× Q 翻訳訳語辞典
hands   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
手つき
   
with uncertain hands: あやふやな手つきで 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 192

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

hands: 両の手
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 272
one’s hands locked about sb’s neck: 首のうしろで組み合わされている手
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
abruptly raise a trap in sb’s hands: 合図もなしに手にした籠を高く差し上げる
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 119
have one’s hands across one’s tummy: 腕を組む
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
actually shake hands: 握手さえした
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 108
put one’s hands in one’s waistband again: またしても両手を腰のバンドに突っ込む
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 157
hold one’s head in one’s hands in an agony of doubt: 頭をかかえて懊悩する
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 181
effectively throw one’s hands in the air: すっかり匙を投げる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
clap one’s hands like one is all for this: してやったりとばかりに拍手する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 363
blow all hands up if one were in any ways molested: 手出しをしようものならどいつもこいつも吹っとばしてしまうぞ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 131
have ample works on one’s hands: 相当に多忙だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 91
and the hands of those clocks undeniably move constantly forward: ともあれ、否応なく人間たちの造った時計の針は進んでゆく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 402
look as if they are having trouble keeping their hands off one another: 一刻も離れていられないように手を取り合う
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 73
spread one’s hands apart: 両手を広げ、肩をすくめる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 195
can not lay one’s hands on the article: 今そのことを書いたものが手もとにない
sb’s hands automatically fly to sb’s neck: はっと両手を首にかける
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 471
one’s hands careful to avoid the blood-covered bodice: 血で汚れた部分に触らないようにして
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 29
become aware of a warm tingling in one’s hands: むずむずするようなあたたかさを両手に感じる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
struggle to beat one’s hands away: 必死になって(人の)手を払いのける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
slap sb’s hands away: (人の)手を邪慳に払いのける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
one’s hands look awkward: (人の)手が不格好だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
one’s hands clasp behind one’s back: 手をうしろに組んだ姿勢
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 369
draw one’s hands back over one’s shoulders: 両手を、(人は)肩にかつぐようにひきあげる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
come back with clean hands: 手を洗って戻る
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 499
one’s hands are bad: 手の具合がわるい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
the musketeers with their pieces balanced in their hands: 銃手たちはマスケット銃をにぎりしめて
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 171
one’s hands balled into tight fists: 拳をかたく握りしめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
when they have barely shaken hands: 握手もそこそこに
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 214
barely pause to shake hands: 握手するのももどかしげである
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 108
those great baseball hands: 野球のボールを握ってたあの偉大な手
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 188
the surface of sb’s face and hands is dismally beclouded: 顔や手もいやにどす黒くなっている
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 74
sb’s hands are becoming more and more crippled: (人の)両手がどんどんいびつになっていく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 466
before taking his head between her hands and kissing him on the mouth: ・・・から、両手で彼の顔をはさんで口にキスをした
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 181
Before I could answer, she put her hands on my arm and begged:: こたえるまえに、彼女は私の腕に両手をかけ、すがるようにいった
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 210
laugh at sb behind one’s hands: 口元を両手で蔽いながら(人を)嘲笑する
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 348
hands from behind push sb forward: 何本かの手に背中を押され、(人は)前に出る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
sb with red, chapped hands freeze beside one’s bike: 赤くかじかんだ手を自転車に添えてたたずむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
if one’s hands really weren’t better, one would fudge: 手の具合がよくないものだから、ごまかそうとしているのではないだろうか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
if one’s hands feel better: 手の具合がよければの話だけど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
bite off sb’s hands: (人の)手をぱくりと噛み切ってしまう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 286
stop the bleeding oneself covering sb’s wounds with one’s hands: 必死で傷口に手を当てて、止血する
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 40
blister one’s fine hands: 自分の綺麗な手にマメができる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
sb’s face and hands are bloated: 顔と両手がむくむ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 422
make a deal with a man whose hands are covered with blood: 両手を血まみれにした男と握手する
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 332
withdraw one’s bloodstained hands form ...: 〜から血にまみれた手を離す
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 233
He boasted he was going to take matters into his own hands: 俺の出方次第でどうにでもなるんだ、と吹いていたらしい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 330
boost oneself out of the car’s low frame with one’s hands: 両手で反動をつけて車体の低い車から下りる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 232
both hands in the open: 両手を見えるところに出せ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
break the skin on sb’s hands: 手の皮膚をすりむく
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 450
bring one’s hands up to one’s face: 両手で顔をおおう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 87
bring one’s hands together: 手を組み合わせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
bring one’s hands forward, hard: 手を思いきりつよく、前に投げおろす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
half burnt with leaves sticking out in funny isolated bunches, like hands: 半焦げで、掌みたいな変な具合に葉を茂らせてゐる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 163
bury one’s face in one’s hands: 両手で顔を覆う
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 228
bury one’s face in one’s hands: 両手に顔をうずめる
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 62
wash one’s hands of the whole business: きっぱりと手を引く
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 162
wash one’s hands of the business: 足を洗う
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 7
a buzzword passed between older hands: 古参のあいだにやりとりされる隠語
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 159
sb’s hands are meeting calmly in sb’s lap: (人の)両手が膝の上でそっと重ねられている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
be in such capable hands: そういう有能な手で掌握されている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 552
White hands carefully manicured: 白い手には、きれいにマニキュアがほどこされている
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 136
what she was carrying in her gloved hands: 手袋をはめた手にかかえられているもの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 55
casually run long hands through short chestnut hair: 栗色の短い髪を無造作に掻き上げる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 28
shake hands ceremoniously: おざなりに握手を交わす
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 42
check one’s hands to see that they are dry: 手のしめり気を気にする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 120
raise one’s hands steadily until they are level with one’s chest: 掌をジリジリと胸の高さまでもちあげてみせる
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 54
cup one’s chin in one’s hands: 手であごを支える
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 169
with sb’s chin propped on sb’s hands: 頬づえをついて
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 161
chuckle to oneself and rub one’s long, nervous hands together: ひとりたのしそうな顔つきで、長くてほっそりした手をこすりあわせる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 11
shake hands like civilized people: 紳士らしく手を握りあう
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 436
one’s hands clamp down to white claws on ...: 手は爪が白くなるほどつよく〜を握りしめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
clap one’s hands on ...: 両手で〜をおさえつける
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 456
clap one’s hands: やんやと手をたたく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 331
explosive clap of one’s hands: パチンと両手を打ち鳴らす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
clap one’s hands together: ぱたっと手を拍つ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 224
clasp one’s head in one’s hands: 両手で頭をかかえる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 86
hands clasped together: 両手を固く組み合わせ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 111
hands clasped behind one’s head: 頭の後ろで手を組む
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 13
clasp one’s hands together: 両手がひしと握りあわされる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 154
clasp one’s hands to one’s lips: はっと手で口をおおう
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 345
sb’s clasped hands: 組んだ手
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
hands are clean: 手を染めていない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 91
clenched hands: 握りしめた両手
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 362
the hands of the clock say noon: 時刻は正午のはずだ
clumsily grasp one of one’s hands: ぎこちなく(人の)手をとる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 278
one’s hands console sth with a couple of touches: (物を)手で二、三度ずつなでる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
continue to do with one’s hands in one’s coat pockets: 相変わらずコートのポケットに手をつっこんだまま〜する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 157
have never before laid hands on one of these newfangled contraptions: かような文明の利器をそれまでにいじくったことがない
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 158hand
Tweet