× Q 翻訳訳語辞典
side   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いっしょ
   
there was a girl at one’s side: 女がいっしょだった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 546
かたわら
   
I am attending night school on the side: かたわら夜間学校にもかよっている ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 221
したがう
   
at sb’s side: (人に)したがう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 331
そば
   
sit quietly by one’s side: 自分のそばにじっとして座る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 208
have to stay by sb’s side: (人の)そばを離れてはいけない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 202
つけ合わせ
   
with a side of sth: つけ合わせには〜 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 47
なんの関係もなさそうな
   
cause an apparent side issue to lure sb into disclosing sth: 一見なんの関係もなさそうな論点をもちだして〜を人から引きだす フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 109
ほとり
   
by the side of ...: 〜のほとりに 三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 18
わき
   
take sb off the side: (人を)わきにひっぱっていく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 187
stand to the side: そのわきに立つ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 56

サイド
   
my side of the story: こっちサイドの話 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220

一所
   
stroll unconcernedly by one’s side: ぶらぶら一所に歩いて行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17
一面
   
be revealing this side of one’s life: 秘められた一面をさらけだしている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 69
   
turn one’s head to the side: 首を横にねじる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 223
squint nervously toward one side of the room: 目を眇めて横のほうを見る 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 264
comb sb’s hair down and to the side: いったん垂らした前髪を横に流す タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 149
be knocked on its side: 横倒しの状態だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 130
at sb’s side: (人の)横に控えて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
横向き
   
roll over on one’s side: 横向きにころがる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 421
横手
   
from the side of the room: 部屋の横手から プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 232
appear over the side: 横手から現れる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 193
横手の
   
near the side door: 横手の入り口近くに ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 95
a side window blows out: 横手の窓のひとつがはじけとぶ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 454
横腹
   
in the boat with the soft smacking on either side: 波がひたひたと船の横腹を打つなか ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 18
寄せる
   
side together: 二人寄せる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 103
   
side of one’s mouth: 口の隅 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
   
be on the whole disposed to side with sb: どちらかといえば(人)の肩を持ちたい気がする 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 48
肩入れする
   
side with sb: 〜に肩入れする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 85
舷側
   
Ralston looked over the side with an air of large surprise: ラルストンは大仰におどろいて見せ、舷側からいわれたほうをながめた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 64
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 409
   
hold one’s hand against one’s side: 片手を腰にあてる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 208
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 17
   
in sides sprouting watercress: 流れの際にはオランダガラシが芽を出している ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 59
車体
   
comes a huge, rumbling tractor-bus its side dull with sand: でっかいトラクター・バスがのろのろやってくるぞ、砂にまみれた車体 ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 61
身体の脇
   
with sth swinging at one’s side: (物を)身体の脇でぶらぶらさせながら タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 104
陣営
   
contribute to both sides in a campaign: 選挙ともなれば、対立する両陣営に献金する クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 170
   
work the other side of the street: 逆の側ではたらく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
the other side of ...: 〜のむこう側 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 439
stand oneself one side of sb: (人の)片側に立つ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
sb’s hair is combed along sb’s sides of sb’s head: 髪はぴたりと頭の両側になでつけられている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 129
pick targets on the other side: むこう側の標的をさがす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 506
on the far side of the Bay: 湾の向こう側 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 371
come down on sb’s side: (人の)側に肩入れする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 295
be unwilling to play for either side: どちらの側にも属したくない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 189
be brought to side with A against B: Bを裏切ってA側につく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
側面
   
have a mean and fairly ruthless side to one: ずいぶん無慈悲な側面を持ち合わせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 304
   
tattered on the sides: 端がずたずたになった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 293
She sat on the side of my bed, I sat up, and she handed me a plastic mug: シンシアはわたしのベッドの端に腰かけていて、わたしが身を起こすと、プラスチックのマグを渡してくれた デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 391
pant from the sides of one’s mouth: 結ばれた口の両端からあえぐように息を吸いこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
one side: 片端 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 185
move sth to one side of one’s tray: (物を)トレイの端っこにやる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 310
内壁
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
二次的
   
a side issue: 二次的問題 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
半身
   
suffer a slight paralysis of one’s right side: 右半身に軽い麻痺が残る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
肘かけ
   
the side of one’s chair: 椅子の肘かけ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
perch on the side of sb’s chair: 肘かけのところにちょこんと腰をおろす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
部分
   
the positive side of the equation: 等式のプラス部分 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 113
a side to sb one has never realized existed: 自分の知らない部分が(人に)ある 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
副次的
   
one of the side benefits of doing ...: 〜の副次的効果のひとつは〜という利点だ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 201
並ぶ
   
walk by sb’s side: (人と)並んで足を運ばせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 240
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 323
   
