× Q 翻訳訳語辞典
race   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ふかす
   
race the engine: エンジンをふかす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 367

廻る
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 241
急ぐ
   
race toward ...: 〜へ急ぐ ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 138
競争する
   
let’s run a race and see who will do ...: 走って行ってどっちが〜するか競争しましょうよ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 225
駆け寄る
   
race over: そばへ駆け寄る タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 131
駆け抜ける
   
race through one: 全身を駆け抜ける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 273
次々に湧き起こる
   
smother one’s racing thoughts: 次々に湧き起こる不安を打ち消す リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 295
疾駆する
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 336
疾走する
   
Sirens and racing police cruisers were a rarity in The Rock: サイレンの音、疾走するパトカー……どちらもキャッスルロックではめったに起こらないことだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
race up the ridges of the superhighway: 高架のハイウェーを疾走する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
勝負
   
that race one manage to win: (人は)かろうじて勝負をモノにする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
a race to see if one can manage to do before ... one do ...: 〜するのが先か、〜するのが先か、じつにきわどい勝負 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
a race against ...: 〜との勝負 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 280
上昇する
   
hormones race at a fevered pitch: ホルモンが熱っぽい激しさで上昇する グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 213
人類
   
a sense of the wondrous unity of the human race: 人類はみな同じだとつくづく思う(こと) フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 237
草競馬
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297
走り寄る
   
race back to the car: 車へ走り寄る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 84
走り抜ける
   
They emerged above ground and raced between the buildings: 地上に出て、ビルのあいだを走り抜けてゆく 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 255
走る
   
race full speed ahead: 高速で走る 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 172
速くなる
   
feel one’s ticker begins to race: 急に心臓の鼓動が速くなる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 236
   
entire race of women: 全女性族 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
伝わる
   
race one store from another: 店から店へと伝わっている ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 114
突進する
   
race to sth: 〜に突進する ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 196
飛んでいく
   
race behind sb’s chair to help sb up: (人の)椅子のうしろに飛んでいって手を貸す トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 143
本選
   
the America’s Cup trials and the races: アメリカズ・カップの予選も本選も プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the pennant race: 優勝戦線
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 333
sb’s mind racing: いろんな考えが後から後からおしよせる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 163
race up: 駆け抜ける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 263
race to ...: 〜に向けてひた走る
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 238
race through ...: 〜からどっと流れ込む
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 222
race out: 駆け出す
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 442
race each other: 先を争う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 16
race across: 〜へ走り出る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 431
come racing back: 駈け戻る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 144
thoughts race through one’s head: (考えが)堂々めぐりをする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 35
the race is not always to the swift: 速い馬が来るとは限らない
the air around us races with sth: (物が)空気を振動させている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
sb’s mind is racing out of control: 頭がパニックを起こしかけている
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 248
race through the city: 猛スピードで市内を駆け巡る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 174
race the gear changes in rebuke: さもわざとらしく乱暴にギヤ・チェンジする
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 84
race off in all directions to do: 〜しようと右往左往する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 100
race in circles around the inside of one’s skull: 頭の中をかけめぐる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 66
race down eighth Avenue: 八番街を歩いている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 77
race at sb out of ...: 〜からとびだして猛スピードで向かってくる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 96
race all the way up to ...: 一気に〜までとどく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 85
one’s heart isn’t hammering or racing or anything like that: (人の)心臓はどきどきと高鳴ったりせわしなく早鐘を打ったりはしない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
on a straight race with sb: (人との)一騎打ちで
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 34
my mind races ahead to possible pitfalls: とんでもないヘマをしでかしそうだ
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 167
it’s my race anyhow: とにかく私の勝ちは勝ちだ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 39
find one’s heart racing: 胸がドキドキしてくる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 18
before it has finally raced itself to destruction: 吹いて吹いてついに吹きやむまでに
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 158
be racing with that crazy bursting feeling: 狂気じみた感情が体内で炸裂する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 62
be raced with fuzz: 何やらぼやけたものが映っている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 107
be giddy from the racing of one’s heart: 心おどりに上気している
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 122
a thrill of delight races through sb: 飛びあがって悦ぶ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 139
Now the announcer was calling the race: 場内放送のアナウンスはレースの実況をつづけていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
"Ayup," Keeton said tightly, and leaned close to the tin race-course: 「いいとも!」きびきびした口ぶりで返事をしたキートンは、ブリキの競馬場にいっそう身体を近づけた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
The cogs and gears below the race-course began to grind: 台の下に設けられた歯車やギアがゆっくりとまわりはじめた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
in the drier parts of the legal race: 法律という酒抜きの競争においても
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 152
feverish pennant race: 熾烈なペナントレース
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 227
run the race as best one can: 全力でレースをたたかう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 528
a race marked by the shabbiest kind of Red-baiting: 最も卑劣なアカ攻撃で一躍有名になった選挙戦
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 20
mill-race:用水路
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 258
The imagination of the human race poured out like a river: 人類の想像力はクレイオラによって大河のように流れ出したのだ
a race against time: 時間との勝負
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 280
I can't see you dropping out of the rat race voluntarily, Harvey: あんたが自分から進んでこの世界から足を洗うとは思えないね
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 160
ツイート