× Q 翻訳訳語辞典
something   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜じみたもの
   
something wild: 野性じみたもの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 56
〜というような意味のこと
   
say something rapid-fire in the local dialect about ...: ものすごく早口の土地言葉で〜というような意味のことを言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 233
〜のような存在
   
become something of a sage: 老賢人のような存在になる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 454
〜めいたもの
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 32

ある感覚
   
something come over one: ある感覚が(人を)襲う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 103
ある程度は
   
something we’ll have to tolerate: ある程度は我慢しなくてはならない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 173
いくつかの
   
something in sb’s mess of hints: (人の)口にしたいくつかの脈絡のないヒント ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 116
いくばくか
   
have something of one’s family’s heedless pride: (人の)一族の傲慢な誇りのいくばくかをもっている ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 175
いくらか
   
sense something about the thought: (人の)思いをいくらか感じとる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 101
いくらかは足しに
   
it’s something: いくらかは足しになる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 116
うっすらと
   
seem to remember something about it: うっすらとおぼえているような気がする アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 92
くらい
   
be something like XX minutes late: (人の)帰りがXX分くらい遅い ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 191
こと
   
we missed something: 見過ごしていたことがあります クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 389
something really important happens to sb: すごく大事なことが(人の)身に起こる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 378
something like that: そんなこと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 268
something as seemingly small as ...: 〜といった一見して些細なこと ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 144
say something else: それとは別のことを告げる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 34
or something like that: とか、まあそんなようなことだろう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 269
it isn’t something one need to fear: (人が)案じてもしかたのないこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 448
have done something difficult: 困難なことをやり遂げる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 383
do something unexpected: 意想外のことをやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 531
be involved in something like this: こんなことに加わっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 367
これ
   
we bring you something: これ召しあがって下さい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 29
すごい
   
it’s really something: たしかにこれはすごいや カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 409
たいしたやつ
   
You're really something Delay: たいしたやつだよ、ディレー、きみって男は トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 27
ちょっと
   
pencil something in: ちょっとメモする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 197
ちょっとした
   
make sb’s mind up about something: ちょっとした決心をする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 239
ちょっとしたこと
   
say something: ちょっとしたことを言う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 71
ちょっとしたもの
   
He took something not much: ちょっとしたものを飲んだよ、たくさんではないがね マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 289
つねに
   
behind every exquisite thing that existed, there was something tragic: この世に存在する精美なるものの背後には、つねに悲劇的な要素が宿っている ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 58
とか
   
hear something about doing: 〜とかいう言葉がきこえる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 516
ところ
   
there is something different about ...: 〜にちょっと変なところがある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 388
have something good inside one that sb lacks: たったひとつ、(人の)かなわない澄んだところがある 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 216
とてつもないこと
   
do something: とてつもないことをやらかす シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 193
どこか
   
There was something about her manner of dress that suggested the geisha,: 着付けにどこか芸者風なところがあったが、 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 16
there is something ...: どこか〜なところがある トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
something is wrong about ...: 〜はどこかおかしい ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 46
look something like sb: (人に)どこか似ている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 193
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 110
どことなく
   
there’s something ...: どことなく〜のところがある ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 240
なかなか
   
be something: なかなかの人 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 305
なにか
   
you can always do something with your body: 身体を動かしてなにかをすることはいつだってできる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 180
want something very badly: なにか大事な頼みごとがある ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 158
unless we do something: 我々がなにか手を打たぬ限り クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 350
start to say something: なにか言おうとする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 445
something is amiss: なにかふつうでない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 490
something had gone wrong: 何かよくない事態が起こった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 84
something goes wrong: なにか不測の事態が生じる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 80
sb want something: なにか用事なのね タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 214
say something rude to sb: (人に)なにか毒づく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 146
plan something all along in that half-stewed head of one’s: あのぼけた頭を死にものぐるいでひねってなにか計画を立てる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
have got to know something’s going on: なにかあるってことには気づいている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
guess that something is gravely wrong: なにかよほどまずい事態になっているのを察する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 494
for something to say: なにか言わなくちゃと思って レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 91
feel something welling up inside one: 体の奥からなにかが突き上げてくる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 128
be up to something that is not strictly kosher: なにかよからぬことに手を染めている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
be up to something: なにかしでかす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 211
なにか〜こと
   
