× Q 翻訳訳語辞典
nose   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
はなづら
   
a moist nose: 湿っぽいはなづら 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 110

確かな鑑識眼
   
have a nose for brilliance and character: 才気と人物に確かな鑑識眼をもっている マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 184
割りこむ
   
nose into a space: スペースをみつけて割りこむ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 341
機首
   
hit square on its nose: 機首が地面を直撃する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
船首
   
point the nose down at an angle of nearly thirty degrees: ほとんど三十度近い角度に、船首をさげる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 77
   
wrinkle sb’s nose: 鼻をひくつかせる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 112
wrinkle one’s nose: 鼻をクンクンいわせる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 10
with the pretty nose and eyes: 目鼻だちのよい 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 286
wear a bone in one’s nose: 鼻に骨の飾り物を突っ通さす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 223
under one’s nose: (人の)鼻先で スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
stick their collective nose into ...: 連中が、よってたかって〜に鼻をつっこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
stick a microphone under sb’s nose: (人の)鼻先にマイクをつきつける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 349
sniff noses with sb: 鼻をかぎ合わせる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 37
sb with no nose: 鼻のつぶれた(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 130
sb’s nose twitches: 鼻の頭に皺がよる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 169
sb’s nose tilted back: 鼻の頭が上を向いた バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 342
right in front of sb’s nose: (人の)鼻の先 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 8
put the microphone under sb’s nose: (人の)鼻先にさっとマイクを押しつける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 257
one’s nose is perfect: 何という形のいい鼻 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 43
in front of one’s nose: 鼻っ先に 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 49
hold sb’s nose down to the slain hens: (人を)おさえ、その鼻を殺されためんどりに突きつける ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 284
have one’s nose in ...: 鼻をつっこんで調べる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
fine-sculptured nose: 形のよい鼻 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 116
breath through one’s nose: 鼻で息をする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 224
break one’s nose: (人の)鼻を砕く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 257
be rubbing noses with my folks every day from morning to night: 毎日、朝から晩まで、おやじやおふくろと鼻を突き合わせている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 131
be nose to nose: 鼻をつきあわせている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
鼻先
   
there is a little sniffle of cold air riffling across one’s nose: 冷たい空気が鼻先をサッとかすめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
in one’s nose: 鼻先で タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 172
鼻面
   
press one’s nose against the glass: 鼻面を窓ガラスに押しつける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
   
have no business sticking one’s nose into ...: 〜に嘴をはさむ権利はない 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 32

