× Q 翻訳訳語辞典
anything   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
こと
   
can do anything no matter how awful: どんなひどいことだってやれるんだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 60
anything serious: 由々しいこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 511
こんりんざい
   
would not tell a story for anything: こんりんざいつくり話なんかする人じゃない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 241
ちっとも
   
there is not anything to be ashamed of: ちっとも疚しいことじゃない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 198
どんなこと
   
be even more interested in doing than anything else: ほかのどんなことよりも〜で頭がいっぱいだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 523
どんなことでも
   
virtually anything: 文字どおりどんなことでも トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
どんなものでも
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 130
なにか
   
if sb find out anything: (人が)なにかつかんだら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 387
establish whether anything had changed: なにか変化があったかたしかめる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
なんだって
   
one could do anything one wanted -- well, almost: しようと思えばなんだって、でもないけど、できる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 15
なんでも
   
oh God, please let me do ... I’ll do anything: 〜ができたらもうなんでもする、神様 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 36
be hungry for anything that ...: 〜なものなら、なんでもがつがつと飛びつく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 380
なんにかぎらず
   
hate anything messy: なんにかぎらず乱れたことが大嫌い デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 142
もしものこと
   
should anything happen to sb: (人に)もしものことがあれば 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 103
if anything happened to sb: (人に)もしものことがあれば ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 199
もしもの事
   
if anything did happen: もしもの事があったら 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
もの
   
don’t ask me to read anything tonight: 今夜はものを読むのは御免だ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 224

一番
   
cause more trouble than anything else: 一番面倒が起るのは〜の問題だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 73
何か
   
don’t volunteer anything: 自分から何かを切り出す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 110
何が何だか
   
do not understand anything: もう何が何だかわからない ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 129
何なりと
   
for sb anything: (人の)ためなら何なりと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 28
何ひとつ
   
I don't forget anything: おれは何ひとつ忘れん デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 109
何ら
   
don’t think anything about ...: 〜について何ら感慨らしきものを抱かな カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 209
何事にもせよ
   
The idea of forcing her to do anything bridled Kelly: 何事にもせよ彼女に無理強いするというのは、ケリーには気が進まなかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 132
何事によらず
   
You never want to discuss anything: 何事によらず、話し合うということをしたがらない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 72
手あたりしだいに
   
steal anything: 手あたりしだいに盗む スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