something most unusual indeed: なにかただならぬこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 176
なにか〜なこと
   
something untoward: なにか異様なこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 505
なにかしら
   
wait all one’s life for something: なにかしら一生待ちつづけている ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 423
there is something weirdly hypnotic about ...: 〜には、なにかしら無気味に、人をうっとりといざなうものがある マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 317
something majestic: なにかしら壮大なもの セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 26
なにごとか
   
mumble something: なにごとかぶつぶつとつぶやく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 129
なにやら
   
say something: なにやら声をかける 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 23
なにやらの
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 22
なんだか
   
there is something terribly new about sb: (人は)なんだかいつもとひどくちがっている アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 232
something simple: なんだか簡単な ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 38
notice something odd: なんだか妙な感じだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 130
be not something sb look forward to: 〜なんて、なんだかぞっとしない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 377
なんであったか
   
another part of one’s mind is on something: 頭のべつの部分にはなんであったか〜ことが ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 19
なんとか
   
say something like, ‘I’m sorry’: 「ごめんなさい」とかなんとか、(人が)殊勝な口をきく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 114
say something about ...: 〜とかなんとかいう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 129
do something: なんとか手を打つ アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 52
なんらかの措置
   
something will have to be done: なんらかの措置がとられなければならない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
   
something a little bigger: もっと大きいの メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 110
はしくれ
   
be something of a woman: 女のはしくれ 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 159
ひとかどの
   
be acknowledged as something of an international authority in this field: この分野におけるひとかどの国際的権威とみなされている ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 17
ひとかどの〜
   
amount to something: ひとかどの〜になる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 186
ひとこと
   
want to say something else: ほかにひとこと、口にしたいことがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 233
ひとつ
   
will you tell me something: ひとつ教えてくれ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 109
want sb to do something for one: ひとつ(人の)ためにやってほしいことがある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 63
めぼしいもの
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 150
もしものこと
   
if something should happen to sb: (人に)もしものことがあっては 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 120
もの
   
started as something small and harmless: 〜は最初小さな無害なものだった ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 173
something you put on and take off: 着脱できるもの クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 570
something to do with sth: 〜にゆかりのあるもの 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 98
something sad and errie: 悲しく不気味なもの デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 43
something no bigger than that: あの程度のもの 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 38
something like that: その手のもの タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 39
something as big as a vulture: ハゲタカくらいの大きさのもの カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 26
keep something: 心に残ったものがある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 150
have something to do with ...: 〜に関するものがある トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 155
be something that happens: 〜は名物みたいなものだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 235
be smiling a little, something like that: 微笑らしきものがうかんでいる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
be not something to which one be accustomed: (人には)なじものないもの クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 578
be changing into something recognizably normal: 目に見えて尋常なものになりつつある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 131
やつ
   
something one don’t like: うんざりするようなやつ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 23

コツ
   
something about doing: 〜のコツ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 244
モノノケ
   
get something of a grip on sb’s soul: (人が)モノノケにつかれる 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 145

  悪くない
   
that would be something: それも悪くないな ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 275
意地悪
   
did something to them and go away: 彼らに何か意地悪をして、そのままいなくなる ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 156
一端なりとも
   
display something of one’s importance to sb: 自分の重要性の一端なりとも見せておく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 123
英才
   
raise sb to be something: (人を)英才に育てる ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 226
何々
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 21
何か
   
