× Q 翻訳訳語辞典
but   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
・・・が
   
but only as ...: ・・・が、あくまで〜でしかない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 242

〜こそすれ、〜
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 330
〜だけはべつ
   
everything but ...: 〜だけはべつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
〜ながら
   
Sound but depressing advise: もっともながら、気の滅入る忠告だった メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 51
〜ながらも
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 205
〜にしても
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 51
〜のに
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 196
〜もさることながら
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 225
(〜だ)けれど
   
But I was told that the job was finished: 仕事はもう終わったって聞いたけれど 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 51

いずれにしてもだ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
いや
   
but then,: いや、 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
but perhaps ...: いやことによると〜 アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 269
But it wasn't so much coldness as efficiency, was it?: いや、冷酷さよりは、その手際のせいかもしれない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 425
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
いわば
   
but a wild infection of the wildly shaken public mind: いわば大きく揺さぶられた狂的集団心理の感染でもある ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 178
おかげで
   
<例文なし> 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 82
かといって
   
It made me mad, though, when I was getting my coat: でも、オーバーを受け取りながら、腹が立ってたまんなかった サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 137
but he can’t help it: かといって手の打ちようもない カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 133
..., but sb doesn’t want to do either: かといって、〜するのは避けたい ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 156
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
   
unlikely, perhaps, but possible: 考えにくいことだが、あり得ないことではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 382
twenty-one, perhaps, but ...: 二十一、二というところだろうが クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
I suppose that ..., but ...: 〜だろうが 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 75
I’m very sorry, but: きみにはすまないが クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 350
Hugh couldn't remember, but he put the wallet away: いったおぼえはなかった。が、ヒューは財布をもとの場所にしまった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
but okay: が、まあいい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
But this also seemed perfectly okay tonight: が、今夜のヒューの心は、どんな刺激を受けてもまったく波風を立てないようだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
but sb cried out now: が、このときばかりは叫びだしていた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
but sb also do ...: が、それと同時に(人は)〜する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
But it didn't matter: が、そんなことはどうでもよかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
が、その一方で
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
が、それはともかく
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 218
が、だからといって
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
が、なんとしたことだろう
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 236
が、一方で
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
きっと
   
Maybe not your Dostoyevsky, but a known second-rate novelist: ドストエフスキーとまではいかなくても、きっとそこそこの二流にはなれたよ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 121
くせに
   
believe that sb be really a very good husband, but that ...: (人は)根が善良このうえもない夫であるくせに、〜だ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 14
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 372
けど
   
But this isn't the sea, is it?: けどここ海じゃないんでしょう 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 106
But no politics: けど、政治は抜きだった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 149
But it is not my fault, okay?: けど、それはおれの責任じゃないよ、オーケイ? ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 151
But it’s important.: 急用なんですけど クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 299
けれど
   
But look - there, do you see?: けれど、ごらんなさい。そら、どうです 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 96
これにくらべて
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 71
さ、
   
<例文なし> 池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 33
さりとて
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 151
さりながら
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 92
されど
   
But what's this?: されどなんたること プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
さればといって
   
<例文なし> 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 103
しいていえば
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 82
しかしそれと同時に
   
She knew she had, but she was afraid she hadn't: 施錠したことはネッティにもわかっていた。しかしそれと同時に、ネッティは不安も抑えきれなかった。もしロックしてなかったらどうしよう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
しかしどうしたことだろう
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
しかも
   
be finite but unbounded: 有限であって、しかも、はてしない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 111
absolutely A, but B nonetheless: 正真正銘のAで、しかもBだ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 86
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
しかるに
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
じゃ
   
But, I tell you what, you read it out and I'll check what we do have: じゃ、こうしない、読みあげてくれたら、あたしが在庫をしらべるわ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 123
すると
   
But Felicity-Felicity had told her sharply not to be a silly girl: するとフェリシティは、ばかなことをいうんじゃありません、きつい口調でいった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 415
<例文なし> 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 30
そういわれても
   
But her wild child looks off, bored: そういわれても、パンク娘はうんざりした様子を隠さない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 49
そこへゆくと
   
<例文なし> 池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 19
そして
   
But now they'd come to an area in which she excelled: そして、やがて教官たちは彼女に完全に兜を脱いだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 17
<例文なし> 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 28
そのかわり
   
<例文なし> ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 27
そのくせ
   
He plays the fool a lot, but he's very friendly: とぼけていて、そのくせ、人なつっこいのさ 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 286
But he's got a low opinion of his fellowmen, sir: そのくせ、機関員仲間を仲間とも思わないんです マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 276
そのじつ
   
