× Q 翻訳訳語辞典
anger   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いかり
   
the anger dwindles in sb suddenly: 怒りが突然すうっと消える カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 164
in anger: 怒りに駆られた タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 151
いらだち
   
say in another queer snap of anger: また妙にいらだちを見せてつっけんどんにいう ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 97

我慢ならない
   
be obviously angered ...: 〜ということに我慢ならない ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 44
機嫌を逆らう
   
anger sb: (人の)機嫌を逆らう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 115
興奮させる
   
a means of angering the blood, bewildering the senses, and steeling the head: 血を興奮させ、感覚を攪乱し、そして心情を鋼鉄のようにするためだけの手段 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 172
激しい感情
   
display one’s anger: 激しい感情を見せる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 571
恨み
   
inspire a more personal anger: 誰かから個人的な恨みを買う アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 229
叱る
   
sb’s anger: (人に)叱られる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 123
怒り
   
wild with anger: 怒り狂う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 326
turn sb’s anger: (人の)怒りをはぐらかす スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 250
there are too many maybes to support one’s anger: いろんな可能性がありすぎるから、(人の)怒りはいつまでも消えない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 218
the anger wells in sb: 怒りがわきがってくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 164
the anger in sb becomes strong: (人の)怒りがとめどもないものになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 330
still spinning with anger: まだ怒りのたぎる心で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208
spark unusual anger: いつにない怒りを誘う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 158
spark sb’s anger: (人の)怒りを呼ぶ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 103
show a flash of anger: 一瞬、怒りをあらわにする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 364
sb’s eyes flash an old anger: (人の)目が昔日の怒りに燃える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 511
say in nervous anger: 不安と怒りの混じる口調でいう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 66
one’s dark-blue eyes are even darker in anger: 濃いブルーの瞳は、怒りに燃えていよいよ色を深めている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
one’s anger deepen into fury: (人の)怒りはますますエスカレートする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
let one’s anger get the better of one: つい怒りに駆られる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 522
know the range of one’s own anger: 自分の怒りがどれくらい激しいものか、よく心得ている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 294
in a moment of anger: 怒りのあまり デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 100
full of hot anger: 激しい怒りに火照り ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
fuel the flames of sb’s anger: (人の)怒りの炎に油を注ぐ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 227
feel sick and dizzy with one’s anger: 激しい怒りでぼおっとして気分が悪くなる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 289
feel one’s anger rising: 怒りがこみあげてくる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 163
feel grief and anger and deep and painful humiliation: 怒りと悲しみと、苦痛に満ちた深い恥辱を感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 478
feel dazed with anger: 怒りで頭がくらくらする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 109
feel anger drilling through sb: 全身をつらぬくような怒りをおぼえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
feel anger buzzing: うなりをあげる怒りをおぼえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
feel a frustrated anger creep into one’s chest: いらだたしい怒りが胸もとまでこみあげてくるのを感じる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
cry in tones of anger and real distress: 怒りと失望のいりまじった口調で嘆息する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
be the object of sb’s anger: (人の)格好の怒りの標的 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 170
be face to face with sb and sb’s anger: (人と)(人の)怒りとを前にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 503
anger grow: 怒りがじわじわとこみあげてくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
an anger makes sb feel larger than himself: 怒りが(人の)体を実際以上に大きく見せる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 162
怒りの力
   
one’s anger have abated by the time ...: 怒りの力は〜の前に抜けてしまった 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 77
怒る
   
meet the questions with mockery or anger: 〜の質問を受けると、嘲笑を浴びせたり、怒ったりする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 18
be fast to anger: 怒りっぽい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
腹に据えかねる
   
in turn, one have one’s own anger: (人の)ほうだって腹に据えかねる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 456
腹立たしさ
   
suddenly oscillate between anger and guilt: 気持ちは不意に、腹立たしさとうしろめたさのあいだをふれうごく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
腹立ち
   
there is no AA to be the focus for one’s anxiety and anger: 不安と腹立ちをぶつけようにもAAはいない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 414
憤り
   
with a terrible anger: 激しい憤りをこめて ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 37
stare with cold anger at sb: (人を)ひややかに憤りにみちて見すえる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 120
憤然とした
   
ask sb in a soft whisper with a little anger: 多少憤然としたような面持ちで、そっとささやくように問いかける ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 67
忿怒
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 85
癇癪
   
sb’s anger rise so high at these objection: (人の)癇癪は、仲間に逆らわれると、いよいよたかぶる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 48

