× Q 翻訳訳語辞典
kid   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あいつ
   
this kid’s not shy, is he?: やるなあ、あいつも 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 97
あざむく
   
kid oneself: じぶんをあざむく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
いいか
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 281
おい
   
Kid, you won't believe what you're about to see: おい、これから信じられないことが起こるぞ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 199
おっさん
   
“Kid," he said, “your tie is too small: 「おっさん、あんたのは結び目が小さ過ぎるんだよ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 317
お嬢ちゃん
   
We ain't got any needles here, kid: お嬢ちゃん、ここには針なんかないんだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 110
からかう
   
kid the pants off sb: (人を)とことんからかう サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 123
きみ
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
きょうだい
   
one of eight kids: 八人きょうだいのひとり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
こども
   
kids love sb: 子供たちが(人に)なつく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 285
ごまかす
   
try to kid oneself: 気休めにごまかしておれる マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 147
kid sb: ごまかす 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 145
ちんぴら
   
stinking kid: 薄ぎたないちんぴら ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 237
ふざけたことをきく
   
who the hell are you kidding: ふざけたことをきくんじゃない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
ふりをする
   
who am I kidding: そんなふりをする必要がどこにあろう? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 103

ガキ
   
when sb be a kid: ガキのときに ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 103
This kid Max Thaler--Whisper--had got a lot of friends too: マックス・セイラー、別名“ホイスパー”というガキもたっぷりコネをもっている ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 19
some other dumb-ass kid: どっかのいかれたガキ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 231
some little kid like the asshole who have stepped in front of sth: 〜の前にとびだしてきた少年を思わせるひとりのガキ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
see no one but a kid: 眼に入るのはガキの姿だけだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
poor kids: 哀れなガキども トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
Or a kid who says this is boring: それとも退屈だと投げだすガキか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 234
kids: がきども スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
Imagine this kid: まったく、なんてガキだ! カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 251
He was a kid really: しかしあいつ、ほんとにガキだったな プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 185
goddamn kids: くそっ、ガキども! タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 95
blond kid: ブロンドのガキ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 158
a naughty kid: いたずら好きのガキ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
   
the crazy kid: あのコはどこかオツムが軽い ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 138
チビっ子
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 72
ワルガキ
   
hooligan kids: どうしようもなく凶暴なワルガキ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 213

学生
   
kid ushers: 案内係の学生たち トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 303
軽口をきく
   
kid sb: (人に)軽口をきく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 450
誇張する
   
I’m not kidding when I say ...: 〜というのは誇張ではない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 191
   
the kid: この子 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 65
子ども時代
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
子供
   
when sb is a kid: (人が)子供の頃から カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 36
traipse around ... with a bunch of kids: 子供たちを抱えて、(場所)中をよたよたと歩きまわる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 357
tiny little kid: まだほんの子供 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 327
this mouthy kid: 憎たらしい子供 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 251
sound like a real kid: 子供でも言いそうな言葉 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 148
sb’s kids were the same ages: 同じ年頃の子供を持つ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 121
he’s a good kid: やつはまだ子供だよ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 264
have another kid: 二人めの子供が生まれる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 242
have a kid at fifteen: 十五歳で子供を生む トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
dish up lies to kids: 子供に嘘を供給する 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 132
disabled kid: 障害のある子供 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
better-heeled kids: 上品な子供たち ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 368
beat one’s kids: 子供を虐待する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
be looking to the kid’s market: 子供向けマーケットの開拓に力を入れている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 338
as a kid: 子供時代の トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
a clumsy little kid: 半端なことしかできない子供 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 27
   
kid without four-three speed: スポーツの才能のない者 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 280
若い選手
   
take a kid’s ear off: 若い選手の耳を一つ駄目にする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 184
kid from ...: (場所)出身の若い選手 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 67
若者
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
若造
   
