× Q 翻訳訳語辞典
business   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜というのが
   
That digression business got on my nerves: その《脱線》なんて言うのが神経にさわるんですね サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 285

いきさつ
   
oh, yes; it is a bad business: まったく、よからぬいきさつだ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 55
いざこざ
   
a sordid business: 見苦しいいざこざ モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 170
お店
   
run a business: お店をやってゆく 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 79
こと
   
unfinished business: やり残したこと トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 48
mind your own business: てめえのことに精出しなよ 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 15
it is sb’s business: 他人のことは他人のこと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
business at home: 家庭のこと デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 326
a ghastly business: 無残なことだ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 112
できごと
   
that is the end of the night’s business: それで、その晩のできごとはけりがつく スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 245
   
the business of doing is ...: 〜するのは〜 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 236
ほう
   
work in the car business: 車のほう 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
まね
   
that stupid business: 例のばかばかしいまね サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 232
やってること
   
know one’s business: 自分のやってることはわかってる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 167
やりとり
   
be in the business of death: 命のやりとりの世界だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 240
やり口
   
what an extraordinary screwy business: なんという巧妙なやり口だ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 76
やるべきこと
   
the first order of business: まずやるべきこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 430
よからぬもの
   
go back to that other business: またああいうよからぬものに手を出すようになる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 355

サラリーマン
   
a traveling business type: 出張中のサラリーマン・タイプ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 94
ビジネス
   
continue supervising the business: ビジネスをずっと続けて切り盛りする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 365
business runs America: ビジネスがアメリカを動かす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
business page: ビジネス欄 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
be engaged in a business conference: ビジネスの話をする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 175
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 52
ビジネスのやり方
   
be bad business: 賢明なビジネスのやり方ではない ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
ビジネスマン
   
noble-looking business type: 上品なビジネスマン・タイプ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 165

一件
   
all the business about ...: 〜についての一件 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 116
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 106
営み
   
go about one’s daily business: 日々の営みにかまける コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 88
稼業
   
police business: 刑事稼業 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 53
会社
   
There was no answer at either McCord's home or his business: マッコードの自宅も会社も応答はなかった ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
肝心の話
   
to business: 肝心の話に戻りましょう ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 77
関係
   
None of sb’s business: (人)には関係ない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 8
企業
   
This is the sort of issue that business copes with daily: これは企業が日々対処しているような問題である ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
given the large technological and productive capacity of business: 企業のもつ大きな技術力・生産力を考えると ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 12
business lawyer of his eminence: 彼ほどの卓越した企業弁護士 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 226
a business counselor: 企業弁護士 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 225
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 243
   
idea of taking over the first store’s business: この古い店の客を横取りしてしまおうという魂胆 ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 44
   
private-taxi business: 個人タクシー業 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 75
業界
   
the consumer-electronics business: 家電製品の業界 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 190
in this business: この業界で トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
in drug business: 麻薬業界に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 425
勤め
   
a nine-to five business: 定時に出て定時に帰る勤め ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 291
金を儲ける
   
sth for business’s sake: (物で)金を儲ける ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 48
経緯
   
all this business about ...: 〜についての経緯 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 144
経済
   
senior business group in Japan: 日本の主要経済団体 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 10
local business press: 地元の経済紙 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
経済界
   
<例文なし> ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 10
経済人
   
Business Charter for Sustainable Development: 持続可能な開発のための経済人憲章 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 10
経済的
   
from business perspective: 経済的視点から ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 7
計画
   
such a business as one have in one’s secret mind: 今(人が)ひそかに考えているような計画 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 206
serious business: かなりきわどい計画 レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 227
   
be trying to forget the whole business: その件をきれいさっぱり忘れたがっている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 250
権限
   
have no business giving sth out: 〜を知らせる権限がない ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 39
権利
   
have no business sticking one’s nose into ...: 〜に嘴をはさむ権利はない 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 32
見せかけ
   
this ‘noble widow’ business: 例の "けなげな未亡人" といった見せかけ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 218
行為
   
real wickedness and guilt of sb’s business: 天人ともに許さざる(人の)この悪逆行為 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
作業
   
ship’s business: 船の作業 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
ask how sb be getting on with the business: 作業のはかどり具合を尋ねる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 37
仕事
   
