× Q 翻訳訳語辞典
feeling   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜感
   
an awfully satisfactory feeling: なんとも言えない満足感 ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 53

その気
   
the feeling ain’t there: その気がない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 114

イメージ
   
sunny feelings for ...: 〜に抱いている晴れやかなイメージ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 90
ムード
   
a feeling of soft enclosure: やわらかな隔絶ムード トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252

印象
   
always have the feeling that ...: 〜という印象はつねにある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 12
   
need the clean feeling: 爽快感がほしい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
feelings of inadequacy: 無力感 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 247
be seized with a feeling of absurd amusement: 滑稽感を覚える 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 227
感じ
   
the feeling that sb have been had: 追いつめられているという感じ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
have the feeling ...: どうも〜なようだ。なんだかそんな感じだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 387
bilious feeling: いやな感じ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 179
be overcome with the feeling that ...: 〜だという感じがはげしく(人の)胸を打つ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 273
a feathery spooky feeling like being touched by a moth: 蛾の翅に撫でられたようなぞっとする感じ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 292
感じる
   
a feeling of anticlimax: なんだかあっけなさを感じる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 131
感覚
   
sensitivity of one’s feeling for sth: 〜に対する(人の)鋭敏な感覚 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 48
get feeling again in ...: 〜に感覚がもどる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
感受性
   
one’s feelings are as sensitive as anyone else’s: (人の)感受性は全然人に負けてない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
感傷
   
the feeling is unexpectedly welcome, as though sb’s heart have been unbound: それは思いの外、甘い、心のほころびるような感傷だ 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 125
感情
   
the feeling of the sea: あの大洋の感情 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 108
The feeling I get is terribly unfocused, yet very solid: 僕の受ける感情はものすごく漠然としていて、しかもソリッドなんだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 56
some of these feelings: そんな感情のあれこれ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
sb’s feelings have been grievously hurt: (人は)ひどく感情を害している ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 35
rare feeling: めったに味わうことのない感情 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
no feeling: 感情がこもっていない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 341
make up for the previous times sb’s counsel and feelings has been bypassed: これまでに(人の)意見や感情がないがしろにされてきたことを、埋め合わせする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 484
judge sb’s feelings by one’s own: (人の)感情を察する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 424
have the woeful feeling: 痛ましい感情に襲われる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 214
have feelings for sb: (人に)感情移入する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 314
feelings that one have closeted off: いままで押しとどめてきた感情 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 323
color sb from the same palette of murky feelings: (人は)いつもおなじ陰鬱で複雑な感情を味わう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128
can’t seem to rid oneself of such feelings: この手の感情の動きをどうしても制御できない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
can’t hurt sb’s feelings: (人の)感情を傷つけるに忍ばない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 191
be struggling to align one’s feelings: 自分の感情の間尺を合わせようとあせる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 148
be not dim to feelings: 人の感情にうとい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
be full of unexpressed feelings: 感情がだぶつく 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 20
ambivalent feelings about ...: 〜に対する引き裂かれた感情 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
a queerly pervasive feeling steals over sb: (人は)全身に広がる奇妙な感情の波につつまれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
a new set of feelings about one’s death: (人の)死をめぐって湧き上がってきた一連の新たな感情 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
感想
   
sb have a feeling that ...: 〜というのが(人の)感想だ ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 140
喜怒哀楽
   
sb’s feelings are simply unavailable to sb: 喜怒哀楽は手の届かないところにある マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 158
機嫌
   
hurt sb’s feeling: (人の)機嫌を損じる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 73
   
there will be no hard feelings: 気をわるくしません タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 247
movement gives one the feeling that one ...: 動いている限り〜気がする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 276
have the distinct feeling ...: なんとなく〜ではないかという気がする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 394
be afraid that one have hurt sb’s feelings: (人の)気をそこねてわるいことをしたと思う ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 34
気がする
   
had a sudden feeling that ...: ふと〜という気がした 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 118
気持
   
have mixed feelings about it: こっちの気持も複雑だ レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 185
have a confused feeling: ちょっと奇妙な気持だ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 203
funny feeling: 何とも言えない不思議な気持 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 140
気持ち
   
trample on people’s feelings: 他人の気持ちを踏みつけにする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 267
speak the truth about one’s feelings: 自分の気持ちを正直にいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 481
speak of one’s feelings: 気持ちを打ち明ける フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 419
have a bad feeling: いい気持ちがしない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
express a strong feeling of apology towards sb: (人に)迷惑を掛けたことに対するわびの気持ちが強く現われている 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 27
気配
   
the place had a deserted feel: 人の気配はまるっきり感じられなかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 32
気分
   
