× Q 翻訳訳語辞典
child   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ガキ
   
really think one must look like a child to sb: (人の)眼から見ると、(人は)ガキ以外の何者でもないんだろうな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
look like a child: ガキに見える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
ガキンチョ
   
look like a poster child for ...: 〜のポスターに出てくるガキンチョみたいな感じだ オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 207
チビすけ
   
I knew Ann as a child - a very precocious, high-spirited, and bratty child: わたしはアンを子供のときから知っていました--早熟で、活発で、利かん気のチビすけだったころから デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 408

育ち
   
child of a Catholic country: カトリック教国で育ち トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 182
嬰児
   
Not the peace of a child asleep in the manger of long ago: その昔ベツレヘムの厩で安らかに眠っていた嬰児の話ではない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 264
enter stark naked and stupid as a newborn child into one’s exile: 生まれたての嬰児のように素裸のまま追放の身となりはてる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 95
   
unborn child: おなかの子 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 18
true Showa child: 生粋の昭和っ子 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 404
sense of oneness between mother and child: 母子一体感 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 82
parents and children: 親子 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 33
native children: 土人子たち 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 18
leave one’s child in sb’s care and surrender him for adoption: (人に)まかせて養子に出す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 146
become one’s grandmother’s child: おばあさん子になる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 135
be sb’s favorite child: (人の)秘蔵っ子だ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 175
although sb wasn’t ever a lucky child: そりゃ(人は)、運のいい子とはいえなかったかもしれない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 262
a thrilled child: おびえた子 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 217
a frightening child like this: こんな怖ろしい子 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 147
a fretful child: だだっ子 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 348
a fair child: いい子 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 262
子ども
   
look around ... with wondering eyes of a child: 子どもがふしぎなものでも見るような眼で〜を見まわす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
how could a child grow to proper adulthood without sth?: 〜がなくて、子どもがどうしてまともな大人に成長できよう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 475
gigantic child: 巨人の子ども クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
an unruly child: 聞き分けのない子ども タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 47
子供
   
with the typical, dying-to-know expression of a child: 子供の好奇心そのものの顔で 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 185
with a child’s reasoning: 子供心に 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 46
want to come and claim one’s child: 子供を引き取りに来る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 146
treat sb like a child: (人を)子供扱いする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 160
the children of pioneer stock: 開拓者の子供たち ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 70
steal children: 子供をさらう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
put the children to bed: 子供たちを寝かしつける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 290
protect one’s child scrupulously: 子供を死にものぐるいで護りとおす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
kill any other child that one come across in the story: 途中で登場する子供を手当たり次第に殺す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 270
in the forgiving way of a child: まるで子供のように無邪気に トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
in the company of sb’s children: 子供たちの世話をする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 293
how it is when one is a child: 子供のころのこと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
have a child with sb: 子供をもうける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 550
from the time sb is a child: まだ子供のころから ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
don’t know how to tell that kind of story to a child: 子供にそんな話をする方途がつかぬ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 67
do one’s best to carry one’s child through a world that ...: 子供をかかえたまま、〜の世界を、なんとかくぐり抜ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
be unable to stay true to one’s own children: 子供に対する責任もろくにとれない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 117
be poor with several children: 貧乏人の子だくさんだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 120
be not good for an unborn child: おなかの子供に障わる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 131
be a big thing for a child to feel guilty about: 子供にとってはあまりにも大きな罪悪感だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
as a child one spent doing: 子供のときに(人が)〜したものだった ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 287
anxious child: 臆病な子供 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 268
an untrained woman with several children: 何人も子供を抱えた職業訓練を受けていない女性 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 360
   
child of nature: 自然児 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 53
児童
   
Child Welfare: 児童福祉事務所の者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
小僧っ子
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 67
少女
   
be a child again: 少女の昔に返る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 347
   
Grigoriev, you must be a friend to this child: グリゴーリエフ、きみにはその娘の味方になってもらわねばならん ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 482
幼児
   
child abuse: 幼児虐待 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 70
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 322

