× Q 翻訳訳語辞典
very   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜こそ
   
this very image is the earliest of ...: これこそ〜の、最初の映像であった 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 10
... for the very reason that ...: 〜すればこそ〜 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 173
〜すらも
   
conceal one’s very presence: 存在すらも消す クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 170

あきれるほど
   
very mean: あきれるほど意地の悪い サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 191
あまり
   
don’t enquire very closely: あまりくわしくはきかない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 507
do not bother sb very much: あまりいやな顔もしない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 398
be not a very impressive figure: あまり風采の上がるやつではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 465
あまりに
   
in sb’s very relief: ほっとしたあまりに ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 270
あまりにも
   
in a very delicate emotional state: あまりにも情緒不安定 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 105
いかにも
   
with very apparent interest: いかにも興をそそられた様子で サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 149
with this very stupid expression on one’s face: いかにも間の抜けた表情を浮かべて サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 65
it is a very sb type of thing to say: いかにも(人)らしい話だ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 128
feeling very sorry for oneself: 自分をいかにも惨めに感じながら デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 63
add very gravely: いかにも重々しくいう ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 88
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 69
いくらなんでも
   
be very whacked: いくらなんでも常識はずれだ ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 66
いたく
   
be clearly in a very bad mood: いたく機嫌を損じる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 184
いたって
   
regard sth very coolly: 〜をいたって冷静に扱う ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 259
a very grey area: いたってあぶない代物 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
いとも
   
very easily: いとも簡単に サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 250
say very humbly: いともしおらしくいう ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 43
receive a very genial lecture on ...: 〜についていとも丁重なお講義をたっぷり拝聴させられる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 18
in this very quiet voices: いとも静かな声で サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 202
in this very casual voice: いともさりげない口調で サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 243
add very gravely: いとも神妙な口ぶりでつけくわえる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 82
いよいよ
   
be very close to ...: いよいよ〜に近づく アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 86
うってつけの
   
it is very place for sb: (人に)うってつけのところだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 396
うら
   
very young wife: うら若い細君 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 354
うんと
   
say, very gravely: うんともったいぶった調子でいってやる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 64
Nicholls's voice was very low: 今度はニコルスの声はうんと低かった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 264
えらく
   
be very surprised: えらくおどろく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 228
おそろしく
   
very small: おそろしく狭い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 588
unless sb is very deep: おそろしく腹黒いやつなら別ですが セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 180
sandals with very high heels: おそろしくかかとの高いサンダル ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 339
be very deep: おそろしく深い ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 208
a very small room: おそろしくせまい部屋 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 225
およそ
   
be very outgoing: およそ人見知りしない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 334
be not very real: およそ現実からかけ離れている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 140
かなり
   
very late: かなり遅く 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 24
かんかんに
   
very angry: かんかんに腹を立てる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
きっちり
   
will give sb the very dickens: お返しはきっちりさせてもらうよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
きわだつ
   
be very white against ...: 〜に〜の白さがきわだつ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 400
きわまりない
   
be very slick: 巧妙きわまりない ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 534
きわまる
   
those very phony, Ivy League voices: あのアイヴィ・リーグの連中のインチキきわまる声 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 198
be a very long one: 大胆きわまるものだ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 45
きわめて
   
very irregular in ...: 〜にきわめて異例だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 412
speaking very slowly, and with a strained touch of pain in one’s voice: きわめてゆっくりと、張りつめた苦痛をこめた口調で ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 162
have it in one to be a very fine actor: 役者としてはきわめて筋がいい デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 60
be very secret: きわめて機密を要する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 473
be very rarely pierced by the light within: 〜を通して、人の内なる光が、輝き出すことは、きわめてまれだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269
a very military gesture: きわめて軍人風のジェスチュア ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 179
きわめる
   
a variety of very corrupt, very boring chiefs: 腐敗をきわめ退屈をきわめるチーフ連中 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 354
くれぐれも
   
be very very careful: くれぐれも気をつけて クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 311
けっこう
   
a very convenient fellow to have around: けっこう便利な存在 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 62
げっそり
   
grow very thin: げっそり痩せる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 275
ことさら
   
say sb very gently: (人は)ことさらやんわりと言う ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 64
be very strong on ...: 〜ということを、ことさらうるさくいう マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 409
ことのほか
   
very careful: ことのほか慎重に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 466
この〜ぶり
   
one’s very prominence: (人の)この隆盛ぶり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
この上ない
   
a very dangerous doctrine: 危險この上ない邪説 ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 56
ごく
   
within a very short time: ごく近い将来 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 111
very casually: ごくさりげなく 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 425
give a very simple explanation of ...: 〜をごく単純に説明している 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 15
be very common: ごくふつうである マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 227
さすが
   
that’s very big of you: さすが、ご立派 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 357
さぞや
   
