× Q 翻訳訳語辞典
point   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ある
   
a sign point to ...: 〜の案内板がある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
いいたいの
   
that’s exactly my point: わたしがいいたいのもそこです クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 124
いう
   
point out that ...: 〜という ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 430
これだけのこと
   
press each point home firmly but with patience, as if one was trying to persuade a child: ざっとこれだけのことを噛んで含めるように説明する 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
さす
   
point one paw down ...: 片足をあげて〜をさす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
しかた
   
there is any point in doing: 〜してもしかたがない 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 64
じっと見つめる
   
point sb: じっと(人を)見つめる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 66
すすめる
   
point to sth: 〜をすすめる トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 220
つきつける
   
point with sth: (物を)(人に)つきつける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
be pointed at one’s head: 頭につきつけられた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
とがめる
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 119
とき
   
at some point: ときとして トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
at one point: あるときなど トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
ところ
   
that point: そういうところ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
that’s an interesting point: そこがおもしろいところ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
reach a point of no return: もう後戻りすることのできないところまで行く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 501
とるべき行動
   
that is the point: ほかにとるべき行動はない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 66
ねらい
   
take it to that point: 首尾よくねらいを果たす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 184
もう
   
come to a point where ...: こうなればもう〜 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 18

ズバリという
   
Jorge pointed: ホルヘはズバリといった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 40
パーセント
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 21
ポイント
   
that’s the whole point: そこがポイント プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 80
pass out points: ポイントをきめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 317

暗示する
   
point to some drugs connection: 麻薬関係を暗示する レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 193
案内する
   
point out the features of ...: 〜に(人を)案内する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
意見
   
interesting point: おもしろい意見 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 321
意図
   
What was her point last night?: 昨夜のグリンドラの意図は何だったのだろう? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182
意味
   
there is not much point in doing ...: 〜は無意味 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
don’t see any point in ...: 〜をしても意味がないと思う ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 126
   
past the point where ...: 〜の域を超えた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 87
一理
   
have a point: (人の)言い分にも一理ある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
加減
   
核心
   
to the point: 核心をつく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 184
come to the point: 核心にずばりと切り込む オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 70
ask, coming right to the point: いきなり核心をついてたずねる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
肝心
   
when it comes to the point: 肝心のときになると アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 18
肝心かなめ
   
so here’s the point: ここが肝心かなめだ フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 56
肝腎
   
the point is that ...: 肝腎なのは〜だ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 120
肝要
   
be the point of doing ...: 〜する場合、それが肝要なのだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
気持ち
   
see the point: その気持ちがわかる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 96
急所
   
one’ point is made: 急所をついている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 155
教える
   
be sympathetic and point sb in the right derection: 気の毒そうに正しい方角を教えてる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 61
見て
   
everything about it points to sth: あらゆる点からみて〜だ デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 164
見当をつける
   
point to ...: 〜と見当をつける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 78
言う
   
point out to sb one thing: (人に)言っておきたいことがある アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 327
言う意味
   
see sb’s point: (人の)言う意味はわかる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 235
語りかける
   
point at all of them: 会衆の一人一人に語りかける スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 65
効果のほど
   
never see the point: その効果のほどはずっと疑問に思っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
向ける
   
point the wrong way: あらぬ方向へ向ける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 78
point the sword upward: 切っ先をまっすぐ上に向ける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 51
point the revolver at sb: リヴォルヴァーの銃口を(人に)ぴたりと向ける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 267
合図する
   
point at sb to do ...: 〜しろと合図する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
指がさす
   
point at ...: 指がさす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 324
指す
   
point to this sth and that: (物)だの(物)だのを指す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17
point sb’s fat fingers at ...: むくんだ指で〜を指す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 54
指をつきつける
   
point at sb to make a note: (人に)指をつきつけ、メモをとれという身振りをする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
point at sb: (人)のほうに指をつきつける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
He pointed: ディクソンはスターンに指をつきつけた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 267
指摘する
   
something specific that one can point to: 具体的に指摘できるような点 オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 24
私の言う意味
   
fail to see the point: 私の言う意味をはき違える アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 430
事態
   
get the point: 事態を理解する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 116
時期
   
at that point in one’s life: この時期 バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 72
時点
   
at this point: いまこの時点では トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 254
at this point: この時点で トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
at that point: その時点で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 273
at one point: ある時点で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
示す
   
point surreptitiously at sb: (人を)こっそり示す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 344
a sheet of paper with arrows pointing to the four poles of compass: 方位が矢印で示された紙 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 20
述べる
   
point out: 述べる 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 46
小数点
   
floating-point-operation: 浮動小数点演算 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 139
   
press the point with unwavering frankness: 一糸も乱れない見事な率直さでその場を押し切る 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 101
場合
   
that point is when the temperature hits 100 degree: 気温が三十八度を越えた場合です メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 275
   
pop out the point: ノックで芯を出す ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 301
切尖
   
fine point of a small sword: 鋭利な短剣の切尖 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 222
先端
   
press the point of the knife up against sb’s Adam’s apple: 包丁の先端が(人の)喉仏にぴったりとあてられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
狙いを定める
   
point sth directly at sb’s chest: (人の)胸にぴたりと狙いを定める タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 134
打点
   
point on the scoreboard: (人が)稼いだ打点 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
段階
   
reach a point where ...: 〜する段階にまで達する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 265
be pushed beyond the point of pride in the result of one’s efforts: 努力の結果に満足する段階を越えて クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
at this point in ...: 〜のこの段階で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 125
地点
   
had reached one’s sexual high point at ...: 〜が(人の)性的最高地点だった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
   
not without its point: 的を射ていなくもない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
   
things have reached a crisis point: 事態がもう限界点に達している ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 531
there is no point in not admiring sb: その点では(人を)賞賛せざるをえない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 61
swing twenty to thirty points: 二、三十点ごまかす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
put up six points: 六点をあげている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
from this point of view: その点になると 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
from the point of view of the public: 他に認められるという点からいえば 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 62
can see one’s own pulse as bright points of light before one’s eyes: どきんどきんと音をたてる鼓動のひとつひとつが、鮮明な光の点と化して、眼の前にくっきりと映しだされるような気さえする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
突きつける
   
point one shaking finger: ふるえる指を突きつけている アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 103
突端
   
point of land: 陸地突端 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 469
年収
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 13
変化
   
make one’s mental notes at every point: 変化のいちいちを頭に入れる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 222
褒美
   
don’t award points for sth: 〜しても褒美は出ない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 203
本題
   
go right to the point: すぐに本題に入る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 117
come to the point directly: ズバリ本題に入る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
come to the point: 本題に入る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 281
come immediately to the point: ただちに本題に入る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 96
   
from a financial point of view: 会計の面からいえば 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 362
問題
   
that’s the point: そこなのよ、問題は トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
half the point: 問題の半分 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 380
get to the point: 問題をはっきりさせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 313
and it still isn’t the point: だけどやっぱり、問題はそこじゃない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 218
用件
   
Then he went straight to the point: やがて、ずばりと用件を切りだした アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 36
come right to the point: ただちに用件に入る オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 31
   
be short and to the point: 簡にして要を得ている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 367
要点
   
stick to the point: 要点をはずさない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 285
get to the point: 要点を話す デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 186
come right to the point: まっすぐ要点に入る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
理由
   
have a point to make: 何かの理由でやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
論拠
   
assist the point: 論拠を補強する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 312
睨む
   
the guns are pointed impotently at ...: 銃砲はむなしく〜を睨んでいる リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 80