<例文なし> ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 82
そのとき
   
<例文なし> ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 20
その代りに
   
but creep nearer: その代りに(人の)傍ににじり寄る ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 134
その代わりに
   
<例文なし> 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 5
それが
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 36
それだけに
   
<例文なし> ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 293
それで
   
but what about it: それで、どうなんだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
それでいて
   
But when at last death was very close, he seemed unable to recognize it: それでいて、眼前にせまりつつある死そのものには気が付かなかった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 120
But there was another part of me that trusted Ojosan absolutely: それでいて私は、一方に御嬢さんを固く信じて疑わなかったのです 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 178
But I do not remember wanting any more money than I received: それでいて私は少しの不足も感じませんでした 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 150
But he'd taken the time and endangered himself to rescue Doris: それでいて、わざわざ手間をかけ、自分を危険にさらしてまで、ドリスを救い出しているのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 566
<例文なし> 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 92
それでも
   
But western Germany is going to buy whatever has to be bought: それでも西ドイツは、必要なら金を出すだろう サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 130
But Kelly had shown some mercy after all: それでもケリーは一掬の情けをかけてやった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
But just to ease her mind: それでも気休めに 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 108
..., but ...: 〜ではないが、それでも〜 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 65
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 87
それでもまだ
   
But he was taking no chances: それでもまだ大事をとった ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 91
それと
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 21
それどころか
   
<例文なし> ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 329
それなのに
   
But why hide in Kindle, where sooner or later he'd run into somebody he knew?: それなのに、なぜ、キンドル郡内に、遅かれ早かれ知人のだれかと鉢合わせすることになる場所に隠れる? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
But the ball would zoom into the plate: それなのに、ボールはうなりをあげてホームプレートへ向かってくる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 287
But of late that joy lay dormant in his breast: それなのに、このところその悦びが胸に湧いてこない 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 27
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
それに
   
But I still have my good days: それに、そんなに痛まない日だってあるんですよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
それにしても
   
But it makes me wonder what we're going to find next: それにしても、今度はなにがとび出すことかと思う マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 290
But he would have killed for his morning Sovietskiy Sport: それにしても、朝起きて「ソビエツキー・スポーツ」が読めないとはあんまりだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 225
But had he mesmerized her somehow?: それにしてもゴーントさんは、なんらかの形でわたしに催眠術をかけたのだろうか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 330
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 105
それにつけても
   
<例文なし> 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 69
それにひきかえ
   
But the other one only went off once that I can remember: それにひきかえ、もう一つの方はあたしの覚えてるかぎり一回しか鳴ったことがなかったのよ ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 42
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 379
それに引き換え
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 360
それはさておき
   
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 94
それはそうと
   
But I have to talk to you: それはそうと話があるんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 272
But do you want to know a secret, Trisha?: それはそうとトリシャ、おまえ秘密を知りたくないかい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 261
それはともかく
   
But what did everyone else do?: が、それはともかく、ほかの村人たちはどうしているのだろうか? メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 16
But Gillette was just skimming off the biggest games: それはともかく、ジレット社はワールドシリーズのような大試合の恩恵にだけ浴しているに過ぎなかった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 350
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 116
それより
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 11
それよりも
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 213
ただ
   
but make use of them, to do ...: ただ〜するために、言っているだけだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 288
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
ただ〜
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 151
ただ〜だ
   
But I fear time is now against us: ただ心配なのは時間がないことだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 10
ただ〜の感はあったけどね
   
but I nearly went too far: ただちょっとやりすぎの感はあったけどね ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 262
ただし
   
But to pay those wages it must have the productivity to justify them: ただし、高い賃金を支払うには、それなりの生産性が伴わなければならない サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 197
But that doesn't mean you're off the hook: ただしこれで無罪放免とはいきませんよ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 152
But I should warn you that I'm not staying for very long: ただし、いっとくが、わたしは長逗留はできない イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 286
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
だからといって
   
but what could they learn from that?: だからといって、それだけでは他人はなにも感づくまい ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 206
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 365
だが
   
But they themselves were now in a pretty bad state, Nicholls realized: だが、当の自分たちは、かなりひどいことになっているのにニコルスは気づいた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 291
But only for so long: だが、いずれ終わりはくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
But now I'm afraid I'll have to ask you to leave: だが、こうなったらおひきとりいただくしかないようだな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
But it is not the politician's lot to explain: だが、まあ、もともと政治家なるものは、説明をするように生まれついてはいないのだ トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 19
but ..., one way or another: だが、〜ということわざもあるではないか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
... but one force oneself to do: 〜だが、それでもむりやり〜する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 270
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
だがしかし
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
だがじっさいは
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
だがどうやら
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
だがな
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 172
だけ
   
make a sound but otherwise failed to react: 反応はフムというあいまいな音だけ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
だけど
   