a very unpleasant experience: さぞやいやな経験 アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 158
さっそく
   
the very next evening, ...: その翌日の夕方さっそく ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 283
さも
   
very happily: さも気持ちよさそうに 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 76
しごく
   
very sensibly: しごくまともに ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 23
じつに
   
very vigilant: じつに注意深い ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 410
very nice: じつにみごと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 302
very interesting: じつにおもしろい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 222
very detailed: じつにくわしくて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 273
very clear: じつにはっきりしている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281
Very civil, very courteous and completely unapproachable: じつにおとなしく、じつに礼儀正しく、そしてまったく取りつくしまがないのです マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 106
be very deliberate: じつに用意周到だ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 266
a very loyal fellow: じつに信義に厚い男 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 305
じつにもって
   
Very clever: じつにもって抜け目がない フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 187
すぐ
   
very close: すぐそこ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 351
すげえ
   
very wiseass guy: すげえ悪がしこいやつ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 329
すこぶる
   
very skilled: すこぶる腕の立つ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 184
very Russian pessimism: すこぶるロシア的なペシミズム ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 461
very erotic: すこぶるエロティックな デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 92
very courteously worded communication from ... moneylender: 〜の金融業者から来たすこぶる鄭重な言葉づかいの案内書 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 140
the very English Pyms: すこぶるイギリス的ピム夫妻 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 21
is very sensitive: すこぶる微妙な問題だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
be on very delicate ground: 話がすこぶる微妙になってきた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 217
a very descriptive subject: すこぶる描写向きの サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 61
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 15
すごく
   
very shiny: すごくいきいきして ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 9
very sane idea: すごくまともな考え スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
very large ones: すごく大きなサイズのもの プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 115
very disconcerting: すごく気になる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 399
very bright: すごく晴れやか ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 9
smoke some very good ...: すごく上質の〜をキメる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
seem very strange: すごく変な感じ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
it’s very sweet: すごく親身な手紙 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
have to be very brave now: これからすごくがんばっていかなきゃならないのよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
can get very distant: すごく遠い感じ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 49
すっかり
   
be very nervous: すっかり上がる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 480
すっごく
   
be very into ...: 〜にはすっごく熱心 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 266
ずいぶん
   
very old games: ずいぶんお古い手 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 226
putting sth there very carefully: ずいぶん気をつかった置き方 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 390
be set very high in the wall: 壁のずいぶん上のほうに〜がある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 297
a very Freudian view: ずいぶんフロイト流な考え 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 114
ずっと
   
it is very pleasant on one’s own: ひとりでいる方がずっと快適だ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 259
そのもの
   
very earnest: 真剣そのもの ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 73
the very lustre of ...: 〜の光沢そのもの ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 280
hold the very reaches of one’s long life: 自分の長い人生そのもののひろがりがある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 512
be very fit: 健康そのものだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 195
そもそもの
   
from the very beginning of sb’s troubles: (人の)悪戦苦闘のそもそもの始まりから スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 148
それは
   
be a very odd thing: それは妙なものだ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 57
それほど
   
be not very busy: それほど活況を呈しているとはいえない アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 46
それゆえに
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 27
そんな
   
be not a very busy man: そんな忙しい身体でもない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 130
たいそう
   
be very pleased: たいそう喜ぶ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 137
たしかに
   
very nearly do: たしかに〜に近い 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 217
たっての
   
you are very pressing: たってのお引きとめをことわってわるい ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 31
たっぷりに
   
look very dignified: とても威厳たっぷりに見える デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 415
たっぷりの
   
in this very sarcastic voice: 皮肉たっぷりの口調で サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 21
だいぶ
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 71
だけ
   
the very sight of it would make a strong man faint: 見ただけで気を失う 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 7
ちゃんと
   
Kojuro would seat himself very correctly and formally before the table: 小十郎はちゃんとかしこまってそこへ腰掛けて 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 298
つい
   
until very recently: ついこの間まで 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 130
とくに
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 30
とっても
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
とてつもなく
   
very expensive trash cans: とてつもなく贅沢なゴミ箱 コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 77
とても
   
That seemed like a very good--a very sane--idea: それはとてもよい考えに思えた。すごくまともな考えに思えた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
be very protective of one’s dignity: 自分の威厳をとても気にする人 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 48
be a very sound ecological practice: エコロジー的にみると、〜だって、とても理に叶ってる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 64
とびきり
   
have very long claws and a great many teeth: とびきり長い爪を出しているし、歯もたくさん生えている ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 83
とびきりの
   
very good-looking: とびきりのハンサム トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
とりわけ
   
be very agreeable to trace the likeness: とりわけ似た点がたどれて楽しい ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 179
とんでもない
   
be very unwise sometimes in the things one say: ときどきとんでもない軽率なことをいう アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 62
   
the very heart of ...: 〜のどまん中 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 135
どうも
   