remain awkwardly to one side: 傍に突っ立っている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 451
keep close to sb’s side: 引き添うように傍に付く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
味方
   
be on one’s side: (人の)味方だ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 323
   
on the plus side: プラスの面をあげるなら オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 126
have such a mundane side to one: こんな俗な面がある 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 194
立場
   
inadvertently take sides with ...: 心ならずも〜の立場に与する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 513
   
one’s hand hang flat and naked at one’s side: (人の)手は手袋もなしで脇にぺたっとつけられる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
force hands down to one’s sides: ひきはがした手を両脇にだらりとさげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
bring one’s hand to one’s side: 手を体の脇にやる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 208
脇腹
   
stick a gun in sb’s side: (人の)脇腹に銃をつきつける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 251

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the sides: 左右
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 471
the side of the ship: 甲板
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 12
the side of the road: 道端
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 159
the side of the mountain: 山腹
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63
the side of sb’s head: こめかみ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 221
the other side: 相手方
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
the dark-side-of-the-moon-of-Walter-Mitty: “虹を掴む男”ウォルター・ミティを陰気にしたような
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
take sb’s side: (人)の肩を持つ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 168
take sb’s side: (人に)同情する
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 260
take sb’s side: (人の)肩を持つ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 354
side to side: 左右
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
side of the road: 道端
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 138
side deal: 裏取引
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 304
side by side: 肩をならべて
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 21
side by side: 肩をならべる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
sail by and off to one side: かたむく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
opposite sides: 両端
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 7
on the young side: お若い方
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 103
on the side: そのかたわら
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 58
on the side: 退屈しのぎに
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 211
on the side: 副業として
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 102
on the side: 片手間に
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 8
look to the far side: 向う向く
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 229
just to be on the safe side: 念のため
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 242
five-sided comedian: 五面相の道化
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 237
either side of sb’s face: 両頬
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
decide to switch sides: 寝返る
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 26
by the side of ...: 〜沿いの
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 163
both sides: 左右均斉
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 223
both sides: 裏表
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
both side: 左右の
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 26
at one’s side: そこらに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 98
along the side of sth: 〜の横腹
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 76
all sides: 四方
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 17
all sides: 四方の
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
all sides: 前後左右
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
all sides: 八方
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 238
a side show: 見せ物
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 284
a side of ...: 添え皿の
would like to keep on the good side of sb: きげんを損じたくない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 227
with sides of plywood board: ベニヤ板で四隅を囲った
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 57
with pimples all over the side of one’s face: にきびだらけの横顔
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
with parrots down the side: 横っちょにおうむの絵が描いてある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 147
while sb is still on the healthy side of drowning: 溺れる寸前のところで
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 300
walk side by side with ...: 〜と手を結ぶ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 126
walk side by side through the rain: 雨に濡れ(人と)肩を並べて歩きながら
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 93
turn over on one’s side: 横向きになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
turn on one’s side: 寝返りをうつ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 139
to be on the safe side: 大事をとって
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
tilt one’s head down and to the side: 軽く首をかしげる
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 12
they are the two sides of ethnicity: どちらも出自はエスニックだが、その両極端
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
there are two sides to this thing: この話、裏と表がある
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 119
there’s any treachery, it’ll be on sb’s side: 裏をかくなどは、(人の)やることだ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 162
the weather remains on one’s side: 天未だ(人に)幸している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 166
the scutwork on the intelligence side: 情報収集の下働き
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 437
the other side of the block: 通り一本むこう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
the money side of things run against sb: (人が)経済的にはあまりうまくいかない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 55
the good effects from ... outweigh the bad side effects: 〜によってもたらされるプラスの効果は副作用の弊害を差し引いてもあまりある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 428
the far side of the lot: 駐車場のずっとむこう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 350
the far side of ...: 〜のはずれ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 19
tape together on both sides: 裏表から、テープで支えあう
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 165
take flack from both side: はさみ撃ち
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 199
sth arrayed side by side: ぎっしり並んだ(物)
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
stay at one’s side constantly: (人に)寄り添う
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 125
