× Q 翻訳訳語辞典
amusement   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うきうきした語調
   
further sb’s amusement: (人の)うきうきした語調に乗る フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 218
おかしい
   
to one’s huge amusement: とてもおかしい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 414
find much private amusement in ...: 〜がじつにおかしくてひそかにほくそ笑む ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 191
おかしそうに
   
exchange furtive smiles of guilty amusement across the table: そっとテーブルごしにおかしそうに意味ふかい微笑をかわす ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 226
おもしろがらせる
   
for the amusement of sb: (人を)おもしろがらせるために トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 154
からかい
   
read the amusement in one’s eyes: (人の)目に浮かんだかすかなからかいの表情を読みとる オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 147
ふざけ
   
keep one’s tone one of light amusement: 意識的にふざけ半分の口調をとりつづける アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 131

楽しさ
   
be mostly amusement: 楽しさまでがうせたわけではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
楽しみの種子
   
one’s chief amusement: (人の)大きな楽しみの種子 ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 148
楽しんでいる
   
remarkable open amusement at ones’ maneuvering: 相手との駆け引きを楽しんでいる様子 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
興味
   
give sb the greatest amusement: 大いに(人の)興味をかきたてる ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 52
心たのしく
   
with amusement: 心たのしく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 102
面白半分の気持ち
   
there is amusement in the faces: 人々の顔に面白半分の気持ちが現われている アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 333
愉快
   
listen with amusement: 愉快そうに聞く ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 28
愉快そうな
   
amusement of the eyes: 愉快そうな目つき ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 619
嘲り笑い
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 395

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

reflect with amusement: と思って苦笑する
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 224
in genuine amusement: さもおかしそうに
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 193
in amusement: おもしろがっている
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 97
write a few minor things as a form of amusement: ちょっとした遊び半分の書きものをする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 349
with a quirk of amusement: そんな気まぐれをもてあそびながら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
look at sb with amusement in one’s blue eyes: 青い目にからかうような色を浮かべて、(人を)見つめる
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 290
keep them for one’s own private amusement: 自分のなぐさみに飼う
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 51
can not hide one’s amusement: 失笑してしまう
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 149
be seized with a feeling of absurd amusement: 滑稽感を覚える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 227
an expression of curious amusement: 興味津々といった表情
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 275
a nearby amusement quarter: 近くの盛り場
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 22
amusement-park:遊園地
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 391
evoke a belated grunt of semi-amusement: おかしいといえばおかしくて、遅ればせにひと声小さくうなる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 25
He's a byword & our chief amusement has been "the sayings of Edward.": 彼はおかしなことばかり言う人で、“エドワード言行録”はわたしたちの大きな楽しみの種子だった
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 148
it is one of their chief amusement to do ...: 〜するのが二人の何よりの楽しみだ
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 65
I get just as much amusement from the way you cover yourself,: わたしはお前さんの隠しているのがおかしい
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 14
be written entirely for sb’s amusement: まさしく(人を)喜ばせるために書かれたものだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 126
be a mildly thrilling and exciting amusement: 軽い興奮さえさそうスリルに満ちた遊びだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 266
trying to keep one’s face from registering amusement at sb: (人に)、おもしろがっているのを悟られまいとする
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 27
save up all one’s amusement until one get home: おかしなことはみんな家へ帰るまでためておく
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 122
there is no trace of amusement in the eyes: 愉快そうな目つきは消える
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 619
ツイート