× Q 翻訳訳語辞典
house   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うち
   
other houses: よそのうち 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 111
come over to the house: うちへ遊びに来る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
そと
   
leave the house: 戸外へ出る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
てめえらうじ虫ども
   
clean some house: てめえらうじ虫どもを大掃除する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
ところ
   
run a noisy house: やかましいところだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 495

ハウス
   
row house: テラスハウス クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 336
ホテル
   
house copper: ホテルの探偵 ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 99

屋敷
   
see sb’s house: (人の)屋敷を垣間見る ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 150
rambling houses: 大きな屋敷 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 160
old country house: 古い田舎の屋敷 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 122
go through the Haunted House: お化け屋敷に入る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 192
下院
   
the party balance in the House: 下院の党派別議席数 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 49
House Republican leader: 下院共和党院内幹事 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 49
   
wander about the house: 家の中を自由に往来する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
walk out of the house slamming the front door behind one: 玄関の扉をばたんと勢いよく閉めて家を出ていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 372
unscheduled visit to sb’s house: (人の)家へ不意に押しかける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 380
the other dingy houses in the immediate vicinity: まわりに建っていたほかのみすぼらしい家々 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 201
the number of visitors to sb’s house increases: 家の出入りが多くなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 121
the houses where one was born: 自分の生家 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 393
the houses that have been refurbished: 改築された家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 561
the house where one all grew up: みんなで少年時代を過ごした家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 25
the house was stiff with poets: 家のなかには詩人がごろごろしていた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 227
the house is now completely dark: 家中が真っ暗だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 232
the house can be kept up: 家が立ち行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 101
the dingy, brown house: みすぼらしい茶色い家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 201
the big house: 伽藍堂の家 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 113
the belly of the house: 家の奥 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
the atmosphere in the house: 家の中に漂う空気 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
tear out of one’s house: 家からとびだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304
stomp inside the house: 足音も荒く家の中に戻ってくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 329
steer sb into the house: 家の中に(人を)連れて入る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63
solidly built farm-style houses: いかにも堅牢なつくりの農家スタイルの家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 321
sneak over to sb’s house: 家を忍び出て(人の)家へ行く 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 81
reenter one’s house: 家に戻る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 384
put roofs on new houses: 新築の家の屋根を葺く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 77
pay for one’s house from kickbacks: 業者からのリベートで家を建てる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 213
pass the house: 家の前に来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 77
outside the house: 家の前の カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 224
outfit the house and yard in beautiful lights from top to bottom: 美しい電球で家と庭を、隅から隅まで飾り付けする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 333
one’s own little house: 狭いながらも楽しいわが家 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 311
march into sb’s house: (人の)家のなかへずかずかはいる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 61
loll around the house: 家にぶらぶらしている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 129
live & keep house with sb: 一つ家に(人と)一緒に暮らす ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 303
little houses: こぢんまりとした家 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 24
leave sb’s house: (人の)家を辞す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 89
in the silent, old house: 古い家がひっそりしている中に 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 104
in the depths of the house: 家の奥のほうで スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
in the abandoned yard behind sb’s house: 家の荒れた裏庭には ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 280
in an insignificant country house: 一軒の田舎家のうちに 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 104
I want you to get the hell of my house: とっととこの家から出ていけ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 343
house of a single woman: 一人暮らしの小さい家 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 40
have sth around the house: (物)が家のどっかにある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 325
go to sb’s house for dinner: (人の)家へ御馳走に招かれて行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
go through sb’s house: (人の)家を家宅捜査する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 337
gangling house: ノッポの家 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
fly out of the house: 家をとびだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 282
file out of the house: 一列になって家から出ていく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 289
empty old house: 人気というもののない古い家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 417
empty house: がらんとした家 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 281
drive home from sb’s house: (人の)家をあとにする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 59
can no longer afford that big house: その大きな家を維持することができない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
can find things around the house: 家のなかのどこに何があるか、正確に知っている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 110
be around the house: 家のなかでごろごろする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
all they have left after the bank took one’s house: 銀行に家を差し押さえられたあとの(人の)全財産 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 337
a small three-bedroom house: 三寝室の小さな家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 178
a lengthy range of small, cheaply built houses: 安っぽい家が延々と連なる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 189
a house with a long tradition: 由緒のある家 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 152
a big, handsome house: 大きくて見栄えのいい家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 172
家の雑事
   