stand admiring sth, one’s head on one side: 小首をかしげてうっとりと〜を眺めながら立っている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 29
sit very close to sb’s side: (人に)しっかりと寄り添って坐る
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 86
sit silently on either side: 両側をはさむように坐りながら、ひと言も話さない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 117
sit observantly at sb’s side: 心配そうに付き添っている
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 88
show the innocent and childish side to one’s character: 極めて淡白な小供らしい心を見せる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 63
shade the sides of one’s face with one’s hands to cut the glare: 両手で顔をつつみこむようにして反射光をさえぎる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
seem crushed and flattened on all sides: 四方八方から押しつぶされたような外観を呈している
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
scrape against the side of the house: 家の外側で何かをこする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 259
sb’s head on on side: 頭をかしげて
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 311
say, the words sliding out of side of one’s mouth: 唇を動かさずに答える
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 75
roll restlessly over onto one’s other side: いらだたしげに身体をまわして(人は)反対側を向く
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
roll over on one’s side to face sb: ごろりと身体をまわして(人を)向く顔
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
roll onto one’s side: 身体を横にする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 361
rarely leave sb’s side: ほとんどいつも(人に)べったりだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 178
put one’s head on one side critically: 頭をかしげてじっとながめる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 381
push sth to one side: (物を)押しやる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 156
push sth away to either side: (物を)右に左に撥ねのける
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 107
probably still dry on one side: 身体の半分はまだお湯も浴びていないような状態ではなかったろうか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 365
place sth side by side: (物を)きっちりそろえる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 57
pick sth up at the side of the road: 道ばたで拾う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
over the side of the tub: 浴槽ごしに
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 82
one’s large purses slapping at one’s sides: 大きなバッグが腰のあたりで揺れている
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 12
one’s arm flicks out from the side of one’s body: 腕は横手から出てくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
on the other side of the Tin Bridge: ティン・ブリッジを渡った先の
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
on the other side of the road: 道路を隔てた
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 175
on the other side of the door: ドアの外に
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 68
on the other side of ...: 〜の向こうで
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
on the other side of ...: 背中合わせの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 49
on the other side: ずっとむこうにいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 185
on the far side of the woods: 林を抜けると
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 189
on the far side of the trees: 林を抜けて
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
on the far side of ...: 〜のいちばん奥にいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
on the ... side: どちらかといえば〜だ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 194
on sb’s side of the line: 電話の向うにいながら
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 214
on opposite sides of the pole: 西と東に離れている
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 26
on every side is the silence: あたりは静寂そのもので
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 11
on each side of ...: 〜を挟む恰好で
nobody knows which side you are on: 敵も味方もなくなってしまう
need to stay on sb’s good side: (人の)機嫌をそこねるわけにはいかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 349
must remember to keep on the good side of sb: くれぐれも忘れるな。(人に)悪い影響を与えるようなことをするのはまかりならん
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 36
ludicrous obsession with the illusory bright side of things: 度外れした調子のよさ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 343
look swiftly from side to side: すばしこい目つきでちらっとあたりを見まわす
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 81
line up on one side of the earth every sth: 〜を残らず一列に並べる
lie side by side: 寄りそうように倒れている
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 241
lean over the side of the bed: ベッドから身をのりだす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 208
know how to get on a woman’s good side: 女のあしらいがうまい
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 206
it’s smart to be on the safe side: 揚げ足を取られないようにしなくてはならない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 124
inflict a thousand invisible cuts on sb with the tongue’s sharp sides: 罵詈雑言の刃をふるって、(人の)心に幾千もの傷を刻みこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
here and there at the side of the road: そこここの路傍
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 164
hear sb on the other side: 〜のなかから(人の)声が聞こえてくる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 258
have not even heard sb’s side of the story yet: 本人にもまだ聞いてみなければわからない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 46
have changed sides again: また寝がえりをうった
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 260
go in on the cheap side: けちけちする
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 231
give sb a confused side glance: 困惑したような横目で(人を)盗み見する
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 40
get on sb’s bad side: 〜を怒らせる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 40
get a few side glances: 横目で見られる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 343
fixing one’s gaze off to the side: すこし斜めに中空を見すえるようにして
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 180
feel up and down the side of the door: 上から下までドアをまさぐる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 356
feel surrounded on all sides: 四方を壁にかこまれたような感じがする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
far side of ...: 〜の行きどまり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
expend one’s energy clawing at the sides: 必死に爪を立ててしがみつく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
err on the side of caution: 用心しすぎたための失敗を選ぶ
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 430
edge one’s rather small body near sb’s side: 小柄な体をすり寄せる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 166
drops of oil and grease jump over the sides: 油がしゅんしゅんと外にはじける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 94
do tricks on the side: 片手間にそんなまねをする
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 37
develop one’s human side: 教養を深める
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 216
come up on the stand side: 外からくる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 250
