× Q 翻訳訳語辞典
their   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
それぞれの
   
their lives: それぞれの生活 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 41
めいめいの
   
pack their bags: めいめいの荷物をまとめる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 92

一同の
   
seem surprised and almost wounded at their ignorance: あきれ顔で、一同の無知さ加減に気を悪くせんばかりだ ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 99
各自の
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 41
自家の
   
be proud of their work: 自家のワインに誇りを持っている メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 224

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

... and their kind: 〜といった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 263
meet the needs of the present without compromising the ability of future generations to meet their own needs: 将来の世代が自分のニーズを満たす能力を損なうことなく現在のニーズをみたす
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
The difference in their heights was immediately absurd: ふたりの身長差は、たちまち滑稽をきわめた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 10
Some have mocked his views; but I will show the absurdity of their mockery: 師の見解を嘲る者もおるが、わしはその嘲りの愚かなることを示したい
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 48
with the words, and their deadeye accuracy: その言葉があまりにも急所をついているために
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 139
sb’s mind and eyes increase their activity enormously: 頭と眼がよく働く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 169
actually spelling out their names: それら部員たちの名前の綴りまでいってみせる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 206
It belongs to their computer security group, which is actually public: コンピュータの安全基準にかかわるNSAの下部機構の所属で、事実上、公開されています
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
their “office building” is actually ...: ビルとは名ばかりの
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 162
do not admire their sense of privilege: 彼らの優越感は受けつけない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 89
take such aesthetic considerations as the color of their spines into account: 背表紙の色合にまで気をくばる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 22
although their affair had been brief: 〜との恋の季節があっけないほど短かったわりに
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 52
He could hear again the furtive shuffle of their feet, like a refugee army: またも彼らの、難民の群れのようなこそこそした足音がきこえる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 332
The factions had their vested interests and didn't agree: それぞれの派に既得権があって、意見の一致がなかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 80
used for keeping all thing in their places: いっさいのものをちゃんとあるべき秩序に保たせる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 193
all things are in their places: すべてはきちんともとの場所に収まっている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 280
all men have their uses: 人にはそれぞれ役回りがあるのだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 110
all men have their determined portions in this life: 人それぞれに分がある
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 197
the eyes lose their animation: 目から生気が消える
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 280
bells of cinemas announcing the beginning of their features: 開演前の映画館のベル
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 65
look as if they are having trouble keeping their hands off one another: 一刻も離れていられないように手を取り合う
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 73
watch anxiously their meeting: 二人の会見を注意深く見まもる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 74
some people’s appearance is at war with their self-image: 人によっては、自分自身のイメージと外観がまるでずれていることがある
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 107
their results apply here: その分析結果がここでは大いに参考になる
a beach which approximated, as far as possible, the privacy of their hotel room: 少なくともホテルの部屋と同じ程度のプライバシーが保証された海岸
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 112
those people with their great villas in the Hase area: 長谷辺に大きな別荘を構えている人
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
a few shake their fingers at sb as an aristocrat: ときどき思い出したように、指をさして、亡命貴族だと言う者があるだけだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 127
sb and sb wrap their arms around each other: (人と)(人が)ひしと抱きあう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 437
arrange their assignation: 逢いびきの段どりをする
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 71
get their collective ass kick: 連中はそろって痛棒を食わされることになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
whole assembly, exalting their pilgrim’s staves rush round sb in a body: 会衆たちは皆めいめい巡礼杖を振り上げながら、一団になって(人の)まわりに押し寄せる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 34
sb’s attitude and manner tell their own story: この姿勢とうごきとを見れば十分だ
sb’s attitude and manner tell their own story: そうした態度や動きですっかり想像がつく
sb’s attitude and manner tell their own story: その動きと姿勢を見れば、すべてがわかる
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 11
extremely attractive women in their early forties: こよなく魅力的な、四十代前半の女性
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 241
avoid some of their inquiries: ある種の質問ははぐらかす
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 214
three tumbrils faring away with their dread loads over the hushing snow: 囚人護送馬車が三台、恐ろしい荷物を満載して、静まり返った雪の上を進んで行く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 175
set the bottles back upright in their pyramid: 瓶をまっすぐにもどしてピラミッドを組み直す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 194
people make their own bad luck: 身から出た錆
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 241
the musketeers with their pieces balanced in their hands: 銃手たちはマスケット銃をにぎりしめて
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 171
have iron bars across their windows: 〜の窓には鉄格子がはまっている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 562
For half an hour, he probed their system, finding it amazingly barren: ハッカーは三○分にわたって同地のシステムをつつきまわしたが、中身はまるで不毛で、