I’m very sorry: どうも申し訳ないことをしました スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
どこまでも
   
have been very thorough: どこまでも慎重だ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 256
なかなか
   
very nice: なかなかいい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
very human and feminine: なかなか人間味と女らしさのこもった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 29
very amusing: なかなかおもしろい サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 117
This is a very complicated way of committing suicide: これはなかなか手のこんだ自殺法といえますね マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 145
Tanomogi was a somewhat ill-mannered but very efficient assistant: 頼木は、少々不作法なところがあるが、なかなか有能な助手だ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 14
seem very healthy: なかなか元気のようだ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 221
It was very artistic,: なかなか芸術的でした ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 315
be very pleasant: なかなかたのしかった ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 173
A very agreeable young wine: ええ、まだよく熟れてはいないけれど、なかなか口当たりがいい メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 225
なかなかどうして
   
be very comforting: なかなかどうして居心地がいい 安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 181
なかなかの
   
very straight guy: なかなかの硬骨漢 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 34
なんだかひどく
   
a very strange turn of events: なんだかひどく奇妙な成り行き クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527
なんでも
   
be very secretive: なんでも隠しだてする ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 37
なんとも
   
look very dreadful and white: なんとも恐ろしげで蒼白い セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 165
a very queer combination: なんとも珍妙な姿 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 165
はなはだ
   
strike sb as very strange: (人には)はなはだ奇怪に思われる 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 14
ばか
   
be very big: ばかでかい〜だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
ばかに
   
sb’s voice is very low: 〜の声がばかに低い マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 27
say very firmly: ばかに力を入れていう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 267
His voice was very soft: 声はばかに低かった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 378
be very formal: ばかに他人行儀だ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 114
... and ... seem very close together: 〜と〜がばかにくっついているように見える セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 91
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 182
ひどく
   
very hot: ひどく暑い ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 462
very angry about sth: 〜にひどく恨みを持つ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 184
the day is very cold: ひどく寒い日だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 293
take this very ill: ひどく腹を立てる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 99
prove to be a very rough flight: (飛行機が)ひどく揺れる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 115
carrying one’s musket very recklessly: ひどく粗末な銃器の取扱い方をする ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 118
be very tired of sb: (人が)ひどくわずらわしくなる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 57
be very interested: ひどく興味をそそられる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 277
be very conscious of doing: 〜をひどく意識する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 446
According to Mikhel, the old man was very bitter about you: ミケルによれば、老人がきみのことをひどくおこっていたそうだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 228
a very big fist indeed: ひどく大きなこぶし ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 306
ふかく
   
do not think very harshly of me: 父をふかくとがめるなかれ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 122
へとへとに
   
be very tired: へとへとに疲れきってしまう ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 52
ほとんど
   
give sb very little time to do: (人に)考えるいとまをほとんどあたえない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 504
ほんとに
   
a very bad boy: ほんとにわるい子 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
ほんの
   
very near: ほんの間近 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 286
the very beginning: ほんの幕開けにすぎない フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 91
contain a very little quantity of hair: 中からほんの一つまみほどの髪の毛が出てくる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 80
a very small price to pay: ほんのささやかな代償にすぎない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 311
まことに
   
one’s life is very new and agreeable: まことに快い、またもの珍しい毎日だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 314
I’m very sorry to hear that: まことに申訳ない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 390
have eyes that assort very well with that decoration: 目がまた、そうしたつくりにはまことにふさわしい ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
be all very good: まことに微笑ましい光景だ オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 17
まさしく
   
the very camp of the enemy: まさしく敵の陣営 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 576
part of sb’s very nature: まさしく(人の)本然の一部 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 36
まさに
   
the very reverse of ...: 〜といえばまさにその逆だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388
from the very roots of ...: 〜のまさに深淵から ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470
まるで
   
very different meaning: まるで違う意味 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 21
みるからに
   
sb be very terrible to look upon: その風貌は見るからにすさまじい ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 20
めっぽう
   
be very cold: めっぽう寒い サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 243
a very quiet place: めっぽうしずかなところ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
ものすごく
   
I know them very well!: ものすごくよく知ってるのよ! スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
やけに
   
very loud: やけに大きく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 297
やたらと
   
sullen, unfriendly, and very cold: 陰鬱で、よそよそしく、やたらと寒い ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 35
よく
   
a very clear and pleasant young voice: よく澄んだ、若い美しい声 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 37
よくよく
   
watch sth very carefully: よくよく注意して〜を監視する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 287
very sensitive information: よくよく機密の情報 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 113
know that one have to play this one very carefully and very smart: こいつはよくよく慎重に、よくよくうまくやらなくてはならない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 178
be very persuasive in one’s arguments: よくよく弁舌なめらかだ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 258
be very careful with sb: (人に)よくよく気をつける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 496
a very rare thing: よくよく希有なこと ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 123
よっぽど
   
sb’s family is very wealthy: (人の)家によっぽど財産がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 71
perhaps sb be very ill: よっぽどぐあいが悪いのだろう ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 218
よほど
   