while one is still building up one’s business: 仕事の基礎工事にとりかかっているあいだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
travel to ... for business: 仕事で(場所)に出かける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 329
this is a hard-nosed business: こういう仕事は押しの一手あるのみ イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 245
the ponderous business of ...: 〜が大仕事 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 254
the business of bringing everyone together: 全員が一丸となってあたる仕事 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 84
start sb learning the business and helping around the shop at once: 明日からでも店の仕事を憶えさせ手伝わせる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
spread ... business around: 〜の仕事をもっとほかにもまわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
set about one’s business: 仕事にとりかかる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 261
send business: 仕事をくれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
sb’s business gets up and running again: (人が)仕事を再開する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 128
leave on business: 仕事があるからと言って旅に出ていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 165
do no business: 仕事をしない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 338
dirty business: 汚い仕事 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
complete one’s business: 仕事をかたづける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
business has been great: 仕事は申し分なく順調に運んだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
be where sb do business: 〜が(人の)仕事場だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 338
be in business with sb: (人と)組んで仕事をする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 241
a significant piece of business: 相当な額の仕事 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 204
仕事の
   
have a business meeting: 仕事の打ち合せをする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 91
仕事の上で
   
take what one consider a good business step: 仕事の上でプラスになると思われる道ばかりをえらぶ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 265
仕事ぶり
   
AA would be at liberty to observe BB going about BB’s business: AAにBBの仕事ぶりを見せてやることになる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 22
仕事上の
   
be downright superb at documenting one’s business affairs: 仕事上の書類処理能力はずばぬけている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 157
使いもの
   
be out of business: もう使いものにならない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
使命
   
on secret business: 秘密の使命を帯びて ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
市場
   
go out of business: 市場から撤退する サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 191
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 114
資格
   
have no business doing ...: 〜する資格は自分にはない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 91
   
up to one’s neck in the business: しっかり事にかかわる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 80
事業
   
want me to come and join the family business: 帰って事業を手伝えといってる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 142
have a wee business: ちょっとした事業をやる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 135
have a successful and legitimate business: かたぎの人間として、事業で成功を収める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 177
business is rotten: 事業が落ちめになる ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 18
build a successful business: 事業をゼロから作り上げて成功させる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 355
事件
   
this supposed business with sb: (人が)やったと思われる今度の事件 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
business in sb’s court: 〜判事の法廷であつかわれた事件 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
事務屋的
   
business eye of sb detects ...: (人の)事務屋的眼光は〜を見る ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 182
事務的な
   
ask a few business questions: 二三の事務的な質問をする 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 27
治療相手
   
whose business is with all degrees of mankind, bond and free, ...: (人の)治療相手は、それこそあらゆる身分階層の人間、囚人もいれば、自由な市民もいる、〜といったぐあいだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
実業
   
business people: 実業家 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 328
実業界
   
be in business: 実業界のほうだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 495
a business leader: 実業界の大物 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 56
実務家
   
heady business type: がむしゃらに努力する有能な実務家タイプ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 13
手はず
   
hastily divide the business: 手はずは手分けをして大急ぎでやる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 85
出来事
   
put this whole unpleasant business behind sb: この一連の不快な出来事を過去のものとする バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 231
所作
   
be occupied oneself with actors call business: 芝居でいう所作に身を入れる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 113
所用
   
be on business: 所用でくる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 348
商い
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 307
商売
   
this is a miserable business if ever there was one: こんなつまらん商売はないですよ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 32
that is no good in sb’s business: それじゃ(人の)ところの商売にはならない アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 180
sb’s business is thriving: (人の)商売が順調だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 244
sb’s business acumen is admirably sharp: 商売の勘はじつに鋭いものがある デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 262
put sb out of business: 商売あがったり ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 29
less experienced in the business: この商売に経験の浅い トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 285
keep one’s business afloat: 商売を順調に進める スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
have been in business for many years: 長年この商売をやっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
do a fine business: 商売はなかなかの上首尾だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
be successful in business: 商売が繁昌している 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 145
be just the price of doing business: この商売の税金みたいなものよ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 215
be a good man of business: 商売上手だ ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 34
a high-risk business: リスクの大きい商売 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 454
a good many business people: 商売に目はしの利く人々 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
状況
   
the whole rotten business comes toppling to the ground: この糞いまいましい状況全部が音を立てて崩れ落ちる オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 66
職業意識
   
just for business: 職業意識から クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 201
心づもり
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 484
正業
   
a viable front business: 表向きの正業 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 415
狙い
   
casual poking into sb’s business with sth: (物を)持った(人の)狙いをさりげなく訊きだそうとしている ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 17
騒動
   
that whole business: この騒動 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 229
代物
   
love business: 恋って代物 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 26
   
be closed for business: 店は閉まる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 161
店のあがり
   
business could not sustain sb: 店のあがりで(人が)暮らしていくのは無理だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 34
頭に浮かんだこと
   
the first order of business: 真っ先に頭にうかんだこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 421
任務
   
thoroughly understand one’s business: 任務を十分に果たす力を持っている スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 85
納入
   
do a great deal of business with certain government agencies: 官庁方面の納入が多い 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 5
買物
   
are you sure business is all they are doing?: 買物以外のことをしてたんじゃないのか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
売上げ
   
business increase markedly: 売上げが大幅に増加する ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 43
犯罪
   