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 110
They pick their spot at the base of that pop-up target over there: そして、あの飛び出し標的の足もとの地点を選んだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 168
This subtle kind of bashfulness gave a special character to their marriage: この種の羞恥こそかれら夫婦の特質をなすものだった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 323
because there is safety in their hurried numbers: みんなでいそげばこわくないとばかり
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 269
beginning of their friendship: 二人が親しくなるきっかけになる出来事
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 13
at the very beginning of their conversation: 話のしょっぱなから
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 86
people and their belongings: 荷物をかかえた人々
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 214
their bewilderment is their only etiquette: この戸惑いだけが二人の礼節だ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 24
For the moment, their bewilderment was their only etiquette: 今のところ、この戸惑いだけが二人の礼節だった
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 24
other world, some divine and yet dreadful place beyond their own: なにか神々しい、この世のものならぬ怖しい世界
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 71
bundles of documents with their blackened edges of copier murk: コピー機のせいで端が黒くなっている書類の束
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
their bodies gracefully draped one upon the other: 優雅な身振りで折り重なる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 71
involve in their own brand of negotiating: 秘密の交渉を始める
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 49
Romans brutal and coarse, with their uncouth jargon: 残酷で、がさつで、げびた言葉を平気で使うローマ人
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 23
By his own buddies most likely, knowing their cabals: おおかた仲間にやられたんだ、内輪もめの多い連中だから
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 94
The reporters turned their attention to the burglars: ウッドワードとバーンスタインは不法侵入したコソ泥たちに眼を向けた
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 23
sb is their butt: (人が)あしらわれる
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 46
sb is their butt: (人が)みんなから馬鹿にされている
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 46
by the onrush of their lives: それぞれの生活の忙しさのせいで
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
be read out by the gaolers of the various prisons to their prisoners: それぞれの監獄で、獄吏の口から直接囚人たちに読み上げられる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 177
carry their joint byline: 二人の名前をつなぎ合わせた署名がはいる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 65
She will not gripe and complain and sulk as so many modern wives do today who want to have their cake and eat it, too.: 現代の多くの妻たちのように、あらゆる面でいい思いをしたくて不平を言ったり愚痴をこぼしたり、すねたりはしない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 231
people are so careful of their skins: みんな自分が可愛い
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 236
Giovanni and Campanella put their apples away carefully in their pockets: 二人はりんごをたいせつにポケットにしまいました
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 102
sb’s offences carry their own punishment: (人の)欠点に対しては自然とまたその罰がめぐってくる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 96
carry sb around on their shoulders: (人を)胴上げにする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 407
cement their friendship: 二人の友情を培うもとにもなる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 14
people with greater certainty about their feelings: 自分自身の気持ちがよくわかっている人
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 74
their relationship is characterized by ...: 〜する間柄だ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 7
rip the cherry, familial smiles off their fucking faces: 愛想のいい、いかにも身内ぶった微笑みを、そのろくでもない顔から剥ぎ取る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492
it is one of their chief amusement to do ...: 〜するのが二人の何よりの楽しみだ
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 65
see sbs walking in their clean clusters: (人たちが)清潔な服を着て、一緒に歩いていくところを見る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 360
green eyes with their clever gleam: 才気に輝く緑色の目
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
despite the closeness of their working relationship: 仕事の上で密接な関係にあるが
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 106
these common, rough people, with their coarse faces and brutal gestures: がさつな顔つきと野卑な身振りのこの俗悪な連中
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 123
stick their collective nose into ...: 連中が、よってたかって〜に鼻をつっこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
the colour goes from their six faces like enchantment: 魔法にかかったように、六つの顔から血の気がうせる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 266
their moderate combined income: 二人の収入を合わせた慎ましい額
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 111
their conference is very short: 話はたちまちすむ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 62
do not look the sort people confide their personal troubles to: 身上話に興味を持つ人のようには見えない
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 150
confound their politics: 彼らの企みに呪いあれ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 193
Perhaps for this reason, their conversations flow without constraint: そのせいでか、会話はしこりなく進む
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 53
their bushings lose contact: 車軸が空回りする
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 29
The two had taken the tops off their cardboard containers of coffee: ふたりは、コーヒーを入れて運んできたボール紙のお盆のふたをとりのけたところだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 365
that was the extent of their conversation: ふたりのやりとりはそれだけだった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
their relations seem cordial enough: 二人の関係はいたって友好のようだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 423
privately we’re still in their corner: 本音は、わが国は諸君の味方なのだ
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 376chilliness
Tweet