collapsing onto its side with the effort, lying prone on the ground: やれやれというようにころりと地面に横ざまに倒れる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 64
clutch the side of the desk to keep from falling forward: デスクに手をついてよろけそうになる身体を支える
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 34
chew sb up one side and down the other: (人に)頭のてっぺんからつま先まで噛みくだかれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 338
being pulled from one’s sides to the other side of the street: 両脇にいた通行人が交差点を渡っていく
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 7
begin to shake one’s head emphatically from side to side: 顔をコキザミに左右に激しく動かしてみせる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
be sort of on the stupid side: 少し足りないほう
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 243
be over on the other side of ...: 〜のずっと向こう端のほうにいる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 265
be on the slow side: 下降気味だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
be on the safe side in doubting it: 用心するに越したことはない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 17
be laid side by side: きっちり並べる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 166
be invariably at sb’s side: たえずつきっきり
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 577
be a great one for siding with sb: 大の(人)びいきだ
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
anytime this side of midnight: 夜の十二時以前
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 116
all on the side of ...: まず例外なく〜のほうだ
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 246
a wonderful living side by side can grow up: 二人だけのまたとない生活が始まることになる
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 92
a slow smile that crease one’s wooden face from side to side: ゆっくりとした微笑で、〜の無表情の顔が次第にほころびてゆく
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 210
A and B dwell side by side in sb: AとBとが同居している
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 142
press the side of one’s face against sb’s cheek: (人の)顔に頬をよせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
the window all over out side: 窓の外側を、すみっこまでぜんぶ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 18
be not without sb’s amusing side: なかなか捨てがたいものだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 149
and you took the players' side: それなのに、お前は選手の肩を持った
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 354
In an anemic VW van with PEACE, LOVE, LIGHT written on the side: 「平和、愛、光」と書きなぐったおんぼろのフォルクスワーゲンのミニバスに乗っている
another side of oneself, a separate self altogether: 半面の(人)でありもう1人の(人)
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 273
Anyway, Apo's the other side: どうせアーポウはむこう側の人間だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 127
one’s arms dangling purposelessly by one’s side: 両手をだらりと垂らし
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 58
arrive at the side door: 通用口に到着する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 91
temperature balancing on the comfortable side of eighty: 二十六度と快い気温で
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 21
honor one’s side of the bargain: 約束を守る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 9
be both working the right side of the good-and evil beat: 善悪の垣根の同じ側で仕事をする
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 13
except on the side of the sun going to bed: もっともお日さまの沈む側だけは別だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 304
bend over the side of the boat: 小舟の縁から身を乗り出す
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 100
bend over the side of the boat: 船縁から身をのりだす
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 98
the blank side of the next brick house: 隣りの煉瓦造りの建物ののっぺらぼうな壁
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 231
blank side of the brick house: 煉瓦建の家ののっぺらぼうの壁
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 167
His face, shockingly grey, haggard and blotched, still peered over the side: どきりとするほどやつれ、しみでよごれた灰白色の顔は、まだ外をのぞいている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 253
tipping oneself off bodily side-ways: 体ごと横ざまに辷らせるようにしておりる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 116
slight bruise on the side of one’s head: 頭の横をかすめる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
call sb to one’s side: こちらへこいと声をかける
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 104
err on the side of caution: 用心しすぎたための失敗をする
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 430
cluster like nuptial families either side of the church aisle: 教会の通路をはさむ結婚式の両家よろしく、それぞれ寄り固まっている
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 35
clutch the side of the sink for support: 洗面台に両手をついて身体を支える
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 20
cock one’s head to one side: 小首を傾げる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 143
get into one of those coffin-side spats: いわゆる「棺ぎわの口論」をやる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
make speeches at sb until sb come around to one’s side: (人が人の)側に立つまで説得する
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 54
never consider for a moment any side of a question: 一瞬たりとも考えごとなどはしない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 14
convey sb off the road to one side: (人を)街道の片側へ引き立てて行く
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 200
The other side of the vallery could be climbed, but not without a staff: 谷のむこう斜面は登れるかもしれない、だが、それには杖がいる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 329
creep up on each side of ...: 〜の両脇にぴたりと張りつく
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 43
And, frankly, the East isn't popular with the West-side crowd: それと、率直にいって東は西側の人たちに受けがよくない
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 70
the dark side to this culinary delight is the fact that the ship carries no fresh wasabi: ただひとつ残念なことに、船には本物のワサビがない
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 94
direct one’s gaze out the side window: 窓の外を見る
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 90
In the deep shadow cast by the side of the bridge, he seemed disembodied: 艦橋の側壁がなげる濃い影のなかで、提督は魂のぬけがらのように見えた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 304
the distance from one side to the other: 幅
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 20
dodge to the side: ひねるように身をひるがえす
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 164
come doggedly out of the water and up the cliff-side path: 水から陸へ這い上がると、また強情に崖ぎわの小道を登る
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・もの』(Wind's Twelve Quarters ) p. 249
on the dry side of the veranda: ベランダの陸側の面には
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 165
along the street comes a huge, rumbling tractor-bus its side dull with sand: でっかいトラクター・バスがのろのろやってくるぞ、砂にまみれた車体
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 61
ツイート