she isn’t anything: どうということのない女だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 65
practically say anything: 口らしい口をきく
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 326
or anything like: とかいった類いのもの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
more than anything: それにもまして
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 294
mean anything to sb: 大事だ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 63
mean anything positive: いい兆候
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
is anything wrong?: どうしたの
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
if anything yes: まあ、そうです
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 201
if anything: かえって
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 7
if anything: むしろ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 143
if anything: 条件を云々するなら
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 270
for anything: なにがなんでも
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 337
don’t say anything: じっと口を閉ざす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 84
don’t say anything: ひとことも口をきかない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 137
don’t say anything: 口を閉ざす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 213
don’t say anything: 知らん顔をきめこむ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 175
don’t know anything: 馬鹿だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 357
don’t do anything: いっさい〜していない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 142
doing anything useful: 少しでも実際的なことをする
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 181
do anything: 一人でどんどん進んで行く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 237
can’t do anything: 手も足も出ない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 152
bring me anything: おみやげは?
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 254
beat anything: 〜たるや実に無比無類だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
anything sir, anything: わたしでお役に立てますなら、なんなりと
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 30
anything that ...: およそ〜するもの
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 129
anything except ...: 〜だけはごめんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 240
anything at all: なにを〜してもかまわない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
anything and everything: 何でも
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 102
you don’t miss anything do you?: 口の減らない子ね
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
writing essays on everything and anything: よろず雑文書き
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
wouldn’t have been the messenger for anything: お使い役なんて、こんりんざいごめんだわ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 121
would give anything to see ...: 〜を一目でも見られたら、もう何もいらない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 97
won’t have anything to do with sb: (人と)あまりお付き合いがない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 334
without noting anything else of interest: ほかには別に目をひくようなものはない
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
without noting anything else of interest: めぼしいものは見あたらない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
without noting anything else of interest: 目についたのはこのくらいのものだ
will say anything to do ...: 〜のためならどんな手だってつかう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 300
will give just about anything for ...: 〜を手に入れられるんだったら、なんでもしちゃうんだけどなあ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
will do anything to please the boss: その上役のためには犬馬の労をつくそうと思う
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 179
well, that hasn’t got anything to do with it: それが何だというんだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 51
too old to apologize anymore for anything: 老人の特権で、どんな無礼でも許されると思っている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
too habitual to mean anything: あまりにも型通りなんでなんの気持も伝わってこない
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 204
think that’s as likely as anything: そのあたりが真相じゃないかと思う
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 161
there isn’t anything to be done: 手の打ちようがない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 571
there isn’t anything sb can say or do: (人に)は何も言えないし、何もできない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 266
there is no sense alerting sb to anything: 相手に余計な警戒心を起こさせることはない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
there is more art done with sth than with anything else: 〜で描かれた絵を越えるものはない
there’s no time to do anything: あっという間
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 228
there’s anything more to life than ...: 〜だけが人生ではない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 25
that isn’t taking anything away from sb: (人は)そんなことでビビるような男じゃない
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 60
that doesn’t mean anything to sb: チンプンカンプンだ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 53
seem unshaken by anything that ...: 〜にまったく動揺していない様子だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
seem to have a problem saying anything very profound: なにかもっと気のきいたこと書けないものなのか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 97
say before sb can say anything: (人の)機先を制して言う
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 147
say anything unfavorable about ... in public: 〜のことを悪しざまに公言する
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 301
say anything more about ...: 〜のことは二度と口にしない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 357
say anything about ...: 〜のことにひと言も触れない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 204
prove anything to sb: (人に)いいとこ見せる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 179
prey on sb more than anything else: (人は)すさまじく責めさいなまれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
one’s heart isn’t hammering or racing or anything like that: (人の)心臓はどきどきと高鳴ったりせわしなく早鐘を打ったりはしない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
no point in doing anything: ばたばたしても無駄だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 46
never tell sb anything about oneself: (ひとに)決して身の上話をしない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 11
never pretend to be anything sb isn’t: 自分を飾るようなことはしない
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 121
never offer a spontaneous opinion on anything: ことがあっても自分からはすぐに白黒を言わない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
never let anything prevent one from at least doing: 何をおいても〜だけはする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
never gets cut up about anything: なにがあったってけろりとしている
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 74
never do anything that ...: 〜のようなことはいっさいしない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 56
never be able to put one’s finger on anything conclusive establishing that ...: 〜しようとしているこれという決め手をつかめない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 180
never anything but ...: つねに〜である
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
more than anything else: 命に代えて
more curiosity than anything: とにかく目を引く
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
money is not anything to sb: (人のような)人間は金には無頓着だ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 35
look more like a fish than anything else: どう見たってお魚だ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 81
look more like a fish than anything else: どこから見ても魚みたい
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 87
look forward to sth more than anything: (人には)〜が一番のたのしみなんだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 88
lie too ... to do anything but bundle: 〜して、毛布にくるまって丸くなっているだけ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
learn to sleep through anything: 何事があっても目をさまさない習慣が身につく
