× Q 翻訳訳語辞典
touch   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いただく
   
none of your not touching of ... and sticking to bread: てめえはいただきません、パンだけで結構でなんて、くだらねえことは言いっこなしだぜ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 289
うかぶ
   
suspicion of her hardly touches sb: 彼女に対する嫌疑はほとんどうかばない レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 252
おとずれる
   
sorrow touches sb’s life: (人に)悲しみがおとずれる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 412
かきみだす
   
touch anyone’s heart: きく人の心をかきみだす 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 31
かすかに
   
smile with a touch of malice: かすかに悪意のこもったほほえみを浮かべる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 353
かすめる
   
touch a system: システムをかすめる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 166
the soun touches the tops of the still trees: 陽光がパッと梢の頂をかすめる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 228
こらしめる
   
touch the scoundrel: 悪いやつをこらしめる ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 115
さそいだす
   
touch ...: 〜をさそいだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 412
さわる
   
touch sth with ungloved hands: 〜を素手でさわる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 523
reach under the table and touch sb’s hand: テーブルの下に手をやって(人の)手にさわる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 311
しみて来る
   
sth touch sb’s heart: (物が)(人の)心にしみて来る 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 6
すりつける
   
stand there almost touching sb’s shoulder: 肩をすりつけんばかりにして立っている 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 19
せい
   
touch of ...: 〜のせい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 255
そっと触れる
   
She reached shyly across the table and touched his hand: マートルは恥ずかしげな様子でテーブルごしに手をのばし、彼の手にそっと触れた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
ちょっと
   
get a touch of the what’s-its: ちょっとあれなんだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 99
つながる
   
be in immediate touch with ...: 〜にそのままつながる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 223
なでる
   
one’s hands console sth with a couple of touches: (物を)手で二、三度ずつなでる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
なめる
   
touch one’s lips with one’s tongue: 舌の先で唇を軽くなめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 69
ひきかけ
   
a touch of the flu: 風邪のひきかけ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 201
ひっかける
   
touch one here and there with one’s icy fingers: 氷のような爪をあっちこっちにひっかける オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 165
ひどく傷つける
   
one’s pride is touched besides: それに自尊心もひどく傷つけられる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 127
ふれあい
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 124
まとわりつく
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 50

アイデア
   
That touch was due to Jean-Pierre,: それはジャン=ピエールのアイデアで、 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 259
コツ
   
have lost the touch: そのコツを忘れてしまった ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 199
マッサージする
   
touch up the roots: 地肌をマッサージする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 355

握る
   
to touch heavily would be to arrest the pattern and freeze the movement: 固く手を握ったりすれば動きが鈍る リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 98
押さえる
   
touch the pressure points: ツボを押さえる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 218
干渉する
   
touch sb: (人に)干渉する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 94
感激する
   
I’m touched: 感激です スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 58
感触
   
loathsome touch: むかむかする感触 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
just enough that sb can feel one’s touch: ただ(人に)感触が伝わる程度に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 104
It was amazing how warm her touch was, even under a hot afternoon sun: 午後の暑い日ざしの下でさえ、その感触の温かさにはびっくりした クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 29
感心する
   
sth touches sb: (人は)〜にかんしんする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 234
感動する
   
be touched by ...: 〜と知って感動する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 59
起きる
   
for anything which touches sb nearly: 身近で起きること全てに セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 172
強く胸を打つ
   
be touched: 強く胸を打たれる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 59
胸にしみる
   
touch sb: (人の)胸にしみる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 172
交流
   
have kept in touch: 交流を続ける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 377
荒らす
   
nothing appears to have been touched: 荒らされた形跡はない フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 393
合わせる
   
touch glasses: グラスを合わせる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 154
思わす胸をつかれる
   
Touched, Polly replied: 思わす胸をつかれ、ポリーも答えた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 278
指に触れる
   
