× Q 翻訳訳語辞典
wrong   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あまりふさわしくない
   
play the wrong compositions at practices: 練習にはあまりふさわしくない曲を吹く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 347
あらぬ
   
point the wrong way: あらぬ方向へ向ける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 78
おかしい
   
things get headed in the wrong direction with ...: どうも〜の様子がおかしい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 50
something is wrong with ...: (人の)様子がおかしい タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 129
know something is wrong: どうも何かようすがおかしいと思う シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 62
feel something is wrong with you: おかしいのはそっちじゃないか プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 22
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 118
おかしな
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 18
お目当てではない
   
the wrong one: お目当てではないほう ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 226
お門違い
   
wrong person to ...: (人に)〜するのはお門違い ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 187
If that's sarcasm, you're wrong: 皮肉のつもりならお門違いよ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 162
きな臭いこと
   
if there’s anything wrong: 何かきな臭いことがあるんなら ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 145
そうではない
   
be wrong: そうではなかった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 110
そぐわない
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 487
ただごとではない
   
look wrong: ただごとではないと知れる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 430
ちがう
   
wear the wrong sort of fatigues: 着ている戦闘服がちがう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
ちぐはぐな感じ
   
taken all together, it was wrong: 部屋全体が、ちぐはぐな感じがする キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 120
ついてない
   
be wrong from the first moment: はなからついてない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 257
どうということはない
   
nothing is wrong that one know about: べつにどうということはない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 35
ならん
   
wrong answer: それでは答えにならん クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 582
まずい
   
wrong idea: それはまずい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 91
have something wrong with ..: 〜に何かまずいことがある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 256
guess that something is gravely wrong: なにかよほどまずい事態になっているのを察する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 494
can tell something is wrong: 何かまずいことが起こったらしいと(人が)感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 477
まずいこと
   
Is there something wrong: あんた、なにかまずいことでもあるのか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
まちがい
   
be putting ... the wrong way: (人の)解釈はまちがいだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
まちがう
   
may be wrong about sb: (人に)関する自分の判断がまちがっていないとはいいきれない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
まちがった
   
get oneself in Dutch with wrong folks: まちがった人たちを敵にまわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
まちがった道を
   
go wrong: まちがった道を行く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
まちがっている
   
use the wrong ...: (人の)〜選びがまちがっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
みこみちがい
   
have been wrong when one think ...: 〜と思うのがみこみちがい 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 84
もうひとつの
   
in the wrong category: もうひとつの分野で プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 169
よくない
   
something had gone wrong: 何かよくない事態が起こった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 84
ろくでもない
   
do a wrong thing: ろくでもないことをする ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 80
わるいこと
   
terribly wrong: 相当わるいこと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
わるさ
   
do something wrong: なにかわるさをする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97

ヘマ
   
do something wrong: ヘマをやる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 75

悪い
   
what could possibly be wrong about that?: 〜して悪い理由がどこにあろうか 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 289
there is no question of right or wrong: 善いとか悪いとかいわぬ 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 85
something is wrong: 何か悪いことがある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 437
fall in with the wrong crowd: 悪い仲間の手に落ちる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
be in the wrong: 悪い 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 17
悪く
   
get sb wrong: (人を)悪くとる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 163
悪の道
   
go wrong: 悪の道にふみだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 69
違う
   
go wrong: 違う方向に展開する オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 18
calender is wrong: 日付が違っている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 110
過ち
   
do something very wrong: とんでもない過ちを犯す セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 348
could not do anything wrong it seemed: あれほどひどい過ちはほかになかったような気がしてならない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
怪しい
   
