× Q 翻訳訳語辞典
white   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
なまっちろい
   
fat white fist: ぶよっとした、なまっちろい拳 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
まっ青になったまま
   
breathless and white: 息もつけずにまっ青になったまま E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 56

   
white hair: 銀髪 トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 10
血の気を失って
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 140
純白な
   
turn to this white girl and bow in worship before her: この純白な少女に惹かれ、その前にぬかずくようになる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 89
純白の
   
shake lake a white narcissus: 純白の水仙のようにゆれている ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 115
色白
   
be amazingly white: 珍しく色白である 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 24
色白の
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 228
真っ白
   
stiff and white: 真っ白で糊のきいた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
laundered white: 洗濯したばかりの真っ白 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
真っ白な
   
quick, white flash: 風のように速い真っ白な閃光 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 287
in one’s usual white linen: いつものとおり真っ白なシャツと下着で ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 30
as white as the hand of a corpse: 死体を思わせるくらいに真っ白な手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
正装
   
wear white: 正装 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 191
青ざめて
   
one’s white puffy face: 青ざめてむくんだ頬 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 273
青白い
   
a white anxious face: 心配そうな青白い顔 ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 43
蒼白
   
sb’s face goes white immediately: 顔が見る見る蒼白になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 465
蒼白い
   
look very dreadful and white: なんとも恐ろしげで蒼白い セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 165
蒼白な
   
white faces: 蒼白な顔 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 155
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 262
   
pristine white: 真っ白な スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
everything around sb is white: (人の)まわりは白一色 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
creamy white: 牛乳色の濁った白 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 113
black and white: 黒白のユニフォーム トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287
白々と
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 296
白い
   
there are a few isolated white patches leave: 白い部分は離れ小島のようにぽつりぽつりと残っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
have a dazzling whiteness: まばゆいばかりに白い ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 219
be too white: すき通るように白い オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 19
all shiny white surfaces: てらてらと光る白い皮膚 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
a pressed white coat: プレスのきいた白い上着 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 100
白さ
   
be very white against ...: 〜に〜の白さがきわだつ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 400
白っぽい
   
the feeblest of white light: 白っぽい頼りない光 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 131
a big white cake: 白っぽい大きなケーキ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 255
白っぽく
   
be faded white: 白っぽくはげた 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 42
白の
   
white gym socks: 白のスポーツ・ソックス クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 395
白人の
   
apology for frank observations of a white girl: 白人の娘がこういう観察をしたことへの詫び トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 111
白髪
   
look down at the white head: 白髪頭をながめ下ろす ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 70

