× 翻訳訳語辞典
with   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜がある
   
with the brains: 脳味噌がある デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 186
〜が行けば
   
with a familiar face: よく知っている相手が行けば トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
〜が仕切る
   
the Mets postgame show with sb: (人が)仕切るメッツ主催のポストゲーム・ショー プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 205
〜したまま
   
with one’s body bent at a weird angle: 変なふうに体をねじまげたまま 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 162
〜した時
   
But with your ears out it's a thousand times better, isn't it?: でも耳を出した時のはずっとすごいんだろ? 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 69
〜しつつ
   
with a deep sense of gratitude for ...: 〜に感謝しつつ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 252
〜しながら
   
with a groan: うなりながら マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 35
〜つつ
   
with a grunt of determination: 「うむ」などと言いつつ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 104
〜で
   
what sb do with that insurance company: 保険会社で(人が)やってる仕事 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 34
〜とともに
   
with the passing of the months: 日とともに マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 99
〜ともども
   
trap sb inside with ...: 〜ともども室内に閉じ込められた格好になる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 158
〜と同席する
   
ten minutes with sb and you know the story: (人と)十分間同席すれば、〜という実体がわかる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
〜と連れ立って
   
with sb: (人と)連れ立って サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 123
〜と話していると
   
have trouble being oneself with sb: (人と)話していると、つい肩肘を張ってしまう レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 119
〜ながらも
   
with sb knowing: (人に)知られながらも トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
〜に
   
leave ... with a friend: 知人に預ける 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 182
〜におよんで
   
with the appearance of ...: 〜が出現するにおよんで マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 99
〜に接する
   
with a woman: 女に接する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 238
〜に入って
   
be with the ... unit: 〜部隊に入っている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 139
〜の
   
compressed poems with seventeen syllables: 圧縮された17音節の詩 ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 166
〜のあまりか
   
with the tension: 緊張のあまりか 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 444
〜のことで
   
be struggling with ...: 〜のことで頭を悩ませている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
〜のそばで
   
be blissfully happy with sb: (人)のそばでこのうえもなく幸せだ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 182
〜のそばに
   
stand there with sb: (人の)そばに立つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
〜のため
   
one’s body feels on fire with fever: 体は発熱のために焼けるように熱い 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 267
〜のばあい
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 388
〜の場合
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 97
〜の状況で
   
come up with the bases empty: ランナーなしの状況でバッターボックスに入る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 173
〜の前で
   
with sb: (人の)前で トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
〜の前に
   
throw in with a dick: おまわりの前に放りだす ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 202
〜の中で
   
with an ever-smiling face: 相変らず愛想のいい笑顔の中で 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 232
〜の並んだ
   
a plaza with cinemas: 映画館の並んだ広場 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 65
〜の連れの
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 213
〜まじりに
   
cringe with embarrassment: 当惑まじりにうんざりする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
〜をうけて
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 166
〜をかけた
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 226
〜をかついで
   
with a stiff: 死体をかついで トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
〜をこめて
   
with the pent-up emotion of years: ただならず去来する幾星霜の感慨をこめて 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 80
with a desperate flourish: 捨鉢の勢いをこめて 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 82
〜をたどってきた
   
with a rather convoluted history: わりあいドラマチックな運命をたどってきた 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 186
〜をはたいて
   
with the little money one have: なけなしの金をはたいて 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 71
〜をまじえて
   
with friends: 友人たちをまじえて ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 32
〜を引きずって
   
limp to the finish line with sb: (人を)引きずってゴールめざして悪戦苦闘する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 113
〜を胸に
   
with good memories: 楽しい思い出を胸に メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 126
〜を携えて
   
Kai set out with the letter at once: 甲斐は早速、書を携えて出発した 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 112
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 170
〜を傘下にもつ
   
with its airlines, banks, and hotels: 航空会社、銀行、ホテルを傘下にもつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
〜を持ち出して
   
with one’s shovel: シャヴェルを持ち出して フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 114
〜を手土産に
   