The feeling now wasn't as pleasant as it had been then: しかし気分は、あのときのように愉快ではなかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
one’s feelings of strangeness: しっくりしない気分 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
one’s feelings of guilt: うしろめたい気分 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
a warm, protective feeling: あたためてあげたい、守ってあげたいという気分 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
a feeling of calm and ease settles over sb: おだやかで安らかな気分が(人を)つつむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
胸の内
   
sb’s feeling concerning ... is adj.: 〜が〜として(人の)胸の内に残る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 81
決意
   
all one’s feelings of articulateness had gone: 率直に思いの丈を話そうという決意は消し飛んでしまった ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 217
考え
   
try to explain to sb clearly what one’s feelings are: あからさまに自分の考えを打ち明ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 111
思い
   
with mixed feelings: 複雑な思いで マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
with miserable feelings: 傷ましい思いで 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 36
This painful feeling made Sonoko seem all the more ephemeral: するとこの苦しい思いが逆に彼女の存在をはかなげに見せた 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 135
that feeling is still with sb: いまだにその思いを持ちつづける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 375
思い入れ
   
don’t have enough real feeling for ...: 〜にそれほどの思い入れを持っていない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 549
思い入れたっぷり
   
tell it glowingly and with feeling: 熱っぽい口調で思い入れたっぷりに ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 58
実感
   
the feeling of having misbehaved: 不倫の実感 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 68
speak just now with a good deal of feeling about sth: (物のことを)、ずいぶん実感を籠めて話す セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 32
not an image but a feeling: 外見ではなく、実感 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 97
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 189
充実感
   
   
sb’s feeling is deeply hurt: ひどく心を傷つけられる 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 6
心境
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 157
心持ち
   
be drawn together by a gentle, brotherly feeling: 兄弟の優しい心持ちが湧いてくる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
after reading ..., one never take sb’s feelings lightly again: 〜を読んで、(人の)心持ちを決して軽々しく考えてはいけないのだと肝に銘じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 64
心地
   
the feeling of sliding irresistibly downward, down into the depths: すっと奈落へ落ちて行くような心地 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 267
the dark, drunken feeling: 暗い酔い心地 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 108
feeling of embracing her: 女の抱心地 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 101
神経
   
spare sb’s feelings: (人の)神経を過敏にしない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 118
a fellow of any sensitiveness or delicacy of feeling: 細かい心づかいや、繊細な神経の持主 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 252
   
feelings of self-reproach: 自責の念 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 148
腹の中
   
wear sb’s feelings so frankly on sb’s face: 腹の中をそのまま顔に出す アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 137
憤懣
   
vent one’s feelings: 憤懣をぶちまけた アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 218
万感を
   
agree sb, with feeling: 万感をこめて同意する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 166
予感
   
have sort of a feeling then that something is coming: 何だかへんな予感がしている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 112
have a nasty feeling that ...: 〜という嫌な予感がする レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 17
have a feeling ...: 〜な予感がする ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 146

