× Q 翻訳訳語辞典
third   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
もうひとつ
   
a third door stand: もうひとつドアがある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295

三度
   
that makes the third time since ...: 〜になってから三度目だ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 133
三度目の
   
third time’s the charm: 三度目の正直 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
三分の一
   
the flight is only about a third full: 乗客が定員の三分の一くらい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the third degree: 拷問
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
hole between short and third: 三遊間
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 64
a third party: ハタの人間
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 78
it is the third hour of darkness: 闇が降りて二時間以上たっている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 399
have come back yet a third time: 三たびやってきた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
be free to run on a dropped third strike: 振り逃げのチャンスが生まれる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 386
be a third or fourth cousin: はとこかまたいとこにあたる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
a former third baseman with ...: かつて〜で三塁を守っていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 305
be about a third of ...: 〜の三分の一という水準に甘んじている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 308
At nineteen, he was already achieved the third rank: 19歳で3段ですからね
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 28
charge of third-degree assault: 第三級暴行罪
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
at the third turn: 第三コーナーにさしかかると
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
third-rate burglary attempt: 三流のこそ泥事件
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 30
the third bad year in a row: 三年連続して赤字を出す
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
at the bottom of the third inning: 三回の裏
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 290
have been the twenty-third of one’s career: 仕事をはじめるようになってからこのかた、二十三件目にあたる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
they cover only a third of the lesson plan: 授業が予定していた三分の一しか進まない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 309
play deeper in the hole between short and third: 三遊間を狭める
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 64
A third downer in a very short period: ほんのわずかな時間に三つ目の失態だった
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 219
be into one’s third drink: 三杯めにとりかかっている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
exchange the first picture for the third and last: 一枚めの写真を置いて三枚めの最後の写真を取上げる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 98
take a full third of ...: まるまる三分の一を懐に入れる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
giggle into one’s third mimosa: クスクス笑いながら三杯目のミモザを飲む
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 156
at second hand or third hand or fourth hand: 受け売りの形で
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 174
take a third helping of curry: カレーの三杯目をおかわりする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 146
let the occasional third strike slip by: 三つ目のストライクを後逸する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
readily take out second and third mortgages on my soul to get ...: (〜を)入手できるのだったら魂の二つや三つ平気で売りとばしてしまう
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 94
move sb to third: サードへコンバートする
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 220
the roar of the crowd as the pack rounded the third turn and went hell-for-election down the backstretch: 第二コーナーをまわった馬群が猛烈な勢いでバックストレッチに入っていくときのあのどよめき
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
the third-world union people: 第三世界の連中
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 335
And the third program worked perfectly: 第三のプログラムには何の問題もなかった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
third place: 三着
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 198
on the third day of sb’s residence in the hotel: (人が)このホテルに逗留して三日目
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 79
'Of course,' Leland Gaunt said for the third time: 「ええ、もちろん」リーランド・ゴーントは三たびこの答えを口にした
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
Laurie simpered, taking a third helping of curry: ローリーはカレーの三杯目をおかわりしながらおどけて言った
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 146
a slip-up in the third generation: できそこないの三代目
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 71
be standing down on the third: 悠々サードに達している
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387
stop for the third time: また一休みする
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 65
surrogate contact through a third party: 第三者を介する間接接触
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 203
say for the third time: 三たび答えを口にする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
a place of no third way: 第三の道のないところ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 508
Third World failures far outnumber First World successes: 数からいけば、先進国で資本主義の拡大に成功した例よりも第三世界で資本主義のスタートに失敗した例のほうがはるかに多い
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 29
preceding Third Ice Age: この前の第3氷期
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 229