× Q 翻訳訳語辞典
wrath   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
お咎め
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 143

激怒ぶり
   
one’s wrath was something still talked about by sb: そのときの激怒ぶりは〜のあいだでいまも語り草になっていた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 252
恨み
   
have visited upon one the full wrath of sb: (人の)恨みを一身にうける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 504
怒り
   
the wrath and fury of sb: (人の)怒りと執念 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 326
let sb be the one to wondering from which direction the Wrath of one will fall: (人)様の怒りがどこからその頭上に降りかかってくるかときょろきょろしているがよい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
忿懣
   
arouse sb’s wrath: (人の)忿懣を誘う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 368

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wait for the wrath of sb to descend upon one: (人の)逆鱗にふれることを予想する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 108
fret about sb’s certain wrath: (人が)さぞかしお腹だちだろうと気が気ではない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 227
ツイート