× Q 翻訳訳語辞典
tired   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あきる
   
just feel tired of everything sensible: もう理屈っぽいことはなにもかもあきあきする ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 354
うんざり
   
be tired of ...: 〜に対してうんざりする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 555
うんざりした
   
sound tired: うんざりした様子だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 317
うんざりしたような
   
give a tired look: うんざりしたような視線を向ける ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 169
うんざりしている
   
be so tired of being oneself: 自分にうんざりしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
うんざりする
   
be tired of ...: 〜にうんざりする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 520
おおらかな
   
give sb a tired smile of indulgence: ものうさの混じったおおらかな微笑を浮かべる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 500
くたびれきった
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
くたびれたみたいな
   
those very tired snobby voices: 例のくたびれたみたいな、いやにきどった言いかた サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 198
くたびれる
   
get tired: くたびれる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
be too tired and hot to be much interested: 暑くてくたびれてそれどころではない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 214
be tired: くたびれる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 123
げんなりする
   
<例文なし> ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 107
こりごり
   
aren’t you tired of being abused by selfish losers: もう、利己的な負けイヌに虐待されるのはこりごりじゃなかったの フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 36
へとへと
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 217
まだるこい
   
a tired smile: まだるこい微笑 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 109
わずらわしくなる
   
be very tired of sb: (人が)ひどくわずらわしくなる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 57

バテる
   
be quite tired: とてもバテている ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 279

気分が重い
   
In the morning he was heavy-eyed and tired: 朝になっても、まぶたが腫れぼったく、気分が重かった クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 300
気力がない
   
be too tired to do: 〜する気力がない フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 275
気力はない
   
be too tired to argue with sb: 〜と言い合う気力はない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 108
嫌気がさす
   
be so tired of ...: 〜にほとほと嫌気がさす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
吹き溜まりみたいな
   
a tired part of town: 吹き溜まりみたいな場所 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 271
草臥れる
   
become tired: 草臥れた メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 177
疲れ
   
one’s voice have taken on that nagging, tired edge: (人の)声が疲れといらだちの色を帯びる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
疲れがたまる
   
be too tired to do: 〜するには、あまりに疲れがたまりすぎている クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 384
疲れがひどい
   
be tired: 疲れがひどい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
疲れきった
   
faded, tired-looking woman: しなびて疲れきって様子の女 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 93
a faded tired woman: つやの悪い疲れきった女 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 84
疲れた
   
tired to death: どっと疲れた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 195
look tired and forlorn: 頼りなさそうに疲れた顔をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 141
be tired and in anguish: 疲れきって、深い苦悩の中にいる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 167
疲れて
   
dance and laugh until one is giddy and tired with the silliness of it all: 疲れてふらふらになってしまうまで馬鹿騒ぎして、踊ったり笑ったりする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 74
be very tired of doing: 〜しているのが疲れてしようがない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 192
be too damn tired: めちゃくちゃに疲れている サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 294
疲れてヘトヘト
   
I’m tired: こっちは疲れてヘトヘト ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 162
疲れはてて
   
look unusually old, unusually tired for a man of thirty: 三十代にしてはあまりにも老けこみ、疲れはてているように見える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 437
疲れもある
   
be tired by a sleepless night: 寝不足の疲れもある 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 27
疲れる
   
make sb sore and tired: (人を)参らさせ疲れさせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 391
be almost too tired to remember things oneself: 疲れ果てて、ものを思い出すのも億劫だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 67
疲れをおぼえる
   
be tired but pleased: 疲れこそおぼえているが晴れやかな気分だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
疲れを感じ
   
After she had gone, he stared into his cup, worried and suddenly tired: 彼女が出勤したあと、しばらくカップの底を見つめて、とつおいつ頭を悩まし、そしてとつぜん疲れを感じた クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 301
疲弊している
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 134
疲労
   
He felt sad, tired defenceless: 彼は悲哀と、疲労と無力を感じた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 52
feel unusually tired and sick: 珍しく疲労と体調の悪さを訴える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
疲労が目立つ
   
sallow tired features: やせこけた頬に疲労が目立つ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 114
飽きる
   
never grow tired of watching ...: いくら見ていても飽きない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 432
無気力な
   
a taciturn, cynical, tired man: 陰気で冷笑的で無気力な男 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 283
力を失った
   
tired sigh about her son: 彼女の子供に対する力を失った溜息 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 146