organize the house: 家の雑事をとりしきる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 29
家の中
   
arrive home to find one’s house neat and orderly: 帰宅してみると、家の中がすっかり片づいていた カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 311
家宅
   
make a swoop upon a house: 家宅に侵入してくる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 40
   
houses of pleasure: 歓楽街 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
   
the house of the Lord: 主の館 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
建物
   
station house: 警察の建物 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
fill the entire house: 建物じゅうにひびき渡る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
be in a wing of a large house: 大きな建物の一翼を占めている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 135
an unremarkable red brick house: 何の変哲もない赤レンガの建物 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 119
玄関
   
heavy door of the house close after them: 一同の背後で重い玄関のドアが閉まる ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 58
   
settle in a house of one’s own: 一戸を構える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
構え
   
a house on a small hill: 小高い一構え 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
   
earn the merriment of the house: 座の哄笑を誘う ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 186
座敷
   
find at sb’s house ...: (人の)座敷で(人と)同座する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 22
自宅
   
one’s house keys: 自宅の鍵 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
be home in an empty house: 無人の自宅で過ごす トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 351
実家
   
move into the house: 実家へ移る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 259
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 96
   
house rule: 社の規則 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 70
集める
   
the classification system we created to house sth: われわれが(物を)集めるために作ったデータベース ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 8
住まい
   
cozy house: 小ぢんまりした住まい 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 42
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 60
住宅
   
two-family house: 二世帯住宅 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
   
stay in the old house: 前の所にいる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 262
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
小屋
   
leaving sb frightened and bewildered in the doorway of the wood-sawyer’s house: ただ呆然とおびえながら、木挽き小屋の門先に立ちつくす ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 173
a small thatched-roof house: 小さな草ぶき屋根の小屋 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 58
城館
   
a large high-roofed house: 高々と屋根をあげた大きな城館 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 211
食卓
   
dine at one’s house: (人の)食卓で飯を食う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 23
占める
   
be housed in a couple of rooms: ふたつの部屋を占める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 147
   
be the only people in the house: 宅の中にいるものは(人)だけだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
   
fancy Hollywood house: 豪華なハリウッド調の邸 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
邸宅
   
the new house with its fragrant odor of fresh wood: 木の香も新しい邸宅 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 434
   
the house specialty: あの店の売り物メニュー スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 172
部屋
   
rummage through one’s house: 部屋中を丹念に調べる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
別荘
   
house in the country: 田舎の別荘 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
a little country house: 田舎の別荘 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
母屋
   
She went back into the house and stood in the kitchen for a minute: ネッティは母屋にもどり、キッチンでしばらくぼんやりしていた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