I don’t think there’s anything like that wrong with sb: (人に)関する限り、そういう意味で怪しい点はなかったと思う セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 125
勘ちがい
   
be fucking wrong here: 完全な勘ちがいだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 107
間違い
   
almost certainly wrong: まず十中八九間違い ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 233
間違った種類の
   
wrong cop: 間違った種類の警官 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 217
間違っている
   
have been wrong to do: 〜したのは間違っていた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 317
眼鏡ちがい
   
be wrong: 眼鏡ちがい ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 292
筋ちがいだ
   
be wrong to blame sb for sth: (人を)怨むのは筋ちがいだ 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 116
健全ではない
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 206
誤り
   
be not proved entirely wrong: 果して誤らなかった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
誤る
   
be in the wrong job: 職業の選択を誤る ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 67
誤算
   
be surely wrong in thinking that ...: 〜と考えたのは、疑いもなく〜の誤算だ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 13
誤謬の
   
the wrong principle: 誤謬の原理 ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 49
合わない
   
be the wrong damn size: どだい寸法が合わない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 97
失敗
   
go wrong: 失敗する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 254
   
right or wrong: 正か邪か デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 403
it goes beyond right and wrong: これは正邪を超えた問題である トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 247
出しつけぬ
   
say in the wrong sort of voice: 出しつけぬ声を出して言う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 557
早とちり
   
None of Harvey's guests dared to speak for fear they might be wrong: ハーヴェイの客たちは早とちりをおそれて、だれもハーヴェイに話しかけなかった ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 251
駄目に
   
all those investments go wrong: 投資という投資は片っ端から駄目になる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 35
大ちがいだ
   
wrong on both fronts: 両方とも大ちがいだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 262
的外れな
   
the wrong things: 的外れなもの サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 132
当たらぬ
   
how wrong he is: それがいかに当たらぬ警句であるか クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 13
馬鹿な話
   
it’s wrong that ...: 〜なんて、そんな馬鹿な話はない カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 9
迫害
   
wrong and suffering: 迫害、苦難 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 84
   
whether one is right or wrong: 理否を度外に置いても 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 192
right or wrong: 正か否か トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
right and wrong: 事の正否 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 408
all this right and wrong: 正か否かの問題 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
不謹慎だ
   
it is very wrong: 不謹慎だ リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 221
不似合な
   
seem wrong next to the sleek alto: スマートなアルトと並ぶには不似合だ エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 101
不自然な
   
... make you notice the wrong things: 〜ゆえに不自然な箇所が見えてくる エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 101
不測の事態
   
something goes wrong: なにか不測の事態が生じる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 80
不服
   
something wrong with that?: それが不服か クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 52
別の
   
the wrong dressing room: 別の更衣室 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
妙な具合だ
   
all the colors in the lounge go from slightly wrong to right: なんだか妙な具合だった店内の照明も正常な光にもどった エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 170
予定と違った
   
the wrong time: 予定と違った時間 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 144
余計な
   
make the wrong decision: 余計な決断をする デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 416