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with anger: 怒りを感じると
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 24
say in anger: カッとなって口にする
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 11
righteous anger: 義憤
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 104
pure anger: まじめに怒っている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 22
pent-up anger: 鬱憤
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 104
in anger: 怒りにまかせて
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 45
feel anger: 怒りがこみあげる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 199
deflect sb’s anger: (人の)怒りをかわす
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 295
be clearly angered: 明らかに腹を立てる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 323
vend one’s anger on: 鬱憤を破裂させる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
turn white with anger: 顔色を変える
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
some of the anger that one is now venting loudly: ともすれば大声を出す(人)
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 59
sb’s voice rises in anger: (人が)大声でつんけん言う
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 70
proclaim, one’s shrill voice rising in anger: カナキリ声をあげて激高する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 46
one’s anger is aimed at sb: 鉾先を(人に)向ける
谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 199
never show one’s anger: 怒った気色を露ほども顔に現わさない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 10
in terrible frustration of anger: やり場のない怒りのたけをこめて
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 462
in a moment of anger: カッとなって
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 101
feeling genuine anger toward sb: 本気で(人に)腹を立てはじめている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 109
feel ruthless anger with sb gathering again: (人への)憤怒がふたたびつのるのを感じる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 284
feel a surge of anger: 敵愾心を感じる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 477
experience chest pains when greatly upset or angered: なにかとてつもない心配ごとや怒りごとがあると胸が痛くなる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 47
exclaim, flaring up in anger: 癇癪を起こして言う
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 39
demand, with hot anger: 腹立たしそうに言う
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 44
be angered by sth: 〜に怒りを感じる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 151
He could feel anger swelling inside him again: と勝呂はあらためて怒りがこみあげるのを感じた
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 250
paying no attention to sb’s obvious anger: (人の)怒りに頓着なく
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 148
betray a rising anger of one’s own: つきあげてくる怒りを、われ知らずもらす
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 259
between a cheer and a shout of hilarious anger: 喝采とも騒々しい腹立ちの叫びともつかぬ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 158
sb’s eyes get bigger with anger and disbelief: 怒りと不信の思いに目を丸くする
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 93
feel one’s anger building up: 怒りがふつふつとわきあがるのを覚える
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 77
catch up sb’s anger: 〜の怒りにつり込まれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 311
confused and struggling anger: わけのわからない、もやもやした怒り
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 79
control one’s rising anger: こみあげてくる怒りをこらえる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 207
..., one’s eyes dark with anger: 怒りで両眼を血走らせ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 323
deflect some of the anger that sb is now venting loudly: ともすれば大声を出す(人を)軽くいなす
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 59
anger dies: 怒りが去る
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 39
have a fierce, poorly differentiated anger against sb: (人に対して)意味がわからない激しい怒りを感じている
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 212
try to disguise one’s growing anger: こみあげてくる怒りを隠そうとする
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 447
His dismay turned to anger: 彼の苦悩は怒りに変わった
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 68
enormous and unreasoning anger: いい知れない怒り
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 186
sb’s anger seems to have evaporated: (人の)憤りは一ぺんに消散してしまったようだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 314
there is a suggestion of irritation, even anger in one’s expression: なんだかいらだたしげな半分怒ったような表情
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 186
exhilaration of anger: 憤怒
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 106
be filled with an enormous and unreasoning anger: 心にいい知れない怒りがこみ上げてくる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 186
abrupt fits of anger: 急激な怒りの暴発
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 51
one’s face flashes with anger: (人の)顔が怒りに紅潮する
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 174
force of sb’s anger diminishes: 癇癪の角を折られる
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 50
fuel one’s anger: 怒りに油を注ぐ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 331
sb’s face so full of black hatred and anger: 憎悪と怒りのどす黒くあらわに出た、そんな顔
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 128
the anger growing: ますます怒りを募らせる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 51
hence my anger: かくて私はフンヌの鬼と化したのであるが
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 160
hence sb’s anger: (人が)怒るのも無理はない
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 144
with no hint of the anger that is raging within: 胸のうちでたぎっている怒りの色を毛ほども見せず
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 28
His inertia rekindled Toby's anger: その不動が、トビーの怒りにまた火をつけた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 243
The first emotion to replace it was not anger but incredulity: 最初にもどってきたのは、怒りというよりも信じられないという感覚だった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 314
the knowledge only anger sb’s further: そう思うといっそう癇癪がおこってくるのをどうにもできない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 140
ツイート