× Q 翻訳訳語辞典
on   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜しおわると
   
on the count of twelve: 十二かぞえおわると マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 48
〜した時には
   
on our first visit: はじめて行った時には メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 131
〜するやいなや
   
cry in a tone of delight, on seeing sb: (人を)見るやいなや、〜は喜々として叫ぶ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 135
〜にくりだす
   
first evening on the town: 街にくりだす最初の晩 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 343
〜にしたがって
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 219
〜につれて
   
come floating on the breeze: 風につれて流れて来る 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 103
〜にぶつかって
   
shimmer on the ceiling: 天井にぶつかってゆらめく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 353
〜にまたがって
   
on a blind donkey: 眼の見えないろばにまたがって プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 261
〜のうちに
   
on Saturday mornings: 土曜日になると朝のうちに 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 25
〜のおかげで
   
it doesn't take into account my saving on the Woolson Prize Scholarship: ウールスン賞奨学金のおかげで節約できるお金を計算に入れていないわ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 168
〜のついでに
   
on my walks: 散歩のついでに 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 145
〜のむこうに
   
float dimply purple on the horizon: 水平線のむこうにうっすらと蒼く浮かびあがる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 225
〜の地に
   
gray on indigo and jet: 藍と漆黒の地に灰色 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
〜を口にしたところで
   
on ‘...’: 「〜」という単語を口にしたところで タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 222
〜越しに
   
nod on the screen: スクリーン越しにうなずく 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 59

あてがう
   
hands on hips: 両手を腰にあてがう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
かかっている
   
... on the wall: 壁にかかっている〜 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 438
さした
   
a rose on the headdress of sb: (人の)かぶりものにさしたバラの花 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 327
なか
   
the book begun on a ... subway: この本のアイデアがめばえたのは、〜の地下鉄のなかだった フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 2
   
stub a cigarette on ...: 〜に煙草をもみ消す ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 268
のせて
   
on the wet freezing air: 湿った冷気にのせて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 516
またがる
   
look uncomfortable on one’s bicycle: あまり板につかぬ恰好で自転車にまたがる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 454
めがけて
   
on sb’s erring head: だんだん怪しくなってくる(人の)頭めがけて ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 268

加入している
   
be on ...: 〜に加入している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
結果
   
on consideration: 考えてみた結果 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 53
際に
   
stand awkwardly on the step: ばつが悪そうに敷居際に立つ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 113
触れる
   
feel ... on one’s arm: 〜が腕に触れるのを感じた アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 77
据えたまま
   
advise, one’s eyes on sb: (人に)目を据えたまま持ちかける ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 77
折に
   
on the nights one is not with sb: そばに(人が)いない折に カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 315
   
on one’s next visit: 次回おいでの節は ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
側面に
   
cock absurdly up on the bank: 堤防の側面に滑稽な角度でひっかける セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 17
帯びて
   
on secret business: 秘密の使命を帯びて ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
当時は
   
on sb’s return: (人の)帰った当時は 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 121
踏んで
   
on one’s spiderweb of planks: 蜘蛛の巣のようにはりめぐらされた渡り板を踏んで ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 14
突いて
   
lean across with one’s elbow on: 両肘を突いて身を乗り出す セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 74
表面
   
Scratch, scratch, scratch, on the card: カード表面をペンでひっかく。一度、二度、三度 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 47
描かれた
   
be suggested to one by the image on the canvas: 画布に描かれた像が吹きこむ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 229
面する
   
the house on the two streets: それぞれの通りに面した家 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
利いていると
   