think sb be gonna say something: (人が)何かいうかもしれんとビビってる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
there is something about sb that do: (人の)中にある何かが〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 132
take down something big: 何か大きな獲物がある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 423
something new is happening: 何かが始まろうとしている 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 141
something more than ...: 〜というだけでは済まない何か オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 213
something is wrong: 何か悪いことがある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 437
something is always left to chance: 必ず何か運まかせになるのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 254
something inside sb flinches: (人の)中で何かがさっと身をすくめる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 523
something in French comes over the speaker: フランス語が何かを告げる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 111
something has happened to sb: (人の)身に何かが起こる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 427
something about sb seems to make one a daunting proposition: (人)には何か男をひるませるものがあるように見える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 162
something’s about to happen: いよいよ何かが始まろうとしている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 234
see something monumental and deadly bearing down on sb: (人の)頭上に巨大で致命的な何かがずっしりとのしかかかるのを目にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 432
say something that causes sb to suspect that ...: (人が)何かを言って、(人が)それを〜だと取る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
say something else: 何かそれ以上のことを言う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 90
remind sb of something: 何かに似ている、と思う 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 14
miss something sb have said: (人の)言ったことを何か聞き逃す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 303
let’s try something: 何か手を打とう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
learn something in ...: 〜での経験から何かをまなぶ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 318
it is something going around: 何か具合の悪いことがもちあがっている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 323
if something were to show up: 何かが起こった場合 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 245
have something wrong with ...: 〜に何かまずいことがある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 256
have something to prove: 何かいいところを見せなければならない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 132
have something on one’s mind: 何か心に引っかかりがある ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 137
have something going: また何か企んでる レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 213
give way to something else: 何かもっと別なものに姿を変える カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 164
do something about ...: 〜について何か策を講じる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 210
come home to something: 何かが待つところへ帰ってくる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 322
can tell something is wrong: 何かまずいことが起こったらしいと(人が)感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 477
be thinking something: 何か感じるところがある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 349
be nervous about something: 何かにおびえている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 77
何かしら
   
find something haunting and unbearable about the place: そこには何かしら祟られたような、耐えがたいものが漂っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 572
何かひとつ
   
there must be something about ...: 何かひとつぐらい〜があるだろう メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 108
何とか
   
say something to divert sb’s mind: 口の先で何とか(人を)紛らわす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 121
say something that would humiliate sb: 何とかいって一つ(人を)やっつける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 78
say something: 何とかいう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 99
何となく
   
sense that sb is trying to tell one something: 何となく物言いたげな様子 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 155
何とはなく
   
something about ... tells sb to do: 何とはなく、〜したほうがいいと思う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 61
何ほどかのもの
   
put something into your pocket: お前さんのポケットにも何ほどかのものがはいる ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 13
何やら
   
scribble something on the chart: 何やらチャートに記入する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 129
何やら〜するもの
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 148
何らか
   
be motivated by something: 何らかの動機がある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 572
何事か
   
something is always left to chance: 必ず何事かは運まかせになる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
価値あり
   
something to ...: 〜する価値あり デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 186
過ぎ
   
fifty something: 五十過ぎ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 23
概略
   
say something about ...: 〜の概略を記す 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 65
   
wonder if there aren’t something of ... in one’s character: どうもいささか〜の気があるな、と自問する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 106
材料
   
something very good: いい材料 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 18
be something one can do: 〜する材料になる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 213
算段
   
come up with something: なんとか算段する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 566
事柄
   
something one is obliged to accept: 諦めねばならぬ事柄 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 448
出たもの
   
something once innocent, delivered over to all devilry: 初めは無邪気な気持から出たものであったが、今ではすっかり悪魔道に堕ちている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 172
情報
   
have something from ...: 〜から情報を得る ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 26
真似
   
do something ghoulish: 墓泥棒のような真似をする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 371
凄い
   
isn’t that something: どう、凄えだろ? カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 197
相当なもの
   
Isn't that something: こいつは相当なもんだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 222
多少
   
know something of ...: 〜を多少とも知る マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 85
大した
   
something of an achievement: 大した業績 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 86
大物
   
find something: 大物を釣り上げる ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 93
同然
   
something of a recluse: 世捨て人同然の生活 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 470
   
try something different: 新しい道を探る サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 107
特別
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 36
   
something else: 別物 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 580
物質
   
It had seemed to her that something in there had shifted on its own: なんといったらよいか、なかに入っている物質が自分の意思で居場所を変えているような気がする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
物体
   
shiny something: 光る物体 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 97
雰囲気
   
something unfinished: まだ話が終わっていないような雰囲気 ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 141
have something contemplative about one: 何か思索的な雰囲気をその周囲に持って居る 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 12
   
see something else: べつの面が見える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 277
問題
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 33
有望な線
   
be close to something: 有望な線が出てくる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 189
余韻
   
something from one’s sexual triumphs with sb: (人との)房事で得た自信の余韻 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 271
要素
   
something more than mere snobbery: 単なる功名心以上の要素 ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 372
something idiotic: ばかばかしい要素 アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 182
話題
   
something to pass the time: 暇つぶしにはなる話題 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 110
憑きもの
   
something had fallen away from sb: 憑きものがおちた クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 167
Tweet