× 翻訳訳語辞典
to   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜すべき
   
there can be many obstacles to overcome: 乗り越えるべき障害は少なくない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 92
〜するべく
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 197
〜する思い入れで
   
wave one’s hand airily to include ...: 〜をひっくるめる思い入れで大きく腕をふりまわす メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 239
〜する手段として
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 116
〜にあてる
   
the bottle to one’s mouth: 口にびんをあて マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 258
〜のほうは
   
to the west: 西のほうは マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 207
〜の奥にむかって
   
yell to the room: 部屋の奥にむかって大声を出す タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 212
〜の方角を
   
gaze to the South: じっと南の方角を注視する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 206

あてがう
   
a towel to one’s mouth: タオルを口にあてがい マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 251
さして
   
certainly struggle to the door: ともかく戸口をさして夢中で足を運ぶ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 17
とばかりに
   
hold out one’s cup for sb to fill: 注げとばかりに空のカップを差し出す フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 28
につれて
   
thunder to ...: 〜につれて大きな音をひびかせる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
には
   
to sb: (人の)目には ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388
   
open the door to ...: 〜のドアを開ける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 518
まで
   
ride the bicycle to ...: 自転車に乗って〜までやってくる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 431

宛の
   
when sb write to sb: (人が人)宛の書中にて セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 123
宛先
   
TO: Management Oversight Committee: 宛先 : 経営監視委員会各位 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 10
遣った
   
a letter to sb: (人へ)遣った手紙 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 95
向かって
   
explain to ...: 〜に向かって説明する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 226
手に
   
whose life is forfeit to ...: すでにその命は〜の手に帰している ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 180
承知で
   
to discomfort of sb: (人の)不興を買うのを承知で フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 14
目当ては〜
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 235

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

to sb, ...: 〜というのが(人の)持論である
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 277
to sb, ...: (人に)いわせると〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
to sb: 〜あて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
to sb: (人)にしてみれば
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 365
to sb: (人に)あてて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
to sb: (人の)見るところ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 301
to sb: (誰か)相手の
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 10
to me!: このわたしにだよ!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 314
to me ...: 私なんかから見ると〜
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 97
to a mile: 一マイルとたがわず
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
be to do: 〜してしかるべきだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 447
be to do: 〜する手筈になっている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 102
as to sb: (人に)いたっては
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 461
..., to do: 〜した。たちまち〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 151
would do, just to do: よく〜して〜したものだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
weary pacing to and fro: 疲れた足取り
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 176
walks to and fro in one’s loose chamber-robe: ゆっくりくつろいだ部屋着のままで、部屋の中をぐるぐる回り始める
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 226
walk up to sb: (人の)もとへ歩みよる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 250
walk to and fro, with thoughts very busy: いろいろ思い悩みながら、なおも歩き続ける
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 109
walk to and fro in one’s cell, counting its measurement: 歩数を数えながら、房の中を歩き回る
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 134
walk to and fro in ... considering what to do: どうしたらよいか、とつおいつ思案しながら、何度か〜を往復する
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 105
travel halfway around the world to be on this table: 地球半分ぐるっとまわってこのテーブルの上にたどりつく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 198
to the surprise of sb: (人が)びっくりする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 400
to someone like sb: (人の)目の中に
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 89
to sb’s strident disapproval: (人に)厭味をいわれる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 354
to sb’s embarrassment, ...: 〜に(人が)うろたえる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 403
to sb’s credit, ...: 〜したのは(人に)しては上出来だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 393
to sb’s annoyance, ...: 〜で、(人を)いっそうかりかりさせる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 138
to and from ...: 〜への往復
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 28
to and fro, up and down: 上下左右に
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 29
they come to do: 一行の任務は〜だ
the race is not always to the swift: 速い馬が来るとは限らない
the door to the child’s room: 子供の病室のドア
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 150
the battle is not always to the strong: 強い軍隊が勝つとは決まっていない
steal from ... to do: 〜したい一心で〜に手をつける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 318
rub ... to and fro: メチャクチャにこすりつける
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 36
right up to ...: 〜直前まで
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 262
must be losing one’s mind to talk like sb: こんな言い方は(人)らしくない。きっと頭がいかれたんだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 296
it is ten to: あと十分しかないわよ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 135
heaving to and fro: かなたこなた大波のように揺れ動く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 58
have to stoop to do: 〜しようとすれば身をかがめなくてはならない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 207
have a story to tell: ひとつの物語を語りたい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 16
have ... to ...: 〜を〜にあてる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 429
hang onto strap swayed to and fro: 吊革につかまって揺れている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 96
go to ... to watch sb: (人の)姿を観察すべく〜へ歩を運ぶ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
from there to ...: そのあとで足を踏み入れた〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 301
find a store to shop: 何か買い物をする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 277
feel one is to blame for the hell of everything: ものごとがうまくいかなくなったのは自分のせいだと感じる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 135
eat everything there is to eat on the table: テーブルの上にある食べ物と名のつくものをたいらげる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 391
change from day to day: 日によって〜を変える
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 26
catch on to ...: 〜のことに気づく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
be at a loss as to what one should do: 何もする気になれない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 266
arrive home to find one’s house neat and orderly: 帰宅してみると、家の中がすっかり片づいていた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 311
..., only to do: 〜。だが〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 155
Tweet