× Q 翻訳訳語辞典
has   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かねて〜
   
the 400,000 in cash which the buyer has brought along: かねて用意の差額四十万フラン メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 92

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb in not the first man she has loved in this totally abandoned way: 自己放棄的な愛し方は、(人が)はじめてのものではない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 178
it’s a crime not to make the best use of whatever ability one has: 人は自分の持っている才能を出来るだけ働かせなくては嘘だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
be not able to do so before a long time has passed after ...: 〜したのは〜してからよほど経った後の事だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 163
make absolutely sure that one never has another child: もう二度と妊娠しないように用心する
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 121
emphasize the absurdity of ...: 〜の愚行に対して声を大にしてとがめる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 101
has gained rapid acceptance: 急速に支持されてきている
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
the accident has happened in getting sth out of cart: 椿事は(物を)車から下ろしているときに起った
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 51
give sb a brief account of what has happened: 手みじかにさきほどの顛末を話す
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
However, there is one achievement that has eluded me: ところが、ひとつだけわたしに果たせなかった目標があります
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 160
the last act has begun: もう大詰めにかかっている
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 21
somebody who has committed a vilent act: 暴力犯罪者
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
an act of independence that one has to do on one’s own: どうしても自分たちだけの力でやらなければならないこと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 395
acting as if one has just been rehearsed by sb: いましがた(人に)教えられ練習をしてきたような感じで
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 27
this early activity has something a little sinister about ...: この早起きに何か尋常でないものがある
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 74
But actually he hasn't got clearance for the computer room: あの人は、コンピュータ室に自由に出入りすることもできませんもん
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 486
learn a little more about what has actually happened: もうすこしくわしく事情を聞く
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 50
add, with deliberate emphasis: 保証する
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 143
I have to admit sb has a point: なるほど、(人の)言うとおりかもしれない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 236
purchased adoration: 金で買われた尊敬
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
disappointed with what is less of an adventure than sb has hoped: あまり物足りないので
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 195
the possibility of an affair has never crossed sb’s mind: 心の上でさえ、かりそめの不貞めいたものも働いたことはない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 57
not long after sth has begun: 〜が始まってしばらくしてから
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 60
long after everyone else has left: みんながとうにひきあげてからも
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
after some time has passed: ややあってようやく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 96
after a hasty dinner: 夕食もそこそこに
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 193
it has been ages: 何年も会わなかったみたい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 192
Each agency has thresholds: 司法機関にはそれぞれに権限の範囲というものがあって、
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 120
be aghast at the sudden realization of ...: 〜に気づいてぎょっとする
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 31
aghast at the idea: それを聞いてびっくり仰天した
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 68
look at sb, aghast: 信じられないというように唖然として(人を)見る
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 181
be aghast: 腰を抜かしてしまう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 309
aghast:信じられない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 368
stare at sb, aghast: 呆れながら(人を)見詰める
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 306
be aghast at ...: 〜に慄然とする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 316
be aghast: 愕然とする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 188
that has been a long, long time ago: いまにしてふりかえれば、遠い遠い昔の話だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
"So it has always been," Keeton agreed: 「これまではそうだった」キートンはあえて異をとなえない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
the wine has all gone: ワインがきれいに片づく
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 68
all has turned out splendidly: 何もかもうまくいっている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 224
purchase all ... one has: ありったけの〜を包んでもらう
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 86
it’s all anyone has been talking about: その話で持ちきりだ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 302
if it all has not been so tragic: そんな切羽つまった話じゃなかったら
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 147
feel tormented as to why all of this has happened: いったいどうしてこんな結果に終わってしまったんだろうと深く思い苦しむ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 315
all one has is a bare desk: むきだしのデスクひとつ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470
luck has rarely been sb’s ally: 生来ツキに見放された(人)
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 19
the rain has almost stopped: 雨が小降りになる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 176
it has something almost erotic about it: 艶つぽい
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 33
has almost done: もう少しで〜しそうになる
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 83