whoever it was from our house: 家人
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 29
the State House of Representatives: 州会議員
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
the main house: 母屋
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
set foot outside the house: 外に出る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 268
run a house: 商売をする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 305
rented house: 家作
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
play house: おままごとする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
people’s house: 人家
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 104
one’s parents’ house: (人の)生家
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 17
one’s house: (人の)ところ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 343
make house calls: 往診をやる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
main house: 母屋
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 69
in front of the house: 軒先に
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 70
holiday houses: 別荘
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 320
have little to do in the house: 用がない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 86
favorite house band: 専属の人気バンド
do not leave the house: 門外不出
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 29
cop supply house: 警察用品店
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
cleaning the house: 煤払い
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 128
behind one’s house: 裏の
before leaving the house: 出がけに
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 21
be not much of a house: 荒ら屋
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安晦日蕎麦』(Master Assassin ) p. 193
be inside the house: 奥にいる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
attract good houses: 世間の注目をあつめる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 223
a house for sale: 売家
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 164
a house dress: 普段着
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 141
where the houses of sin are: 娼家が軒をつらねている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 365
wander the rooms of one’s house: 部屋から部屋へとあてもなくさまよい歩く
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 293
walk through the front door of the house: 玄関のドアを入る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 322
there is no need to leave the house in search of refreshment: 喉の渇きを癒やすのに外へ出る必要はない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 39
there is no ... in the house: 〜は切らしている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 235
the well behind the house: 井戸のある裏手の方
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97
the station near one’s house: (人の)住む町のあの駅
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 22
the newspaper comes to the house: 新聞が配達される
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 79
the house two doors away: 一軒おいて隣り
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 17
the house sit off the ground on bricks: 煉瓦の土台を据えた高床式のその家
the corner of the house where there is a faucet bib: 庭の隅に設けられた散水栓の蛇口
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
the back of one’s house: 〜の家の裏手
take over the whole house: うち中にただよう
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 102
stopping pretty often at ale-houses by the way to drink: 途中居酒屋があると、たびたび馬をとめて一杯やる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
stop in front of the AA house: AA家の門前に止まる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 96
sneak sb out of the house without sb ever knowing sb is there: (人に)知られないように(人を)裏口から外に出す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 408
peer up under the house: 床下を覗く
now have a house: 一戸をかまえる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 189
move into the house: 越してくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 327
live in the same house with sb: 一つ屋根の下で生活をともにする
leave the house very early in the morning: 朝出かけるのが実に早い
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
leave sb to keep house: (人に)留守番を頼む
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 202
it keeps sb out of house: (人を)外へひっぱりだしている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
in recompense for sb’s cowardice and inhumanity sb be sent out of the house: 不人情と卑怯の罰としてお暇が出る
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 53
I want you to feel comfortable in this house: うちで気をつかったりなさっちゃいやよ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 394
hit a dope house: 麻薬の手入れをする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 97
help with house and yard work: 家事や庭仕事をする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
heave sb the length of the house: 天井高く(人を)ほうりあげる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
have sth in the house: (物を)所蔵する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 150
get on like a house on fire: よく気が合う
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 18
far enough away from any houses: 人里を大分はなれた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 172
during the long period of time that one live in the same house: 長く(人と)一所にいるうちに
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 223
drive up in front of the house: 車がやってくる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 66
dislike having a stranger in the house: 気心の知れない人は厭だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 196
depend upon sb to look after the house properly while one is away: 留守にしても大丈夫な(人)
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
dash from one’s car into the house: 車からおりて、小走りで玄関に飛び込む
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 54
come and look after the house: 何処からか来て留守番をする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
can be upset like a house of cards: ときには砂上楼閣のようにたやすくくずされる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 431
building where ... is housed: 〜の本拠である(建物)
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 139
become compulsive about keeping the house locked up: 戸締りに病的に神経質になる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 41
be well provided for and housed: いたれりつくせりの環境で暮らす
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 82
be still in the house: まだ出かけていない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 16
be not about to end up in a rooming house: この先も、おんぼろの下宿屋に住むようなことにはまずなるまい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
be left alone to watch the house: 一人で留守番をする
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
be in some kind of booby-trapped spook house: なんだかわけのわからないからくり屋敷に足を踏み入れてしまった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 364
balance the checkbook and the house accounts: 小切手帳と預金通帳の入金と出金を照合する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
a small but neat house that one can rent: こじんまりした貸家
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
a rather grand house: なかなかの豪邸
