, took form: ようやくその声は、おぼつかなく、ためらいがちに形をととのえた
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 100
within half an hour form the first starting: 三十分ばかりも歩いたろうか
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 291
be foraged form somewhere: 拾ったものだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 165
a pitcher form sb’s team: (人と)同じチームのピッチャー
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 170
form the impression that ...: (人の)印象では〜だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467
have influenced the book’s present form: 〜を採り入れて最終的にまとめたものが、すなわち本書である
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 354
intimate form of address for sth: 〜の省略形
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 79
in one’s larval form: 幼虫は
form some obstruction: ひっかかる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 104
an odd form of petty trickery: へたな細工
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 159
ツイート