the kid has come along: 子供が生まれる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 57
wonder aloud to sb what has happened: それにしても、いったいどうしたんだ、と大声でいう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 391
alphascope:アルファスコープ
辞遊人辞書
has already received some offers of marriage: 二、三そういう話のないでもない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 184
there has always been that certain kind of guilt about doing ...: (〜するとき)決まってあの妙なうしろめたさがつきまとう
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 7
so it has always been: これまではそうだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
sb always has some dress on that can kill you: (人の)着てるものはいつ見ても感心する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 247
it always has: いままではそうだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
He has always been most devoted to our shrine: 当社の熱心な崇敬家でありますが、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 28
has always been a prime favourite with racing public: 競馬界きっての人気をつづけてきた
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 11
ever since those days this has been ... which one have always done: 〜はこのころからこうだった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 29
be the type of man who, though not amusing, has a knack of knowing things: 面白味こそないが、いろんなことに通じるこつを心得た男だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 60
have the hiccups and has been crying: しゃくりをあげながらおいおいと泣いている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 287
an army announcement over the radio has reported ...: 軍の報道がラジオを通じて〜と伝えた
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 164
sb1’s unexpectedly loud snoring has annoyed sb2: 〜は意外に大きい〜のいびきに脅えてしまった
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 154
be annoyed because sb thinks that sb has guards out there: 護衛たちは何をしているのかといぶかる
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 515
Another satisfied customer has found her needful thing!: 必要なものを見つけたお客さまに、これでまた満足していただける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
years before, one has been to another ...: 何年か前にも、〜に招待された
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 255
another meaning one has not anticipated: 意識しなかった別の意味
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 181
no one up here has to hear any more: うちの人間の耳に入れてはいかん
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 197
in any event, one has no intention of doing: 〜してなどやるものか
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 106
hasn’t turned up in any real numbers yet: 〜の数はそれほどたいしたことない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 189
well, that hasn’t got anything to do with it: それが何だというんだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 51
I’m not saying it has anything to do with me: 別にそれをどうのこうの言ってる訳じゃない
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 30
be appalled at how unobservant one has been: 自分のうかつさに慄然とする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 112
one’s speech has run for a deal longer than either of sb apparently expected: どちらが予期したよりも長広舌になる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 225
the magnetic appeal that sth has for sb: 〜と聞けば目の色を変える
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 284
a blurred white shape has appeared: 白い朦朧とした影がうかびあがった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 114
there is constant emphasis on appearance: たえず外見を重んじる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 40
no one in this house has the least appreiciation or interest in cooking: 料理にまるで理解も関心もない一家
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 128
the whole area has changed in appearance: あそこいらの様子がまるで違ってしまう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
that’s an arm sb has got there: 生身の腕
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 130
hasten around doing ...: 〜に走りまわる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 12
be arrested in the “baby phase”: 「幼児段階」から抜けられない
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 94
the arrogant fellow who has demanded ...: 不遜な態度で〜を要求してきたあの男
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 93
one’s life as a young man has been a thing of clear blacks and whites: 若き日の(人は)白と黒とをはっきり色分けする生活をしていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
no world has been as good as ...: 〜ほどすばらしい世界は存在したためしがない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
even as a child sb has a vague sense that ...: 子供心にも〜ことは薄々と感じる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 139
ask oneself whether one has lost one’s sanity: 自分の頭がどうかしたのではなかろうかと疑って見る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
the notion of doing ... has its satisfying aspects: 〜する図を想像すると愉快でたまらない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 92
Alexandra has serious problems which require the assistance of a mother: アレクサンドラが重大な問題をかかえて、いますぐ母親のたすけを必要としてるんだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 11
if any town business has come to sb’s attention: 役所関係のことでなにか気になることがなかったかどうかって
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 303
purchasing patterns, attitudes, and loyalty: 購買パターンや嗜好、ロイヤルティなど
ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 8
enter a new phase of attractiveness: 突然きれいになる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 56
there has always been some back-street talk: かねて浮き名が立っている
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 191
it has to be!: 当然のことながら!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
it has never been like this: こんなの……こんなの初めて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135area
Tweet