What can you tell us, Doctor, about this business: ドクター。この犯罪について、何かわかりました? アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 215
物事
   
be filled with business of every sort: 〜はありとあらゆる種類の物事で満ち溢れている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
本題
   
switch the topic hastily to business: あわてて話を本題に転じる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 492
get down to business: 本題に入る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 155
問題
   
this sort of business: この種の問題 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
they are one’s business: それは(人の)問題 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
tell sb sb’s business: (人の)問題につべこべ口をはさむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
other people’s business: 他人の問題 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
But in this business you have to be very patient: でも、この問題では性急さは禁物よ セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 129
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
用向き
   
It's business that may put something into your pocket,: お前さんのポケットにも何ほどかのものがはいる用向きなんだが ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 13
challenge sb to state his business: (ひとの)用向きをうかがう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 25
用事
   
pressing business: 当座の用事 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 260
finish one’s business: 用事をかたづける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
attend to business of one sort or another: こまごまとした用事を済ませる オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 64
用談
   
wind up one’s business: 用談を終える 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 75
冷静
   
be all business: 冷静そのものだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
   
that business about getting up early to see the first show: 早朝興行を見るために早起きしなければならないという話 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 119
it meant business: 決まって何か話がある メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 118
話の中心
   
try a different approach to the business: 違う方角から話の中心に向かう 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 108