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you are wrong: それはちがうね
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 134
you’re wrong: それは違う
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 238
wrong sb: (人の)心を踏みにじる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 159
wrong question: 答えたくない質問
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 300
wrong or right: 是が非でも
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 108
wrong number: 番号ちがい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 245
what was wrong: 何があったのか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
What’s wrong: どうしたんです?
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 233
what’s wrong: ...: どうもこうも。〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 310
what’s wrong sir: どうなさいましたの
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 11
there’s nothing wrong: なにもしやしないから
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 19
the fetus, which has been in the wrong position: 逆子
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 132
take the wrong turn: 道を誤る
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
something is wrong: 変事があったのだろう
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 83
something goes wrong: ひとつ歯車が狂う
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 188
right or wrong: いついかなるときも
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 178
prove sb wrong: (人の)鼻をあかす
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 138
oops, wrong thought: だめだめ、いまそんなことを考えては
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 318
it is wrong: いけない、こんなことをしてはいけない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
is anything wrong: どうかしたの?
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 222
is anything wrong: どうしたの
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
have sth wrong: (物は)的外れだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 70
have something wrong with one: 一癖ある
谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 103
have no idea what is wrong: 原因不明
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 180
have cruelly wronged: むかしもてあそんだ
go wrong: 悪事に手をそめる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 236
go wrong: 難儀する
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 37
go all wrong: ぶちこわしになる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 194
get it wrong: 早のみ込み
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 199
do wrong: しくじる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 228
do something wrong: 間違いをしでかす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 191
do everything wrong: なにからなにまでめちゃくちゃ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
be wrong: 裏切られる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
be the wrong thing to do: 逆効果だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 181
you would be very wrong: そんなことをしちゃ、だめですよ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 283
you do me wrong: それはないだろう
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 190
you’ve got the wrong sb: (人を)見そこなっちゃ困る
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 37
you’ve asked the wrong person: おかどちがいだ
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 221
you’re wrong about that: 勘ちがいなさったかもしれませんが、ちょっとちがうんです
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 236
Wrong hemisphere, I’m afraid: お門違いだね
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 230
when a child goes wrong the fault lies with the parents: 娘の不始末は親の不始末だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 123
what have gone wrong have occurred in large part as a result of sb’s past: うまくいかなかったのは、元をただせば(人の)過去に起こったことのせいなのだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 555
what’s wrong with you?: なにポケーっとしてんだよ?
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 269
what’s wrong with sb?: (人は)どうなってしまったのだろう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
what’s wrong with sb?: どうかしちゃったのかしら?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 268
what’s wrong with ...: 〜でもええやないか
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 204
there seems to be a few things wrong with that guess: その推理にはいくつか穴があるようだな
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 20
there is something that rubs sb the wrong way: なにか気持の内側がザワザワと腹立たしい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 39
there’s nothing wrong with doing: 〜するのはそれで結構だ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 8
there’s anything wrong with ...: 〜は別に差し支えない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 58
the wrong kind of: 見当違いの
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 83
that is the wrong word: そういっては語弊がある
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 93
tell sb what is wrong: (人に)症状を説明する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 222
take sth the wrong way: 〜を曲解する
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 134
start to go wrong: ぐれはじめる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 180
something was very, very wrong: なにかよほどよくないことがあった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 310
something is terribly wrong: なにか異変が起きている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 451
something goes wrong with sb’s typewriter: タイプライターの調子が悪い
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 79
something definitely would be wrong with ...: 〜だったらそのほうがよほどどうかしている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 22
sit at the wrong end of the table: テーブルの末席につく
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 227
seem just plain wrong to sb: (人にとって)気乗り薄だ
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 144
seek a means of atoning for the wrong one have done: 罪滅ぼしをする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 269
sb is taking the wrong attitude: (人の)態度はあまり感心できません
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 260
say the wrong thing at the wrong time: 言うべきでないことを言うべきでないときに言う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 338
rub sb the wrong way: (人の)神経を逆なでする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 132
pick the wrong guy: 相手を間違える
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 72
one stupid, wrong expression that shatters your life: 一瞬不用意な表情をしたために、人生が狂ってしまうのだ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 242
obviously something was wrong: ただごとではない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 25
now, don’t get me wrong: 間違っては困るよ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 189
now what’s wrong with you?: なによ、あんた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 67
nothing have actually gone wrong: 実際には何も不都合はない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