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with true feeling: 思いをこめて
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 33
with great feeling: 万感をこめて
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 305
trust one’s feelings: 直観を信じる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
the stalled feelings: 過去の感情
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
say with feeling: しみじみ言う
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 386
one’s feelings of love: 愛情
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 62
one’s feelings: 心のうごき
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 64
have mixed feeling: 心の内部に多くの葛藤のある
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 416
have bad feelings: 頭にくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 427
have a feeling: 〜みたいな感じ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 68
good feelings: ご機嫌な気分
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
feelings: 思い
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
feeling and sensation: 感覚
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 192
communicate one’s feelings: 意を伝え合う
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 351
a feeling of helplessness: 諦め
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 93
your own feeling tells you that you were not what you are: あなたにも御自分の気持が変ったことはお分りでしょう
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 61
with a feeling that something is lacking sb’s life: 物欲しそうに
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
waves of feeling one have for sb: (人が)出してる電波
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 142
want something which will relieve one’s feelings of anxiety: 不安感をとりのぞいてくれる薬を処方してもらえないか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
vague feelings of inferiority: 得体の知れぬ劣等感
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 116
turn the corner on one’s feelings for sb: (人)とのことを思い出にしてしまう
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 112
there were no hard feeling: さっきのことは水に流す
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 165
there is bad feeling between ...: (人の)あいだに感情的なもつれがある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 349
there is a woolen feeling in one’s mouth and head: 口と頭のなかがもやもやする
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 174
there is a note of genuine feeling: (人の)口調には、感慨がある
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 102
there have always been the feeling ...: いつでも〜だと思っている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 323
there’s an empty feeling in one’s heart: (人の)心がすっと冷たくなる
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 311
the wearer’s feeling about ...: 〜をつけている人間が、〜のことをどう思っているか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
the imagery unlooses in one a real feeling of illness: 想像しただけで(人は)実際に胸が悪くなる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 194
the general feeling is that ...: 〜という見方が大勢を占める
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 261
the feeling is mutual: ふたりはたがいに憎からず思っている
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 98
suffer from a cold feeling in one’s legs and lower back: 足腰が冷える
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 186
suddenly have an inexorable, sinking feeling in one’s gut: (人の)頭の中によくない予想がはげしくするどく迫ってくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 18
sometimes have the feeling that ...: 〜という気がしないでもない
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 7
slight feeling of alienation: ささやかな違和感
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 22
recall sb a feeling of discomfort: 居心地のわるさをおぼえる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 25
pour out one’s feelings: 衷情を愬える
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 164
out of concern for sb’s feelings: (人への)気兼ねのため
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 54
one’s feelings now are in complete concord with ...: 今の(人の)内部は〜に、いいしれぬ親しみを感じる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 68
no hard feeling none that last: 恨みっこなし、後腐れなしだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 167
make sure there were no hard feeling: しこりをのこさぬよう気くばりする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 302
keep one’s feelings quiet: 冷静でいる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 54
it is some other feeling: 他の感情が介在する
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 43
it hurts sb’s feelings to do ...: 〜したら(人が)気をわるくする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 55
irrespective of any feeling that one has for sb: ひいき目じゃなくて
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 385
I think what it is is sb’s feelings got hurt: (人は)よほど、〜を恨んでるにちがいない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
I have this awful feeling I already do: 嫌な予感がしてるのよ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 386
have the feeling that ...: 〜のようにおもう
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 72
have the feeling ...: 〜と直観する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 334
have that effortless feeling of a natural high: 心も浮き浮きと、ナチュラル・ハイとも言うべき高揚感に包まれている
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 172
have more hard feelings about ... than ...: 〜よりも〜に心を傷つけられる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 29
have bad feelings about ...: いや気がさす
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 160
have an odd feeling that ...: ふっと〜かなという気がしてくる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 233
have a sinking feeling in the pit of one’s stomach: 胃のうしろ側あたりがすとんとふいに重くなってくるような気分を感じる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 47
have a moment of felling eye contact: 一瞬からみつくような視線を交わす
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 75
have a feeling that ...: 〜じゃないかな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 291
have a feeling that ...: なんだかそんな気がする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 291
have a feeling that: 〜できそうだ
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 28
have a feeling of eternal safety: いつまでも安全な気がする
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 43
have a feeling of ...: 〜を感じる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
give sb the feeling of ...: 〜から〜を感じる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 11
give sb a slap round the head to relieve one’s own feelings: かっとなって(人の)横っ面を張る
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 393
get the feeling that ...: 〜という感じがする
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 88
free of the burden of negative feelings: 恨みが去る
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 90
for some inexplicable reason, a silly feeling comes over sb: なんとなく体のまん中のあたりから意味もなくおかしくなってくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 248
fill sb with a feeling of angry agony: (人は)はらわたがちぎれそうな怒りに満たされる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
fear of hurting the other one’s feeling: もう一方の機嫌をそこねはしまいかと思う
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 72
fall prey to the feeling that ...: 〜が気にかかる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 34
experience a rather strained feeling: どうもこじつけめいた感じがしないでもない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 29
enjoy the feelings of release or openness: 救いや解放感を感じる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 47
don’t spare my feelings: わたしに気がねいらん
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 177
did sb show any feeling: 顔色は変わらなかったか
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 338
develop a heavy, painful feeling behind one’s eyes: 眼の内側が重だるく痛んでくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 251
completely indifferent to other people’s feelings: 人を人とも思わない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 465
clarity of one’s ill feelings: 明瞭な敵意
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 244