on Prolixin: プロリキシンが利いていると ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

remain on: つけっぱなし
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 11
On-Scene Investigation: 実況検分
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 348
on the train: 車中
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 291
on the road: 路傍で
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 97
on sb’s return: 〜がもどったときに
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 33
on sb’s return: (人が)もどると
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 106
on one’s stool: 回転椅子に坐ったまま
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 132
on one’s own: (人の)一存で
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 429
on me: 自前で
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 351
on Main Street: メイン通りの真ん中で
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
on and on: なおも
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 226
on and on: ひっきりなしに
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 158
on and off: 切れたりよりがもどったり
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 150
on a chance: もしやと思って
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 55
on ...: 〜に面した
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
I’ll go on: このまま帰ります
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 35
from then on: その時分から
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
flash off and on: 点滅
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
earlier on: とうに
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 351
come on: ねえ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 194
be on sb: 〜を(人に)まかせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 277
be on each: 〜にも出ている
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 49
be on ...: 〜をテーマにした
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 49
be on: ノってくる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 156
and so on: その他もろもろの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
with sb on it: (人が)一枚かんでいたからには
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 186
with one man on: ランナーを一人置いて
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 18
with one’s shoes on: 靴を履いたまま
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
wander on and on forever: どこまでも歩く
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 64
turn on an electric polisher: 電動ポリシャーのスイッチを入れる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
they are on the couch: カウチの上で、ふたりはもつれあう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
the words on one’s face: (人の)顔に表れている文字
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
the drinks are on the house: 酒は店のおごりだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 217
the Condors are on sb: コンドルが襲いかかる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 354
that’s on one’s face: それは(人の)顔にでている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
stop on the stairs: 階段をのぼりかけた足をとめる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 49
sth will be on pretty soon: 〜がもうじきはじまる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
sth on a long strand of tape: 〜は紐のようにのびたテープの端にとめられている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 305
so ... that you start hoping the meal might be on sb: この食事は(人の)おごりなのかとこっちに希望を抱かせるほど〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
run steadily, on and on: どんどん走る
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 67
roses on the wall-paper: 壁紙に描かれたバラ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
put one’s paws up on ...: 〜に両方の前肢をかける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
only learned the details on one’s return: 話の顛末は帰ってきてから聞いた
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 87
one’s hand on sb’s arm: (人の)腕に手をかけて
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
one’s hand lay on sb’s wrist: (人の)手はあいかわらず(人の)手首に添えられている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
on the way out: 見送りかたがた
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 148
on the way home: 家に帰る前に
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
on the picnic blanket: ピクニックに出て毛布の上に寝そべっていたら
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 261
on the hand between one’s legs: 両脚のあいだにはさまれた手を支点に
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
on one’s day off from ...: 〜から一日休暇をとる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 44
on and on forever: どこまでも行く
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 84
laugh on and on: 微笑がいつまでもとまらない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 70
It’s starting to get too cold on the porch: ポーチがぐっと冷えこみはじめる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 252
it’s right on my way: 帰り道が一緒なんだ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 45
if one’s control is on: コントロールのよいときなら
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 196
have got to know something’s going on: なにかあるってことには気づいている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
go there off and on: そこにちょくちょくと通う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
go by on the river: 川面を往き来する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 281
flash on and off: めまぐるしく明滅する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
crawl away from sth on sb’s hands and knees: 両手と両膝を使って逃れようともがく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
continue off and on: 断続的に続く
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 247
catch on to ...: 〜のことに気づく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
begin to move up on the outside: 外側からぐいっと上がってくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
be sleeping quite peacefully, lying on ones right side: 右を下にし、すやすやと睡っている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 234
be on the tape: 〜のことが話題になっている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 381
be on the pay-roll: 手当てをもらう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 226
be on one’s way out: 出かけるところだ
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 51
be on one’s way: 上げ潮に乗れる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 215
be on about ...: 口癖のようにいう
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 66
be in on ...: 〜に関係している
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
be in on ...: 一枚かんでいる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
as if on a thorn: 棘の上に腰をおろしてしまう気分
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
arrange for sth to do on sb: (人に)対して〜する約束をとりつけることに成功する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
and on and on: どこまで行ってもきりがない
a girl on a hobby-horse: 揺り木馬にまたがった少女
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
ツイート