Still, he was only a kid: しかしなにぶんの若造だ 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 68
some crazy kid: どこかのイカれた若造 クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 68
Joe, you said you were sending the kid down,: 監督、あの若造を下に落とすって言ってましたね ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 17
get kids from training school: 訓練学校上がりの若造達が入ってくる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 113
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 66
手下
   
sb’s kid: (人の)手下 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 203
小僧
   
“Kid," he said, “I hear you're getting that control: 「小僧、コントロールがついてきたそうだな ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 317
小娘
   
They carted her from pillar to post, A kid: あっちこっちへ連れて行かれた。ほんの小娘 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 286
小倅
   
working-class kid: 労働者階級の小倅 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 411
少年
   
when one is a kid: (人の)少年時代 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
genial kid: 人好きのする少年 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 391
fat kid: デブチン少年 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
be worse than an unhappy kid: たんなる不幸せな少年というよりまだわるい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
冗談めかす
   
can’t kid about it: こればかりは冗談めかすことはできない ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 455
冗談言う
   
are you kidding: おい、冗談言うなよ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 102
生徒
   
The kids were physical and the teachers were physical: 生徒たちも腕力に訴えたし、教師たちも腕力に訴えた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 202
青少年
   
normally fucked-up American kids: たるみきった平均的なアメリカ青少年 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 180
青年
   
a local kid: 地元の青年 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 67
息子
   
sb’s only kid: ひとり息子 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 50
mouthy kid: 小うるさい息子 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 73
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 237
道化役
   
He became the leader, and yet he was also the kid: チームリーダー的存在になったが、それでいて、相変わらず道化役も務めていた ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 389

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you kids: おまえたち
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 164
you kidding me?: いけるなんてものじゃない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 496
you’re kidding me: 馬鹿いっちゃいけません
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 330
twenty-year-old kid: 二○歳のいい若い者
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 217
those ‘kids’: あいつら
the goddamn kid: あのくそガキめ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 183
sophisticated kid: 垢抜けした街っ子
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 279
no kidding: そうか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
no kidding: でたらめを言ってんじゃない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 300
no kidding: ふーん
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
no kidding: まじめな話
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 203
no kidding: 心からそう思っている
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 301
new kid on the block: 新入り
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 9
kids: 子供ってやつ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
kidding around: ごまかし
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
kid come on: あのさ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 22
kid oneself: 誤魔化す
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 100
kid oneself: 自己欺瞞
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 231
Kid: おい、
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 247
just kidding around: ただのおふざけ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
I‘m not kiddin’: 嘘じゃない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 169
I‘m not kiddin’: 嘘じゃねえ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 334
high school kid: 高校生
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 72
hey kid: おい、おい、
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 65
don’t kid yourself: 生意気なことは言わないほうがいい
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 251
Cabbage Patch Kids: キャベツ畑人形
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
be still a kid: まだ若い
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 108
be not kidding: (人の)言葉は嘘じゃない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304
be kidding oneself: おちゃらけている
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 249
are you kidding: ばかな
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
are you kidding: バカいってんじゃないよ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 219
another kid: 仲間の誰か
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 231
you gotta be kidding: 馬鹿も休み休みいえ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 234
you’ve got to be kidding and I knew it!: まさかとやっぱり
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 189
when one is kid and one do: あんな歳で〜したら
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 231
the kids from grade school: 小学校時代の級友
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
the kid has come along: 子供が生まれる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 57
teach one’s kids about ...: 〜を次の世代に伝える
take one’s time or kid around sounding grouchy: わざとのろくさして、冗談半分に不満そうな声をあげる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 198
stop your kidding will you?: 罪なこと聞かせてくれる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 265
many of the tougher kids: つっぱり仲間たち
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 306
keep passing it on to one’s kids: 長いこと歌い継がれている
handle sb with the gloves of kid: (人を)慎重に、お手やわらかに扱う
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 291
be not kidding oneself: 自分をごまかすつもりはない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 141
be not kidding around: やるといったらやる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
be mostly just kids: ほとんどは年端もゆかぬガキだ
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 91
are you kidding me?: あたりまえだろうが
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 19
(she) is the main support of a passel of kids: 大勢の子供を女手ひとつで養っている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
ツイート