cause no end of dissension and ill feeling among ...: 〜内部に限りない不和と敵意を産み出す種となる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 82
betray one’s feeling of awkwardness: はにかみが出る
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 231
be racing with that crazy bursting feeling: 狂気じみた感情が体内で炸裂する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 62
be liable to cause bad feeling among others who ...: 〜の者から妙な誤解を受け易い
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 23
be a sort of feeling that ...: (〜のような)声が聞かれる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 67
a vague feeling of impending misfortune impresses sb: 何かわるいことがいまにも起こるような予感がする
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 212
a feeling of restless activity: せわしない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
a feeling of profound regret: ああ惜しいという
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 34
a feeling of guilt: うしろめたさ
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 43
a dizzy feeling of nausea: くらくらとするむかつきのようなもの
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 164
... give sb a surprisingly desolate feeling: 〜というのはなんだか思いがけないほど心細い
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 244
... give sb a queasy feeling: 〜で気味が悪い
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 214
this feeling is absolutely sincere: それもたしかに真実な(人の)感情の一面にはちがいない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 159
be afflicted with a painful feeling of inferiority: たえず劣等観念を抱く
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 10
feeling lonely and afraid: 突き放されたような心細さのなかで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 334
feeling of being lifted into the air: 宙にかかえあげられる感覚
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 77
have a feeling of airiness and space: 風通しがよく、ひろびろした感じだ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 36
quicken one’s excitement, his alert feeling of expectation: (人の)興奮を、熱い期待をいっそう高める
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 185
struggle to align one’s feeling: 自分の感情の間尺を合わせようとあせる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 148
be already feeling better: もうずいぶん調子がよくなる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
feeling genuine anger toward sb: 本気で(人に)腹を立てはじめている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 109
as feeling as if lead weights were been attached to sb’s ankles: 鉛のように重い足をひきずって
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 437
partly one be annoyed, feeling that ...: 〜と思うと、どこか戸惑いもある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
get to feeling one can’t go it another step: これ以上こんな暮らしをつづけていくことはできないと思う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 380
a feeling of antagonism: 反撥の気持
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 230
apprehensive feeling: 不安な感じ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 262
feeling apprehensive in the face of sb’s obvious seriousness: 意外な(人の)剣幕におろおろして
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 290
his ardent, expansive feeling for sb is unduly limited: (人に寄せる)彼の熱く深い想いが不当に限定される
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 15
arouse sb’s fellow feeling: とても他人事とは思えない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 121
be assaulted by the uneasy feeling that ...: 〜という不安に駆られる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 203
it is an awesome eerie feeling doing: 〜するのは、なんとも不気味な感じだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 117
be an awful feeling: なんとも気の滅入るような毎日だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 136
this feeling make sb even more bad-tempered: そう感じるとますますいじけてしまう
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 58
the feeling of being off balance, lost: 不意を喰った動揺と困惑
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 11
begin feeling sorry for ...: だんだん〜が気の毒になってくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 289
begin feeling nervous: 落ち着かない気分になる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 36
feeling of belonging: 自分の場所という感じ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 345
there is no ill-feeling between sb and sb: (人と)(人の)間には何の蟠まりもない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 51
be feeling black and ready to do oneself in: ふさぎこんでへたばってしまいそうだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 154
with a strangely calm feeling that surprises even me: 自分でも愕く程冷静な気持で
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 28
can not help feeling ill at ease, rather like ...: 〜なような気がして済まない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
can’t remember ever feeling ...: こんな〜な気持ちは生まれて初めてだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 558
a feeling of not caring: だらしのない感じ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 10
a certain feeling: なにか特別な気持ち
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 150
can not help feeling certain pangs of ...: やや〜の念さえ抱いている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 283
be seized by a cheerless feeling: やるせない思いに駆られる
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 264
I am feeling clean discouraged: まったくうんざりしてしまう
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 119
while one is still feeling out one’s clientele: 客の意向に探りを入れているあいだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
this feeling of strangeness never comes to sb: けっしてこういう観念には襲われない
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 15
an uncontrollable feeling of hatred for sb comes over one: (人に)たいする抑えがたい憎悪が襲ってくる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 229
feeling clean and comfortable in one’s dressing-gown: 部屋着でさっぱりとくつろぎながら
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 223
all these years of feeling comfortable in the ring: リングの上でぬくぬく楽してきた思い出
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 257
an feeling completely irrelevant to ...: 〜とは凡そ縁遠い感じ
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 29
be torn by conflicting feeling impulses: 感情と衝動が争ってあばれまわる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 240
congested feeling: 鬱屈した感情
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 191
be conscious of an odd feeling of regret: なにか奇妙な後悔のようなものを覚える
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 325
be conscious of a warm feeling of pleasure: ほのぼのとした悦びが湧いてくるのを感じる
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 192
sb’s feeling of well-being begins to dissipate considerably: (人の)機嫌のよさが、いくぶん薄らいでくる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 66
feeling considerably less cosmopolitan: コスモポリタン気分がやや薄らぐのを意識しながら
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 137
have a moment of feeling eye contact: 一瞬からみつくような視線を交わす
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 75
create the feeling that ...: 〜の気持ちになる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 42
feeling curious and still a little nervous: もの珍しく半ばこわごわと
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 437
be feeling cynical: やけになっている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 461
one’s own dead-end feeling: 持って行き場のない気持ち
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 35
there is a deadly feeling about sb: (人の)体から妖気が立ち昇る
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 104
have a depressing feeling: 気抜けした心持になる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 246
have a deserted feeling: 人の気配は感じられない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 32
a desolate feeling possess one: たまらなく哀しい気持ちになる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 84
on one of the days when I was feeling desperate: そんな苦悩のつづくある日
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 211
be feeling increasingly desperate: もう死にものぐるいだ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 319
feeling disgruntled: 不満足な気持ちで
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 254
ツイート