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

tired-looking corridor: うらぶれた廊下
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 52
tired old men: ご老体連中
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 134
seem tired: 元気がない
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 22
get awfully tired: ひたすら疲れ果てる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 52
feel tired: だいぶ草臥れている
extremely tired: 疲れきっている
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 149
be tired: 草臥れちまう
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 11
be awfully tired: だるい
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 209
too tired to really enjoy it: 疲労もたまっていたため、もう一つ楽しめなかった
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 145
tired of having to do: いちいち〜しなくてはならない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 211
one’s legs are tired: 脚は棒のようになっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 299
one’s face pale and tired: げっそりとやつれた顔
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 281
get tired of hearing ...: 話にうんざりする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 159
get tired of ...: うんざりしてくる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 49
get tired of ...: 飽きがくる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 59
feel so damn tired: すごく疲れが出る
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 293
become cramped and tired: 堪えがたくだるくなる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 366
be tired of ...: 〜にうんざりしている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 305
be tired of ...: 〜に疲れはてる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
be tired of ...: 〜はうんざりだった
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 162
be tired of ...: 〜を見るとうんざりする
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 81
be sick and tired of sth: (物事に)うんざりしている
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 103
be sick and tired of sb: うんざりだぜ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
be sick and tired of ...: 〜にうんざりする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 177
be sick and tired of ...: 〜につくづくいや気がさす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 35
be not tired now: 疲労はもう取れた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 395
be looking a little tired: 疲労のいろを見せる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 302
be goddam tired of ...: 〜にうんざりしてる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
be bone tired: ぐったり疲れる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 186
be bone-tired: 体の芯のあたりが重い
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 209
He looked like he was very, very tired or very, very bored: とってもくたびれてるみたいな、あるいはいかにも気乗りがしないといって格好でね
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 159
the tired body takes over completely: 疲れた体が凡てだ
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 13
be completely tired of ...: 〜に倦きはてる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 97
sb’s mouth is too tired to cooperate: 疲れて唇が言うことをきかない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 346
be tired enough not to be curious: 疲れていたので、なぜそうなのか、きいてみる元気もない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 33
a dead-tired disposition: 見るからに不精たらしい
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 210
be tired to death of ...: 〜につくづく疲れてしまう
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 157
But he was sick and tired of her and defence of herself: 彼は、(人)にも(人)自身の弁明にもうんざりしていた
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 177
fat-tired dirt bicycles: タイヤの太いダート用自転車
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 49
draw one’s tired body up straight: くたびれた体をしゃんとさせ
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 145
so tired that it’s a great effort even to do: 草臥れちまって〜するのも大儀そうなんです
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 11
It was only the executives who had grown tired of it: うんざりしていたのは、会社の上の人間だけだったのです
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 89
be extremely tired: 疲れきっている
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 149
with tired-looking eyes: ドロリとした眼で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 224
look far more tired than one ever has before: 以前とちがってひどく疲れているようだ。
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 240
feel tired and somehow out of sorts: なんだか大変、疲れている
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 24
give a tired smile: 疲れた笑みをうかべる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 281
be tired of having sb around: (人の)お相手にうんざりする
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 49
must be heartily tired of sth: 〜にもほとほとうんざりしただろう
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 433
a sicky, tired-looking housewife: 血の気の薄いかみさん
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 180
I was tired and lay down to sleep: わたくしが疲れてそこに睡りますと、
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 109
I'm quite tired but joyous still, in spite of all: とてもバテているけど、いろいろあったわりにはまだ元気よ
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 279
seem tired and somewhat lost: 疲れてなんだかぼおっとしているみたいだ
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 151
Too tired to argue with this loudmouth: この口数の多いやつといいあう気力はなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 108
not many people look so tired: これ程疲れている人も珍しい
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 103
must be tired: さぞくたびれるだろう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 123
I'm tired of all these provocative adventures: こういう興味津々の冒険にはうんざりだ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 140
realize how tired one is: 疲れが感覚となってくる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 86
go sail down, just like one of poor, tired leaves: 哀れな疲れきった葉のように散って行く
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 235
ツイート