× Q 翻訳訳語辞典
two   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
それぞれの
   
the house on the two streets: それぞれの通りに面した家 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
ふたり
   
two other divers work with ...: 〜は他にふたりいる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
ふたりづれ
   
two Western looking men: 西部スタイルの男のふたりづれ ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 201

コンビ
   
two bad guys: 悪役コンビ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 258

一つ二つの
   
pass through two rooms: 一つ二つの部屋を通りぬける 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 176
   
after two or three barren attempts: 最初の二、三回は空振りに終わったが トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 227
二人連れの
   
two local men: 土地者らしい二人連れの男 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 232
彼ら
   
the two meet: 彼らが出会う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 55
両手の
   
wave two red gloves: 両手の赤い手袋をひらひらさせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 405
両側
   
be flanked by two ...: 両側から〜にはさまれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 278
両方の
   
understand how to mix the two traits: 両方の使い分けができる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 15

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

two nights ago: おとといの夜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
two lovers: 恋人同士
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 167
two girls: 少女たち
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 197
two CIU teams: 二手に分かれたCIU捜査員
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 348
second or two: 一瞬
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 230
on one or two occasions: ときには
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 228
in twos and threes: 三々五々
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
a 3-and-2 count: フルカウント
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 248
two of the Marthas: マーサ姉妹
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
the house two doors away: 一軒おいて隣り
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 17
scoop sb up in one’s two hands: この両手のひらに包み込む
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 25
plan to do so in about two shakes: その気になればあっというまに〜できる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 394
know a thing or two about ... oneself: 〜なら自分も少し心得がある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 288
it is the closest the two of us ever become: (人と)僕との関係がいつになく親密なものになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 394
I hope you showed sb a thing or two: きっちり勝負つけたのか!
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 109
get two and two on a guy: ツー・アンド・ツーのカウント
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
find that no two trees have leaves of exactly the same color: 葉の色が一々違っている
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 70
everything one say can be taken two ways: ことばの裏はもう一度ひっくりかえせば表になる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 119
be one or the other of these two options: そのどちらかだ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 173
be in two minds: 気持は動揺している
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 265
as with all swords, that one cut in two directions: まさに諸刃の剣である
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 220
Tweet