× 翻訳訳語辞典
be   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜という境遇
   
be the child of a powerful man: 有力者の子供という境遇 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 182
〜にあたる
   
be a third or fourth cousin: はとこかまたいとこにあたる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
〜にもなって
   
a guy who is eighty-three: 八十三にもなって トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
〜に相当する
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 362
〜の身だ
   
be out of work: 失業中の身だ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 159
〜の部類に入る
   
be a long conversation: よくしゃべった部類に入る ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 14
〜の名に恥じない
   
be an artist: 〜は芸術家の名に恥じない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 58

あり
   
I’m here: われここにあり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
いらっしゃる
   
have been here a lot: ここへはよくいらっしゃる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 111
こもる
   
have been in all evening: 夕方から部屋にこもりっきりだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 365
ございます
   
I am a subject of His Most Gracious Majesty King George the Third: ジョージ三世陛下の臣民でございます ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 193
すなわち〜なのだ
   
we are what we do: 人すなわちその行動なのだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
つとめる
   
be the chairman: 委員長をつとめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
be best listener: 最良の聞き手をつとめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
とりおこなう
   
have been one’s First Communion: (人が)とりおこなった初めての聖餐式 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
なる
   
it’s been nearly seven months: かれこれ七か月になる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
もぐり込む
   
be already under the carriage: すでに馬車の下にもぐり込み ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 207
よし
   
so be it: それならそれでよし トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112

過ごす
   
be home in an empty house: 無人の自宅で過ごす トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 351
会う
   
be with one’s children: 子供たちと会う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 96
居を占める
   
be here in ...: ここに居を占める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
現に〜
   
be there: 現にこうしてその場にいる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 204
行く
   
will be (place): (場所)に行く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 56
集まる
   
all the people of the village are at the fountain: 村人たちは、一人残らず水汲み場に集まっている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 230
性質
   
look what one be: (人の)性質そのままの外見だ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 12
成立する
   
will not be playing game: ゲームというものは成立しなくなってしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
占めている
   
be in a wing of a large house: 大きな建物の一翼を占めている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 135
存在
   
can be myself completely: 百%存在を許されている 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 81
存在する
   
there never be a Mrs sb: (人の)人生にミセス・(人)なる女性が存在したためしはない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
待機している
   
be at ...: 〜で待機している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
担う
   
be going to be a part of baseball history: 野球史の一部を担うことになる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 201
通っている
   
be in junior college: 短大へ通っている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 96
呈する
   
a picture of the chateau as it is to be: この城館が呈すべきはずの光景 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 220
等しい
   
be poison to sb: (人には)毒に等しい セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 57
年の頃、〜歳
   
be maybe eight: 年の頃、八歳くらいだろうか フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 137
赴任する
   
since we have been here: ここに赴任してきてから セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 80
訪れている
   
it is spring in ...: (場所に)春が訪れている 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 84
立つ
   
be here: ここに立つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
Tweet