× Q 翻訳訳語辞典
skin   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
すりむく
   
skin one’s knees: 膝小僧すりむく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
ひんむく
   
eyes skinned: 目ン玉をひんむいてろ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 353

   
   
save sb’s own skin: (人の)身を護る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 310
    辞遊人辞書
   
it must be worn next to the skin for maximum effect: 肌に密着させるほど効果があがる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
have one’s bad skin: 肌も荒れている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
do something to sb’s skin: 〜のせいで肌がおかしくなる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 183
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 272
皮つき
   
skin flute: 皮つき笛 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 136
皮膚
   
frail skin: 薄い皮膚 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 189
feel one’s skin crawl: (人の)皮膚は雑巾をしぼるようにねじれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
extremely pale skin: 優れて白い皮膚 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
calm one’s angry skin: 皮膚のうずきを鎮める グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 38
break the skin on sb’s hands: 手の皮膚をすりむく クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 450
部分
    辞遊人辞書

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

your skin is my skin: 以心伝心
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 207
save your skin: 逃げるがいい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 504
pockmarked skin: ニキビ跡のあばた面
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 237
bare skin of one’s body: 素肌
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 371
to save one’s skin: 己の護身のため
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 58
to save one’s own skin: 自分が助かりたい一心で
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 251
to save one’s own damn skin: わが身かわいさに
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 119
there are only so many ways to skin the cat: いろいろ要領のいい手がある
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 13
the blood runs off sb’s skin: 血まみれになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
strip to the skin: 着ているものをかなぐり捨て
skin off one’s pack: 背中の荷物をおろす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 40
selling sb out to save one’s skin: わが身大事と(人を)売る
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 25
seem comfortable in one’s own skin: なんていうか、ぜんぜんきどらずに、それでいて自信にあふれている感じ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 183
sb’s skin the colour of putty: 顔はまっ青
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 133
save one’s own skin: 罰せられないですむ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 33
risk one’s own skin: 危ない橋を渡る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 330
really get under one’s skin: (人を)心底いらつかせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
people are so careful of their skins: みんな自分が可愛い
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 236
one’s skin is pretty thin: (人の)神経はもろくできている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 339
one’s skin goes white: 全身から血の気が引く
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 104
one’s skin be crawling: 鳥肌がたつ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
light skin protected from the sun by ...: 〜の白い痕が残っている
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 10
it’s no skin off one’s nose: (人の)ほうは痛くも痒くもない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 173
get under sb’s skin: (人を)怒らせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275
get right under sb’s skin: (人)の胸にこたえる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 108
frighten sb out of sb’s skin: (人を)ふるえあがらせる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 153
cut into the skin of one’s finger: 指の肉に食いこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
crinkle the skin between one’s eyebrows in a frown: 鼻の上にシワをよせる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
be just skin and bones: 痩せ衰えている
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 118
be careful of one’s precious skin: 自分が可愛い
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 163
a light skin of rain makes sth glisten: 雨にうっすらと濡れて光っている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 16
one’s skin is touched with the sign of aging: 肌の衰えがある
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 397
the attractive skin: きれいな皮
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 102
cool on one’s bare skin: むきだしの肌に冷たい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 55
bare skin: 素肌
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 26
be stripped clean of one’s skin: くるりと皮をむかれる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 41
cold, slimy Kappa skin: ぬらぬらする河童の皮膚
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 53
Then he collapsed, his skin pasty white: が、すぐにぐったりとなって、肌に血の気はなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 222
the skin’s coming off and it’s turned a funny color: 皮が剥けて色が変っている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 43
be communicated by direct skin-to-skin contact with sb: (人との)皮膚接触によって伝播される
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 241
it makes sb’s skin crawl: 虫酸が走る
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 26
The dampness touched the skin of his face like cold rubber: じっとりと湿った空気がゴムみたいに顔の皮膚に張りつく
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 109
sb’s skin is losing some of its elasticity: (人の)肌は張りを失う
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 16
exfoliated skin and hair: 剥落した皮膚や抜け毛
experience through the skin: 皮膚で感じとる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 265
the fairness of sb’s skin and hair: 肌と頭髪の色のあかるさ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 204
fancy jacket made from the skin of some creature with a two-chambered heart: 爬虫類の革のジャンパー
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 237
sb’s flawless skin: 滑らかな肌
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 252
get under sb’s skin:とりこにする
辞遊人辞書
get under sb’s skin:魅了する
辞遊人辞書
glossy skin: 白い肌が艶やかである
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 20
sb’s skin glows: (人は)はじけそうな肌をしている
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 6
be an incurable skin desorder: ひどい皮膚病に冒される
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 6
a swarm of people of every skin color imaginable loafs and loiters: 黒いのや褐色のや閑そうな連中がウヨウヨたむろしている
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 36
I loved the icy feeling of her hands on my bare skin: 素肌に触れるその手が氷のように気持ちよかった
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 26
mere skin-bags stretched over bony frames, with strings for muscles: 筋肉の代わりに骨格に皮袋を、糸をつかってかぶせたみたいだ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 42
the nauseous pallor of one’s skin: 肌のぞっとするような蒼白さ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 32
The fairness of his skin and hair emphasised his obesity: 肌と頭髪の色のあかるさが、肥満をいっそう強調している
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 204
I'll skin that one personally,: イラクのパスポートを持ったやつは、わたし自身の手で皮を剥いでやる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 140
前駆期間中の人との皮膚接触によってのみ伝播される: only communicated by direct skin-to-skin contact with someone who is prodromal
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 241
be scared by halfway out of one’s skin by ...: 〜に命の縮む思いをする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 474
sensuous skin: なまなましく濡れた裸
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 32
feel oneself shrink inside one’s skin: 身の縮む思いだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 124
a skin-deep portrait: 外形だけの肖像画
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 196
ツイート