You make things very easy for me: そういわれると、私としてもよほど気が軽い マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 403
seem very sure of ...: 〜によほど確信がある口ぶりだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 376
find sth very funny: 〜がよほどおかしい ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 176
contact sb very urgently: よほど緊急に連絡をとる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 304
<例文なし> 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 21

バリバリに
   
very vivid language: バリバリに活きのいい会話 オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 47
メチャ
   
a very expensive: メチャ高い タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 244

  異様に
   
very heavy: 異様に重たい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
a kind of very fat turnip-shaped body: 異様に太ったかぶらみたいな体型 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 317
一途
   
be very serious: 真面目一途である メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 245
一番
   
in the very back row: 一番後ろの席に 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 26
何となく
   
make sb very uncomfortable: 何となくまずい 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 102
掛け値なしの
   
want the very best: 掛け値なしのベストを望んでいる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 278
掛け離れた
   
be in a very quiet part of the house: 掛け離れた静さを領している 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
完全に
   
be in a very damaged condition: もう完全にへとへとになっている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 248
肝心の
   
very magician: 肝心の手品師 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 140
強い
   
be very unhappy with sth: 〜に強い不満を抱く ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 399
恐ろしく
   
a very serious boy: 恐ろしく本気のやつ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 503
極めて
   
Actually, for me marriage could probably be some very grave happiness: その実結婚は、僕にとって何か極めて重大な幸福かもしれないんだ 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 157
極端に
   
it looks very improbable: 極端に場ちがいな感じだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 287
be very cheap: 極端に安い サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 127
極度に
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 89
九分通り
   
be very hopeless: 九分通り望みを捨てている ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 198
見るからに
   
a very unlikely appearance: 見るからに怪しい状況 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 170
a very grumpy-looking man: 見るからに気むずかしげな一人の男 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 142
仕方がない
   
sb’s answer makes sb very sad: (人に)そういわれると悲しくなって仕方がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 50
至って
   
very pleasant gentleman: 至って気のいい人 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 20
至極
   
go very smoothly: 至極順当に行く 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 130
自体
   
the very diffidence of sb’s manner: 一見控えめな言い方自体 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 20
実に
   
You're a very well organised man, Harvey: あなたは実に手際のいい方ですね、ハーヴェイ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 306
very good: 実に効果的 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 382
this very cold, lady’s voice: 実につめたい、淑女みたいな声 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 233
there happens to be a very good windbreak: あすこには実にいい風除けがあるんだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 125
leave the house very early in the morning: 朝出かけるのが実に早い 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
go very well: 実に見事だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 89
a very ridiculous Accident: 実に馬鹿馬鹿しい事件 スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 25
a very pure prayer: 実に清らかな祈り アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 208
頗る
   
a very valuable one: 頗る重宝な器械 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 105
真実
   
be very glad to get out of the wood into an open place: 森から広っぱにでたときにはアリスは真実ほっとしてね ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 126
世にも
   
one of the very rare ones: 世にもまれな例だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 385
全く
   
be very dark: 全く測り知れぬものがある ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 56
多少
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 150
耐えがたいほど
   
very bad: 耐えがたいほどひどい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 61
   
it is a very serious thing to do: 〜するのは大事件だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 152
大して
   
be not very far out: 大して違っていない 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 37
大分
   
sb’s interests are very different from sb’s: ( 人と) 大分考えが違う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 213
大変
   
look very well indeed: 大変好いようだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
著しい
   
a very jet-lagged Captain: 時差ぼけ著しい大尉 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 129
底まで
   
benumbed to one’s very heart: 心臓の底までしびれたようになる E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 45
特に
   
be very strong at such times: そんなとき特に目立つ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 179
特上の
   
be very inside: 特上の裏ネタ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 105
如何にも
   
feel it will be very unwise to do: 〜するのは如何にも馬鹿々々しい気がする 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 46
飛切り
   
very strong Cords: 飛切り丈夫な綱 スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 24
並はずれて
   
be very clever: 並はずれて頭がいい ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 268
並みの〜じゃない
   
be very very fit: 並みの肉体じゃない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 571
豊かな
   
have a very artistic taste of one’s own: (人)独特の芸術味豊かな手なみ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 254
本当に
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 307
満点
   
very nourishing: 滋養満点 スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 23
妙に
   
tell sb about a dream, a very vivid one: 妙に鮮明な夢の話を(人に)する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 175
目に見えて
   
Spirits were very low when they were all assembled in room 217,: 全員が二百十七号室に集まったとき、士気は目に見えて低下していたが、 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 204
Tweet