× Q 翻訳訳語辞典
eat   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いじめる
   
eat sb: (だれかを)いじめる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 97
いらだたせる
   
eat sb: 〜をいらだたせる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 75
かじる
   
eat a burger out of the wrapper: 紙でくるんだハンバーガーをかじる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 105
くらえ
   
eat shit: くそくらえ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
たいらげる
   
eat every sth on one’s plate: 皿の上の(物を)残らずたいらげる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 80
つまむ
   
なめつくす
   
the flames eating through the room: 部屋をなめつくそうとしている炎 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 196
のど
   
can’t eat ...: 〜がのどを通らない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
ぱくつく
   
eat sausages: ソーセージをぱくつく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 510
ほおばる
   
eat sweets: キャンディをほおばる フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 461
むしゃむしゃ食ってやる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298

テーブルにつく
   
when sb eat: テーブルにつくと O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 47

噛む
   
eat sth with gusto: (物を)ぼりぼり噛む 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 119
口にする
   
will not eat sth: いっさい口にしない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
will not eat anything sb put in front of one: (人の)用意した食べ物をまったく口にしようとしない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 531
口に運ぶ
   
口に入れる
   
take sth and eat it: (物)をつまんで口に入れる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 233
済ます
   
eat breakfast together: 朝食を一度に済ます 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
受ける
   
eat a bullet: 銃弾を受ける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 102
召し上がる
   
I want you to eat ...: 〜を召し上がって下さい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 319
食う
   
how much more one will eat if one have it: 食物さえ手に入れば、もっともっと幾らでも食ってやるのだが ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 80
食ってやる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
食べている
   
have had a chance to eat: ちゃんと食べている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
食べる
   
make oneself eat: 何か無理にでも食べる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 146
have to eat and keep going: ちゃんと食べて、頑張って生きていかなきゃならない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
grab something quick to eat: かるくなにか食べる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 261
eat properly: きちんとした作法で夕食を食べる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 37
eat in hungry little smacks: いかにも腹を減らしたようにぺちゃぺちゃと小さな音を立てて食べる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 145
eat at one’s own isolated table: 自分たちだけ離れた席で食べる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
eat a meal without all this trouble: 何事もなく静かに御飯を食べる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 248
eat ... all in a sitting: 〜を食べつくしてしまう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 22
食べ物
   
eat everything there is to eat on the table: テーブルの上にある食べ物と名のつくものをたいらげる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 391
食む
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 118
食事
   
have trouble eating: 食事が不自由だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 467
have to eat at the Salvation Army: 救世軍のところにいって食事を恵んでもらわなくてはならない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 168
食事する
   
eat lunch with sb: (人と)食事する仲だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
呑み込む
   
He eats sunflower seeds: ひまわりの種も呑み込んじゃうんです プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 135
平らげる
   
you need someone to help you eat that lot: ごちそうを平らげるのに助けが必要だろうから ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 94
eat anything and everything: 何でも残さず平らげる ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 653
頬ばる
   
eat one’s sandwich: サンドイッチを頬ばる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
eat a dessert I should have outgrown: 子供っぽいデザートを頬ばる ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 4
頬張る
   

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

eat well: 腹を肥やす
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 120
eat very little: 小食
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 33
eat through ...: 〜を溶かす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 157
eat the whole thing: 平らげる
eat sb alive: 生き地獄を体験させる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 330
eat one’s soup: そばをすする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 292
eat nothing: 絶食する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 302
eat before reading: 覚悟してきけ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 71
eat ...: 食事は〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 58
cannot eat sth: 〜は腹の足しにならない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 30
begin to eat: 口に運ぶ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
be dog-eat-dog: 食うか食われるかだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 365
ate at ...: 〜で食事をすます
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 184
what is eating sb: 不安の原因
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 221
usually eat what one can catch: ほとんど自給自足の生活をする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 54
there was hardly a damn thing to eat: ろくなものが食えなかった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 134
the significance of the chanted verse have eaten its way through to sb’s understanding: ざれ歌の意味がやっとわかってきた
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 99
She will not gripe and complain and sulk as so many modern wives do today who want to have their cake and eat it, too.: 現代の多くの妻たちのように、あらゆる面でいい思いをしたくて不平を言ったり愚痴をこぼしたり、すねたりはしない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 231
say the other, munching with deliberation the beans one is eating: 口に入れていた豆をものものしく噛みながら、相手はそう呼びかける
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 13
make the fire eat up ...: 〜を炎で焼き尽くす
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 239
make sb eat those words: その言葉を(人に)撤回させる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 239
I do not see how I am going to eat breakfast: あたし何ものどを通らないわ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 290
have to eat the fuel expense: ガス代が自腹ということになる
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 42
have sb eating out of one’s hand: (人を)がっちり手中につかんでコントロールしている
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 555
have nothing to eat or drink since breakfast: 朝食をとっただけの飲まず食わずだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 262
have nothing to eat but ...: ごはんは〜ばかりだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 23
have money to eat--to roll in--to play duck and drake with ever after: 金を、浴びるほど--なだれるほど--ばらまいてしまうほど、一生涯持つ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 59
have eaten one’s fill: 腹がくちくなる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 10
have already eaten breakfast: 朝食は乗る前にすませていた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
good things to eat: うまい食べ物
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 164
give me snow to eat: 雪を口に含ませる
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 75
get sb something to eat: 差し入れする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 83
figure out what’s eating one: 何がこんなに気がかりなのか、はっきりする
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 103
eaten-out features of sb: (人の)もう穴のあくほどながめた写真
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 87
eat until one feel full and satisfied: 心ゆくまでの満腹感を味わう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 391
eat one’s heart out: いらいらと気をもむ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 166
eat from a large aluminum box: 大きなアルミニュームの弁当箱をひろげる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 48
eat food that would have been rejected by a tramp: 浮浪者でさえそっぽを向くような粗食に耐える
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 16
eat ... with ...: 〜と食い合わせる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 188
do not eat properly: 食が片寄っている
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 72
can only eat one’s heart in bitterness: ひと知れずに、苦しむ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 177
can eat any more: それでもまだお腹が減っている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 254
can’t possibly eat them all: あれだけの量はちょっと食べきれない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 21
can’t eat a thing: 何も咽喉に通らない
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 41
busily eating a second pastry: 二つ目のお菓子をたいらげている
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 85
be ready to eat sb alive: 手ぐすねひいて待っている
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 16
be not the way to eat: 〜はまともな食事じゃない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 248
be not crazy about ..., but be not eating oneself up, either: 自分を責めてるわけじゃないけど、胸を張る気にもなれない
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 477
be given practically nothing to eat: ろくに食物を与えられない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 395
be eaten up with urgency: 一刻の猶予もならないと焦る
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 599
be eaten up with rust: 錆びてぼろぼろになっている
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 71
be eaten up by houses: 潰れて家がたつ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 14
be eaten of worms: 蛆の餌食となる
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 70
be eaten alive by the fourteen tanks: 戦車十四台の餌食になってしまう
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 12
all the money sb make is eaten up by ..: (人が)稼いだ金が、〜で残らず消える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 365
a hole has been eating its way through sb on the inside: 体の中にうがたれた穴
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 466
ツイート