know that is wrong: まずいな、と思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
know something is wrong: きっとなにかあったんだとぴんとくる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 435
know something is wrong: ただならぬものを感じる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 169
keep sb looking the wrong way: (人に)よそ見させる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 171
it is wrong to do: 〜するのもどうかと思う
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 298
it has all gone wrong: すべてが挫折したのだ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 41
it feel all wrong to sb: まったく腑に落ちない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
in the wrong business: この商売に向いていない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 50
if things went wrong: 万一のさいは
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 153
if anything was wrong: どうかしたのか
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 271
if anything goes wrong: もしものことがあったら
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 256
I rarely be wrong: およそ誤りたるためしがない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
have the wrong address: お門違いだよ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
have said the wrong thing: 言ってはいけないことを言った
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 84
have no idea anything is wrong: 楽観している
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 492
have got it all wrong: ちっともわかっちゃいない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 487
have been seriously wronged by sb: (人に)ひどいめにあわされている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 97
harangue sb about what is wrong with sb: ねちねちと難癖をつける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 276
get yelled at for doing something wrong: ミスをするとさんざんなじられる
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 108
get the wrong guy: 誤認逮捕をしでかす
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 188
get a wrong man: 誤認逮捕をしでかす
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 358
for the wives, I don’t think you can go wrong with perfume: 奥様向きなら、やっぱり香水だ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 35
feel a little wrong to sb: (人も)疑問に思わないわけではない
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 195
exactly where we go wrong: いったい何がいけないのか
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 139
everything has gone wrong: あれこれやったが結局うまくゆかない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 161
don’t take this wrong but ...: はばかりながら
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 295
don‘t wait for me to say you’re wrong: そう思いたきゃ勝手に思ってなさい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
do not guess wrong: 読みは当たっている
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 167
chose the wrong person with whom to play mind-games: 心理ゲームを仕掛ける相手をまちがえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
be wrong with sb: あの人、どこかがおかしい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
be wrong about thinking ...: 〜ととって誤解している
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 303
be wrong about sb: 〜の勘ぐりは、まったく的はずれだ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 84
be wrong about sb: (人を)誤解する
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 444
be wrong about ...: 〜というのは誤解だ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 291
be raising sb wrong: やりかたが間違っていた
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 33
be on the wrong tack: 見込み違いだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 344
be observed from the wrong end of a telescope: 遠眼鏡で〜を見る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 154
be not often wrong about things of that kind: そういう点に関しては、(人の)観察はまず間違いなしとみていいだろう
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 112
be not far wrong: そう的はずれでもない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 105
be not far from wrong: あながち間違ってはいない
be not altogether wrong: なるほどなとおもいあたるふしがないではない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 81
be in quite wrong with ...: 〜からだいぶ睨まれている
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 138
be barking up the wrong tree: 大きな見当はずれだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 24
anything that sb have done wrong: (人が)しでかちた過ち
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 192
all the wrong kind of monks: うまの合わない修道僧ばかり
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 80
all those investments going wrong: 投資という投資は片っ端から駄目になる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 35
and one never do a wrong thing: そうかといって悪事を犯すこともまったくない
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 14
She assumed, in other words, that something was wrong with her: いいかえれば、わるいのは自分のほうだと考えたのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
no matter how wrong-headed sb’s attitude is: (人の)考え方がいかに偏屈なものであるにせよ
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 16
It was wrong he knew that, but it felt good: いけない、こんなことをしてはいけない。ブライアンにはわかっていた。でも気持ちがいい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
challenge the wrong people: 間違った相手に対して突っ張る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
have clearly hit on the wrong person: これは当たった相手が悪かった
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 349
never dreams of considering whether the idea is right or wrong: その思想が正しいものか、それとも間違ったものであるかをじっくり考えてみることなどおもいもよらぬのだ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 20
His name suddenly became a contender in the wrong category!: 王貞治の名前は急転直下、もうひとつの分野で王座を争うものになってしまった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 169
make a wrong diagnosis: 見立てちがいをする
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 260
'You are wrong' he told her distractedly: 「それはちがうね」と、うつろな口調でいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 134
He'd seen missions go wrong for any number of dumb and unpredictable reasons: およそばかげた理由、不測の理由で失敗した任務を、これまでにもどれほど見てきたかしれない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 254
be egregiously wrong: とんでもない誤りをおかす
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 82
Everything was "beyond," wrong or right, had always been "beyond.": 何でもかんでも「彼方」なのであり、是が非でも「彼方」なのだった
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 108
First, the police are wrong Kelly told himself: なによりもまず、警察は間違っている。ケリーはそう断じた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 228
be caught on the wrong foot: 虚をつかれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 336
be at the wrong family functions: まちがった親戚づきあいをする
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 167
there is nothing fundamentally wrong with sb: (人は)、何も特別にだらしのない女性ではない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 203
ツイート