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 249
it may mean anything: どうとでもとれる仕種だ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 163
in anything less than a hundred-percent-alert state: 百パーセントの注意力をすこしでも欠いた状態で
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 399
if sb know anything about it, ...: 〜に言わせれば、〜
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 214
if one have heard anything about ...: 〜のことはお聞き及びですか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 209
if anything was wrong: どうかしたのか
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 271
if anything should happen to sb: (人に)万一のことがあっては
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 97
if anything ever happens to sb: (人に)万一のことがあって
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
I can’t say anything: 自分ばかり大きな口は叩けない
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 222
I can’t do anything with it: ああ、やめたやめた
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 151
I’m not saying it has anything to do with me: 別にそれをどうのこうの言ってる訳じゃない
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 30
haven’t thought about anything else since ...: あのことがずっと気になっている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 289
have not laid down a bet on anything until ...: 〜まで、賭けという行為に手を出したことはただの一度もなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
have no reason to hide anything from sb: (人に)何も隠す訳がない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 253
have no idea anything is wrong: 楽観している
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 492
have never seen anything like it: すごかったね
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 50
have never known anything about ...: 〜なんてまったくの初耳だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 397
have never had anything to do with ...: 〜と言うものに御縁がない
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 33
have never come to anything: 立ち消えになる
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 92
have anything like that on one’s mind: そういうことはぜんぜん考えていない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 202
hardly seem to register anything: ほとんど無表情だ
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 246
hardly know anything about doing: ほとんど〜できない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 134
go on and on about ..., anything and everything: 〜をえんえん話す
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
get anything better than one’s former job: 前より条件のいい勤め口がある
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 77
flow over without doing anything: 上空を素通りする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 12
expect anything from the world: 世間に向って働らき掛ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
employ anything and everything to do: いかなる手段を用いてでも〜する
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 44
don’t want to have anything to do with sb: かかわりをもちたがらない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
don’t want anything to happen to ...: 〜に万一のことがあったら大変だ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 246
don’t think it means anything: 特別な意味はない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
don’t seem to understand anything anymore: もう、なにがなんだかわからないような気がする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
don’t say anything while sb goes on: 黙って先をいわせておく
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 148
don’t mean ..., or anything like that: 〜だとかいってるんじゃないわよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
don’t look like anything out of the Seattle social register: シアトルの名士録に名前が載っているようには見えない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 66
don’t look anything like A, all we can see is B in one’s face: Aにはちっとも似ていない。誰が見てもBそっくりだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 513
don’t know anything about ...: 〜についての知識をかけらも持たない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 448
don’t know anything about ...: まるで勝手がわからない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
don’t have anything to do with sth: (〜と)手を切る
安部公房著 ソーンダーズ訳 『燃えつきた地図』(The Ruined Map ) p. 166
don’t have anything one want to do: 暇をもてあます
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 19
don’t do anything to do: 〜する役に立たない
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 141
don’t do anything to ...: 〜なんて指一本触れていない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
don’t do anything more: 〜まで早まったことはしないように
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 45
don’t do anything more: 早まったことはしないように
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 45
don’t do anything dumb: つまらぬまねはするなよ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 366
don’t claim to be anything else: それ以上の何者でもない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 165
don’t care about anything: 前後の見境なんてない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 203
do not say anything about anything: たいした話はしない
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 227
do not really have anything solid to go on: さしたる確証があってというわけではない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 105
do not mean anything: 特別の意味はない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 169
do not like anything that’s happening: 世の中に起こることが何もかもいやだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 263
do not know how to do anything: どうしたらいいか全然わからない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 377
do not have anything else to do: これといってすることもない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 235
do not do anything accidentally: (人の)辞書にはな、たまたまなんて言葉はないんだ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 162
do anything one want: 好きなことをする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 199
do anything in the world to gain a reputation: 好評を得るためにはいかなる手段も辞さない
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 10
could not do anything wrong, it seemed: あれほどひどい過ちはほかになかったような気がしてならない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
can not bring oneself to say anything to sb: 言いだせない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 169
can no longer see anything: 視界が利かなくなる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 163
can’t seem to do anything halfway: なにごとも徹底してやらないと気がすまないらしい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 314
can’t see anything beyond ...: 〜しか頭にない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 443
can’t remember anything noteworthy: なんの変哲もない〜みたいに思える
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 209
can’t learn anything from ...: 〜したところで何の得にもならない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 69
can’t keep anything on one’s stomach: 食べたものを全部もどしてしまう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 323
can’t figure anything out: 頭がうまく働かない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 179
burst into flames over anything: 何にでもすぐに怒りだす
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 55
before sb can say anything else: (人に)話をつづける暇を与えない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
be way beyond anything that one know about: (人の)常識をはるかに超える
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 173
be too stunned to do anything: あまりのことに、どうしてよいかわからない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
be too much a symbol to be understood as anything else: (人)にとってはシンボルとしてしか理解できないほどのものなのだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 266
be stubborn if one’s anything: 何はともあれ頑固さにかけては右に出るものがない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 358
be not sure of anything: たしかなことなどなにひとつないと感じる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 99
be not much of anything: たいした〜ではない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 11