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

would be out of business: お手上げ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 115
while on business trips: 出張先で
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 212
we mean business: われわれはやる気だ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 43
wash one’s hands of the business: 足を洗う
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 7
this business: この種のこと
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 141
the place with which one do business: 取引先
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 51
the name of the sore or business one connected with: 屋号
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 58
the business of the day: 本題
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 144
the boardinghouse business: 下宿業
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 74
that’s my business: そちらの知ったことじゃない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 306
that’s my business: そんなのおれの勝手でしょうが
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 419
state one’s business: 用件を言う
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 236
so-called business district: 繁華街と呼べそうなところ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 88
similar business: ほぼ同業
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 234
sb’s business proposition: (人の)儲け話
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 201
sb’s business interest: (人の)関係する事業
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 54
sb’s business: (人の)勝手
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 105
sb’s business: こっちには関係ないことだ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 85
sb’s business: 立ち入ったこと
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 169
run the business: 取りしきる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
open a business: 店をひらく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 52
on business: 仕事がらみで
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 53
on business: 用があって
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 152
nod, all business: いかにもそっけなくうなずく
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 190
nightly business entertaining: 夜のつきあい
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 42
mind one’s business: 邪魔をしないし、〜のほうでも(人が)自由にふるまうことを妨げない
mind one’s business: 勝手気ままに〜する
mean business: 本腰をいれている
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 5
know one’s business: その道のプロだ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 32
know one’s business: 手慣れたやつだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
know one’s business: 素人ではない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 36
it’s nobody’s business: 他人が気に病むことはない
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 102
I mean business: こっちは本気だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 276
hating business: 人をきらうということ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 291
good business: 実利
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
go into business: 商売を始める
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 138
fifth business: めっけものじゃないか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
dabble in undercover business: 暗躍する
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 66
business world: 財界
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 31
business partner: 共同経営者
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 77
business enterprises: 企業
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 10
business done: これでよし
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 196
business dealing: 商売
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 53
business client: 得意先
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 23
business buildings: 商店や銀行
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
business begin to suffer: さびれる
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 30
business at hand: 本題
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 15
business associates: 同僚
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 105
bring up business: ややこしい話をする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
be your business: そちらの問題です
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 237
be sb’s business: (人)の勝手だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 150
be sb’s business: 余計なことではない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 89
be one’s business: 無関係じゃない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 50
be in business: ついに幕が切っておとされる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 271
be all business: 実質本位の男
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 73
always mean business: 筋の通らないことは許さない頑固さがある
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 49
you will not be seeing my business again: おたくとはこれっきりだ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 187
would get the business over with hastily and even crudely: あたふたと粗雑に実にそっけなく済ましてしまう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 324
with sb’s years of business experience: 実業畑では海千山千の
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 10
will be after sb like nobody’s business: しゃかりきになって(人を)追いつめるにきまってる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 128
what business had he to do: あんな奴が〜するなんて、もってのほかだ
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 49
well, it’s got no business there, at any rate: なんだろうと、あんなものがあそこにあるべきいわれはない
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 20
well, it’s got no business there, at any rate: ふん、どっちみちそんなものは要らん
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 56
watch for a lull in business at the shop: 店の暇な時刻を見計らう
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
wash one’s hands of the whole business: きっぱりと手を引く
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 162
until the real business of the evening begins: 本番の開幕まで
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 66
touchy business and last resort: 面倒を招きやすい最後の手段
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 50
this whole damn business is a pipe dream: なにからなにまで白昼夢でも見てる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
this isn’t a man’s business: 男は黙ってるもんや
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 92
this is a bad business: 大変なことになった
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 105
think sb’s sex life is one’s business: (人の)性生活に関心をもつ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 162
the missing person business: 失踪人捜索
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 561
the investments of the local business people: 地元の人の商売
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
the few days are spent with the business of doing, doing: 数日が〜したり、〜したりで慌ただしく過ぎ去る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 348
the best tail in the business: 尾行をさせたら右に出るものはいない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 171
tell sb mind sb’s own business sb’s too young: ちびにはどうでもいい、そんなこと知りたがるんじゃない、という
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 375
talk one’s dirty business: 汚い相談をする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
take ones business elsewhere: そっぽをむく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 32
take one’s station in the business part of the city: にぎやかな通りに陣どる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 195
stay too long with the business of ...: 〜のことに執着しすぎる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 167
sb have no business to do ...: 〜した人がいけないのだ
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 82
sb’s business is in trouble: (人の)商売が傾いて来ている
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 101
sb’s business eye read in sb’s face that ...: そこは老事務家〜の眼光だった。(人の)顔色からして、〜と見てとった
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 209
put sb out of business: (人から)メシの種を奪う
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 7
put sb out of business: (人は)失業する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 473
put an end to the business: 結論をつける
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 27
only mind one’s own business: つましい暮らしをする
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 394
one of the first consideration which arises in the business mind of sb: 銀行屋として(人の)真っ先に考えたこと
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 147
one can put ... out of business: (人の)力で店じまいをさせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 245
none of your business: あんたの知ったことじゃない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 277
none of your business: 余計なお世話
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 259
nice doing business with you: よろしく頼むぜ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 26
Ms Mind Your Own Personal Business: ミズ詮索好きめ、自分のことだけかまってろ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 201
mind your own bloody business: おせっかいはやめてちょうだい
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 61
like what? I know that it’s none of my business: さしつかえなければ聞いてもいいかな?
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 34
just a bit of business to clear up: ちょいと野暮用に
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 138
it is too soggy to do any more business: ぐしょぐしょに濡れて使い物にならない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 261
it’s not my business to give my opinion about sth: 〜に意見を述べるなんて、わたしには僭越なことだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 139