But do you need it, Myra?: だけどマイラ、ほんとにこの絵が必要なのかな? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
だけどな
   
But I'm working on a variation, John: だけどな、ジョン、おれはいまこいつのヴァリエーションを考案中なんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 244
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
だけどね
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 41
だって
   
But Mother's there, and besides, God said so: だっておっかさんも行ってらっしゃるし、それに神さまがおっしゃるんだわ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 120
"But he was murdered, wasn't he?" she said: 「だって、リチャードは殺されたんでしょう?」と言い放った アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 25
だといって
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 284
だのに
   
But you haven't consulted them: だのに、あんたはあれを読んでこなかったのね ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 274
But he has to go looking for the fountain of youth: だのにあいつ、若さのもとをさがしにいかなきゃおさまらないなんて トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
ちょっと
   
つい
   
stand but a few feet behind sb: (人の)つい二、三フィート後方に立つ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
つまり
   
but with the interested object of squeezing oneself back again: つまりなんとかもう一度、一団の中へ入れてもらいたいからだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 141
   
but what it that?: で、どうなんだ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 202
ですが
   
But this paragon has one fault: ですがこの逸物には欠点が一つあります ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 141
ではありますが
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
でも
   
Yes--but that's not all: でしょ。でもまだつづきがあるのよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
Yeah, but what does he owe me?: でも、ぼくのほうの貸しは? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 79
It was wrong, he knew that, but it felt good: いけない、こんなことをしてはいけない。ブライアンにはわかっていた。でも気持ちがいい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
I sympathize with that, but it's not my problem: お気の毒だな。でも、それはこっちにゃ関係がない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
but mostly things go along all right: でも、たいがいのことはなんとかなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 18
But how could she go out?: でも、いったいどうしたら外に出かけられるというのだろう? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
--but nothing is priced: でも、値札がひとつもついてない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
--but I'm done talking about it: でも、こっちはもういうことがないんです スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
でもいいんだ
   
But you have to draw the line somewhere: でもいいんだ。ひどいことにはきりがないんだ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 50
でもさ
   
But--: でもさ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
でもだからといって
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 218
でもね
   
I know, boy--but we're going to fool her: わかってるのよ。でもね、あいつの眼をくらましてやんなきゃならないんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
でもねえ
   
But all he can do is write prescriptions: でもねえ、結局は処方箋を書いてくれるだけだから スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
でも結局のところ
   
But nothing fell on him and nothing closed off that little circle of blue: でも結局のところ何も落ちてはこなかったし、何かがその小さな青い円をふさいだりもしなかった カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 238
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 197
といって
   
<例文なし> ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 85
といっても
   
But it was hardly news that Nora was adventurous: といっても、ノラが大胆なのはべつにそのころ始まったわけではない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
ところが
   
But when you took a closer look it was boring: ところが、じっくり見ると、これがつまらんのだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 140
But Massot was convinced: ところが、マッソーは情況が変わると信じて疑わなかった メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 240
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
ところで
   
But what's this?: ところで、これはなんです? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 58
but fear is accompanied by another instinct: ところで、恐怖にはもう一つの本能がつきものである ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 85
But does the story go on, or is that the end?: ところでさっきの話のつづきがあるのかい、それともあれで終りか? ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 130
として
   
Dave's first reaction might be predictable, but how should we react?: ロイの出方は見当がつくとして、私たちはどう対応すべきだろうか? ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 33
とにかく
   
But you won, and that's all that matters,: とにかく勝ったんだから、文句はないでしょう ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 299
but one never missed a single day: とにかく一日として欠かしたことはなかった ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 168
But here's our policy, from here out: anyone that's attacked, we tell them: とにかく、今後の方針として、ハッカーにねらわれている機関なり組織なりがあれば必ず知らせることにしよう ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 117
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
とはいうものの
   
But two or three drinks took care of that thought: とはいうものの、二杯三杯とグラスをかさねていくうち、胸のざわめきはしだいにおさまっていった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
But this is a place to pause: とはいうものの、やはりここでひとまずおしまいにしよう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 270
But the hacker got into my system and was rebuffed at White Sands: とはいうものの、ハッカーは私のシステムにまんまと侵入し、ホワイトサンズでは門前払いをくった ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 123
But it could speak and make sense: とはいうものの、ちゃんと喋ることができた アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 9
--but we've always had a pretty good working relationship: とはいうものの、おれたちは仕事の上ではけっこううまくやってきてるわけだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
とはいえ
   