〜を習った
   
anybody with a college business course: 大学で経営学を習った者ならだれでも トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
〜を集めた
   
the panel with all the buttons and switches: 各種のボタンやスウィッチの類いを集めたパネル 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 12
〜を従えて
   
come in with sb and take one’s place: (人を)従えて入場着席 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 254
〜を相手に
   
start all that stuff with sb: (人を)相手にあんなことを言いだす サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 209
have affair with ...: 〜を相手にへんなまねをする サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 205
〜を相手にして
   
with ...: 〜を相手にして トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
〜を添えた
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 226
〜を並べて
   
end with a series of hypotheses: 仮説をいくつも並べて締めくくられる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 208
〜を用意して
   
with a quart of sth: 〜をたっぷり用意して フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 134
〜を連れた
   
sb with three young kids: 子供を三人連れた男 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 168
〜相手に
   
play games with sb: (人)相手にかけひきをする フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 119
(人と)ともに暮らした
   
many years with sb: (人と)ともに暮らしたこの長い年月 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
(人を)通して
   
lay bets with sb: (人を)通して賭ける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
(物を)手にして
   
with sth: (物を)手にして トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120

あてがわれていた
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 144
あまり
   
one’s eyes are held entranced with wonder and delight: 眼は驚きと喜びのあまりうっとりと釘づけになる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 54
ありさま
   
with ... lipping by at the bottom of the garden: 庭のはずれは〜の水際というありさまだ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 58
あれば
   
with sb baking one up: (人の)後ろ盾があれば クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 182
いっぽう
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 418
おかげで
   
with sb’s constant attention: (人の)かいがいしい看護のおかげで ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 125
お相手は〜
   
be with sb: お相手は(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
かかっては
   
with sb: (人に)かかっては トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
こめて
   
with pity: 憐憫をこめて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 229
agree sb, with feeling: 万感をこめて同意する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 166
こめる
   
with best wishes: 心をこめて スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 46
ごと
   
jump into the river and taking sb with one: (人ごと)川に入る 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 133
さげる
   
sb with the two bags: バッグを左右にさげる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 427
その上
   
with multiple tea breaks: その上、日に何度もお茶を飲む メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 49
それも〜
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 110
たくわえ
   
with a dark moustache: 黒い口ひげをたくわえ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
たたえる
   
glittering with a strange, unearthly light: この世のものとは思えない不思議な光をたたえ ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 24
ただよわせて
   
look out at sb with ghostly and malevolent interest: 亡霊のように、悪意のこもった好奇心をただよわせて(人を)じっと見つめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
ついている
   
a card with picture: 写真がついている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 45
ついでに
   
fold up the umbrella, with oneself in it: 傘をすぼめるついでにそのなかにすっぽり隠れる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 81
つけた
   
the station wagon with Minnesota plates: ミネソタ・ナンバーをつけたステーション・ワゴン カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 337
つつ
   
with an inward smile: 内心ほくそ笑みつつ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 183
   
with a display of being impressed: さも感心した顔つきで クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 183
   
only A do with B: AとBだけが〜する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 145
との
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
ともども
   
with ...: 〜ともども ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 55
とりつけられている
   
with sth: (物が)とりつけられている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
にかえても
   
with one’s life: 命にかえても ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 310
による
   
changes with the stock market crash: 株の暴落による変化 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 86
のおかげで
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 110
のことで
   
So okay, Ann gave you a bad time with Bill Haydon: そりゃ、アンはビル・ヘイドンのことで、あんたにずいぶん苦い汁を飲ませたさ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 237
のぞく
   
with a crowd of ...: 〜群がのぞく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
まじえて
   
with some hidiously explicit gestures: 絶妙な身ぶり手ぶりをまじえて メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 26
with a kind of ...: 〜めいたものをまじえて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
まじっている
   
with an boy: 少年が一人まじっている カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 102
まじりの
   
with the fine sand: 砂まじりの ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 6
まといつかせて
   
with the shadows of ...: 〜の影をまといつかせて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 398
まま
   
with no sign of ...: 〜の気配もないまま メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 43
find sb shivering and crying in bed with all sb’s clothes on: (人が)服を着たまま、ベッドの中でぶるぶる震えながら泣きじゃくっている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 166
もって
   
put the interruption aside with an unexpected, quiet authority: この割り込みを、思いがけない静かな威厳をもって制する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 63
gaze with grateful awe: 畏敬の目をもって見つめる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 83
わりには
   
be much too loose with one’s crime: やばい橋を渡ってるわりには隙だらけだ バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 176
をもってすれば
   
with modern technology: 現代のテクノロジーを持ってすれば サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 125