it’s none of sb’s business: (人の)知ったこっちゃねえ
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 107
it’s got no business there: ありゃ邪魔なだけだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 54
it’s a baddish business: どうもめんどうなことになった
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 167
inquire what business brought sb ...: 何の用で〜へ来たかを訊ねる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 44
in a business point of view: 商売上の立場から
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 113
if any town business has come to sb’s attention: 役所関係のことでなにか気になることがなかったかどうかって
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 303
have to attend personally to some business: どうしても出なければならない用事がある
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 60
have the bad manners to ask sb sb’s business: (人に)さぐりを入れようとする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 216
have no business to do ...: 〜するという法はない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 308
have no business sharpening one’s knife every night: 素人が毎晩、包丁砥ぐことない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 134
have no business in ...: 〜には場ちがいなしろものである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 78
have no business forcing sb to do: 無理やり〜させることはよくない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 259
have no business doing ...: (何かをするとは)失敬な
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 84
have no business doing: 〜してもしようがない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 282
have a shoe business in ...: (場所)で靴屋をやってる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
go on about your business: 支度をなすって下さい
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 308
go on a business trip: 出張に出かける
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 21
go back to thinking about one’s own business: それぞれの物思いに戻っていく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
go about the business of reconstruction: なんとか気をとりなおして生活の再建に立ち上がる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
go about one’s business: やることをやってる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 331
given the crush of daily business: 毎日の忙しさに紛れて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 387
get mixed up in this business: こんなところへ首を突っ込んでいる
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 239
get down to business: いきなり切り出す
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 18
end to this business: 決着をつける
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 250
don’t do a lot business: あまりはやっている様子はない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 273
do business with the male relatives: 男どうしで話をつける
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 114
do a thriving business in sth: (物が)たくさん売れる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 55
do a good holiday business: 休日で賑わう
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 241
did business with ...: 〜を客にした勘定になる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
continually go around minding one’s business: 何かにつけて絶えず(人を)煩わせる
calmly go about sb’s business: 一人で淡々と自分のやりたいように行動する
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 25
business of police work: 警察の捜査活動
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 326
be undeniably a man who know one’s business: その道の専門家である(人の)言うことに間違いがあるはずがない
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 40
be so full of business all day: 一日じゅうテンテコ舞いだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 55
be put in charge of all business dealings with sb: (人の)担当に廻される
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 164
be pleased with all this unexpectedly good business: 思いがけない売行に気をよくする
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 137
be out of the best in the business: 有名なやり手だ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
be of necessity a serious business: 〜は真剣にならざるをえない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 209
be not incorporated or authorized to do business: 法人設立の申請も許可の記録もなし
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 16
be not in the business of ...: 〜する気持ちがない
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 249
be not as viable a business as it has once been: あまり商売にならなくなっている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 70
be none of sb’s business: (人の)口を出すべきことではない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 355
be in the business of sending sb on wild-goose chases: 雲をつかむような話で(人を)煙にまく
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 42
be back in business: これでまた動ける
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 209
be an excellent man of business: 抜け目なく商才をふるう
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 8
be about to go out of business: このままじゃ失業だ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 324
be a sticky business: なかなかめんどうだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 91
attend to all the necessary business: 〜の方で万事引き受ける
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 64
attend closely to one’s neighbor’s business by dint of neglecting one’s own: 自分のことはそっちのけにして他人の世話ばかりやく
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 5
as to that business charge one be a strict man of business: こと銀行業務となると、あくまでやかましい(人は)銀行屋だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 147
apparently decide to get out of the business: 撤退してしまう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 71
always good to do business with you: いつもすみませんねえ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 68
on an abortive business trip: 仕事で来たもののその結果は芳しくない
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 136
after several relapse into business-absorption: ときどき仕事のほうに忙殺されて、疎遠になることもあったが
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 163
active business: 実際の仕事
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 16
business acumen: ビジネスのセンスが抜群だ
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 60
some deep unwritten law adapted from business practice: ビジネスの場におけるある動かしがたい暗黙の鉄則のようなもの
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 283
address oneself to the business of the day: さっそく本題に入る
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 144
repair business is almost impossible to get into: 修理事業に手をそめるのは不可能に近い
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 119
in sb’s business it always pays to be polite: この商売、礼を失してはやっていけない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 305
In business matters he was equally amenable, equally compliant: ビジネス面でも彼はおなじほどおおらかで、おなじほど従順だった
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 152
servant whose business it is to answer the door: ドアの取次ぎ番
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 180
Yes, he's going into business anyway so he can quit graduate school anytime: ええ、どうせ商売するのやさかい、大学院なんて、いつやめても、よろしいんですて・・・
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 181
Her business here was apparently concluded: この裁判所での彼女の仕事はいちおう終わったようだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 337
a business appointment: 用事で人に会う
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 47
hurrying as if one have business to conduct: 早く片づけなけれがならない仕事があると言いたげにせかせかと歩いている
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 47
a few business associates: 何人かの同僚
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 105
as authentic as if sb do business in ...: 〜で商売を営んでいる(人と)ちっとも変らない
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 11
awful business: おぞましい仕事
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
a bad business: あまり感心しない仕事
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 185
At Needful Things, the first full day of business had begun: ニードフル・シングスは、こうして本格的な商売の幕をあけたのだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
be bothered by business of any kind connected with sth: 〜のことなんかとうてい構っちゃいられない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 93
bring the business to an end in such a dramatic manner: この恋愛に劇的な幕をおろす
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 121
remove one of one’s business cards: 名刺を一枚抜きとる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
business hours:営業中の時間
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
national catering business: 全国規模のケータリング業
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 16
eagerly turning from ceremony to business: 社交儀礼をあっさり片づけ、商売に戻る
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 154
the business has changed: この商売は様変わりした
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 74
business client: 仕事の取り引き先
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 86
when business hours come round: 朝のまた営業時間が来たとき
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 147
can have no conception of difficulty with which sb’s business is transacted: とうていおわかりにならないんですよ、今(人の)業務がどんなにむずかしいことになっているか
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 96
declare open for business: 営業開始が高らかに告げられる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 51
conduct one’s business: 商売をやってゆく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 305
business cost: 必要経費
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 83
anybody with a college business course: 大学で経営学を習った者ならだれでも
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
business cycle: 好不況
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 253charter
ツイート