But we weren't certain that someone was breaking into our system: とはいえ、私たちはまだハッカー侵入の確かな証拠をつかんだわけではない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 33
But the chef knew what he was doing: とはいえ、シェフがここでこれを出すには、出すなりの立派な理由がある メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 258
But the Air Force relied on the FBI to catch the hacker: とはいえ、空軍はハッカー逮捕に関するかぎりFBIが頼みの綱である ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 168
but see that sb is looked after: とはいえ、面倒を見てやってくれたまえ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 11
But it beats hell out of a mood ring or a mantra when it comes to comfort: とはいえ、心の慰めを考えるなら、気分の変化が色に出る、あのムードリングと呼ばれる指輪も、ヒンドゥー教の呪文、マントラも、ガミー・ランプには遠くおよばない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 64
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
とはいったものの
   
<例文なし> ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 171
とはいっても
   
... but ...: 〜とはいっても〜だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
ともかく
   
but sb think they are nice grand words to say: ともかくもったいぶったことばを口にしてみたい ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 17
どうも
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 45
どのみち
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 160
ながら
   
give sb a wan but winning smile: 控えめながら愛嬌のある微笑を浮かべる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 33
be an enemy, but: 敵ながら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 532
a small but ...: 小さいながら ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 446
..., but ...: 〜ながら〜 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 329
なにしろ
   
but they have been through a great deal together: なにしろ長い付き合いである スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 207
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 274
なにしろ〜なもんで
   
but I’m by myself: なにしろ私ひとりなもんで タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 163
なにせ
   
but sb is only ...: なにせまだ〜である フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 76
なのに
   
They were laughing, but they looked terrified: 彼らは声をたてて笑っている。なのに、その表情はあきらかにおびえきっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
He'd only had three beers, but they had hit him hard: ビールを三本飲んだだけなのに、それがいやにきいてしまったのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
   
stare at sb but say nothing: 何も言わずに(人を)見つめる 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 36
にもかかわらず
   
But Tom insisted: にもかかわらず、トムは自説を曲げない オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 218
But it was hard to fall asleep that evening: にもかかわらず、その夜、私はまんじりともしなかった ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 261
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
のに
   
everything sb had ever wanted but could not afford: 前々から買いたいと思っていたのに手に入れられなかったもののすべて スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
ばかりだ
   
end sb’s current ability to do anything but do ...: 〜が終わると当面できることはなにもなく、〜するばかりだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 501
ほかに
   
have no choice but to do: 〜するよりほかに道はない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 150
ほかは
   
be windswept but for sth: (物の)ほかは塵ひとつない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
ほんの
   
bite but a little of this fruit: ほんの一口でいゝ、この木の實を齧れ ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 50
   
But you'll learn: ま、授業料だな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
まあ
   
Not great, not as pleasant as eating cake should be, but all right: 万全とはいいがたいし、ケーキを食べているあいだも楽しい気分にはなれないだろうけど、まあなんとかなりそうだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 61
But enough whining: まあ、泣き言はこのくらいにして、・・・ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 67
まず
   
<例文なし> 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 58
まったく
   
But I must say you did your stuff: まったく君はよくやってくれたよ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 215
もちろん
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 59
もっとも
   
But Cheney worried that the prince had his own agenda: もっともチェイニーは、この王子が彼なりの行動律をもっていることが気になった ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 300
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
より外に
   
have no one in this world but sb to depend upon: (人)より外にまるで頼りにするものがない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 29

案外
   
<例文なし> 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 160
遺憾ながら
   
<例文なし> ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
一応は
   
But they had a go: 一応は骨折ってくれたよ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 114
一方
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 38
何しろ
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 212
何はさて
   
But all these interpretations and observations came later: 何はさて、右のような判断と観察は、すべてあとからのものだった 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 36
実際
   
But in a big game before a big crowd, he was always at his best: 実際レイノルズは、大試合で大観衆の前に出ると、決まって最高のピッチングをした ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 439
少なくとも
   
<例文なし> 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 375
第一
   
but the taste of sb seems to be decidedly opposed to ...: 第一、〜は、およそこの(人の)趣味とはそぐわないものだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 327
同時に
   
<例文なし> 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 23
反面
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 137
ツイート