指を触れる
   
first touching: 最初のうちは指を触れているだけ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
取り組む
   
touch the accounting system: 計算システムにとりくむ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 16
手が〜にあたる
   
literally touch each wall when you stretch: 伸びをすれば手が壁にあたる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
手さぐり
   
by touch: 手さぐりで マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 164
手つき
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 140
手をあてる
   
touch one’s forehead: 額に手をあてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
touch one’s chest: 胸に手をあてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
手をかける
   
touching sb on the shoulder: (人の)肩に手をかける ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 203
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 113
手をつける
   
touch the principal: 元金に手をつける デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 166
手をやる
   
touch the bill of the cap: 帽子のひさしに手をやる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 333
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 363
手を出す
   
touch then: さあ、手を出しな ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 82
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 441
手を触れる
   
be afraid to touch sb: 手を触れるのをためらう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 130
小突く
   
touch one’s arm: (人の)肘を小突く 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 131
触れている
   
be in touch with ...: 〜の一端に触れている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 25
触れる
   
never touch sth: (物に)指一本触れてはいません クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 110
触れ合う
   
keep busy and stay in touch with people: 身体を忙しく動かし、人々と触れ合う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 345
心を打つ
   
touch the worldly lady more deeply than sb knew: 思ったより以上に洗練された女の心を打つ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 110
be touching: 心を打つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 313
be somehow touching: 何かしら心を打つものがある オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 214
心を動かす
   
be touched: 心を動かされる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
心を搏つ
   
touch sb more deeply than one know: (人が)思った以上に(人の)心を搏つ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 110
心持ち
   
a touch more respectful: 心持ち見直す ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 192
身近
   
feel sb most in touch: 一番身近に感じられる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 364
接触
   
was just staying in touch: 接触を絶やさなかっただけ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
染める
   
be touched by what he was: 彼の人格に染まる オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 26
走らせる
   
touch one’s fingers to every part of sb’s face: (人の)顔じゅうに指を走らせる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 378
打つ
   
touch sb’s heart: 胸を打たれる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 312
達する
   
touch excellence in one’s doing sth: 真剣に(物事をし)、卓越した境地に達する バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 26
動かす
   
the human kindness and charity of sb touch sb’s heart: (人の)やさしさに動かされる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 38
突く
   
touch sb on the breast: 相手の胸を突く ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 222
髪をなでる
   
touch sb: (人の)髪をなでる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
撫でる
   
a feathery spooky feeling like being touched by a moth: 蛾の翅に撫でられたようなぞっとする感じ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 292
揺する
   
be touching sb’s shoulder: (人の)肩を揺すっている フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 107
連絡
   
say one will be in touch: あらためてまた連絡すると言う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 295
out of touch: 連絡を断つ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 404
keep in touch: 連絡を絶やさない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 64
get in touch: (人に)連絡する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 304