  下げて
   
with all of one’s work things in a box: 仕事の道具を詰めた道具箱を下げて カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 77
会談する
   
be with sb: (人と)会談する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 97
関する限り
   
I don’t think there’s anything like that wrong with sb: (人に)関する限り、そういう意味で怪しい点はなかったと思う セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 125
掲げた
   
convenience stores with mammoth plastic signs: ブラスチックのばかでかい看板を掲げたコンビニエンス・ストア デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 39
携えて
   
兼ね備えた
   
pick the man with ... and ...: 〜と〜を兼ね備えた男を選ぶ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 90
嫌悪
   
with loathing: 嫌悪を感じながら 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 229
限って
   
with G.B.S.: G・B・Sの芝居に限って デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 26
向こうにまわして
   
compete for sb with ...: 〜を向こうにまわして(人の)人気を競う ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 32
構えている
   
those people with their great villas in the Hase area: 長谷辺に大きな別荘を構えている人 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
思いで
   
with one’s blood all chilled: 体じゅうの血も凍るような思いで ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 247
持ち主
   
with one’s quirks and passions: 奇癖と情熱の持ち主 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 166
借りて
   
with advice from somebody: 誰かの知恵を借りて ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 33
手に
   
with sth: 〜を手に スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
wander out with sth: (物を)手にふらりとさまよい出る セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 32
手にして
   
with ...: 〜を手にして ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 25
手に持った
   
make as much noise as one can with one’s fan: 手に持った団扇をわざとばたばたいわせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 92
受けて
   
with this insult, one’s patience is at an end: この侮辱を受けて僕の堪忍袋は切れる E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 24
従えて
   
with one’s shadow doing ...: 〜するみずからの影を従えて スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 48
with groggy sb: おぼつかない足どりの(人を)従えて デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 72
従って
   
with the rising and falling of the blaze: 火の手が、あるいは上がり、あるいは収まるに従って ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 90
重なって
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 23
浸っている
   
with an enormous sense of exhilaration: 晴れ晴れとした充実感に浸っている デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 56
組んで
   
work with sb: (人と)組んで仕事をする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 185
組織して
   
with a caravan: キャラバンを組織して デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 29
相対している
   
be alone, with a stranger: ただひとり、異邦人と相対している ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 29
蔵している
   
with myriads of people, its sordid sinners, and its splendid sins: 数知れぬ人間、下賎な罪人、そして、すばらしき罪悪を蔵している ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 76
適用する
   
with the WATS line: 「ワッツ」とかいう月ぎめの定額料金を適用する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
添えて
   
bring A with B: BにAを添えてもってくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 262
添える
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 27
点で
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 48
当たる
   
no success with sb: (人に)当たってみたが収穫なし アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 182
同じ
   
with one’s name: 〜と同じ名前 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 47
同伴で
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 65
漂わせている
   
with gloomy triumph: うんざりしている中にもそれ見たことかと言いたげなものを漂わせている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 37
漂わせながら
   
with one’s usual air of mild hesitation: どことなくためらいがちないつもの雰囲気を漂わせながら セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 195
付け合わせる
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 27
並んで
   
when the picture is finished, and one sit alone with it: いよいよ絵が完成して、(人が)ひとりきりで絵と並んで坐ったとき ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 172
片手に
   
stand, with a mirror: 鏡を片手に立つ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 190
満載して
   
three tumbrils faring away with their dread loads over the hushing snow: 囚人護送馬車が三台、恐ろしい荷物を満載して、静まり返った雪の上を進んで行く ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 175
用いたる
   
violent aggression with hot tea: 高温の茶を用いたる危険行為 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 34
用いる
   
the horrible thing sb have done with sth: 〜を凶器に用いたあの恐ろしい惨劇 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
連れだって
   
either alone or with sb: ときにはひとりで、場合によっては(人と)連れだって ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 199
泛べながら
   
with one’s subtle smile: 例の意味ありげな微笑を泛べながら ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 35
籠めて
   
speak just now with a good deal of feeling about sth: (物のことを)、ずいぶん実感を籠めて話す セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 32
Tweet