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

under sb’s nose: (人の)鼻先で
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 152
the bridge of sb’s nose: 鼻梁
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
nose cone: 弾頭
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 27
nose around: さぐる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 312
nose about: あら探しをする
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 260
keep one’s nose clean: 大過ない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 24
come nosing around: 鵜の目鷹の目でやってくる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
with a high nose bridge: すっと通った高い鼻筋
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 157
thumb ones nose at sb: (人を)愚弄する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 226
thumb one’s nose when one leave: 捨て台詞を残して出ていく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 152
tap one’s finger alongside one’s nose: 小鼻を指でぽんと叩く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 125
strike the nose squarely: (匂いが)鼻をつく
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 193
stick one’s nose too far into a family fight: 身内の争いに深入りする
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 169
stick one’s nose into everything: 何にでも手を出す
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 17
stick one’s nose into ...: 〜に首を突っ込む
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 15
stick one’s nose in: お節介しやがる
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 107
sb’s eyes crease toward the bridge of sb’s nose: 眉間に皺をよせる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 45
put sth under one’s nose: 〜を(人に)突きつける
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 26
put one’s nose to the grindstone: ひたすら身を粉にして働く
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 190
put one’s nose to the air like a Pointer: ポインターみたいに鼻をひくつかせる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 165
pull its nose up in maximum climb: 機首を最大上昇角に起こす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 354
ought to keep one’s nose in one’s own business: 自分のことにかまけてりゃいいんだ
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 106
one’s noses dip into the plane of the shallow attack dive: 機首が緩降下姿勢にさげられる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 386
nose around, see what is what: 下調べをする
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 185
look down one’s nose at ...: 〜について大きなことを言う
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 9
lead sb by the nose: (人の)鼻面を取って引きまわす
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 243
lead sb around by the nose: (人を)いいようにひきまわす
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 172
it’s no skin off one’s nose: (人の)ほうは痛くも痒くもない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 173
hire him out from under the noses of sb: (人のもとから)強引に彼を引きぬく
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 58
happen right under one’s nose: (人の)監督下で起こる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 182
get up one’s nose: ひっかかる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 134
feel the need to poke one’s nose into things: 口をさし挟む
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 391
be not the one to look down one’s nose at ...: (人が)〜について大きなことを言えた義理ではない
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 9
be bunched nose to bumper: じゅずつなぎの混みようだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 318
thin nose aloft like a sail: ぴんと張った帆のような肉の薄い鼻
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 353
any extremely up-turned nose: やけに天井を向いた鼻
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 149
beneath sb’s nose: 鼻先に
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 145
start bleeding at the nose: 鼻血をほとばしらせる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 327
blow through one’s nose like a fog-horn: 霧笛のように鼻を鳴らし
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 13
blow one’s nose between one’s fingers: 指で鼻をつまんで水を出す
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 120
He pulled the ticket out of his pocket and brandished it under Norris's nose: 彼はポケットから違反切符をとりだし、ノリスの鼻先でひらひらとふりまわしてみせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
breath heavily through one’s nose: ひくひくと鼻孔から息をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 33
be flushed around the bridge of one’s nose: 鼻のつけねあたりがうっすらと赤くなっている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 45
A sad discomfiture lingered briefly on the cold tip of his nose: 悲しげな困惑は、一瞬、その冷たい鼻尖に滞ったが、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 340
brown-nose:おべっかを使う
辞遊人辞書
brown-nose:お世辞を言う
辞遊人辞書
brown-nose:持ち上げる
辞遊人辞書
brown-nose:媚びを売る
辞遊人辞書
bury one’s nose in ...: 〜に鼻先をうずめる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 121
the vehemence of one’s agitation bring on a copious bleeding at the nose: (人は)あまりひどく興奮して鼻血がどっさり流れる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 26
dangle sth right in front of sb’s nose: (人の)鼻の先まで持っていく
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 8
there could be no doubt that sb have a very turn-up nose: まあ、よく反りかえったお鼻
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 82
one’s glasses slip down one’s nose: 眼鏡が鼻にずり落ちる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 103
drive the bone from sb’s nose right up into sb’s brain: 〜(人の)鼻を脳にめりこませる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 376
Her nose was perfect; her lips exquisite: 何という形のいい鼻、何という形のいい唇、
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 43
be laid a fart in one’s nose: 鼻先でおならをかまされる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 172
sb’s nose is flat: (人の)鼻はぺちゃんこ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 30
The nose was flat, the hair-style full and mid-European: 鼻は低く、ヘアスタイルはごてごてした中欧風
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 204
lay helpless and ridiculous one’s nose deep in the ditch: なすすべもなくぶざまにも鼻面を深く溝に突っ込む
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 17
have not had some humiliating nose problem: 鼻の周辺が恥ずかしい状態になっていない
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 112
It was impossible to ignore his nose: 俺は鼻から目をそらすことができなかった
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 88
tubes in one’s nose: 鼻には何本もチューブがさしこまれている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
deepened mark in the nose: 鼻のくぼみが深くなる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 216
the wayward slant of sb’s nose is more pronounced: 鼻のゆがみがめだつ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 81
near the bridge of sb’s nose: 鼻梁のわき
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
in this humiliating, nose-rubbing way: このような屈辱に堪えてまで
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 220
be extremely nose-oriented: 鼻に対する極度の偏向
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 50
perch very much askew on one’s long nose: 長い鼻におそろしく斜めにちょこんと載せる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 22
the nose rather thin and pointed: 鼻筋が細く通っている
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 127
sb’s nose is prominent: 鼻は高い
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 246
a clot of blood under his nose refuses to go away: 鼻の下にどうしてもとれない血のかたまりがある
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 329
ridge of one’s nose: 鼻柱
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 113
ツイート