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

youngest child: 末っ子
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 46
three-year-old child: 三歳児
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 291
Sunday’s child: 人気者
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 321
small child: 幼児
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 84
one’s favorite child: 愛娘
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 39
one’s children: 自分の娘や息子
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
little child: 幼児
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 427
have two children: 二児を儲ける
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 18
go ahead and have the child: 産む
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 89
be child’s play: 幼稚だ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 9
as a child: 幼時より
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 9
adore one’s child: 子煩悩だ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 150
a spoiled child: 駄々っ子
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 225
a small child: 幼児
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
a child’s game: おもちゃ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
a child: 一人子
you are ever the child: 三つ子の魂百まで
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
while still a child: 幼いときに
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 127
when one is the oldest daughter of thirteen children: 十三人きょうだいの長女とあれば
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
when a child goes wrong the fault lies with the parents: 娘の不始末は親の不始末だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 123
the cleverest child to have appeared in ... in living memory: (場所)始まって以来の秀才
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76
so as a child one started to weigh one’s behavior: そんなわけで(人は)ほんの小さい時から、自分のふるまいをかえりみる癖がついた
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 1
remember having been irritated by ... when one was a child: 昔子供心に〜をいぶかしく思った記憶がある
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 128
press each point home firmly but with patience, as if one was trying to persuade a child: ざっとこれだけのことを噛んで含めるように説明する
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
other children of one’s achievement group: 同級生たち
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 87
make oneself a child: 一児をもうける
have one’s way with one as I never saw a child take up before: またとないほどのわがままッ児だ
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 59
give birth to a child: お産をする
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 16
even more mysterious to a child like sb: 子供ごころにも不思議だったのは
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 63
become the first child in X generations of one’s lineage to leave ...: X世代続いた家系の中で、(場所)をあとにする最初の反逆児になる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 93
be left behind alone, helpless as a lost child: 後に茫然として取り残される
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 148
be lacking in the refinement proper to a child of good family: 恵まれた家庭に育ったという繊細さがない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 313
a fat child with a grown-up’s face: 顔だけ大人の肥満児
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 318
sth be about the child of now: 〜は今なお子供の領分である
make absolutely sure that one never has another child: もう二度と妊娠しないように用心する
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 121
adopt the tone of one who explains the self-obvious to a child: 自明の理を子供に説明する大人のような口調になる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 89
feel of a child against one’s body when one hold one: 子供たちを抱いたときの体の感触
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 102
do the child all the good in the world: 子供には、これ以上のものはありませんからね
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 101
The man thrust the child angrily at her: 男は赤ん坊を邪険に女の手に押しつけた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 17
be another child: 子どものひとりだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 44
bring the apparently dead child swiftly and noisily back to life: 見るまに生気のなかった幼児が息を吹きかえし、けたたましい泣き声をあげる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 78
even as a child sb has a vague sense that ...: 子供心にも〜ことは薄々と感じる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 139
keep one’s attention upon the child-automatons: 自動人形から視線をそらさない
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 54
Aw, really now--child abuse?: あら、今度は幼児虐待?
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 70
be the child of a powerful man: 有力者の子供という境遇
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 182
a thin, bedraggled child: 痩せて貧相な女の子
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 110
before sb’s little child is born: そこへ赤ちゃんのお誕生ということになったんですねぇ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 45
be rich nourishment to the child’s pride and black temper: あの子供の高慢と邪心とをいよいよ助長する
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 58
a stiff and blushing child: 気難しくて、はにかみ屋の女の子
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 67
be not a bookish child: 本ばかり読んでいる子供ではない
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 34
reticent, precocious, bothersome child: 荷厄介な、妙に心をひらかない早熟な子供
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 150
brain-dead child: 大失敗作
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 120
play the role of bright child: 利口な子のふりを演じてみせる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 101
the child sb labored to bring forth into the world: 自分でお腹を痛めた子
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 389
But her wild child looks off, bored: そういわれても、パンク娘はうんざりした様子を隠さない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 49
continual emotional distress can create deficits in a child’s intellectual abilities: 情緒不安定な状態が続くと子供の学習能力が低下したりする
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 53
carry on like a child: 子供のようにはしゃぐ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 131
child-bearing:妊娠・出産
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
comfort a sick child: 病気の子供をいたわる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 132
in the tone of a child complaining to a parent: 子供が大人にむかってすねてみせるような調子で
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 28
a dense child: 出来の悪い子供
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 45
the deranged and motherless child: 母のない狂った娘
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 479
the desolate firetraps sbs used to live in when sb is child: 子供のころに暮らしていたわびしいおんぼろ家
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 537
Her child waved at them despondently through the back window as they left: リア・ウィンドーから子どもが、つまらなそうに手をふった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 409
the dispute was over who had to take the child: 子どもをどっちに押しつけるかで論争する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 51
what seems to be a hideous and distorted child: 気味のわるい、からだをおりまげた子どものようなもの
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 237
the door to the child’s room: 子供の病室のドア
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 150
sb’s mouth droop like the mouth of a hurt child: (人の)口が傷ついた子供のそれのように下を向く
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 33
earnest child: 熱意にあふれた小僧っ子
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 67
it is not easy having only one child: 子供が一人しかいないというのはつらいことだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 232
She's very emotional, for a child: とても情にもろいんだ、子供にしては
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 108
be an entirely English child: 少年はどこから見てもイギリス人だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 253
even as a child: 子供の癖に
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 215
forthcoming child: 生れてくる子供
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 89
sound like an unmanageable child that frets: まるで駄々っ子の恐喝である
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 51
a small child from whom life is going: 生命の冷えていく、いたいけな愛児
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 149
be good to a child: 子供に優しくする
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 110
ツイート