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

touch sth gently: (物を)撫でる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 263
touch sb’s arm: (人の)腕をとろうとする
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 262
touch of malaria: 軽いマラリアの気
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 25
touch base: 思い出の地に遊ぶ
touch base: 様子を見る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 57
one’s sense of touch: 指の感覚
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 186
one’s finger touches: (人が)ゆびを這わせる
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 69
nice to touch: 手触りがいい
lose one’s touch: (人の)勘が鈍る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 240
lose one’s touch: 腕がなまる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 77
keep in touch: 連絡をつづける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 241
it’s touch and go right now: 今が峠だ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 82
have a touch of sth: 〜くさい
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 47
hardly touch ...: 〜には手をつける様子もない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 575
don’t touch sake: 酒を止める
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 266
do not touch: まったく別個のものだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 258
can’t be touched: 手がつけられない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 288
be touched: 感心する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
be in touch: コミュニケートできる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 107
a touch of ...: かすかな
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 137
a touch of: いくらか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 73
a touch of: かすかに
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
with no touch of compunction: ケロリとして
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 172
with a touch of pride: 幾分得意げに
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 164
with a touch of annoyance: いささかぞんざいな口ぶりで
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 247
will not touch it at all: まったく乗りだす気がない
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 253
will be in touch: また連絡する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 273
wear a touch of sorrow: うれいをおびる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 189
touch too lingeringly on the emotions of kinship: 肉親の感情について論じすぎる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 144
touch the purloined accounts on that machine: 盗用名義で接近する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 195
touch sb with the cold trickle of something close to fright: 恐怖に似た冷たいものを(人の)心にしたたらせる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
touch sb on the knee: (人の)膝にそっと手をおく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 241
touch off vivid pleasant memories: いきいきした快い記憶を刺激する
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 39
touch off one’s own economic renewal: みずからの経済再建を図る
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 273
touch of modern life in the house: 今風の家庭を思わせるの
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 107
there was always a touch of suspicion in sb’s manner: (人の)素振りにはいつもなんとなく疑惑の色が見えていた
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 110
there is nobody to touch sb on wildlife: 野生生物の知識にかけて(人の)右に出るものはいない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 31
there is in the touch a strange flicker of something: ふしぎな触感がひらめく
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 36
there is a touch of sadness in one’s voice: その口調はちょっぴり悲しげだ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 62
there is a touch of ...: 〜な味わいがある
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 162
there’s a splendid touch of hell fire about sb: (人は)相当に辛辣だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 68
the final touch that renders the entourage perfect: この場の雰囲気を完成する画竜点睛
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 78
the Civil War hardly touch us: 内戦といったってよその国のできごとのようだ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 90
the almost inaudible touch of winter rain: 音のないようなしぐれの音
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 232
still have the old touch: まだ勘は鈍っちゃいないぞ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 304
sth that touches off a hundred memories: (物が)きっかけになってさまざまな思い出が蘇る
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 13
stay in touch with sb: (人と)連絡を絶やさない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 202
stay in close touch with sb: (人と)接触を保つ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 66
speaking very slowly, and with a strained touch of pain in one’s voice: きわめてゆっくりと、張りつめた苦痛をこめた口調で
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 162
speak with a touch of impatience: いくぶんとげとげしい口調でいう
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 116
sb’s heart is touched by ...: 心をうごかす〜
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 117
say with a touch of boastfulness: いくぶん誇らしげに言う
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 222
put sb in touch with sb: 引き合わせる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 97
put one’s hand on my arm, a fragile touch careful not to waken: 私に目をさまさせないようにと、そっと私の腕に手を置く
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 39
one’s skin is touched with the sign of aging: 肌の衰えがある
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 397
naturally touch sb’s heart: (人の)身にしみる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 186
lose touch with what is going on: 情勢にうとくなる
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 226
lose touch with sth: (物事を)まるっきり認識していない
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 74
lose touch with ...: 〜を忘れる
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 201
lend a certain touch of class: いくらか上品な感じになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
lack the finishing touches: 仕上げられていない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 39
keep in touch with sb for a while: 思い出したように連絡をとってくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 55
keep in touch with sb: (人と)連絡をたやさない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 302
keep in touch with ...: 〜と同調させる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
it touches sb that ...: 〜がいじらしい
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 93
it is the right touch to do ...: 〜するのが適切だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 229
it is the personal touch that means so much: そんな気配を身体から発散している
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