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 38
a lady whom one take to be the mistress of the house: 奥さんらしい人
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
a flimsy houses of an ordinary Japanese town: 薄ぎたない日本の街
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 81
a large merchant house: どこぞの商家
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 15
be about a block from the house: あと通りひとつでうち
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
the house is absolutely quiet: 家中はひっそりと静まりかえっている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 230
in-house accounting: 内部の事務処理
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 373
actual house: 一軒家
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 168
run afoul of various house rules: さなざまな家庭内規則を破る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 293
This is your house after all.: 御前の宅だから
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 154
scrape against the side of the house: 家の外側で何かをこする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 259
a aging house: 古びた家
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 52
It could have been dusk already: tea-time in an old country house: もう一足とびに夕暮れがきたかのようで、古い田舎の屋敷のティー・タイムという印象である
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 122
Masako looked at the house amazed: 真砂子はものめずらしく見て、
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 87
She's a marvelous worker, an excellent cook, and so house-proud: たいへん働き者で、腕のたつ料理人、そのうえ屋敷の管理にはそりゃ熱心でしてね!
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 22
A lady then appeared, whom I took to be the mistress of the house: すると奥さんらしい人が代って出て来た
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
no one in this house has the least appreiciation or interest in cooking: 料理にまるで理解も関心もない一家
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 128
walk around to the rear of the house: 家の裏手へまわる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
walk rapidly back to one’s house: おおいそぎで家にもどる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
so that you have to back down and fly out of the house: おかげでこちらはたじたじとなり、家からとび出してしまう
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 149
pace back and forth through the house: 家のなかをぐるぐると歩きまわる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
pick the house bare: 洗い浚い持っていく
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 122
leave sb’s battered traveling bag at the coach house: (人の)ぼろぼろの旅行鞄を馬車の発着所に預ける
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 102
be in one’s house: (人の)家に忍びこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 301
be buying a house: 家もじき買えそうだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 242
because I thought I might ask you to come by my house: うちへ寄っていただこうと思って
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 42
big apartment house: おっきなアパート
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 342
lay the blame for all the unhappiness in the house on ...: このうちの重たい空気はみんな〜のせいだと思う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 112
the blank side of the next brick house: 隣りの煉瓦造りの建物ののっぺらぼうな壁
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 231
blank side of the brick house: 煉瓦建の家ののっぺらぼうの壁
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 167
a high wind blusters round the house: 強い風は家のまわりを吹きまくる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 61
ill-lit Victorian boarding-houses: 薄暗いヴィクトリア朝風下宿屋
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
part of a really big house destroyed in the bombing: 大きな邸の焼跡らしい一区劃
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 160
go through the house from top to bottom: 家じゅうをくまなく調べる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 242
In a large bowl in front of the house we could see some goldfish: ただ軒先に据えた大きな鉢の中に飼ってある金魚が動いていた
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 70
just brought down the house: 〜のときはわれるような拍手だった
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 293
bring down the house: 観客を熱狂の渦に陥れる
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 77
one’s house have been bugged: (人の)家に盗聴器をつける
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 174
build an apartment house on the land in the garden: 庭をつぶしてマンションを建てる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 20
a house is burning to the ground: 家が燃えちまう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
the back door of the house bursts open: 裏口のドアが勢いよく音を立てて開く
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 72
make a house call: 往診
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 92
leave the charge of the house to sb: 家の事は、(人に)任せる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 31
choose an out-of-the-way tea-house in which to rest: はづれのほうにある茶店で休むことにする
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 30
notice of a clearing-house sale: 在庫一掃セールのご案内
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 20
the people who come about sb’s house: 家に出入りする人たち
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 13
come up to the house for a drink: 家へきてお茶をつきあう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
come in for one’s house: 遺産に家をもらう
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 37
a very comfortable house: 住み心地の良さそうな家
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 92
be not comfortable with sb in one’s house: (人が)家にいるのはどうも落ち着かない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 72
an empty comfortless house: 慰めるものもいない無人の家
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 207
find oneself living in a completely empty house: ひとり暮らしがはじまる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 136
a town-house complex: メゾネット式のタウンハウス
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 31
the condemned house: 撤去予定の家
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 199
this house is the next thing to being condemned: こいつは、幽霊屋敷もいいとこだ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 86
run over to sb’s house to confront sb: (人の)所へ談判に押し掛ける
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 43
all confused, rushed into the house: けたたましく玄関から転げ込んでいらっしゃる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 28
converted carriage house: 馬車置き場を改造したコテージ
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 46accept
White House aide: ホワイト・ハウス顧問
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 33
White House aide: ホワイト・ハウス補佐官
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 44
accept a White House appointment: ホワイトハウス内の役職を拝命する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 324
When do you want me to brief the White House?: ホワイトハウスにはいつ状況説明をしましょう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 85
White House chief of staff: ホワイト・ハウスの補佐官
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 40
White House communications: ホワイト・ハウス報道局
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 29
ツイート