be not any good for anything: 何の役にも立たない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 238
be bothering about anything: ごちゃごちゃいってくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 303
be anything save a beauty: とんでもない美男だ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 193
be anything but vivacious: 溌剌なところなど微塵もなかった
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 247
as much as anything else: なにはともあれ
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 106
as much as anything: なによりもまず
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 89
as bad as anything else: とびきり抜け作の
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 267
arts should not be controlled by anything or anyone: 芸術は何ものの支配をも受けない
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 20
anything to get a confrontation going: ご対面のきっかけさえつかめるなら
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 359
anything and everything could happen: 可能性は無限にある
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 140
anybody who knew anything: 知ったかぶりをするやつ
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 32
about anything you cared to mention: ことごとに
end sb’s current ability to do anything but do ...: 〜が終わると当面できることはなにもなく、〜するばかりだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 501
not be able to take anything away: なにももちだしちゃいけない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
Absurd! It's the most unacceptable of anything up to now: めっそうもない、これまでのなかで最高にまずいね
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 21
I wonder whether sb can actually see anything: ちゃんと見えているんだろうかね
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
Without so much as a smile, he added, "Bring me anything": それから彼は「おみやげは?」と笑わない顔で言いました
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 254
Not that I could afford anything so nice as these pieces: でも、こんな上等のグラス、とても手がとどきません
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 67
would not be afraid to trust sb in anything: 何をやらせても任せておける
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 356
He doesn't listen to anything we say unless he already agrees: 親の言うことかて、納得せんと、聞きよらしまへん
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 75
do not aim at anything: あてもない
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 78
be all right at anything: なにをやってもりっぱにやってのける
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 203
can do almost anything if it falls within the mortal realm: この人間界でふりかかるたいていのことには対処できる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 209
will never amount to anything for good or for ill: 毒にも薬にもならない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 15
I would give anything to look like you: 私、あなたみたいになりたいわ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 116
make any sacrifice for sb in need, without asking anything in return: (人が)困っていれば、何の代償も求めずに進んで自分が犠牲になる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 77
draw anything you ask, just name it: 注文を出せばどんなものでも描いてくれる
ask sb for anything: (人に)物乞いをする
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 140
sth do not do anything to assist sb’s efforts to do ...: (物事があって)(人が)〜しようにもそれができない
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 86
pay no attention to anything sb says: 他が何を云っても取り合ってくれない
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 52
deny sb be aware of anything: (人の)関与を否定する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188
can you imagine anything more awful than ...: 〜なんてぞっとしない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 38
come out naturally, without anything complicated in the background: (言葉が)屈折を経ないで口から出て行く
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 100
if anything bad happened: もしなにかが起こった場合
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 107
anything in bad taste: たちの悪いいたずら
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 9
can bear anything but the uncertainty sb leave one in: こんな生殺しの気持で置かれるくらいなら、どんなお話だってだいじょうぶ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 44
be quite different from anything one has seen before: 尋常のものではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 420
can’t begin to sort anything out: うまく気持を整理することができない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 240
for a lack of anything better to do: 無聊に苦しむ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 10
can not wish anything better than to do: 〜すればいいのだから、これほどつごうのいい話はない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 165
If you botch anything you should think about where you can live on half pay: そっちこそ、この件で何かヘマをやったら、恩給だけで暮らせるところをさがしたほうがいいぞ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 107
do not burst into flames over anything: 何にでもすぐに怒りだすようなところがない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 55
you can ask anything you want, but ...: 訊くのは勝手だが
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 136
if there’s anything I can do for you: もしお役に立てるようなことがありましたら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
I can’t think of anything else: さて、これでよろしいかな
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 97
how could I be anything but ...: (〜)するなと言われても無理である
安部公房著 ソーンダーズ訳 『燃えつきた地図』(The Ruined Map ) p. 42
pretending that one do not care about anything: 何事にも無頓着な風を装う
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 240
carefully removed himself from anything outside of the game itself: ベースボールの外の世界とは極力接触を避けた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 189
quite casually and not really meaning anything nasty: 何げなしに
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
I didn't catch anything: あたし、病気なんかうつって来ないわ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 276
be as certain as anything can be that ...: 〜に決まっている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 86
give sb a chance to say anything: (人に)なにか一言いわせてくれるすきがある
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 28
be not going to take a chance on anything happening to sb: (人を)危険にさらしたくない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 324
You know that smile, civil, but too habitual to mean anything: あの笑いは知ってるだろ、慇懃なんだが、あまりにも型通りなんでなんの気持も伝わってこない例の笑いだ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 204
sb claim anything: (人の)いうことはあてにならない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 117
try anything clever: 気のきいたふうなまねをする
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 72
come as close to the pornographic as anything the media could publish: 新聞が掲載できるポルノすれすれのものである
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
never come up with anything sensible: 分別ある意見などこれっぽっちも持ちあわせていない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 218
anything that comes out of a tin or a packet: 缶や袋入りの食品はいずれも
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 57
defy sb to show me anything that compares with ...: 〜とくらべられるものがあったらお目にかかりたい
exquisitely more complex than anything like it humans knew how to build: とうてい人工的に作り出すことは不可能と思われる摩訶不思議な姿だ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 86
do not mean anything complicated: 深い意味のことじゃない
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 23
do not have anything on one’s conscience: なにも気がとがめることがない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 245
Harvey never had anything of consequence to declare on his European trips,: ハーヴェイはヨーロッパ旅行に際して、申告を要する金目のものをなにも持たないことにしているので、
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 136
anything that come in contact with sb: (人が)目にするもの、触れるものすべて
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 39
can cope with about anything: まず何があっても動じない生活の知恵を持っている
ツイート