× Q 翻訳訳語辞典
shaken  
がっくりする
   
be shaken: がっくりする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 153

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

shaken: 狼狽しきった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 181
appear shaken by an earthquake: 地震に襲われたあとのようなありさまだ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
be badly shaken: ひどいショックを受けている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 315
when they have barely shaken hands: 握手もそこそこに
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 214
but a wild infection of the wildly shaken public mind: いわば大きく揺さぶられた狂的集団心理の感染でもある
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 178
be not to be shaken by distress and danger: どんな危険や困難が迫ろうと、ひるむような女ではない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 152
He opened his eyes, shaken and exhilarated: ブライアンは眼をあけた。ぶるぶるふるえてはいたが、昂揚した気分だった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 40
Just a bit shaken up but otherwise fine: ちょっと揺すられたけど、ほかは大丈夫
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 138
look shaken: ぎくりとしたようだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 30
self-confidence is shaken: (人の)自信を傷める
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 14
have been severely shaken: 抑えきれぬ感情の動揺があった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 163
shaken from one’s thoughts of ...: 〜の想念からはっと現実に返る
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 29
look shaken: げっそりしたような顔だ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 295
like a child shaken by a nightmare: 悪夢におびえて目を覚ました子どものように
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 104
be shaken up by: 〜で、ショックだ
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 142
be really shaken: とびあがる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 142
be more shaken: 動揺をもっと表に出す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 384
My self-confidence, I remember, was rather shaken then: それでこの物足りない返事が少し私の自信を傷めた
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 14
be shaken by an urge to do: 〜したい衝動が心をゆさぶる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 261
sb’s hands are shaken vigorously: 手はもぎれるばかりにうちふられる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 407
ツイート