it can’t touch those resistant rogue cells: すれっからしの悪党の細胞どもはびくともしない
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 207
it’s touch and go.: 微妙なところだ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 243
hope sb would stay in touch: これっきりにしないでほしい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 241
have not been in touch: しばらく連絡を取っていない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 334
have just the right touch of human interest: ちょうど狙いどおりの人間的興味をかきたてる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 429
give the finishing touch: 〜にはもうがまんができない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 114
give it a romantic touch: 妙な色気がある
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 180
give ... an added touch of horror: 〜に一層の凄みを出している
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 171
feel out of touch with the real world: 現実感がしない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 142
feel absolutely perfect to the touch: 投げるのにぴったりという感じの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
every bend and curve of one’s small body is cool to the touch: (人は)小さく、体は隅々まで冷たい
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 25
do not want to touch ...: 〜に非協力的である
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 137
can touch sb for a loan: (人に)たかる
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 148
can not touch sb: まったく手も足も出ない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 439
can not touch ...: 手も足も出ない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 214
be touched with sadness: かなしみがふくまれる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 92
be touched with early frost: 若いころつらい目にあう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 252
be touched to see ...: 〜を見て、(人の)なかでなにかが動く
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
be touched by ...: 〜に心打たれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 172
be putting the finishing touches to ...: 〜が追い込みにかかっている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 83
be out of touch with ...: 〜と無関係である
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 62
be never out of touch: 連絡網を完備している
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 117
be in touch with sb: (人に)連絡してくる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 359
be in touch with important happenings: 重大な情報は必ず耳に入る
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 49
be deeply touched by ...: 〜に心底じんとなる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 219
be a pretty easy touch: (人に)つけこむのは容易なことだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 311
be a nice touch: なかなかいけるじゃないか
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 105
barely touch one’s cup of sake: 酒はほとんど飲めない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 33
as if sb be touched by a hot brand: 焼きごてでも当てられたように
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 52
approach sb with a soft touch: (人に)近寄ってやさしい声をかける
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 54
always seem a little out of touch with reality: 現実味が薄い
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 131
almost touch a bed: 一つの寝台にすれすれに立っている
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 122
adding a pathetic touch to sb’s sallow features: 貧相な顔はますます情けなく見えた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 45
a touch of winter rests on ...: 〜に冬がある
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 218
a touch of the flu: ちょっとした風邪
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 324
a little smile of pleasure touches one’s face: (人の)顔にはよろこびのあかりがぽっとともる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
a little smile have touched the corners of one’s mouth: 口もとにうっすらと微笑さえただよわせている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
don’t touch on these subjects at all: それには一切触れない
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 19
awkward touch: おずおずと触れ合う
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 228
only the barest touch in passing: 通りすがりに僅かに触れ合うだけだ
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 98
with the solidity of the bark comforting to the touch: 快い手ざわりの樹幹はどっしりとたのもしい
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 10
touch base with sb: 声をかける
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 100
begin to touch heaven: まさに天国にとどこうとしている
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 66
It is something I can touch and hold and believe in: 指を触れ、手に取って、はっきりと確かめることのできる何か
sb’s wrinkled, benevolent countenance--tinged, perhaps, with just a touch of irascibility: 善良そうな、あるいはやや意地わるげな皺だらけの顔
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 136
with the great big touch-tone pads: 大きな押しボタンつきの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
be bothered by a touch of ...: わずかに〜の気がある
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 11
he thought it did lend a certain touch of class to Main Street: これでメイン通りがいくらか上品な感じになるだろうとは思った
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
His touch had to be like that of the dawn upon a mountain ridge: 唇と百合とが、まるで黎明と尾根とが触れるように触れ合わねばならない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 247
I will definitely get in touch with you soon, though, don't worry: 近いうち、かならず呼び出すからね
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 36
touch a delicate spot: 急所を突く
安部公房著 ソーンダーズ訳 『燃えつきた地図』(The Ruined Map ) p. 160
touch each ...: 全部の〜に洩れなく手を触れる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 216
A modern executive, Dixon was never out of touch: 近代的実業家のディクソンは連絡網を完備しているのだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 117
the final touch of sth that renders the entourage perfect: ( 物で)雰囲気を完璧なものにしてくれる仕上げの一刷毛
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 195
First I'll shampoo you and touch up these roots here: まずシャンプーをして、地肌をマッサージしなくちゃね
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 355
She let her own substance touch Odeen's knobbishness flirtatiously: オディーンのからだのでこぼこのところに彼女の一部をふざけ半分に触れさせたりした
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 201
put out one paw and gently touch the ball: 手をのばしてそうっと糸玉にさわる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 16
put out one paw and gently touch the ball: 片手を出して糸玉にそっとふれる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 16
touch the ground: 大地に触れる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 84
inadvertently touch sth: なにげなく〜に触る
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 199
Just thought I'd touch base with you: ちょっと声をかけておこうと思ってさ
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 100
ツイート