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

whites of one’s eye: 白眼
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 222
white peak: 雪嶺
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 162
white neatness: 一点の汚れもない真白な壁
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 216
white hope: 希望の星
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 34
pure white: まっ白な
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 103
pale white: 蒼白
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 48
pale green and white light: 蒼白な光
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 22
look so white: なまっ白い
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 14
in white shirts: ホワイトカラーの
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 130
great white hunter: 口だけだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 281
go white: 顔色が悪い
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 302
go white: 顔色が紙のように白くなる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 186
go white: 真っ青になる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 295
glow faintly white: 薄白む
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 94
be white ash: 完全な灰になる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 90
be pasty white: 血の気はない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 222
white clouds of powder rise: もくもくと粉が舞いあがる
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 230
turn white with anger: 顔色を変える
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
those little black eyes without any visible whites: ほとんど黒目だけのあの小さな豚目
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 107
the reflections of sheer, white blinding light: かっと真白などぎつい反射光
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 392
sb’s face is white: 顔色が失われていく
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 92
powder one’s face white: 顔中を真白にする
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 68
overtop sb into white rages: 火を噴くような怒りで(人の)怒りを迎え撃つ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 295
one’s skin goes white: 全身から血の気が引く
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 104
one’s hands clamp down to white claws on ...: 手は爪が白くなるほどつよく〜を握りしめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
have got a white shirt on and a nice tie: 上等のネクタイを締めたホワイトカラーだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
grow white and tremble: 顔は青ざめ、全身がわなわなと顫えている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 132
glitter bold and white: 白々と輝く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 43
be white to the lips: 唇まで真っ白に血の気がなくなる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 321
be scarred white from the heat: 熱のために白くなっている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
be not absolutely white with me: なにもタダであたしに親切にしてくれたわけじゃない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 132
be giving off a white dust: 白く粉を吹く
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 42
a white March sky that promises rain: いまにも泣きだしそうな鉛色の三月の空
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
a white hand: 白い手を片方
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 375
Abruptly, the inside of the carriage was flooded with white light: にわかに、車のなかが、ぱっと白く明るくなりました
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 76
can do with all white flowers one can get: 白い花はいくらあっても困りませんよ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 93
man with white hair and almost incredible dignity: 真っ白な頭髪の男が、威厳の権化のような風情で
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 95
adventures toward the far white wall ceases altogether: 向こうの白い壁への冒険もはたとやむ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 81
Old guy's legs, at beaches and places, always look so white and unhairy: 年寄りの脛って、海辺やなんかで見るけど、きまってなまっ白くって、それに毛が生えてないみたいに、つるんとしてやがるじゃないか
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 14
James had always hated the pretentious white uniform with the white hat: ジェームズは以前からこの奇を衒った白い制服制帽が気にくわなかった
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 290
The floor of the pit was carpeted. apparently in white:: 穴ぐらの床はカーペット敷きで、色は白のようだった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 198
a blurred white shape has appeared: 白い朦朧とした影がうかびあがった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 114
white arm: たおやかな白い手
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 114
with a red-and-white striped awning: 赤白のダンダラ幕を取りつけた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 162
cuff in the back of the black-and-white: 手錠をかけてパトカーのうしろの座席に押しこむ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 101
bait fishing with a red and white bob: 赤と白の浮子がついた釣糸を垂らす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
the gulls burst in white battalions: カモメたちが白い渦となって舞う
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 116
sit behind the white wheel: 運転席で白いハンドルを握る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
be more beige than red and white: ベージュに変色して、赤も白もない
a moist, lucid, bewitching white: しっとりと濡れた、魅するような純白
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 61
a white bib: 胸のところが白いブチになっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 278
be at one’s blackest around white people: 白人に対して黒人なまりまるだしでしゃべる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
a black-and-white photograph: モノクロ写真
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 39
a black-and-white life: モノクロ人生
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 262
a black-and-white: パトカー
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 101
so white at the breasts that it might have been bleached: 抜けるように白い
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 105
be painted in white block letters: 白い大文字で書かれている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 70
the blood flows from sb’s heart and down sb’s chest, down sb’s legs staining sb’s white pants scarlet: 心臓から血が溢れ出て、胸を流れ、脚をつたい、白いズボンを緋色に染める
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 515
wear white slacks and a white blouse: 白いブラウスに白いスラックスという格好
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 135
blue and white: 蒼白の
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 129
a bluish-white smock: 青みがかった白いスモック
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
be blurred and white: ぼうっと白っぽい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 39
a blurred white shape: 白い朦朧とした影
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 114
be lit brightly by the terribly white moon: 凄さまじい程白い月の光に照らし出される
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 21
make white bubbles form: 白いあぶくが立つ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 14
the white foam burst from the bottle’s narrow neck: 細い瓶の口から白い泡がほとばしる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 87
wearing only a thin white cotton cloth: 薄っぺらな木綿の白布一枚をまとっただけで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
And then faint white spots clustering at the summit of a rise: それから、丘のてっぺんにかたまっているかすかな白斑・・
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 267
a spotless white coat: 真白な診察着
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 53
crisp white lab coat: 糊のきいた白衣
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 61
Then he collapsed, his skin pasty white: が、すぐにぐったりとなって、肌に血の気はなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 222
white complexion: 肌の白さ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 397
It's pretty easy just to sit there and criticize, oh, great white hunter: そこに坐って他人にケチをつけてるのは簡単さ、要するに口だけじゃねえか
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 281
Curious, I looked more closely at the stamens than at the white flower: それが私はふしぎで、白い花よりもこぼれたしべをながめた
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 127
its blossom dazzlingly white: 目のさめるような白さで咲いている
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 272
... of the most dazzling white: 目のさめるほど真っ白な〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 150
His face was deathly white: 顔面は死人のように白い
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 245
deep white plush carpet: 白くてふかふかした豪華な品
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 61
develop an unexpected taste for fried white bread: 思いがけないことに、白パンの揚げたものはちょっとした好物になる
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 103
white blood cells devour bacteria: 細菌を白血球が食べる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 120
one’s teeth look disturbingly white: 歯だけはいやに白い
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 63
flecked with dots of white toothpaste: 歯磨きの白いしみの飛んだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 77
white drill: 白麻
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 214
wearing white ducks and blazers: 白いズックズボンに白いブレザー
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 213
dull white walls: 薄汚れた壁
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 11
the white pattern dyed into ...: 〜に白く染めぬいてある模様
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 7
The earth lay white under the night sky: 夜の底が白くなった
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 5
feel more efficient in white: 白い服を着ると、てきぱき片づけられそうな気がする
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 135
a vast white emptiness: 白っぽい野放図もない空間
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 22
square white envelop: 白い角封筒
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 355
The head even had its white crest, sticking up like a spear: 頭の上の槍のような白い毛もちゃんとついていました
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 86
the white even light: 白いのっぺりとした光り
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 160
He picked up a knife and spread the sauce evenly over the white flesh: 彼はナイフを手に取って白身の魚の上にまんべんなくソースをのばした
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 12
something faintly white: ほの白いもの
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 45
a flabby fat white woman: ブクブクに太った白人の女
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 62accept
Afterwards, Steve White filled me on the details: のちにスティーヴは探知の状況を詳しく話してくれた
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 82
White House aide: ホワイト・ハウス顧問
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 33
White House aide: ホワイト・ハウス補佐官
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 44
accept a White House appointment: ホワイトハウス内の役職を拝命する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 324
When do you want me to brief the White House?: ホワイトハウスにはいつ状況説明をしましょう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 85
But the hacker got into my system and was rebuffed at White Sands: とはいうものの、ハッカーは私のシステムにまんまと侵入し、ホワイトサンズでは門前払いをくった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 123
White hands, carefully manicured: 白い手には、きれいにマニキュアがほどこされている
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 136
White House chief of staff: ホワイト・ハウスの補佐官
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 40
this dog and White Fang should come together: このイヌとホワイト・ファングが取り組まされる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 210
White House communications: ホワイト・ハウス報道局
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 29
Finally, Steve White called: やがて、スティーヴ・ホワイトから連絡があった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 6
ツイート